Bagel with Sun-dried Tomato & Parmigiano Reggiano

ドライトマト、パルミジャーノレッジャーノ、ロケット(ルッコラ)の相性はスゴイ。なんだかバカバカしい感じのレシピですが、サラダにしても美味しい組み合わせです

材料(1人分)

  • プレーンベーグル: plain bagel—1個
  • ドライトマト: sun-dried tomatoes—3枚(ぬるま湯で20分程度戻しておく)
  • パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano—適宜
  • ロケット: rocket—1つかみ
  • マヨネーズ: mayonnaise—適宜
  • バター: butter—適宜
  • コショウ: ground black peppercorns—好みで

作り方

  1. 戻したドライトマトを幅1cm程度に切っておく。パルミジャーノは薄くスライスしておく
  2. ベーグルをトーストし、バターを薄く塗る。片面にマヨネーズを塗り、ロケット、ドライトマト、パルミジャーノをのせる。好みでコショウをしたら、上からもう片方のベーグルをのせて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Avocado & Bacon Wrap

クルリと巻いただけなのに、何故か美味しく楽しいラップ。ハーブ入りやいろんな大きさなどがあり、気に入ったものを見つけるのも楽しみです。アボカドとベーコンはおなじみの組み合わせ。これにフレッシュチリが入るとグンと味わいが出てきます

材料(2人分)

  • ベーコン(薄切りタイプ): rindless streaky rashers bacon—3枚
  • レタス: lettuce—適量
  • トマト: tomatoes—小3個
  • アボカド: avocado—1個
  • レモン汁: lemon juice—小さじ1
  • フレッシュチリ: green chillies—1本
  • ラップ: wrap—2枚
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々

作り方

  1. ベーコンは1cm幅に切り、フライパンでカリカリになるまで炒め、油をキッチンペーパーなどで切っておく
  2. レタスは適当にちぎる。トマトは種を除き、スライス。アボカドはスライスし、レモン汁をかけておく
  3. チリは種を取り除き、小口に切っておく(種は非常に辛いので取り除いた方が無難。触った後は目などをこすらないよう、気を付けて下さい)
    <ラップを温める>
  4. フライパンにラップを入れ弱火にかける(オイルは不要)。2枚の場合は重ねて可。片方が温まったら、裏返す
  5. 温まったラップの中央に1~3までをのせ、塩、コショウで軽く味付けし、巻いて食べる

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Hot Sandwich with Ham & Cheese

「クロックムッシュ!!」と言いたかったのですが、材料を考えてみたら、イタリアのパン、スイスのチーズ、イギリスのハムを使っていました。材料が美味しいと単純なサンドイッチも上等に。フライパンで焼くひと手間で美味しくなります

材料(2人分)

  • チアバッタ: Ciabatta—大1個
  • ハム: ham—2枚
  • ゴーダチーズ: gouda cheese—2枚(熱で溶けるタイプなら何でも)
  • バター: butter—大さじ2程度

作り方

  1. パンを2つに切って、厚みをスライスする。間にバターを塗って、ハムとチーズをはさむ
  2. フライパンにバター半量を入れ、弱めの中火で熱する。具を挟んだパンをフライパンに入れ、フライ返しなどで少し押さえつけるようにしながら5分程度温める
  3. 裏返して、残りのバターを足したら、更に5分程度チーズがとろけるまで焼いて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

French Toast

パンの種類やこだわりに「それぞれのフレンチトースト」があると思います。カラメルが好きな私は、バゲットを使って、最後にグラニュー糖をフライパンに入れてカラメル化してみました。外がカリカリで香ばしく中はふんわりです

材料(2人分)

  • バゲット: baguette— 厚切り4切れ(少し日が経って、固くなったもので構わない)
  • 卵: egg—1個
  • 牛乳: semi-skimmed milk—150ml
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ1+大さじ2
  • バター: butter—大さじ2

作り方

  1. 小さなボールに卵、牛乳、グラニュー糖—大さじ1を合わせ、フォークなどでよく混ぜ合わせる
  2. 平たいバットなどにバゲットを並べ、上から1.をかけて30分以上(一晩でも可)全体にしみ込むまで冷蔵庫に入れておく(パンの状態にもよりますが、途中で上下をひっくり返すなどして、中まで浸透させて下さい)
    ————————————————–
  3. フライパンを弱めの中火に熱し、バターを溶かす(一度にフライパンに入り切らない場合は、バターと砂糖の量を半分ずつ2回に分けて焼いて下さい)
  4. バターが溶けたら、バゲットを入れ片面約4〜5分ずつ、表面がこんがりきつね色になる程度に焼く
  5. 両面焼けたら、グラニュー糖を全体に振り、バゲットの両面を返しながら、全体に絡めるようにして出来上がり。お好みで更にジャムや砂糖、メイプルシロップなどをかけて、熱いうちにどうぞ. . .

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Tinned Mackerel Fried Rice

買い置きの缶詰はいつでも強い味方です。多めのショウガが決め手。よく売られている鯖の燻製でも構いません

材料(2人分)

  • サバ缶: tinned mackerel—1缶(125g)
  • ねぎ: spring onion—3本
  • ショウガ: ginger—20g
  • 卵: egg—1個
  • 冷やご飯: boiled rice—お茶碗約3杯分(約500g)(できれば、軽く電子レンジなどで温めておいて下さい)
  • サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil—大さじ1
  • ごま油: toasted sesame oil—小さじ1
  • 中華スープの素: chinese soup stock—小さじ1/2(あれば)
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • しょうゆ: soysauce—大さじ1

作り方

  1. ねぎとしょうがをみじん切りにする。サバ缶は水気を切って、ざっとほぐしておく
  2. 中華鍋(もしくは大きなフライパン)を強めの中火にかけ、オイル—大さじ1を熱する。熱くなった中華鍋に溶き卵を流し入れ、箸でふわっと混ぜたら、皿に取っておく
  3. 中華鍋にごま油を足し、再び熱する。サバ缶を入れ、ねぎとしょうがを加える。全体にオイルが回ったら、冷やご飯を軽く押さえるようにしてほぐしながら炒める
  4. 取り出した卵も加えて全体を混ぜ合わせる
  5. 中華スープの素、塩、コショウで味を整え、最後になべ肌に沿う様にしょうゆを回して出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Egg & Spinach Cocotte

ソテーしたほうれん草に目玉焼き、でも良いのですが、ちょっと手を加えると豪華な気分になります。半熟卵が美味しいので、新鮮なオーガニック卵を使って下さい

材料(2人分)

  • 有機卵: organically produced free range hens eggs*—2個
  • ほうれん草: spinach—1パック(250g)
  • ホイップクリーム: whipping cream—大さじ4
  • パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano—(すりおろして)大さじ4
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • バター: butter—大さじ1

*オーブンを190度(ガスマーク5)に温めておく

作り方

  1. ほうれん草は、袋の上から竹串などで表裏3カ所程度ずつ穴を空けて、レンジで裏表40秒ずつ加熱する。水にさらした後、水気を絞る(大きければ切って下さい)。パックに入っていないほうれん草の場合は、軽くゆでて水気を絞ってから、一口大に切って下さい
  2. 耐熱器の内側にそれぞれバターを塗り、ほうれん草を2つに分けて入れ、真ん中を少し凹ませる。凹ませた部分に卵を割り入れ、塩コショウする
  3. パルミジャーノ・レッジャーノを振り、上から全体を覆うようにしてホイップクリームをかける
  4. 190度(ガスマーク5)に温めたオーブンに入れ、15分程度焼いたら出来上がり。熱いうちにどうぞ

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Minced Beef & Potato Omulette

小さい頃から食べていた「ウチのオムレツ」

. . .と信じていたのですが、よく考えたらジャガイモは入っていなかった. . .懐かしい洋食風です。銘々焼いても構いませんが、2人分まとめて大きなオムレツにしてみました

材料(2人分)

  • ジャガイモ: potatoes—2個
  • 牛ひき肉: lean ground beef (typically 10% fat)—100g
  • タマネギ: Onion—1個
  • 卵: eggs—2個
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil—小さじ1+小さじ1

作り方

  1. ジャガイモは皮をむき、1cm程度の角切りにしたら水にさらし、水気を切る。タマネギは粗みじんにしておく
  2. 鍋に塩少々を入れた湯を沸かし、ジャガイモを崩れない程度にゆでる(約10分)。ゆで上がったら、ざるに揚げて水気を切っておく
  3. フライパンにオイル小さじ1を熱し、牛ひき肉を色が変わるまで炒める。タマネギも加えて透明になるまで更に炒めたら塩コショウで調味する
  4. ボールなどにゆでたジャガイモと3.を合わせて冷めないようにしておく
  5. 別のボールに卵を溶きほぐし、塩コショウ少々を加える
  6. フライパンを熱し、オイル小さじ1を入れたら、卵を流し入れる。卵にひだを寄せながら全体が固まりかけたら、4.の具を静かに中央にのせる。1〜2分で、卵がやや固まったら、フライ返しで半分に折りたたむ。もしくは盛りつけ用の皿にそのままフライパンを滑らせるようにして半分までのせたら、後の半分を折りたたむようにしてのせる。好みでケチャップをかけ、取り分けてどうぞ

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ