Orange Peel Biscuits

柑橘系の香りが好きで、適当に(笑)作ってみたら「美味しかった」ビスケット。コーンフラワー(コーンスターチ)が入るので、ホロホロとした軽い食感になります。ビスケットなんていくらでも売っているのですが、自分で焼いたものはやっぱり特別。飽きがこなくて、これだけ一度に焼いてもあっという間になくなってしまいます

材料(30枚分)

  • 無塩バター: un-salted butter—140g(室温に出しておく)
  • グラニュー糖: granulated sugar—70g
  • 卵白: egg white—1個分
  • 薄力粉: plain flour—100g
  • コーンフラワー: cornflour—100g
  • オレンジピール: orange peel—大さじ3
  • レモン皮のすりおろし: lemon zest—1個分(レモン皮の黄色い部分(白い部分は苦いので)を目の細かいおろし金ですりおろして下さい)

*オーブンを170度に温め、オーブントレーにベーキングシート: baking parchmentを敷いておく

作り方

  1. 薄力粉、コーンフラワーは合わせてふるっておく
  2. オレンジピールは大きければ、粗みじん切りにしておく
  3. バターとシュガーを合わせてボールに入れ、ハンドミキサーで(泡立器でも可)ふわっとするまで混ぜ合わせる
  4. レモン皮のすりおろしと卵白とを少しずつ加え、混ぜ合わさったところでオレンジピールも合わせる
  5. 1.の粉類を一度に入れ、ゴムべらでさっくり混ぜ合わせたら、一つにまとめる(扱いにくいようであれば一度冷蔵庫で冷やして下さい)。直径4cm程度になるように細長く成型し、冷蔵庫で数時間から半日程度休ませる(扱いやすくなります)
    —————————————————
  6. 生地を取り出し、グラニュー糖もしくは打ち粉(分量外)をしながら、4mm程度に切り、ベーキングシートを敷いたオーブントレーに間隔を空けて並べる
  7. 170度のオーブンで13~15分焼く。焼き上がったら網(クーラー)などにのせて冷ます

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Ginger Biscuits

クリスマスにはコレ(実際には年柄年中食べられているのですが)。よくプレゼントにしています。ほんのり利いたショウガとシナモンの香りが香ばしいサクサククッキー。アイシングの甘さでちょうど良い加減になる様に、甘さを控えています。市販のチューブに入ったアイシングキットを使うと簡単です

材料(30〜50枚分)

  • 無塩バター: un-salted butter—150g(室温に出しておく)
  • ダークブラウンシュガー: dark brown muscovado sugar—100g
  • 薄力粉: plain flour—280g(ジンジャーパウダーを使う場合は250gにして下さい)
  • ベーキングパウダー: baking powder—小さじ1
  • シナモンパウダー: cinnamon powder—小さじ2/3
  • ショウガ汁: ginger juice—小さじ2(もしくはジンジャーパウダー: ginger powder—小さじ1)
  • 卵黄: egg yolks—3個
    <アイシング>
  • アイシングシュガー: icing sugar—200〜300g
  • 卵白: egg white—1個分

*焼く前にオーブンを180度に温め、オーブントレーにベーキングシート: baking parchmentを敷いておく

作り方

  1. 薄力粉、ベーキングパウダー、シナモンパウダーは合わせてふるっておく
  2. ダークブラウンシュガーも固まりがあるようなら、ふるっておく
  3. バターとシュガーを合わせてボールに入れ、ハンドミキサーで(泡立器でも可)ふわっとするまで混ぜ合わせる
  4. 卵黄とショウガ汁を少しずつ加え、均等に混ぜ、粉類(ジンジャーパウダー)を一度に入れ、ゴムべらでさっくり混ぜ合わせたら一つにまとめ、冷蔵庫で2-3時間休ませる(そのまま型で抜くよりも扱いやすくなります)
    ————————————————–
  5. 生地を取り出し、打ち粉(薄力粉—分量外)をしながら、4mm程度に麺棒を使って伸ばす。好みの型に抜く
  6. ベーキングシートを敷いたオーブントレーに間隔を空けて並べる。180度のオーブンで15〜18分焼く。焼き上がったら網(クーラー)などにのせて冷ます
    <アイシング>
  7. 小さなボールに卵白とアイシングシュガーを入れ、固さを見ながらよく混ぜる(細かく絞り出すときは固め、スプーンでラフに塗ったり、間にはさむときは柔らかめに加減して下さい)。混ぜ合わせたものを絞り出し袋に入れて絞り出したり、スプーンを使ってデコレーションする。アイシングが乾くまで半日程度乾かす

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Green Fruit Salad

単にグリーン色のフルーツを合わせただけなんだけど、色の取り合わせ方、フルーツの切り方一つで表情が違って来るから不思議。他に「赤いフルーツサラダ」や「オレンジのフルーツサラダ」もやってみるつもりです

材料(4人分)

  • リンゴ(グラニースミス): Granny Smith—2個
  • 種なしグレープ(グリーン): seedless grapes—1/2房
  • キウイ: kiwies—3〜4個
  • グラニュー糖: granulated sugar—100g
  • レモン汁: freshly squeezed lemon juice—1/2個分

*他にメロンなどを加えても

作り方

  1. ボールにグラニュー糖100gとお湯—300mlを入れて混ぜ、シロップを作る。レモン汁を加えて、冷ます
    <シロップが冷めたら>
  2. リンゴはよく洗い、芯を取ったら1個を12〜16つに切る。グレープも良く洗い、1粒ずつ茎の付いている部分を少し切り取る。キウイは皮を剥き両端を切り落としたら、1つを4〜5にスライスする(大きければ半分に切って下さい)
  3. 切ったフルーツからどんどんシロップに漬けてゆく。すぐでも食べられますが、冷蔵庫で数時間冷やした方が美味しい

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Apple Pound Cake

家で焼くケーキは大体こんな感じ。素朴で甘すぎず、朝食にもなるようなものが多いです。卵を別に泡立てることもなく、ボールに材料を足してゆくので手軽に作れます。リンゴを生のまま加えるので、焼き上がりもしっとりですが、その分日持ちはしません。2、3日中に食べ切って下さい

材料(10切分:20×11×7cm)

  • リンゴ: apples—2個(グラニースミス:Granny smith、もしくはブリーバーン: Braeburn)
  • シナモン: cinnamon—小さじ1/2
  • 無塩バター: un-salted butter—100g(室温に出しておく)
  • ライトブラウンシュガー: right brown muscovado sugar—100g(including 1 tbsp for sprinkle)
  • 卵: eggs—中2個
  • 薄力粉: plain flour—120g
  • ベーキングパウダー: baking powder—小さじ1
  • 牛乳: semi skimmed milk—大さじ1

*オーブンを160度(ファン付き)に温めておく

作り方

  1. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく
  2. リンゴをいちょう切りにして、材料の中からライトブラウンシュガー—大さじ1とシナモンを振りかけ、全体を混ぜ合わせておく
  3. ボールに無塩バターを入れ、泡立器で柔らかくする。ライトブラウンシュガーを加え、白っぽく、もったりした感じになるまで泡立てる
  4. 卵を1個ずつ加え、更に牛乳も入れたら、よく混ぜあわせる(ここまで泡立器)
  5. ゴムベラに切り替えて、合わせた薄力粉とベーキングパウダーを一度に入れ、さっくり混ぜ合わせる。リンゴも加え、全体を均一に混ぜ合わせる
  6. オーブンペーパーを敷いた型(写真の様に型に合わせてペーパーを切り、ホッチキスで止めると便利)に、流し入れ、台の上でトントンと空気を抜いたら、温めたオーブンで焼く(約45分)。竹串を刺してみて、生地がついてこなければ出来上がり
  7. 冷ましてから、切り分けて下さい

for 20×11×7cm mould

  • 2 Granny smith or Braeburn apples
  • 1/2 tsp cinnamon powder
  • 100g un-salted butter, leave at a room temperature
  • 100g(including 1 tbsp for sprinkle) right brown muscovado sugar—
  • 2 medium eggs
  • 120g plain flour
  • 1 tsp baking powder
  • 1 tbsp semi skimmed milk
  1. Preheat the oven to 160°C (fan)/180°F/gas mark 4
  2. Sift together the flour and baking powder.
  3. Peel, quarter and core the apples then slice them. Sprinkle with the cinnamon and 1 tbsp light brown sugar, which is taken from 100g.
  4. Beat the butter with a whisk until it softens and add the remaining sugar. Whisk again until it gets fluffy texture.
  5. Mix together the eggs 1 by 1 and milk with a whisk.
  6. Using a wooden spoon or spatula fold the butter mixture into the flour mixture. Combine the apple.
  7. Grease the mould and pour the mixture into the cake tin. Bake on the middle shelf of the oven for about 45 minutes until golden and risen and a fine skewer comes out clean when inserted in the middle.
  8. Leave it cool and slice it. Serve.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ティーケーキ

07/08/2009

Tea Cake

卵もバターも泡立てない、こんな「雑(!?)」なイギリス風ケーキの作り方を知った時は半信半疑でした。が、しっとり風味のあるケーキが出来ます。もとのイギリスレシピをあれこれアレンジしたのですが、朝食に食べて、先に出てった相方は「めっちゃウマイ。びっくりした~」とメモを残して行ったほど。食べる時に、切ってトーストし、バターをのせても美味しく、ミルクティーによく合います

材料(10切分: 20×11×7cm)

  • 濃くいれたアールグレイティー: Earl Grey—200ml
  • 無塩バター: un-salted butter—80g
  • ライトブラウンシュガー: right brown muscovado sugar—100g
  • レーズン: raisins—120g(ミックスドライフルーツでも可)
  • 卵: egg—1個
  • 薄力粉: plain flour—200g
  • ベーキングパウダー: baking powder—大さじ3/4

*焼くまでにオーブンを150℃に温める

作り方

  1. 濃いめにアールグレイティーを入れる(香りが苦手な場合は普通の紅茶で可)
  2. 鍋にアールグレイティー、無塩バター、ライトブラウンシュガー、レーズンを入れ、火にかける。少し煮立たせてから、そのまま完全に冷ます
    <完全に冷めたら>
  3. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう
  4. よく溶いた卵を2.の鍋に加える
  5. 3.の粉類に5.を合わせて、ゴムベラなどでさっくりと混ぜ合わせる。オーブンペーパーを敷いた型に、流し入れ、台の上でトントンと空気を抜いたら、150℃に温めたオーブンで焼く(約35分)
  6. オーブンの温度を120℃に下げ、更に焼く(約35分)。竹串を刺してみて、生地がついてこなければ出来上がり。型に入れたまま冷ますと、しっとり仕上がります

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ