Kabocha Squash Gelato

アイスクリームよりさっぱり、ラム酒との相性が抜群のジェラート。生クリームでなく、コンデンスミルクを使うのが秘訣。食べる時に、好みで更にコンデンスミルクをかけても美味しいです

材料(6人分)

  • カボチャ: kabocha squash—正味300g
  • 牛乳: semi-skimmed milk—200ml
  • コンデンスミルク: condensed milk—70ml
  • 卵黄: egg yolks—2個分
  • グラニュー糖: granulatd sugar—大さじ3
  • ラム酒: dark rum—小さじ2
  • バニラエクストラクト: vanilla extract—少々

作り方

  1. カボチャは種をスプーンなどですくいとり、皮をむいて、一口大に切る
  2. 耐熱ガラスの容器などに入れ、ゆったりとラップをし、電子レンジにかける(5~6分)。柔らかくなったら、すりこ木やフォークなどでつぶす
  3. コンデンスミルクを混ぜ、ラム酒とバニラエクストラクトも加える
  4. 別のボールに卵黄にグラニュー糖を入れ、泡立器で白く、もったりするまで泡立て、牛乳を加える
  5. 4.に3.のカボチャピューレを加え混ぜ合わせ、バットなどに入れ、冷凍庫で固める。時々フォークやスプーンでかき混ぜて、滑らかになったら出来上がり。冷凍庫から出したてで、固過ぎる場合は少し室温に置いてから、かき混ぜると良い

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Banana Frozen Yogurt

界が食べるので、常備しているバナナですが、うっかりするとすぐに熟れてしまいます。見た目は悪いけど、黒い斑点が出るまで熟したバナナは甘みも香りも強く、お菓子に使うにはよい材料。使い道に困った時にも是非どうぞ。ヨーグルトのおかげでローファットアイスクリームです。食べ過ぎてしまいますけど . . .

材料(8人分)

  • バナナ: bananas—中2本(黒い斑点が出て来るまで熟したもの)
  • ヨーグルト: natural stir yogurt—300g(固まった: setタイプでないもの、甘みの入っていないもの)
  • 牛乳: semi-skimmed milk—100ml
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ3
  • レモン汁: lemon juice—小さじ1

作り方

  1. 牛乳を電子レンジで約1分加熱し、グラニュー糖を溶かす(小鍋で温めてもOK)
  2. バナナは皮をむき、レモン汁を加え、フォークの背でピューレ状になるまでつぶす(多少固まりが残っても構いません)
  3. つぶしたバナナにヨーグルトと1.の牛乳を加えて混ぜ合わせる。バットなどに流し入れ、冷凍室で凍らせる
  4. 固まりかけたら、フォークかスプーンでかき混ぜる(固まり過ぎたら、少し室温に出しておくとかき混ぜやすく、滑らかになります)。これを数回繰り返して出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Caramel Milk

鍋底に残ったカラメルが勿体ないので、ミルクを足して温めたところ、とっても美味しかったので. . .夏には冷たくしても美味しいです

材料(4〜6人分)

  • グラニュー糖: granulated sugar—100g
  • 牛乳: semi-skimmed milk—適量

作り方

  1. グラニュー糖を小鍋に入れ、弱火にかける。しばらくすると砂糖が溶け出して、カラメル状になってくるので、鍋を揺らしながら、全体が茶褐色になるまで火にかけておく
  2. 全体が茶褐色になったら、すぐ火から下ろし、熱湯100mlを加えて小さな泡立器などで全体を混ぜ合わせる。このとき、鍋も砂糖もかなり熱くなって、飛びはねるので、やけどしないようにくれぐれも気を付けて下さい。このままカラメルとして冷蔵庫で保存しておいて、好きなときにミルクで薄めてもOKです
  3. ミルク適量を注いで温める

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Apple Preserve

季節になるとBuy1 Get 1でよく売られているリンゴ
迷わず買ってプレザーブにしています。Coxが合うのか、都度塩水に浸けるのが良いのか、きれいなべっこう色に仕上がります。ジャム代わりにパンに塗って食べるほか、プレーンヨーグルトやアイスクリームにも添えてみてください

材料(ジャム2瓶分)

  • リンゴ(Coxなど酸味のあるもの): Cox apples—5個(約500g)
  • グラニュー糖: granulated sugar—300g
  • レモン汁: freshly squeezed lemon juice—1/2個分
  • 塩: salt—ひとつまみ

作り方

  1. 大きなボールに薄い塩水を用意する。リンゴは皮をむいて4つに切り、芯を取り除きスライスする。色が変わらないように都度すぐに塩水に浸けておく。リンゴをすべてスライスし終えたら、ざるにあげて水気をよくきる
  2. 鍋にリンゴとレモン汁を入れ、グラニュー糖をまぶす(水は入れない)。弱火に約10分かける
  3. リンゴから水気が出て、ひたひたかぶる程度の水分になったら、そのまま焦げないように気を付けながら30分ほど煮続ける。時々形を崩さないように、そっとかき混ぜ、リンゴが透明なべっこう色になったら、火から下ろしてそのまま冷ます。水分が多いように見えても、冷めるとちょうどいい固さになります

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Summer Berry Jelly

夏のベリーを使った爽やかな赤いゼリー。ベリーの美味しさと色に改めてウットリできる(?)デザートです。夏ならではなので、ベリー類が出回る時期には是非お試し下さい

材料(6人分)

  • ストロベリー: strawberries—450g(1パック)
  • ラズベリー: raspberries—250g(1パック)
  • ブルーベリー: blueberries—150g(1パック)
  • グラニュー糖: granulated sugar—120~150g(フルーツの甘さやお好みにより調節して下さい)
  • 粉ゼラチン: gelatine powder—1袋(約11.4g)
  • ホワイトワイン: white wine—大さじ2
  • レモン汁: fresh squeezed lemon juice—小さじ1

作り方

  1. 粉ゼラチンをワインと水—大さじ2でふやかす((水がゼラチンを全て吸ってスポンジの様な状態になります))
  2. ベリー類は使う直前にさっと洗うか、ゴミを取り除き、水分をキッチンペーパーなどで取っておく。ストロベリーはヘタをとり、縦半分か4分の1に切る
  3. ストロベリーとラズベリーを4分の1ずつ程度取り分けて、水—600mlと共に鍋に入れ、火にかける。沸騰したら、更に10分程度色が出るまで煮る。ざるにキッチンペーパーなどを敷いて漉す
  4. グラニュー糖と1.のゼラチンも加えて、よく混ぜて溶かしたら、ひと回り大きな器に氷水を入れて全体を冷ます。少しとろみが出る程度に冷めたら、残りのベリー類全てを加える。この時、ゼリー液を少し残しておいて、グラスに入れたゼリーがある程度固まってから、上に注ぎ足すと、ベリーが乾燥せず、浮き過ぎないので、仕上がりがきれいになります
  5. グラスなどに小分けにして(大きな器にまとめていれても良い)、冷蔵庫で冷やし固める(約7~8時間)

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ