チキンのリークソース

09/09/2009

Crispy Chicken with Leek

揚げたチキンとクレソンとの相性がとっても良いので、ウチではクレソンがないとこの料理は食卓に出ません。日本だと、肉料理の付け合わせにちょこっとだけ添えられて出てくるクレソンですが、特に春から夏にかけて出てくるものは新鮮で香りも強く、とっても美味しい野菜だと思います。そのままでサラダにしたり、スープや炒め物にも使える出番の多い野菜なのです

材料(4人分)

  • 鶏もも肉: chicken thigh—4枚
  • リーク: leek—小1本
  • クレソン: water cress—1束
  • 片栗粉: potato starch—適宜
    <下味>
  • しょうゆ: soysauce—小さじ1
  • 紹興酒: shaoxing cooking wine—小さじ1(なければ酒でも構いません)
  • コショウ: black pepper—少々
    <ソース調味料>
  • しょうゆ: soysauce—大さじ5
  • 紹興酒: chinese cooking wine—大さじ1.5(なければ酒でも構いません)
  • 砂糖: sugar—大さじ1.5
  • 酢: vinegar—大さじ1
  • 豆板醤: tobanjan—小さじ1/2〜1
  • ごま油: toasted sesame oil—小さじ1
  • サラダオイル: vegetable, sunflower or corn oil—(揚げ油として)適宜

作り方

  1. リークは縦半分に切ってから、汚れを洗うと良い。根元を残し、縦に切り目を入れて、粗くみじん切りにする
  2. チキンは骨を取り除き、しょうゆ、紹興酒、コショウで下味をつけておく
  3. クレソンはいったんたっぷりの水にさらす。何度か水を取りかえて洗った後、水気をよくきっておく
  4. チキンの余分な水分をキッチンペーパーなどで拭き取る。片栗粉を丁寧にまぶす。中温でサラダオイルを熱し、はじめに皮目を下にして揚げる。途中裏返して、火が通ったら、火をやや強くし、もう一度皮目を下に、カラリと揚げる
  5. ごま油を鍋、もしくはフライパンに熱し、リークを炒める。油がまわって少ししんなりしたら、<ソース調味料>を入れ、少し火を通す
  6. 揚げたチキンは油をきって、一口大に切る。盛り皿の上にクレソン、チキンをのせ、上からソースをかけて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

2 Responses to “チキンのリークソース”

  1. Meg Says:

    友人が訪れてくれるときに「今日何する?」と聞くと夫は必ず「チキンのリークソース」と。ということで、今日も大好きなコレ!
    みずえさんの「いつもご飯」は我が家のおもてなしになってます。
    デザートはごまプリン。
    お箸を全く使えない使えない人が多いけど、このチキンなら問題なし!というのもありがたい。
    今日もありがとうございます。

    • mizue Says:

      いえいえ、こちらこそありがとうです。
      ごまプリン一緒に作った頃が懐かしくもありますね。

      美味しいものは比較的万国共通、食べた時の「ニンマリ」笑顔ほど料理人を幸せにしてくれるものはありません。
      毎日毎食、時々おっくうにもなりますが、楽しんで少しでも美味しいものを作れるといいですね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。