Cauliflower Soup

冬のスープ。本当にやさしい味で和みます。見た目は何もない感じなのですが、野菜の味はぎゅっと凝縮されていると思います。こういう野菜だけのスープはなるべくスープストックを使わないで、野菜そのものの味を味わうのが良いと思っています。じっくりバターで炒めるのがポイントです

4人分

  • カリフラワー: cauliflower—大1/2個(正味400g)
  • 新じゃが: new potatoes—2~3個(150g)
  • リーク: leek—小1/2(50g)
  • 無塩バター: unsalted butter—大さじ1
  • 牛乳: semi-skimmed milk—200ml
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  1. カリフラワーは小房に分け、ジャガイモは皮をむき、半分にしたら約5mmの厚みにスライスし、水にさらす。リークも縦半分にした後、小口に切っておく
  2. 鍋を弱めの中火にかけ、バターを熱し、リークを炒める。少ししんなりしたら水気を切ったジャガイモとカリフラワーも加えて約10分程度炒める。焦がさないようにして下さい
  3. お湯—600mlを加え、煮立ったら火を弱める。少し煮くずれる程度まで約20分ほど煮込む
  4. 火からおろし、少し冷ましてから(ミキサーの容器が割れないように)、ミキサーにかけ、滑らかなピューレ状にする
  5. 鍋に戻し、牛乳を加えて塩で調味する。器に盛り、仕上げに黒こしょうを振ったら出来上がり

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

最近のデザート大ヒット。パイ生地さえあれば、いろんなフルーツでアレンジ出来て簡単。フルーツをバターとお砂糖で炒めて、パイ生地の中央に載せるだけ。ラフなタルトタタン風のパイが出来上がります。
パイ生地は冷凍や冷蔵ものが簡単に手に入りますが、冷蔵の方が日持ちしない分、美味しいと思います。りんごは調理用の酸味のしっかりしたもの、アイスクリームは是非美味しいものを!

材料(4人分)

  • (市販の冷蔵)パイ生地: pastry sheet—2/3枚(10cm角が4枚分)
  • (ブラムリーアップル)りんご: Bramley apples—3個(正味500g)
  • 無塩バター: unsalted butter—大さじ2
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ4
  • ブランデー、もしくは白ワイン: brandy or white wine—大さじ2
  • バニラアイスクリーム: vanilla ice cream—適量
  • 粉砂糖: icing sugar—適量

*オーブンを200℃、ガスマーク6に温め、天板にオーブンシート: baking parchmentを敷いておく

作り方

  1. りんごは皮を剥き、4分割。芯を取り除いたら一つを縦半分にし、一口大に切る
  2. フライパンを中火にかけ、バターを溶かす。りんごを入れ、上からグラニュー糖を振りかける
  3. フライパンを時々揺すりながら、カラメル化するまで約10分ほど火にかける。途中焦げそうになったら水—大さじ1を加えて下さいこのときあまり混ぜ過ぎると、りんごの形が崩れてしまうので、そっとひっくり返す程度にして下さい
    <りんごを火にかけている間に>
  4. 冷蔵庫からパイ生地を出し、10cm角程度に切って、シートを敷いた天板に並べておく
  5. りんごが茶色く色づいてきたら、飴状にならないようにブランデーかワインを振りかけ、火から下ろす
  6. パイ生地の上に、カラメル化したりんごを中央に載せ、200℃に温めたオーブンで15〜20分程度、パイ生地が膨らんで少し色づくまで焼く。好みでアイスクリームを載せ、アイシングシュガーを茶こしなどで振りかけたら出来上がり

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

イタリア人友人に教わったレシピ。イタリアンデザートではおなじみのティラミスですが、彼女のはとろ〜りとやさしい風味。いくらでも食べられる軽いデザートです。フィンガービスケットは出来るだけ!!写真のもの(BALOCCOのSAVOIARDI)を。軽いのに、コーヒーをしみ込ませて、もしっかりふわっとしています。イタリア食材店で手に入ります。
容器は写真のようなグラタン皿で2皿分、分量が合わなければ個別にグラスに盛っても良いでしょう

材料(8人分)

  • 卵(中サイズ): organic or free range medium eggs—3個(なるべく鮮度の良い有機卵など)
  • マスカルポーネチーズ: Mascarpone—1パック(250g)(予め室温に出しておく)
  • フィンガービスケット: finger sponge— 1パック(200g)
  • カスターシュガー、もしくはグラニュー糖: caster or granulated sugar—大さじ5
  • エスプレッソコーヒー: espresso coffee—400ml
  • ココア: cocoa powder—適量
  • (アマレットなど好みの)リキュール: liqueue—適量

作り方

  1. エスプレッソコーヒーを作り、ボールかバットなどに入れておく。好みのリキュールはここで加えておく。
  2. 卵は卵黄と卵白を分ける。ボールに卵黄を入れ、砂糖を加えて泡立器でぐるぐると白っぽくなるまで混ぜる
  3. 別のボールにマスカルポーネを入れ、泡立器で柔らかくする。2.の卵黄を加え、滑らかになるまで混ぜ合わせる
  4. きれいなボールに卵白を入れて(電動)泡立器で角が立つ程度まで泡立てる。(それほど固く泡立てる必要はない)
  5. 3.のボールに泡立てた卵白を数回に分けて加え、都度さっくりと泡を潰さないようにして混ぜ合わせる
    ————————————————–
  6. 容器、フィンガービスケット、生地、コーヒーを作業しやすいように並べておく
  7. フィンガービスケットをコーヒーに「1、2」と表裏ひっくり返してくぐらせ、容器に並べる(このタイミングが重要)。コーヒーに長く漬けすぎるとビスケットが崩れ、短過ぎるとコーヒーがしみ込まないので、手際よく作業すること。
  8. ビスケットが一面にびっしり並んだら、生地をそっとのせ、表面を平らにならす。
  9. 7.と8.を再度繰り返したら、表面にココアパウダーを茶こしなどでふりかけ、冷蔵庫へ。3〜4時間後からが食べ頃ですが、生卵が入っているので、翌日には食べきった方が無難。

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

いかにもビタミン豊富な感じの黒いキャベツ。ちょっと苦みと甘みがあって、冬っぽい美味しい葉っぱです。はじめて知ったとき、名前がイタリアっぽいからパスタでしょ!?と炒めて和えたら、とっても美味しかった。スーパーで手に入ります。
美味しい野菜とパスタ、ガーリック少しと隠し味の昆布茶を加えて炒める。仕上げはたっぷりのパルミジャーノ、これだけでシアワセなランチの出来上がりです。

材料(1人分)

  • カーボロネッロ(黒キャベツ): cavolo nero—70g
  • ガーリック: garlic—1片
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ1.5
  • パスタ: long pasta—100g(好みのパスタで構いません)
  • 昆布茶: powdered kelp tea—小さじ1/2
  • トウガラシ: redo chilli—好みで少々
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano—(すりおろして)大さじ1

作り方

  1. カーボロネッロは中央の茎(固くて食べられません)を手でしごくようにして、取り除く。大きな ボールに水を張って、押し洗いするようにしてよく洗い、水気を切る。
  2. 2cm幅くらいにざく切りする。ガーリックはスライスしておく。
  3. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を入れ、パスタをゆで始める。
    <パスタをゆでている間に>
  4. フライパンにオイルとガーリックを入れ、弱火にかける。ガーリックの良い香りがして、こんがり色づいたら、カーボロネッロを加えて(水気が付いていると跳ねます)、そのまま弱い火でじっくり炒める
  5. ゆで上がったパスタと昆布茶、塩コショウ、好みでチリを加え、炒めたら出来上がり。
  6. パルミジャーノレッジャーノをたっぷりかけて、どうぞ。

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

すっかりアップロードしたものだと思い込んでいたら、まだだったのですね、失礼。もぅ何度作ったか分からないくらい、散々作っている杏仁豆腐。すぐ作れるし、食後にさっぱりと嬉しいおなじみのデザートです。
寒天は最近では、大手スーパーでも手に入るようになりました。ゼラチンで作るゼリーと違って、室温で固まります。固まり始める時間も早いので、あら熱が取れたら早めに型に入れて下さい

材料(6人分)

  • 牛乳: semi-skimmed milk—300ml
  • ミックスフルーツ缶: canned fruit cocktail—1缶
  • グラニュー糖: granulated sugar—100 / 大さじ3
  • レモン汁: lemon juice—1/2個分
  • 粉寒天: agar powder—1袋(4g)
  • アーモンドエッセンス: almond essence—少々

作り方

  1. 鍋に水—300mlと粉寒天を入れ、中火にかける。絶えずかき混ぜながら、、煮立たせる。沸騰したら、火を弱めて、少しトロッとしてくるまで2、3分ほど煮詰める
  2. 火からおろして、グラニュー糖—大さじ3を加え、溶かす。続けて牛乳、アーモンドエッセンスも加えて混ぜる
  3. バットや高さの薄い大きめの容器に、なるべく泡が立たないように注ぎ入れて、冷蔵庫で固める(3時間程度)
    <冷やし固めている間に>
  4. ボールにグラニュー糖100gとお湯—300mlを入れて混ぜ、レモン汁を加えてシロップを作る。あら熱を取って出来れば冷ましておく
  5. ミックスフルーツ缶の汁気を切り、4.のボールにミックスフルーツ缶を加える
  6. 固まった牛乳寒を一口大の大きさ(ひし型)に切り、5.のボールと合わせる。すぐ食べても良いが、シロップに漬けたまま更に冷やすとより美味しい

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ