Aduki Jelly with Dark Brown Muscavado Sugar Syrup

Aduki Jelly

ゆで小豆の缶詰を使うと、簡単に和菓子が出来ます
さすがに大納言小豆の様に、豆自体の味が良い、とは言えないので、甘さを控えた寒天で寄せて、黒みつの甘さで食べるデザートにしました。夏のデザートかな?

Aduki Jelly

6人分

  • 小豆缶: tin of aduki beans—1缶(400g)
  • 粉寒天: agar flakes—1袋(4g)(日本食材店のほか、大手スーパーで入手可)
  • グラニュー糖: granulated sugar—100g
  • ダークブラウンマスカバドシュガー: dark brown muscovado sugar—100g
  1. 小豆缶はざるにあけ、水気を切って、熱湯を回しかける水気をしっかり切ること(缶詰特有の匂いと濁りが抜けます)
  2. 鍋に水—300mlと粉寒天を入れ、中火にかける煮立ったら、火を少し弱くして、更に2〜3分煮詰めて、火から下ろすグラニュー糖を加えて溶かす
  3. 1.の小豆を入れ、水—300mlを足す
  4. 鍋よりひと回り大きなボールに冷水を入れる。その中に鍋を浸け、かき混ぜながら、トロリとするまで冷やす(小豆が沈まないようにするため)周囲から固まってきますので、泡立たないように、絶えずかき混ぜて下さい器に入れて、冷蔵庫で固める
    <黒みつを作る>
  5. 少し大きめの耐熱ボールに、砂糖と同量の水を入れる電子レンジに1分かけ、取り出してよく混ぜる更に1分を2回かけたら(吹きこぼれやすいので、大きめの器を使って、レンジには分けてかけて下さい)黒みつの出来上がり。冷やしておく
  6. 寒天が冷やし固まったら(1時間程度で固まります)、黒みつをたっぷりかけてどうぞ

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず

↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ