Parsnip Tempura

日本人に馴染みの少ない根菜の一つパースニップ。
初めて出会う形や名前に、なかなか手が出ないようですが、天ぷらにすると、甘みとその香りが引き立ちます。パースニップはセリ科の根菜。ニンジンに似た根菜で、別名アメリカボウフウ、オランダボウフウ、シロニンジン、サトウニンジンなどと呼ばれるとか。ニンジンに似た香り、甘みとわずかな苦味があります。煮崩れしないので、ポトフやシチュー、ボルシチなどの煮込み料理に使われます
パースニップのほか、エレサレムアーティチョーク: Jerusalem artichokeやキクゴボウ: black salsifyも天ぷらにすると美味しいです。素揚げとの歯触りの違い、昆布の塩気がパースニップの甘みを引き立てるので、一緒に取り合わせてみました

Serves 4

  • 1 parsnip
  • 2~3 5cm length kombu kelp
  • 4 tbsp flour for tempura (specially ready mixed for tempura, available at major supermarkets or Japanese groceries)
  • vegetable, corn or sunflower oil for deep frying

Method

  1. Peel the parsnip and cut into 3 as the each length is about 5cm. Take one of them slice wafery using slicer if you want. Soak them into the water in a bowl. Drain well removing any excess moisture using kitchen paper.
  2. Cut the rest of parsnip into strips.  Cut the kombu kelp using kitchen scissors.
  3. Mix well the flour and 4 tbsp cold water in a bowl to make butter.
  4. Half fill a medium saucepan with oil, heat to low about 160~170°c
  5. Take the kombu first at once without butter and cook for about 2~3 minutes until they are crisped. Drain on kitchen paper.
  6. Fry the sliced parsnip as well.
  7. Mix roughly the rest of parsnip into the butter. Take about 5 stripes and fry them. cook for about 2~3 minutes turning up side down until they are crisped. Drain on kitchen paper.
  8. Serve immediately with sea salt if you like.

材料(4人分)

  • パースニップ: parsnip—1本
  • 昆布: kombu kelp—5cm長さを2〜3枚程度
  • 天ぷら粉: flour for tempura—大さじ4
  • サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil—適量

作り方

  1. パースニップは皮を剥き、長さ5cm程度に切り分ける。うち1本を薄くスライスし(スライサーを使っても構わない)、水にさらしておく。残りは、太めの千切りにする昆布はキッチンバサミで1cm幅程度に切っておく
  2. 小さめの鍋にオイルを熱し、やや低めの温度で昆布を素揚げする
  3. 薄くスライスしたパースニップもキッチンペーパーでよく水気を切って、同様に素揚げする。余分な油はキッチンペーパーで吸い取る
  4. ボールに天ぷら粉と水—大さじ4を加え、箸などでざっと混ぜ合わせる千切りのパースニップを加え、さっくりと混ぜ合わせる
  5. 5本ずつ程度を箸でまとめながら、油で揚げる油を切って、3.の素揚げと盛りつける。好みで粗塩をつけてどうぞ

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ