アップルサモサ

09/03/2010

Apple Samosa

サモサの皮を使っての応用レシピ。サモサを作った時点ですぐに思いついてしまい . . .

どこかで食べた味!!??そう、これはマク○ナル○のアップルパイ(今もあるのかな?)なのでした。簡単にしたかったので、あれこれ散々試して、レンジでフィリングを作る方法を思いつきました。リンゴを切ってレンジにかけ、コーンスターチでとろみをつけるだけ。少し冷ました方が破裂しにくくなります。サクサクの皮からトロ〜リと甘酸っぱいリンゴ。熱々を頬張ると本当に美味しいです。

実はウチの界、ホンモノのサモサは好きではなかったのですが、アップルサモサは喜んで食べるのです。お子様のおやつにもいいでしょうね。

Serves small 16 samosas

  • 120g plain flour
  • 1/6 tsp salt
  • 30g un-salted butter
    <For filling>
  • 3 (450g) granny smith, cox apples: peeled, cored, cut into 8 and sliced
  • 3 tbsp raisins
  • 2 tbsp granulated sugar
  • 1/3 tsp ground cinnamom
  • 2/3 tbsp corn flour
  • vegetable, corn or sunflower oil for deepfrying

Method

  1. In a bowl place the flour and salt, add the cold butter and rub the butter in. Sprinkle 3 tbsp water and knead the dough for 5 minutes until it is smooth. Place the dough in a bowl and cover with a cling film for 30 minutes at room temperature.
  2. Meanwhile, in a bowl mix together the apples, raisins, sugar and cinnamom. cook in a microwave for about 3 minutes.
  3. Take out the bowl, add the corn flour and mix well. Cook again in a microwave for about 30 sec.  Leave it to cool.
  4. Take the the dough and knead it again thoroughly for a few minutes until it is silky-smooth and resilient. Flour on surface, roll into the thick rope shape. Devide the dough into 8 equal pieces. Take one of pieces and squash a little using a palm then spread using the pin to form a round 15 cm in diameter. Cut the circle in half.
  5. Place the water in a small bowl next to you.  Take the semicircle dough up on your one hand.  Moisten the half of straight edge then overlap the other edge and press it together to make corn shape.
  6. Put upside down and fill the filling. Moisten the open end of the cone and seal it. Repeat it, make 16 pieces.
  7. Place the each piece on the dusted with flour tray. Deep fry them over a medium heat until they are light brown.  Drain well and serve.

材料(16個分)

  • 薄力粉: plain flour—120g
  • 塩: salt—小さじ1/6
  • 無塩バター: un-salted butter—30g
    <フィリング>
  • リンゴ: granny smith, cox apples—450g(約3個)*酸味のある実のしっかりしたリンゴ
  • レーズン: raisins—大さじ3
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ2
  • シナモンパウダー: ground cinnamom—小さじ1/3
  • コーンスターチ: corn flour—大さじ2/3
  • サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil—揚げ油として適量

作り方

  1. 薄力粉と塩をボールに入れ、バターを指先で揉み込む。バターの固まりを感じなくなったら、水—大さじ3を散らすようにして加え、約5分よくこねる。こねたらひとまとめにして、ラップをかけ、室温に約30分置いておく
  2. <皮をねかせている間>リンゴは皮を剥き、8分割して芯を取り除き、薄くスライス(いちょう切り)する
  3. ボールにリンゴとレーズン、グラニュー糖、シナモンを合わせて混ぜ、ラップをして電子レンジに3分かける
  4. 取り出して(リンゴに軽く火が通って、水気が出ているはず)、コーンスターチを混ぜあわせ、再びラップをしてレンジに30秒かけたら、少し冷ましておく。
  5. 生地がねかされて、フィリングが少し冷めたら、1.の生地をもう一度こねてから、打ち粉をした台の上で、全体を棒状に伸ばす。8等分し、一つずつ直径15cm程度の円形に麺棒で伸ばす
  6. 1枚を半分に切る。水を入れた器をそばに用意しておく。まず半円を切り口を上にして片手に持ち、切り口の片側を水で濡らす
  7. もう片側をあわせて、下の部分からしっかりくっ付ける。コーン状の器が出来る
  8. 上下を持ちかえて、中にフィリングを詰める(2回くらいに分けた方がきっちり詰められる)口の部分の片側を再度水で濡らし、しっかり口を閉じる。このとき、口近くが破れないように注意して下さい
  9. 打ち粉をしたバットなどの上に並べ、中温に熱したオイルでカラリと揚げたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
「絶品!りんごスイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

2 Responses to “アップルサモサ”


  1. mizueさま

    マックのアップルパイ、あの皮の味、なにかに似てると思ってました。
    そうサ、サモサだったのサ(笑)。
    ホームメイドのマック風アップルパイは、
    これは子どもたちが喜ぶ、いいアイデアですね。

    PS
    子どものころ嫌いだったレーズンが、大人になって好きすになりました。
    レーズンが苦手な人(子どもも)、けっこういるようです。
    でも、鉄分が豊富らしいので、子どもたちには食べさせたいですよね。

  2. mizue Says:

    serendipity_jさま はるか昔の記憶なので、本当にマックのアップルパイかどうか、自信はないのですが、でも、何名かは賛同してくれました。安心して食べてもらえるマック風アップルパイなのサ、ふふ。
    我が家のチビもレーズンはあまり好きじゃないんですよね。食べて欲しい物に限って、あまり好きじゃない . . .もぅこの時点で親の思う通りにはゆかないんですね。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。