無花果のタルト

28/10/2010

タルトのシートはいろいろなものがありますが、冷凍はゆがみが大きく、キッシュ(おかず用)のものだと甘みがないので、お菓子用の冷蔵タイプがおすすめです。目印はフルーツの絵が描かれていることが多いです。キッシュ用はトマトやタマネギの絵。手間であれば、予め焼かれたタルトケースが売られていますので、それを使っても良いでしょう

中に入れるフルーツはりんご、アプリコット、ナシなど、季節のものを使ってアレンジして下さい。切り方、盛りつけ方で、見た目の印象が変わってきます。簡単に出来るトロリとしたクリームは、どんなフルーツでも相性が良く、簡単で美味しいです

Serves 8 (for a 21cm tart)

  • 1(375g) sweet shortcrust sheet*
  • 4~5 figs, trimmed the stems and sliced into 4~5 each
  • 2 eggs
  • 100~120g granulated sugar
  • 2 tbsp plain flour
  • 100g un-saletd butter
  • 1 tsp brandy
  • icing sugar, optional

*Leave at room temperature about 15 minutes before.

**Preheat the oven to 180℃/ gas mark 4.

  1. Line a 21cm loose-bottomed tart tin with the pastry. Leave excess at the edge and prick the pastry with a fork.
  2. Place it in the oven and cook for about 20 minutes until golden. Allow to cool for 5 minutes. Trim any excess edge with a knife.
  3. Mix the egg and sugar in a bowl with a hand mixer until frothy and pale. Combine the flour with a whisk.
  4. Meanwhile, heat the butter in a small pan over a medium heat for about 5 minutes or until golden.
  5. Pour the butter into the egg mixture and mix well and dash with the brandy.
  6. Lay the figs on the tart and pour the mixture gently. Bake the tart for 30~40 minutes or until golden. Allow to cool. Serve warm or cold. Sprinkle icing sugar over the top, if you like.


8人分(21cmタルト型1個分)

  • デザート用タルトシート(冷蔵): sweet shortcrust sheet*—1個(375g)
  • イチジク: figs—4~5個
  • 卵: eggs—2個
  • グラニュー糖: granulated sugar—100~120g
  • 薄力粉: plain flour—大さじ2
  • 無塩バター: un-saletd butter—100g
  • ブランデー: brandy—小さじ1
  • アイシングシュガー: icing sugar

*15分くらい前に冷蔵庫から出しておく

**焼くまでにオーブンを180℃(ガスマーク4)に温めておく

  1. 塊(シートになっていないタイプ)のタルトシートは、型の大きさよりひとまわり大きい円になるように、少しずつ麺棒で伸ばす。必要であれば、薄力粉で打ち粉をする。伸ばしたら、10分程度生地を休ませる
  2. いったん麺棒に巻き付けてから、型の上にそっとのせる。底と側面に貼付けるようにして、押さえながら生地をタルト生地を敷く。側面の分が足りなければ、他から少し切り取り、上に残った余分はそのまま残しておく
  3. 膨らみすぎない用に、底の部分にフォーク等で穴を空ける。180℃に温めたオーブンで約20分、軽く焦げ目が付くまで焼く。焼き上がったら5分程度冷まし、端の余分を包丁などで切り取る
  4. イチジクを好みの形に切り、盛りつける
  5. ボールに卵を入れ、ハンドミキサーで泡立て始める。始めはゆっくり、少し泡立って来たら、グラニュー糖を少しずつ加え、もったり白っぽくなるまで泡立てる。薄力粉を加えて、泡立器などで混ぜ合わせる
  6. 小鍋にバターを入れ、中火にかける。沸騰して、更に少し茶色く焦げ目が付いてきたら(約5分)、泡立てた卵のボールに加える
  7. 泡立器でぐるぐると約1分くらい混ぜ合わせる。ブランデーも加えて合わせ、イチジクを盛った型に上からそっと注ぐ
  8. 180℃のオーブンで約30~40分、表面に軽く焦げ目が付くまで焼いたら、出来上がり。焼いた後少し生地が落ち着くまで置いてから、もしくは冷めてから、好みでアイシングシュガーを振りかけてどうぞ。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

13 Responses to “無花果のタルト”


  1. 本当にこれ、おいしかったですよね。
    忘れないうちに、作らないと。

    • mizue Says:

      コーヒーに合いますもんねぇ〜。
      パイ生地ではないですよー、クラスト生地です。でも間違えても、あんまり問題ないですね。

  2. paprica Says:

    はっ。これだ。リンゴや洋梨でもOKなのが嬉しい。クリームソース(?)、あつあつのバターを卵の中に入れても大丈夫?卵に火が通って固まってもOKですか?あ、スライスした果物は、真ん中には並べない方がいいのかな。

    mizue さん、お料理教室の前には、何度も練習するっておっしゃっていたでしょ?相方さんも界くんもこういうおいしいデザートを、何度も試食できるんですよね?
    いいなぁー。

    • mizue Says:

      >はっ。
      という反応が何とも可笑しい . . .

      熱々のちょっと焦がしたバターをジュッと注ぐと「もわもわもわ〜ん」って一瞬膨れるんですよ。多分ちょっと熱が入ったクリームって感じで、このまま舐めるのたまらなく美味しいんですー。焼く前に必ずすくって舐めて〜←オススメです。

      スライスしたフルーツはいろいろなパターンを並べてみたんですよ。真ん中に無い方が切り分けた時に切りやすいのです。まさか、まるかじりしませんよね!?中央の部分はクリームを味わうところで、端に近い所がフルーツメイン、ってところかな。

      界はケーキとかビスケット好きじゃないのです。しかも無花果は気持ち悪いらしい、見た目がね。だから、このタルトは見向きもしませんでした。追って紹介するダックは結構気に入って食べてくれましたが . . .

  3. nene_co Says:

    >はっ。
    >まさかまるかじりしませんよね?!
    お二人のやりとり、まるで漫才みたい。続けてコメントしてスミマセン。
    写真があんまりにキレイでそして美味しそうだったから
    ここにも足跡残させてくださいね。

    タルト皿のフチの上にはみ出た分は、焼いた後に切りとるのですか?!
    ひぇー目からウロコです。
    ワタシの技術が未熟なせいで、焼き縮みする時としない時の差が激しいのです。
    焦がしバター風味、なのかな。
    焼く前の生地が美味しいお菓子は、出来上がりも美味しいですよね!

    • mizue Says:

      いや . . .可笑しいですよね、papricaさんって!!
      突っ込まずには居られない関西人です。

      タルトはもぅ沢山失敗しました。焼く前に切ると、焼き上がりはきれいなんですが、本当に縮みますもんね。私も驚きました。いろいろ調べてみたりもしたのですが、焼く前に切り取る場合と、焼いた後と二通りあるみたいです。高さを残したい場合は焼いた後の方が良さそうですね。タルト、これからもいろいろ作ってみます。

      >焼く前の生地が美味しいお菓子は、出来上がりも美味しいですよね!
      なーるーほーどーー(笑)

      • paprica Says:

        あー、こんなところに nene_co さん♪
        mizue さん、どうして私が関西人だってわかったの...文章では一応「標準語」を話していたつもりなんだけどな。
        ...タルトって。ちぢむの?? 始めからこんなに美しくはできないんだろな。聞いて良かったです。

  4. mizue Says:

    papricaさん
    もぅ、はじめっから関西人だ、もしくは関西に住んだことがある人に違いないと思っていました。そう、私も奈良出身、高校も大学も京都のヒトどすえ。

    タルト、1cmくらい縮みます、冷凍物は特に。高さ4cmくらいの型なのに、1cmも縮まれると、寂しいです。


  5. みずえさま

    さすがに、ちがう。
    わたしの、
    ナンチャって無花果アップサイドダウンケーキとは…。

    • mizue Says:

      いえ . . .とんでもないです、本当に!!
      私もかなりカジュアルです。アイシングシュガーで誤摩化すのは得意ですけどね(笑)
      今オーブンが故障して、大変困っております。普段頼り過ぎたのかもしれません。フライパン一つでお菓子を作るserendipity_jさんってスゴいなぁ〜、と思っているところです。来週には直ると思うんですけど . . .ここはイギリスですからね。


  6. […] とにかく。この「タルト」のアイデアに浮かれてしまったワタシ。いつも「食い心」をかきたてて下さる「kitchen 20」さんのところでもね、先月、美しい「無花果のタルト」が紹介されていたし♪ […]

  7. yuri Says:

    今日はこれを作りました。
    無花果はさすがに売っていなかったので洋梨で。
    もう何回作っただろう。毎回裏切らない美味しさです。
    そして流し込む前のクリームの試食と削った端っこの試食はマストです(笑)。
    やっぱり寒い日はオーブン料理に限ります。
    ごちそうさまでした。
    (今年は作ったら書き込むことを心がけています。お返事なくても結構なのでお気使いなく)

    • mizue Says:

      そうは言っても、ついついコメントする性格知ってるでしょ?
      黙っちゃいられない、バーチャルもリアリティーもなのっ(笑)

      クリームの試食がたまらんですねー、洋梨とのコンビも最高です。ありがとう。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。