ダラダラ過ごしました。突然ぽかぁーんとホリデーになった感じだったので、自分ちのクリスマスメニューをちゃんと考えていませんでした。特に買物に出ることもなく、ただ、ローストはguinea fowlを食べたくなった私の独断で、こうなりました。ホロホロ鳥とか言うらしいです。キジ科の鳥、チキンともちょっと違う、でも私、チキンより好きなんだなぁ〜、ローズマリーを効かせると美味しいです。スーパーでチキンの横で売られています。で調べてみたら、(ぎょっ)知らない方が良かった . . .食べるにはちょっと怖い感じです。ごめん、ホロホロ鳥さん。

焼き方なんかはほとんど同じですが、グレービーなしで塩を多めにかけてオーブンへ。というシンプルな方法で頂きました。が、これ、下に敷いた野菜がとっても美味しかったです。

あとは界の大好物「ほうれん草ボール」にトマトのマリネ、サーモンのハーブ蒸しとか適当。朝、おばあちゃんおじいちゃんとスカイプしている間にちゃっちゃと作っちゃいました。クリスマスデコレーションもどーせ界がぐちゃぐちゃにするし、とか思って何もしてないし . . .

ブッシュドノエルは黒糖で。飾りもテキトー。でも、この黒糖巻き美味しかったです。ブッシュドノエル向きではないけれど。

界はサンタさんからのプレゼント、レゴをもらって大喜び。それ以外にもあちこちから頂いた包みを開けるって「やっぱり嬉しい」のね。

————————————————–

そして、今日、生まれてはじめて「バーゲン」というものの列に並んでしまった。近所のモールで、界のジャケットが必要だったので。ロンドン中心部も地下鉄のストやら寒さにもめげず、スゴかったらしいですね。そりゃ、1月4日から消費税20%に上がるし、それでなくてもクリスマス前は雪で皆買物に出かけられなかったから???他人の理由はさておき、目当てをゲットしたら、そのまま友人宅へ。

沢山のご馳走に何故か大量のドーナッツ!!界の大のお気に入り、イケ面兄ちゃん(友人のご主人)に沢山遊んでもらって、とってもご機嫌。carsのパジャマをプレゼントに頂いて、サンタさんより嬉しかったと思います。

何も特別なことは無いクリスマスでしたが、きっとこうやって平凡に過ごせるって、きっと幸せなことなのでしょうね。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Roast Beef with Spring Onion & Soysauce

オーブンを使わずに手軽に出来るローストビーフ。赤身の多い部分で作ります。焼き過ぎると固くなるので注意して下さい。薄くスライスしてたたき風に食べるのが美味しいと思います。肉はいろんな大きさがありますが、鍋に入る大きさであること、筋がないものを選んで下さい

Serves 4~5

  • 600g beef topside, leave at room temperature for about 1 hour
  • 1 clove of garlic
  • salt & freshly ground black peppercorns
  • 1 tbsp vegetable, corn or sunflower oil
  • 3 sprigs of spring onion
  • 4 tbsp soysauce
  • 1/2 tbsp mirin
  1. Rub with the garlic on the meat surface and sprinkle with salt and pepper lightly. Alternatively, heat the oil and crushed garlic in the casserole over a low heat for about 5 minutes or until the garlic is slightly browned. Then add the seasoned beef.
  2. Heat the oil in the casserole over a low heat, place the garlic until this smells fragrant. Take out the garlic before burning.
  3. Turn up the heat, fry rolling it for about 2~3 minutes until the surface of meat browns
  4. Turn down the heat and cook about 15 minutes with the lid turning halfway through.
  5. Set aside the meat and cover with aluminium foil. Keep the gravy.
  6. In the same casserole over a low heat and add the spring onion.
  7. Cook with the soysauce and mirin for about 2~3 minute and add the gravy. Strain the sauce through a fine sieve or kitchen paper.
  8. Slice thinly the meat serve with the sauce.

4~5人分

  • 牛もも肉: beef topside—600g(1時間くらい前に室温に出しておくこと)
  • ガーリック: garlic—-1片
  • 塩&コショウ: salt & freshly ground black peppercorns
  • サラダオイル: vegetable, corn or sunflower oil—大さじ1
  • ねぎ: spring onion—3本
  • しょうゆ: soysauce—大さじ4
  • みりん: mirin—大さじ1/2
  1. 牛肉の表面を半分に切ったガーリックでこするようにして、香りを付け、軽く塩コショウしておく。もしくはオイルに潰したガーリックを弱火で熱して香りを移しても良い
  2. 厚手の鍋にサラダオイルを強めの中火で熱し、牛肉を入れ、表面を転がしながら焦げ目が付く程度に2〜3分程度焼く
  3. 弱火にして蓋をする。途中上下をひっくり返して、合計で約15分蒸し煮にする(牛肉の大きさや形、火加減、鍋などによって変わってきます。また、好みの焼き加減もありますので、調節して下さい)
  4. 牛肉が好みの焼き加減になったら、別皿に取り出してアルミホイルで覆っておく
  5. ネギを小口切りにする
  6. 肉を焼いた鍋の余分な油を捨てる。ネギを加えて2~3分程度弱火で煮込む。しょうゆとみりんも加えて、更に約2~3分煮詰め、ホイルに残った肉汁も加える
  7. キッチンペーパーなどで漉す
  8. 牛肉を薄くスライスし、ねぎしょうゆを小皿に取って、つけながらいただいて下さい。更にわさびを添えても美味しいです

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

タイトルを付けるのが難しく、ちゃんと表現出来ているか自信ないのですが、「モダンイスラエル料理」というところでしょうか?

ちょっと聞き慣れない材料を使うかもしれませんが、全てローカルで手に入るもので作ります。デリ風のお野菜やナッツ沢山のサラダで、年末年始に摂れなかったビタミンを補給しましょう。イスラエルやその辺り中近東のスパイスなんかも取り入れますが、食べやすくアレンジしているつもりです。
いつものように「お子様ナシ」の日を平日1月14日(金)10:30〜に設定してあります。その他の平日はお子様お連れして頂いても、いらっしゃらなくても構いませんが、この日はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。また、土曜日もお子様ナシに設定させて頂いておりますので、あわせてご了承願います。年末、ホリデーや帰省中の方が多く、いつもより出足が遅いかな . . .
尚、4名様程度のグループでお申し込みされる場合は、別途日程を設定させて頂きますのでご相談下さい。
「モダンイスラエル料理」
  • カリフラワーのサラダ
  • バターナットスクオッシュのサラダ
  • チキンのイスラエル風ロースト

日程

  • 1月8日(土)12:30〜残席2名
  • 1月11日(火)10:30〜「お子様歓迎」満席
  • 1月14日(金)10:30〜満席
  • 1月18日(火)10:30〜「お子様歓迎」満席
  • 1月25日(火)10:30〜「お子様歓迎」満席
  • 1月26日(水)10:30〜「お子様歓迎」満席

費用

  • 1回20ポンド

持参品

  • エプロン

住所は北ロンドン、参加予定の方には詳細を追ってご連絡差し上げます

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Bûche de Nöel

クリスマス前にどうしてもアップしたかったので、英語は後(ゴメン!!)です。

中に入れるフルーツはチェリー缶詰のほか、お好みのものを使って下さい。フレッシュないちごやラズベリー、マロングラッセなどもよくあいます。チョコレートが苦手な場合は、ココアの分を薄力粉にして下さい。また、代わりに抹茶を加えても美味しいです。

知る人ぞ知る?スポンジケーキの作り方。牛乳とバターを火にかけて作るのはシュー皮を作る時と似ています。一手間ありますが、このおかげでしっとりしたスポンジ(伊達巻きに近い食感)になります

チョコクリームがこれまた面倒なのですが、溶かしたチョコレートを冷たいクリームに合わせようとすると分離します。ですので、クリームを温めた方が混ぜやすいのですが、クリームは冷えていないと泡立たない。面倒ですが、いったん冷蔵庫で冷やすとうまくゆきます。レシピ、ながっ。

6人分(20cm×30cmスイスロール型1本分)

  • 薄力粉: plain flour—30g
  • ココア: cocoa—10g
  • 牛乳: milk—100ml
  • 無塩バター: un-salted butter—30g
  • 卵: eggs—4個
  • グラニュー糖: granulated sugar—80g
  • ホイッピングクリーム: whipping cream—200~300ml
  • ブラックチェリーの缶詰: black cherries in light syrup—(正味100g)1/2缶
  • キルシュ: kirsh—小さじ1
  • チョコレート(カカオ70%): chocolate—50g
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ3
  • アイシングシュガー: icing sugar

*焼くまでに型にパーチメントシートを敷いておく。四隅に切り込みを入れ、ホッチキスで止めると便利
*オーブンは180度に温めておく

  1. 卵は3個分を卵白と卵黄に分け、卵黄と全卵1個分をよく溶いておく。卵白は大きめのボールに入れる。薄力粉とココアはふるう
  2. 鍋に牛乳とバターを入れ、沸騰させる
  3. 沸騰したら、火からおろし、粉類を一度に加えて、木べらでダマにならないように一気に混ぜる
  4. 良く溶いた卵黄と卵を合わせたものを少しずつ加え、木べらで混ぜ合わせ続ける。徐々に滑らかな状態になる。チョコレートカスタードの様な状態になれば良い
  5. 卵白を泡立てる。泡立って来たら、少しずつグラニュー糖を加える
  6. 泡立器を持ち上げて、ピンと角が立って、艶のある状態になるまでしっかり泡立てる
  7. チョコレート生地の鍋の中に、泡立てた卵白の1/4程度を入れ、泡立器でぐるぐると馴染ませる
  8. 卵白のボールに、合わせた生地を戻し入れ、ゴムベラなどでさっくりと均一に混ぜ合わせる
  9. 均一になったら、型に流し入れる平均にならし、型ごと台の上から落とすようにして、中の空気を抜く
  10. 180度に温めたオーブンで13〜15分程度、表面にうっすら焦げ色が付き、中に火が通るまで焼く。あら熱が取れたら、型から外し、網の上などで冷ます。冷めたら上からラップをかけ、そのままできれば一晩置く(一晩置いた方が巻いたり切ったりしやすくなります)
  11. 裏返して、パーチメントシートをそっと剥がす。もう一度裏返して、短い辺の一方を垂直に切り、反対側は巻き終わりやすい様に斜めに切り落とす
  12. ホイッピングクリーム100mlにグラニュー糖—大さじ1.5とキルシュを加え、やや固めに泡立てる。垂直に切った方を手前に置き、クリームを塗る向こう側(斜めに切った側)2cmくらいはクリームをぬらないこと。手前に一列、汁気をよく切ったチェリーを並べる
  13. チェリーを巻き込むようにして芯を作り、そのままぐるぐると最後まで巻く。巻き終わったらきっちりラップで包み、冷蔵庫に入れておく
  14. チョコレートは細かく刻み、飾り用に少し残して、電子レンジに約1分かけて、溶かす。クリームもレンジで約1分かけ、少し温める。両方を混ぜ合わせてから、いったん冷めるまで冷蔵庫で冷やす
  15. 残りのクリームにグラニュー糖—大さじ1.5を合わせトロリと泡立てる。なかなか泡立たなければ、残っているクリームを少し混ぜて下さい(チョコレートの分量が多い程、泡立ちにくくなります)。巻いたケーキの表面にゴムベラなどで塗り、フォークで筋を付ける。一切れ切って上にのせ、取り分けたチョコレート、チェリーの残り、ヒイラギの葉で飾り付けをする。最後にアイシングシュガーを振ってできあがり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

「これぞクリスマスな王道レシピ!」コーナーにレシピを掲載中!

又一難。オーブンが直って、快適な家〜♪と思ったのも束の間。今度はボイラー、そしてとうとう昨晩は水道管が破裂。絵に描いたようなイギリス冬の生活になってしまいました。

ここ2週間ほど、お風呂のお湯が不安定。ボイラーが点いたり消えたりしていたのでした。見るとパイプから水漏れ。これは大変!!と慌てて、応急処置をしてプラマーが来るのを待ちました。相方が水漏れを起こしているパイプをamazonで発注していたおかげ(オーブン故障から学んだ)で、来てもらってすぐに直りました。

が、やっぱりお湯の不安定なのは直らず、騙しながら使っていたのですが、ある日メインのお湯の流れを調整する部品がボロボロになっているのを発見。今度はe-bayで部品を注文し、プラマー待ちしていました。まぁ、緊急事態、と言う程ではない、お風呂のお湯が温くなってはケトルでお湯を沸かし日々しのいでいました。

が、ここ数日のマイナス気温続きでとうとう外の水道管が破裂。昨日の朝、洗濯機の調子がおかしいなぁ、と思っていたら、夕方帰宅してきた隣のお姉ちゃんが「水道管、破裂してるよーーー」と。

がぁーーーーーーーーーん!!

見ると、外壁に沿った水道管から噴水のように水がぷしゅーーーっと。この水が凍ったら、また悲惨なことになるし、水道管が破裂したら水、お湯はもちろん、その水を使っているヒーターも使えない。破裂してからそれほど時間は経って居なかったのだけど、この寒いなか、どんどん心は荒ぶ。仕事も部屋の片付けも料理もしたくない(仕方がないから昨晩は「24」観て過ごした)

今朝、知っているプラマー全てに連絡し、ともかく早く来てくれそうな人にお願い。なんとか昼頃に(よく来てくれたもんです、感謝!!)水道管の破裂とメインボイラーのパーツを取り替えてもらい

ふーーーーーーーっ

e-bayで相方がパーツを注文しておいたから . . .と新しい部品を見せると、大笑いされた(なんでや?)。その部品を使って直してもらい一安心。日常生活を送れております。これで暖かいクリスマスが過ごせる . . .多分

いろいろ起こるのだけれど、今年は本当にファシリティにたたられた年でした。多分全ての寿命が一緒に来てしまったのねぇ。まぁ、部品を発注して取り替えればなんとかなる、人間の身体はそうはゆかないので、「良し」としましょう。でも . . .来年はこういうのご免被りたい . . .メリークリスマス!!

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

今年最後の教室。はじめての方も多く、ロンドン郊外の遠方からの方もいらっしゃることになっていた。なのに、とんでもない雪。開始時間の30分前には本当にドカドカ雪が降って来て、吹雪。止むどころか、「やっぱりキャンセルすれば良かった」と後悔するのも遅過ぎ、どんどん積もり始めて、皆さんが到着する頃には多分ピークの降り様でした。

一番遠くの方は2時間半くらいかけて、この雪の中いらして下さいました。もぅ、有り難いやら申し訳ないやら . . .。シッターさんも含めて、来られるかどうかの確認の電話があったり、電話をしたり、雪にも弱いロンドンの交通なので、随分ドタバタで始まりました。料理している最中も止む気配はなく、なんだかしーんとした辺りの様子を感じることが出来ました。

前日に9度の熱があったにも関わらず遠くからいらして下さった方、洗い物を片っ端からして下さった方、そして実家が車で10分かからないくらい近所の方(=嬉しい関西弁)、バスを乗り継いで沢山歩いて辿り着いて下さった方、あ . . .あと、流石にロンドンのこの雪にビビって途中で断念した方もいらっしゃいましたね(笑)。

流石に申し訳ない感があって、ワインも開けてしまいました。いや . . .これくらいしないとなんだかいたたまれない。でも、試食の頃にはなんだか和んでしまって、おしゃべりも弾み、楽しい時間を過ごせました。

今月、皆に好評だったブッシュドノエル。この日もしっとり美味しい!!とおかわりして下さって嬉しく思いました。こういう遠慮の無さ、心より大歓迎です。

今回新しくいらして下さった方々。皆さんかなり熱心にブログを付けていらっしゃいます。ご紹介させて下さい。

  • ロビンと一緒にお茶しましょ♪
    世界中ファーストクラスで旅行していらっしゃる。「一体何者〜!?」と思うのは私だけではないハズ。素敵なお姉様です。
  • ◆Cinq*Etoiles◆
    流暢なフレンチと関西弁を見事に操る彼女。ブログ歴も長く、美味しいものの宝庫です。お腹の空いてないときにどうぞ。
  • フラフラ oishimbo
    しゃきしゃきと手際良く食器を洗って下さった。私と好みのシェフ(Jason Atherton)が同じで嬉しい . . .

皆さん今日になって風邪などひかれていなければ良いのですが。大変な天気のなか、わざわざ教室に来て頂いて本当に本当に!!!ありがとうございました。でも雪の中でほっこり過ごす家って、なんだか妙に和んでおしゃべりも弾みますね。楽しい時間を過ごさせて頂きました。心より感謝です。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず

↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Tenderstem Broccoli & Ham Quiche

ちょっとご馳走風に見えるキッシュ。冷凍のキッシュ生地を使うと簡単にできます。オーブンに入れたらおしまい、ランチにもいいですね。

中に入れる具のバリエーションは沢山 . . .そのうちいろいろと紹介したいと思っていますが、まずは手に入りやすいブロッコリー。茎の長いステムブロッコリーと言うのがよく売られています。もちろん普通のブロッコリーでも良いのですが、こちらの方が歯触りなどキッシュに向いているな、と思いました。ハムは何でも。色がちょっと寂しくなりますが、ターキーのハムでも美味しいです

Serves 6 (for a 21cm tart)

  • 1 frozen shortcrust pastry sheet
  • 200g tenderstem broccoli spears, cut into 3 cm lengh
  • 100g ham, cut into 2cm cubes
  • 5 medium eggs
  • 5 tbsp grated Parmigiano Reggiano
  • 5 tbsp double or whipping cream
  • salt & ground black peppercorns

*Preheat the oven to 180℃/ gas mark 4.

  1. Line a 21cm loose-bottomed tart tin with the pastry. Leave excess at the edge and prick the pastry with a fork.
  2. Place it in the oven and cook for about 20 minutes until slightly golden. Trim any excess edge with a knife.
  3. Mix well with the eggs, Parmigiano Reggiano, cream and salt and pepper for seasoning.
  4. Lay the broccoli and ham on the pastry and pour the egg mixture over. Press slightly as remove the air pocket.
  5. Cook for about 40 minutes in the preheated oven or until they are cooked. Leave it cool for about 5 minutes. Divide into 6 and serve with fresh salad.

6人分(21cmタルト型1個分)

  • 冷凍タルトシート: frozen shortcrust pastry sheet—1枚
  • ステムブロッコリー: tenderstem broccoli spears—200g
  • ハム: ham—100g
  • 卵: medium eggs—5個
  • パルミジャーノレッジャーノ: Parmigiano Reggiano—すりおろしたもの大さじ5
  • ダブルクリーム、もしくはホイッピングクリーム: double or whipping cream—大さじ5
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々

*オーブンを180度(ガスマーク4)に温めておく

  1. ステムブロッコリーは長さ3cm程度、ハムは2cmの角切りにしておく
  2. ケースをタルト型に合わせてのせ、周りをしっかり押さえる。生地が膨らみすぎない様に底面にフォークで穴を空けておく
  3. 温めたオーブンで約20分、うっすら焦げ色が付く程度に焼く
  4. 小さなボールに卵とパルミジャーノ、クリーム、塩コショウをフォークなどでよく混ぜ合わせる
  5. 焼き上がったタルト生地にブロッコーリーとハムをまんべんなくのせ、上から卵液をかけたら、具の隙間に空気が入らないように少し押さえる
  6. 温めたオーブンで約40分、表面に焦げ目が付いて卵に火が通るまで焼く。あら熱が取れて切りやすくなるまで約5分待ち、切り分けて下さい。サラダを添えてどうぞ。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ