ヨーグルトスコーン

02/03/2011

Yogurt Scones

教室で好評だったスコーン、早速載せてしまいます。イギリスのレシピだとバターミルク、サワークリームを使ったものが多いのですが、残ると使い道に困ってしまいます。グリークヨーグルトなんかも試しましたが、普通の脂肪分を調整していないヨーグルトがベスト。焼くと酸味は感じられません(フシギ)

気温が高かったり、手の温度が高い方は、指でサラサラの状態にするのがちょっと難しいかもしれませんが(教室で見て頂いた方々は大丈夫ですよね?)、その時はボールごと粉を冷蔵庫で冷やしてみて下さい。

焼きたてを食べると、ヘタなケーキよりよっぽど美味しい。材料も難しいものではないので、ぜひぜひオウチで作ってみて下さい。豪華なホテルでアフタヌーンティーも洒落ていますが、これもナカナカ負けていないと思います

Serves 10~12

  • 250g plain flour, plus extra for dusting
  • 4 tsp baking powder
  • a pinch of salt
  • 1 1/2 tbsp granulated sugar
  • 50g un-salted butter, cut into 1.5cm cubes and kept in a fridge
  • 1 medium eggs
  • 70ml milk
  • 50ml whole milk full fat yogurt
  • clotted cream, to serve
  • jam, to serve

Preheat the oven to 180℃, gas mark 4. Place the baking parchment sheet on the baking tray.

  1. Sieve the flour, baking flour, sugar and salt.
  2. Place the flour in a large bowl and butter. Rub them in with your fingertips until you feel no butter lumps.
  3. Mix well the eggs, yogurt and milk in a small bowl.
  4. Fold the milk mixture into the flour with a wooden spoon.
  5. Lightly dust the work surface, your rolling pin and your hand with extra flour. Scoop the dough out onto the surface. Gently roll it out until it is 2 cm thick.
  6. Dip your cutter (φ5 cm) with the extra flour to stop it sticking to the dough. Stamp out as many as possible and knead together the scraps of pastry and roll it out again make 10~12 circles.
  7. Transfer the scones to the prepared baking sheet and take a rest for a while up to 1 hour.
  8. Bake for 13-15 minutes until golden brown and risen.
  9. Serve immediately with a spoonful of cream and jam AND TEA, of course.

10〜12個分

  • 薄力粉: plain flour—250g + 打ち粉分
  • ベーキングパウダー: baking powder—小さじ4
  • 塩: salt—ひとつまみ
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ1.5
  • 無塩バター: un-salted butter*—50g
  • 卵: eggs—1個
  • 牛乳: milk—70ml
  • ヨーグルト: whole milk full fat yogurt**—50ml
  • クロテッドクリーム: clotted cream—お好みで
  • ジャム: jam—お好みで

*1.5cm程度の角切りにし、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく
**滑らかなタイプ、脂肪分などを調整していない(full fat)もの
***デヴォンやコーンウォールが産地。最も脂肪分の高い(55%)クリーム

焼くまでにオーブンを180℃(ガスマーク4)に温めておく

  1. 薄力粉とベーキングパウダー、グラニュー糖、塩を合わせてふるい、ボールに入れる。冷蔵庫から出したてのバターを入れ、手でもみほぐすようにし、サラサラの状態にする。こねないこと。
  2. 小さなボールに卵、牛乳、ヨーグルトを良く混ぜ合わせておく。粉類とバターのボールに液体を混ぜ、ひとまとめにする
  3. 打ち粉を降った台の上に厚さ2cm程度に伸ばし、型で抜く。残った生地はもう一度丸めて伸ばし、残り同じ様に抜く。時間があったら、そのまま少しねかせてから焼いて下さい(1時間以上はねかせないように。時間が長いと膨らみ過ぎます)
  4. オーブントレーにパーチメントシートを敷き、温めたオーブンで約13~15分ほど焼く
  5. 焼きたてにクロテッドクリームやジャムを添えてどうぞ

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

4 Responses to “ヨーグルトスコーン”

  1. Meg Says:

    ちょっと遅れたお雛様を自分でお祝いするために作りました。1番はじめのステップ、「バターを入れ、手でもみほぐすようにし、サラサラの状態にする。こねないこと。」これが一番難しかったです。出来立てはあっさりしていてとっても美味しかったのだけど、いかがなものでしょう?

    • mizue Says:

      雛祭りにスコーンっていいね . . .
      体温が低い私は、サラサラ状態にするのって普通と思っていたのですが、案外難しいみたいですね。教室の時も「ええ?どういう状態???」と聞かれました。でも、まぁ、やってみると、出来るもんでしょう。焼きたてをいくつでも食べられるなんて、お家ならでは〜だもんね。

  2. hiroex Says:

    いつもレシピ楽しみにしています。スコーンのレシピも色々あるのですが是非イギリス在住のうちにマスターしておきたいので作りたいと思います。
    さて材料のwhole milk full fat yogurtですが、砂糖が含まれているものでよいのでしょうか?イギリスのスーパーで普通に売ってるのって砂糖入りですよね?Greek Yogurtを選べばよいのでしょうか?お手数ですが教えてください。

    • mizue Says:

      コメントありがとうございます。
      イギリスのスーパーで売られているヨーグルト、両方普通に手に入るはずです。Greek Yogurtでも出来なくはないですが、そうでない脂肪分を調整していないものをおすすめします。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。