TAKOYAKI Style Roasted Cauliflower

これもイギリス情報誌「ジャーニー」の「ごくウマ3選」で紹介していただいたレシピです。房に分けたカリフラワーが可愛いなぁ . . .と思っていて、それを並べてみたら、たこ焼きみたいに見えた関西人の私。ほんならやってみまひょか、と、こんな感じになりました。

ちょうど家にあった竹の舟が尚更たこ焼き感をあおっているかな。手間いらず、多分お子様にもウケるレシピだと思います。とろけるタイプのチーズをたっぷり振ってグラタン風にしても美味しいです

Serves 4

  • 1 small cauliflower, divid into small florets
  • 2~3 tbsp semi-sweet sauce for OKONOMIYAKI or TAKOYAKI
  • 2~3 tbsp grated Parmigiano Reggiano
  • 2 tbsp bread crumbs
  • extra virgin olive oil
  • bonito flakes
  • green laver

*preheat the oven to 200℃, gas mark 6.

  1. Place the cauliflower in the oven proof dish.
  2. Apply the sauce on the cauliflower with a brush. Sprinkle with the Parmigiano Reggiano and bread crumbs. Drizzle over the oil.
  3. Cook the cauliflower for about 15~20 minutes or until they are cooked.
  4. Sprinkle with the bonito flakes and green laver. Serve hot.

4人分

  • カリフラワー(小): small cauliflower—1個
  • お好み焼き、またはたこ焼きソース: semi-sweet sauce for OKONOMIYAKI or TAKOYAKI—大さじ2~3
  • パルミジャーノレッジャーノ: Parmigiano Reggiano—すりおろして大さじ2
  • パン粉: bread crumbs—大さじ2
  • エクストラバージンオリーブオイル: extra virgin olive oil—適量
  • おかか: bonito flakes—少々
  • 青のり: green laver―少々

*オーブンを200度、ガスマーク6に温めておく

  1. カリフラワーは小房に分ける
  2. 耐熱皿にカリフラワーを並べ、ソースをハケなどで塗り、パルミジャーノとパン粉を振りかけ、オイルをざっと回す
  3. 200度に温めたオーブンで15~20分ほど、表面にうっすら焦げ目が付く程度まで焼く。仕上げにおかかと青のりを振って出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ