アスパラガスとプロシュートのリゾット

28/04/2011

Asparagus & Prosciutto Crudo Risotto

友人の経営するイタリア食材店のプロシュートが美味しく、それをどうしても使いたかったレシピ。最後に上に1枚、手で割いてのせただけなのですが、これと一緒に頬張ると思わずニンマリ . . .これとパルミジャーノの塩気があるので、加えるスープの塩加減は控えめにして下さい。

プロシュート・クルード: prosciutto crudoとは、豚のもも肉を塩漬けにした後、乾燥したところにつるして熟成させた生ハムです。

イタリアを代表する米料理リゾットなのですが、美味しく作るには少しコツがあります。米は日本米で代用可、洗わなくて良い。洗うとスープの吸い込みが悪くなります。また、粘りを出さないようにするため、加えるスープは熱くしておくことも大事です。スープは多めですので、少し余るくらいでちょうどだと思います。

野菜はステムブロッコリーやきのこ類、シーフードなどお好みをアレンジして下さい。カレーやトマト味にしても美味しいです

Serves 4

  • 300g Japanese rice
  • 1/2 本 (80g) leek, halved, washed throughly and chopped
  • 200g asparaguses, washed and cut diagonally into 1 cm width
  • 4 slices (100g) of prosciutto
  • 40g un-salted butter
  • 4 tbsp white wine
  • 1.8ℓ chicken soup stock, or made with 2 cubes and hot water
  • 8 tbsp + extra grated Parmigiano Reggiano
  • salt
  • extra virgin olive oil
  1. In a heavy-based pan heat the butter over a medium heat. Add the leek and cook for about 2~3 minutes until the leek has softened.
  2. Add the rice and cook for another 1~2 minutes and splash the wine. (Set the timer if you want to as it takes about 20 minutes until the rice tender.)
  3. Meanwhile, in a pan heat the soup over a moderate heat.
  4. Add a ladleful soup at a time to the rice, stirring and letting each addition be absorbed before you add the next. Continue until the rice is tender – about 20 minutes.
  5. About 3 minutes before the rice is ready, add the asparagus.
  6. When the rice is tender, turn off from the heat and add the Parmigiano Reggiano. Adjust with the salt if necessary. Divide on the plate.
  7. Tear the prosciutto with hands and add on the each plate. Sprinkle with more Parmigiano Reggiano and drizzle with olive oil. Serve immediately.

4人分

  • 米: Japanese rice—300g
  • リーク: leek—80g
  • アスパラガス: asparaguses—200g
  • プロシュート: prosciutto—100g(4枚)
  • 無塩バター: un-salted butter—40g
  • 白ワイン: white wine—大さじ4
  • チキンスープストック: chicken soup stock—1.8ℓ(固形スープの素2個をお湯で溶かしたもので可)
  • パルミジャーノレッジャーノ: Parmigiano Reggiano—(すりおろして)大さじ8+〜
  • 塩: salt—(必要であれば)少々
  • エクストラバージンオリーブオイル: extra virgin olive oil—少々
  1. リークは粗いみじん切り、アスパラガスは1cm幅の斜め切りにする
  2. 厚手の鍋にバターを弱めの中火で熱し、リークをしんなりするまで約2、3分炒める
  3. 米を加え、更に1、2分炒めたら、ワインを加えアルコール分を飛ばす。米を加えた時点でタイマーをセットし、20分弱程度を目安にして、仕上げると良い。別の鍋にスープを火にかけ、熱い状態を保っておく
  4. お玉1杯分ずつを加えては米に吸わせるようにする。これを繰り返す。最初の10分間くらいはこまめに、後は少し多めにスープを入れて、あまりかき混ぜ過ぎて米を潰さないようにすること
  5. あと3分のところでアスパラガスを加える塩加減を見て、調整する
  6. 少し米の芯が残る程度で火を止め、パルミジャーノを加える皿に盛って、手でプロシュートをちぎって上にのせたら出来上がり。お好みでエキストラバージンオリーブオイルをかけて下さい

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

6 Responses to “アスパラガスとプロシュートのリゾット”

  1. nene_co Says:

    みずえさんのお料理はいつも色が美しいですね。
    白い食材はあくまで白く、緑は加熱しても鮮やか。
    ワタシみたいな料理下手はたぶん、混ぜるにしても加熱するにしても、
    時間をかけ過ぎる&弄り過ぎるのかもなー。

    今日のお昼、これ食べたい。正直言えば、お昼まで待てない(笑)。
    いま、午前10時20分です、日本。

    • mizue Says:

      放っておけ、と言われても「色」は気にしてしまうヒトです。ビュッフェとか行っても、気が付いたら「色」で選んでいる。その横でプレートが全部茶色になる相方。お互いいつも笑っています。

      やっぱり信じられない料理ヘタと仰るnene_coさん。だってパンが本当に本当に美味しそうなんですもーん。あ、ただ今夜の11時前。私もパン食べたいっ。

  2. asobo Says:

    美味しいレシピを読むのは大好きです。
    特に今回のようなメニュー。でも、途中で悲しくなることも度々。なぜって、ぼくはチキンアレルギー。体調が悪いときは、大好きな卵も要注意。先日は目のまわりがおかしくなってしんどかった。
    でも、これ、美味しそう。数河~区美味しそうだ。
    チキン以外のやさしいスープを作ってチャレンジしてみたい。

    • mizue Says:

      野菜だけのスープを使っても美味しく出来ますよ。
      アレルギーって、大変ですね。ウチのチビももっと小さい時は卵、牛乳、小麦粉のアレルギーがありました。幸い治りましたが、体調が悪いと少し出るみたいです。
      チキンも卵も使わなくても世の中には美味しいもの、沢山ありますが、知らずに食べてしまって、後で大変なことにならないよう、お気を付け下さいね。


  3. こんにちわ♪(´ε` )
    とても魅力的な記事でした。
    また遊びにきます。
    ありがとうございます!!


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。