あんみつ

29/11/2012

Anmitsu

ローカルの食材で出来るあんみつ。小豆餡や求肥も作れます。寒天も最近はスーパーでパウダーが手に入るようになりましたしね。求肥は残ったら冷凍も出来ます。時々無性に食べたくなる和菓子ですよね。もちろんアイスクリームをのっけてもいいですよ。

Serves 6

<Aduki paste>

  • 1 canned aduki beans
  • 120~150g granulated sugar

<agar jelly>

  • 1 sachet agar powder
  • 500ml water

<syrup>

  • 50g dark brown sugar
  • 100ml water

<gyuhi (dumpling)>

  • 60g glutinous rice flour
  • 120g granulated sugar
  • 120ml water
  • food colouring
  • corn flour or potato starch
  • canned fruits

<Aduki paste>

  1. Heat the canned beans with water from the can in a small pan over a low heat and add the sugar.
  2. Cook for about 30 minutes with mushing them. Remove from the heat and cool at a room temperature.

<agar jelly>

  1. Heat the agar powder and water in a small pan over a medium heat. Bring to simmer and cook for about 2~3 minutes. Spoon the liquid in a square mould and leave it cool at a room temperature. Then cool it in a fridge for about 1 hour.
  2. Take out from the mould and cut into 2cm cubes.

<syrup>

  1. Heat the sugar and water in a heat resistant bowl for 1 minute in microwave. Mix well and heat for another 2~3 minutes. Leaveit cool at a room temperature. Then cool it in a fridge.

<gyuhi (dumpling)>

  1. In a heat resistant bowl mix well the rice flour, water and sugar. Heat for 1 minute in a microwave and mix well with a small whisk. Heat it again and mix well with a wooden spoon and repeat this.
  2. Colour with food colouring.
  3.  Dust with corn flour or potato starch with the mould. Cool the dough on the mould and put in a fridge.
  4. Cut into 2cm cubes and dust with corn flour or potato starch.
  5. Arrange the drained canned fruits, agar jelly and dumpling. Pour with the syrup and serve.

6人分

<あん>

  • 小豆の缶詰め: canned aduki beans—1缶
  •  グラニュー糖: granulated sugar—120~150g

<寒天>

  • 粉寒天: agar powder—1袋
  • 水: water—500ml

<黒みつ>

  • ダークブラウンシュガー: dark brown sugar—50g
  • 水: water—100ml

<ぎゅうひ(求肥)>

  • 餅米粉: glutinous rice flour—60g
  • グラニュー糖: granulated sugar—120g
  • 水: water—120ml
  • 食紅: food colouring—少々
  • コーンスターチ、もしくは片栗粉: corn flour or potato starch—適宜
  • フルーツの缶詰め: canned fruits—適宜

<あん>

  1. 鍋に小豆の缶詰めを缶汁ごと入れて火にかけ、グラニュー糖を加える
  2. 好みの粗さに潰しながら、弱火で約30分程度煮詰める。少し柔らかい程度で火を止める。冷めると少し固くなります

<寒天>

  1. 鍋に水と粉寒天を入れて中火にかける。沸騰してから2〜3分間少し煮詰め、水で濡らしたバットなどの型に流す
  2. あら熱が取れたら冷蔵庫で固める(約1時間で固まります)
  3. 固まったら、型から外し、2cm角に切る

<黒みつ>

  1. 耐熱ボールにブラウンシュガーと水を入れて、レンジに1分かける。砂糖を溶かし、もう一度レンジに2〜3分かけて、冷ましておく。あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす

<ぎゅうひ>

  1. 耐熱ボールに餅米粉、グラニュー糖、水を入れ、良く混ぜ合わせる。レンジに1分かけ、取り出したらすぐに混ぜ合わせる。更に1分かけ、もう一度よく混ぜ合わせる
  2. 粘り気が出てくるので、麺棒などに変え、再度レンジに約1分かける。もう一、二度これを繰り返す
  3. お好みで食紅などで色を付ける
  4. コーンフラワーや片栗粉をたっぷり敷いたバットなどに入れて広げ、冷ます。冷蔵庫に入れても構わない
  5. 冷めたら2cm各に切り、切り口にも打ち粉をまぶしておく。盛り付ける時には打ち粉をはらうこと(冷凍可)
  6. 缶詰の汁気をよく切ったフルーツ、寒天、ぎゅうひを盛りつけ、黒みつをかけてどうぞ

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

タイ料理最後の日。途中飽きるかと思いきや、案外最後まで美味しく味見出来た感じ。なんとなーく、辛さに強くなったかも . . .と思います。麻痺するのか慣れるのか分かりませんが、同じ量のチリを使っていて最初は「すごい辛いっ」と思ったのに、今日は「うん、こんなもんかな . . .」と。

今週は極寒のロンドン。ほんまに冷えてます。氷点下、、、っぽい!?寒い日は日中も気温が5度を切り、最低気温との差が少ないのですが、体感温度が低く感じます。更に今日、なんとストライキ〜。近所のバスが動いていない。がーん!!別のバスルートは動いていたので、そちらで近くまで来て頂き、その後は歩いて頂く、ということに。すみません。。。

更に1名は断水にあったらしく、もぅ踏んだり蹴ったり。何故今日!!??というのは重なるものです。ここに到着した時点でクタクタだわ、お腹も空いているわ、ですよね。

そして、つい昨日2歳の男の子を連れて日本から帰っていらした方。時差ぼけで半ば強引な気もしますが、いらして下さいました。男の子、今朝5時に起きてしまってそのまま。途中流石に眠くなって機嫌も悪くなり、(きっとご自身も疲れているであろう)お母さんがずーっとつきっきりであやしていらっしゃいました。ご苦労様です。

料理好きのご主人を持つ方。魚はフィッシュマーケットに出向き、鯵の一夜干しを作っちゃうわ、スモークするわ、話を伺って羨望の眼差し。スローフード系が好き、とはいい感じです。

一口カレーを食べて「ンマイ!」と。独り言の様な声が聞こえました。嬉しいなぁ〜。

おしゃべりは、子育てに冷たい日本の社会。良い話もあるでしょうが、一般的にそう思います。バギーは電車に乗っちゃいけない、みたいな。状況を把握するべきだとは思いますが、お母さん方が肩身の狭い思いをしているのは事実でしょう。一方ロンドンはやや開き直り気味、子を持つ親が優先でしょー!?と堂々とし過ぎなのも、ちょっと行き過ぎかとは思いますが。両方比べると面白いですね。

試食の最後の方でついに撃沈した男の子。そしてバスも相変わらず動かない。車でいらした方がなんと3名を乗せて送ることに . . .私からもお礼を。皆さんそれぞれお忙しいし、いろんな事情があるのに、ホントありがとうございました。外は寒いけど、気持が温まる気がしました。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ