The Cale & Bake Show 2013

13/09/2013

スライドショーには JavaScript が必要です。

料理教室のない9月。引越があるとは言え、休んでいる訳じゃないのよ。今週はずっとお魚まみれで撮影だの試食だの、、、魚くさーーい私でした。朝から鰻丼とかイカ刺しとか食べてたし。そして、今日は直前まで行けるかどうか怪しいスケジュールだったのですが、

The Cake & Bake Show 2013

展示会、久しぶりっ!!!
しかも頼まれ仕事とかじゃない、自分の興味あるものだけ見てれば良いというなんとも贅沢な時間。イギリスの甘いもの、ケーキやビスケット、パンなどのイベント。小物や道具、パッケージ、デコレーションの展示、即売をはじめ、その道の有名人などによるレクチャーとかクラスまで . . .雨の中、まぁ集まるわ、集まるわ、かなりの人(ほとんどがちょい大きめサイズ)でした。

久しぶりに出かけた大きなイベント。日頃こういうのはどうやって作るんだろう、ばっかり考えているので、イチイチ面白い。食べた事もほとんどないし、やろうと思った事のない(どうせ甘いだけに決まっている)シュガークラフトだって、目の前で実践してくれるから、つい見ちゃう。出来上がりのサンプルも沢山展示されているのだけど、うーーん、、、ほとんどのものの完成度があまりよろしくない。日本人的には完璧じゃないものが多かった。不器用なんだね、仕方あるまい。

つまみ食いもあちこちで出来るのですが、こうなると見ているだけてお腹が一杯になるから不思議。決して買いたくなくなるモノ。ケーキなどあれこれ買っている人って本当に好きなのね、私はああはなれないなぁ . . .好き度が足りないのかなぁ。

アイシングケーキのデコレーション、あれこれ小道具があって、どれも欲しくなってしまうのだけど、引越を来週に控えた私はぐぐっと抑え、それでもどうしても気になった模様の付くローリングピンを5種、食用サインペン、蛍光色のアイシングシュガーの生地セット(重い、かさばる)を買ってしました。あーもーー嬉しいっ!!!

こうやってみるとイギリス人にとっての甘いもの=やっぱりお砂糖なのね。ケーキの生地、そのものよりもデコレーションに関わるものが多かったです。ケーキ&ベイクと言うよりは「砂糖祭り」ってトコか。けど、まぁその技術とか執念がスゴいなぁ、と思った訳であります。

パンは巷にあんなに美味しいパン屋さんがあちこち出来ているのに、少なくてちょっと残念。それでもサワーブレッド流行なのね、と実感しつつ、1個だけでっか〜い、ロンドンの昔のレシピで作ったというホワイトブルーマーもゲットしました。

界のお迎えに間に合う様に帰らなければならなかった私は、ノンストップで走り回った。あーーー疲れた。が、ともかくとっても楽しかった。充実の半日でした。やっぱりこういうの、行かないとね、出かける時間作らないと。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。