大きな具の炊き込みごはん

05/09/2015

Rice with Chicken & Carrot in Sweet Soysauce

具は大きく切ったままでもいーのです。何か足りていない、出来損ないの炒り鶏の汁多めに、御飯を入れて炊いたら、炊き込み御飯になっちゃいました。煮物を御飯にのせる気はしないけど、一緒に炊いたらなんだか許せる。ちょっと甘めが食べたかったので、砂糖多めですが、ご自由に甘さや塩加減は調節して下さい。あればごぼうやこんにゃく、油揚げを加えても、もちろん美味しいですよね。

材料は適当に大きめに切れば良いので、なんだか炊き込み御飯より気楽。コツはこまめにアクや脂分をすくい取ること。おこげ多めがよかったら、米を入れてからもう数分長めに炊いてみて。staubなので、水分がほとんど逃げないのですが、それ以外の鍋だったら、ダシはもう少し多めの方が良いでしょう。

そうそう、鶏肉はイギリスだともも肉は骨つきが多いので、こういう手間が必要なんです。骨なし、皮なしのもも肉でも構いません。

rice_chicken_carrot

<5人分 / Serves 5>

  • 鶏もも肉(骨皮付き)—4枚(500g) / 4(500g) chicken thigh
  • にんじん—小2本 / 2 small carrots
  • さやいんげん—120g / 120g green (french) beans
  • サラダオイル—小さじ1 / 1 tsp vegetable or sunflower oil
  • 砂糖—大さじ2 / 2 tbsp sugar
  • 酒—大さじ2 / 2 tbsp sake
  • しょうゆ—大さじ2 / 2 tbsp soysauce
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • だし、もしくは水—650ml / 650ml Japanese soup stock or water
  • 米—3合 / 450g Japanese rice
  1. 米は洗って、ざるにあげておく。鶏もも肉は骨と余分な脂分を取り除き、一口大に切る(切り分けた骨はダシとして使うのでとっておく)。にんじんは皮をむき、一口大の乱切りに、さやいんげんは両端を切り落とし、3cmの長さに切っておく
  2. 厚手の鍋にオイルを中火で熱し、一口大に切った鶏肉と骨を入れて2、3分炒める。続いてにんじんも加え、炒める。砂糖、酒、しょうゆ、塩、だしを加え、一旦強火にして煮立たせる。
  3. 煮立ったらアクをこまめに取り除き、蓋をし、弱火で約15分煮込む
  4. アクが出ていたら、すくい取って、米とさやいんげんを加える。表面を軽くならし、火を強める。沸騰したら、蓋をし、約15分弱火で炊く。火を止めて、蓋をしたまま約15分蒸らす。ほぐしてどうぞ。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は209位。すっかり冬支度のイギリス。秋がなく一気に冬。こんな御飯を鍋ごとドドーンとテーブルにおきたくなりますね。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。