チャリティーケーキセール

10/09/2015

ここ1週間、毎日BBCニュースのトップはこれ。シリアからの難民。ヨーロッパのボーダーを乗り越えようとしたり、止まっている様子だとか、難民の数。ヨーロッパに入ってきたものの、ずーっと歩き続ける様子とか、ヨーロッパ中でどこの国が何名受け入れることに合意したとか、えらいことになっています。

無理やり船に乗ったものの、船が沈没、溺れた子供が波打ち際まで流された写真がアップされたり、スペインの島でホリデー中だったイギリス人が、ホリデー返上、チャリティー活動したり、食料やテント、住居を提供したりというボランティア精神本気な心打たれる話も毎日山のように聞こえてきます。

シリアからの難民全員がヨーロッパ国でスムースに生活出来るようになるはずはなく、止まってキャンプ生活を余儀なくされる数も多くなります。イギリスとフランスのボーダーであるカレーにも、そういうキャンプ場が多くあって、そこでの生活必需品、経費を賄う為のチャリティーイベントがケーキセールとして、界の学校で行われました(前置きながっ)。そんな訳でちょっと気持ちだけ。cake

red今回の難民のためのチャリティー。正直複雑な心境です。シリアの難民に対しては気の毒としか言いようないし、なんとかしてあげたい、と言う気持ちがある反面、入ってきたからには、もっと感謝の心を忘れずに謙虚になってくれ、と思わずにはいられないのです。これまでイギリスはアフガニスタンやコソボから沢山の難民を受け入れてきました。イギリスだけじゃないし、ヨーロッパの他国、特にドイツなどに比べたら相当少ない数ではあるのですが。彼らがもう少し受け入れてくれた国に対して、その国のルールやモラルを学んでくれたら、、、と思うのです。

税金で生活している彼ら。少数ではありますが、中にはロンドンのセントラルに住み、一般人より贅沢な暮らしをしていたりする人も居ます。渡英して間も無かった私たち、当時ポンド250円で高い学費と家賃を払い、キュウキュウな生活をしていたのですが、同じ学校に家族で難民としてイギリスに来た人たち数名が居ました。彼らの何かにつけ厚かましい、落ちているお金、置いてあるモノは見つけた自分のモノ的な態度はどーなんよ、と腑に落ちなかったことを思い出しました。

既に今回の難民で他ヨーロッパの国で、家とか教会に泊まらせて、食事や衣服も与えたのに、ある朝何も言わずに居無くなったという話も聞きます。チャリティーに見返りを求めてはいけないのかもしれませんが、せめて、、、せめて「ありがとう」くらい言えるでしょーが。

自分の国が平和とは程遠いことになってしまって、他に方法が無く逃げ出す。よほどの決心だとは思いますが、郷に入れば郷に従って欲しいもんです。少しだけでも、ちょっとずつでも。

こんなこと、私みたいな外人に言われても説得力ないか。

それにしてもまぁ、、、ヨーロッパの人、イギリス人は本当に寛大。その気持ちに感動してケーキ少々焼いてみたのでした。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は139位。しんみり、くそまじめにチャリティー活動は苦手です、ごめん。きっかけは深刻だけど、なるべく楽しく参画したいものです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

5 Responses to “チャリティーケーキセール”

  1. 千昭 Says:

    みずえさん、何時もありがとう!

  2. 千昭 Says:

    みずえさん、いつもありがとう!!ホンマ、言うたはること全くそのとおりやわ。ありがとう‼︎ 大事やね!!良い週末を‼︎

    • mizue Says:

      千昭さん、こちらこそいつもありがとうございます。こういう内容を投稿するの、正直怖いのですが、コメントいただいてとっても嬉しくなりました。
      同じような気持ちを抱いている方がいらっしゃること、わかっただけでも収穫です。
      千昭さんこそ、どうぞ良い週末を。

  3. F.H. Says:

    みずえさん!全くもって同感です!謙虚さのカケラもないですよね。うちの地域ではレベルの良い公立に、そういう方々の子供達が優先で入れて、イギリス人の長く住んでる家族の子供達がはじき出されてしまうと言う危機感があります。なんでやー!?って感じですよね。イギリス、優しすぎって言うか、お人好しって言うか…

    • mizue Says:

      Fさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。やはりそう感じますか。乱用している人たちがやたら目につくんですよね。何が問題って、そこに感謝の気持ちがない、謙虚さのかけらもない、ってこと。
      そういうイギリスが素晴らしいと思って、住んでいたりするんですけど。この寛大さはきっと昔からなのでしょうね。まったくもって恐るべし懐です


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。