鶏のからあげ

09/01/2016

Karaage (Japanese Fried Chicken)

新しいレシピを紹介するも良いのですが、きっとどこかで役に立つに違いない、いろいろ作っても、結局このあたりが家族に喜んでもらえるんじゃないかな、、と思うレシピ(ながっ)を1月は紹介しますね。

たーぶーんーーー、ハンバーグ、コロッケとか出てくると思います(笑)。何気な〜くやっていることが、案外美味しく作るコツになっていたりするといいな。

まずは皆が大好きなからあげ。我が家も3人家族なのに、実は1kg用意します。界がこれだけでお腹いっぱいにしたいらしく、からあげの時はご飯も食べない。そして必ず翌朝「からあげある〜??」

唐揚げには皮付きの鶏肉が美味しいと思うのですが、イギリスには皮付きを選ぶと、骨まで付いて来ちゃうのです。なので、骨の外し方も見てね。あとは大きめに切ると、ジューシーになります。味付けはシンプルにしょうが汁と醤油のみ。ここにガーリック少々や豆板醤が入ることもあります。

粉は片栗粉を使っても良いですし、薄力粉とコーンスターチ(コーンフラワー)を混ぜたもの、どちらでもお好みで。薄力粉だけでも大丈夫。

実は、Youtubeの登録者、日本人以外がとっても多いのです。9割くらいはそうだと思います。毎日のように5名くらい増え続けて、あっという間に600名強。経緯は全く分かりませんが、ひょっとして基本的な日本食を知りたいのかな?とも想像したりしています。誰もコメントくれないからワカンナイけど。英語は追ってやりますーー。

<4人分 / Serves 4>

  • 鶏もも肉—小4枚(500g) /500g Chicnken thights
  • しょうが—20g /20g ginger
  • 酒—大さじ1.5 /1.5 tbsp sake (white wine)
  • しょうゆ—大さじ1.5 /1.5 tbsp soysauce
  • 薄力粉*—約40g /40g plain flour
  • コーンフラワー*—約20g /20g cornflour
  • (薄力粉、コーンフラワーの代わりに)片栗粉—約60g /60g potato starch can be used instead of plain flour and cornflour
  • 揚げ油—適宜 /vegetable oil for deep-frying
  • ロメインレタス—Romain Lettuce
  • トマト—tomato
  • レモン—lemon
  1. 鶏もも肉は骨と軟骨を取り除き、1枚を4〜5つに切り分け、一口大の大きさにする。ボールに入れておく。
  2. しょうがは皮をむき、すりおろす。絞り汁を肉の入ったボールに入れる。酒としょうゆを加えて、手で揉み込み、冷蔵庫で1時間くらい漬け込む(一晩入れても構いません)
  3. 薄力粉とコーンフラワーを混ぜ合わせて(もしくは片栗粉)、バットなどに入れておく。汁気を切った肉にまぶす。余分な粉をはたくこと。中温に熱したオイルで約5分間、もしくは火が通るまでカラリと揚げる。
  4. レタスの粗い千切りとトマト、レモンを添えて出来上がり。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。