ドラゴンロール

31/01/2016

ura_top

改めて載せます。よく聞かれるドラゴンロールの作り方。のり半分、酢飯は100g、向こう側を1cm空ける。具は1cm角が二種類。このバランスを守れば裏巻きもできますよー。

中身は端折ります(写真はサラダ菜、ツナ缶をマヨネーズで和えたもの、きゅうり)が、裏巻き1本につき、アボカド1/2個。種を取ったら包丁を立てて先端で切ってください。形がそのまま残ります。それをそーっと手のひらにのせて、もう片方の手のひらで少しずつ押すと、等間隔に広がります。

結構デリケートな作業です。しかもアボカドだからすぐに食べないと色変わるし、食べようと思ったら、上のアボカドがずり落ちるし。。。でもでも見た目豪華だから許せるんです。

  1. 巻き簾にサランラップを敷く。巻く時にラップが動かないように、上下を巻き簾の下に巻き込むと良い
  2. 半分にしたのりをおく。のり半分の向こう側1cmくらいを空けて(手前はギリギリまで)、しゃり100gをのせる。
  3. のりの向こう側を持ち、裏表をひっくり返す。中央より少し手前に具をのせる
  4. ラップごと巻く
  5. アボカドを半分に切り、種と皮を取り除く。まな板にアボカドをのせ、包丁の刃先だけを使って(こうするとアボカドの形を残したままスライス出来ます)、できるだけ薄く切る。切り終わったら手のひらにのせ、もう片方の手で上から少し押さえる様にすると斜めに等間隔にずれます。寿司の長さになるまで何回か繰り返す
  6. ラップを一度外し、寿司の上にそっとのせる
  7. ラップをもう一度して、巻き簾ごともう一度巻いて、具と寿司を密着させるようにする。切る時はラップごと6つに切り分ける

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。