x40 @ J-Net

26/01/2019

翻訳通訳者のアソシエーションに所属する友人からのお誘いで、ワークショップ&年次総会の時のランチのケータリングをお願いいただきました。

依頼して下さった友人が麹にはまっていて、ワークショップも酒関連。彼女が自宅で作る塩麹、醤油麹、甘酒、酒粕、西京味噌を調味料に使った食事、ということで、私も興味ある食材、前々から一緒に何かやりましょうーーという話をしていたので、とても楽しくレシピ開発から料理、盛り付けまでさせていただきました。発酵調味料の美味しさを発見することになり、とても嬉しい機会です。だしとか要らない、余計なものが入っていないからグルテンフリーだったり、大豆フリーだったりするし、調味料の数そのものも少なくて済む。何よりそこから出る旨味と肉や野菜を美味しくする力ってすごいんです。

前日は朝から夜まで下準備。そして今日は朝の4時起き。トーゼン真っ暗。朝なのか夜なのかよーわからん。が、嫌いじゃないこの感覚。そこから一気に揚げるわ、焼くわ、茹でるわ、、、火を通して、切り分けるべきものは切る。いつもの相方はおにぎり担当。今回、ちょっと大変だったのはビーガン対応。ペスカトリアン(肉は食べないけど魚はオッケー)、ベジタリアン、ビーガンなど4名いらしたので、全部ビーガン仕様にしました。テーブルを別にして、並べるのですが、その4名分をメニューも変えて料理するのは他と量も違うので、やや面倒なことに。気持ちはこういう方にこそ、美味しいものを食べて欲しいと、常々思っているので、なるべく応えたいのですけど。でも、やっぱり対応出来て良かったです。

 

会場に着いてからレイアウトできる時間が1時間しかない、、、もぅ、、大汗滝汗です。ものすごい早さと集中力で独り言ブツブツ言いながらあの怪しいオバサン。友人、知り合いも居ましたが、挨拶も最小限。めっちゃ無愛想だったに違いない。ともかく並べなければならぬーーーー!!

 

ワークショップの時間が10分弱遅れてくれて本当に良かった!「どうですかーー?」と担当者の方が確認しに来られた時にまさにレイアウト終わった。皆、ワークショップ後で疲れたのとお腹空いたので、部屋に入るなり目は食べ物へ。そりゃそーだ。これは何?あれは何?と聞かれながら、皆にあれこれ食べてもらうのは嬉しいこと。日本人のみならずローカルの方も沢山いらっしゃいました。日英翻訳の会なので、皆さん日本通でいらっしゃいました。

 

ランチ好評だったらしく、何よりでした。あーーー、たっくさん作ったなぁー。

me

本日のケータリングメニュー

  • 鴨のたたき、甘酒としょうゆのたれ
  • 塩麹としょうがのチキングリル
  • 醤油麹とガーリックの唐揚げ
  • ビーフコロッケ
  • タラの西京漬け
  • ピクルス
    • 大根とニンジンの酒粕漬け
    • トマトのピクルス
    • コールラビのレモン漬け
    • きゅうりの中華風ピクルス
  • おにぎり
    • ゆかり
    • 枝豆
    • 自家製たくあんと黒ごま
  • 桜風味の浮島(蒸し小豆ケーキ)

ビーガンメニュー

  • スイートポテトの南蛮漬け
  • たけのこ、干し椎茸の炊き合わせ、ニンジン&シュガースナップ
  • なすみそ
  • 豆腐の三升漬け
  • 小豆白玉

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。