先日アップしたローストビーフに添えられていたヨークシャープディング。ローストビーフには欠かせないもの。グレービーをかけて一緒に食べます。

ローストビーフのレシピはこちら

ヨークシャープディングの材料は粉と卵とミルクだけ。ちょっとだけ作り方に手順が必要ですが、どうってことない。オーブンに入れるとみるみる膨らむのを見るのはとても楽しいし、中が空洞で、ふわふわしたシュー皮みたい、そのまま食べても美味しいのです。

空洞になった中にサンドイッチみたいな具を入れてもいいし、アイスクリームやフルーツ、ジャムなど甘いものも合うのです。なんだか面白いイギリスの料理ですね。

12個分

  • 薄力粉 : plain flour—-125g
  • 塩 : salt—小さじ1/2
  • 卵 : eggs—3個
  • 牛乳 : semi-skimmed milk—250ml
  • サラダオイル : vegetable / sun flower oil—大さじ4
    * オーブンを220℃ / 200℃ ファン付き / ガスマーク7に温めておく
  1. 薄力粉をふるってボウルに入れ、塩を加える。中央を少し凹ませておく
  2. 卵を凹ませた部分に割り入れる。最初に混ぜやすいように、牛乳も少々(大さじ2程度)加える
  3. 泡立器で中央の部分を混ぜ合わせ、残りの牛乳を2回程度にわけて加え、滑らかな生地を作る。型に入れやすいようにジャグに入れ変える
  4. ヨークシャープディング型、もしくはマフィン型にサラダオイルを1つの型につき、小さじ1程度ずつ入れる
  5. 温めたオーブンにオイルの入った型を入れ、約10分程度、オイルが熱々になるまで温める
  6. 型が熱くなったところに3.の生地を12等分して加え、素早く元のオーブンに戻す
  7. きつね色になり、大きく膨らむまで約20分焼いたら出来上がり。なるべく焼き立てをどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ミンスパイ

20/11/2020

実は嫌いだったミンスパイ。こんなに甘くてスパイスも濃くて重たいお菓子が美味しいなんて、どうかしている。何度か外で食べる機会があったものの、美味しいと思えたことは一度もなく、もちろん自分で買うことは一切ないもののヒトツでした。

が、そんなに嫌いなら一度作ってみよう!と。あれこれ沢山のレシピを見たり、作ったりして、「これは美味しい!」と思うレシピが出来ました。

私以上に毛嫌いしていたオットまでもが「これだったら幾つでも食べられる」「絶対世界一美味しいミンスパイ」と。今ではクリスマスが近づくと催促するまでになり、近所のカフェに卸してみたら物凄い売れ行きになりました。日本人にもローカルにも「今まで食べたミンスパイの中で一番美味しい」と言っていただけるようになった思い入れの深いクリスマス菓子です。

手作りのミンスパイは、市販のものとは全く味が異なって本当に美味しいのです。焼きたてが一番ですが、冷めたら少し温めて下さいね。中身のミンスミートはまとめて作っておくと便利ですよ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

多人数で集まることを避ける傾向にあるからか、2020年の年末はやや小ぶりな肉の塊が売られている気がします。1kgだと気軽にローストビーフ作れるかな。いつもは一度に2〜3kg焼くのですけど。

お肉を焼く時はできればファンがない方が乾燥しない気がします。 高温で20分焼いたら、あとは温度を下げてレアであれば20分、ミディアム30分、ウェルダン40分。これで1kgの肉が焼けます。焼いたら、必ず最低20分は休ませて下さい。この間に肉汁が行き渡り、じんわり中に火が通ります。くれぐれも焼き立てを切らないようにね。

レストランで食べると、やはり高いローストビーフ、今年はぜひお家でトライ!外食1人分で家族分の上等なお肉が買えますから。スーパーで熟成肉を扱うところが増えましたしね。グレービーもしょうゆさえあれば簡単に味が決まります。

ヨークシャープディングは後日レシピをアップします。

クリスマスツリーを出したので、その飾り付けの様子(9:32)と共によろしければお楽しみ下さい

3~4人分

  • 牛肉骨付き、固まり(リブアイ) : ribeye beef with (Cote de Beouf)—1kg
  • タマネギ : medium onions—1個
  • セロリ : celery—1本
  • にんじん : carrot—1本
  • ローズマリー : rosemary—2本
  • ローリエ : Bay leaves—2枚
  • タイム: thyme—2本
  • 塩: salt—少々、小さじ1/2
  • コショウ: black pepper—少々
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ1+1
  • イングリッシュマスタード: English mustard—大さじ1/2
  • 薄力粉: plain flour—大さじ1/2

ーグレービー

  • 薄力粉: plain flour—大さじ1/2
  • 赤ワイン : red wine—100ml
  • 固形スープの素 : soup stock cube—1個(お湯150mlで薄める)
  • しょうゆ : soy sauce—大さじ1/2
  • 塩こしょう: salt & pepper—少々

***焼く前にオーブンを240℃ / 220℃ ファン付き / ガスマーク9に温めておく

1. たまねぎ、にんじん、セロリを一口大の大きさに切り、ローズマリー、ローリエ、タイムと共にトレーに敷く

2. 肉の表面にオイル、塩こしょうを擦り込む。マスタードも擦り込み、薄力粉大さじ1/2と塩小さじ1/2を混ぜたものを表面に振っておく

3. 切った野菜の上に肉をのせ、オイルをかける。肉用の温度計があれば、肉の中央めがけて差し込む

4. 240℃ / 220℃ ファン付き / ガスマーク9に温めたオーブンで20分焼いた後、180℃ / 160℃ ファン付き / ガスマーク4でレアの場合は20分、ミディアム30分、ウェルダン40分焼く

5. 肉は温めた別皿に取り、冷めないようにアルミフォイルで覆っておく。できれば上から更にティータオルなどをかけておくー肉を休ませている間にグレービーを作る

6. お湯に固形スープの素を溶かしてスープを作る。トレーに残った野菜と肉汁はそのままにして、コンロの弱火にかける、もし、表面に浮いている脂があれば、できるだけすくって捨てる

7. 薄力粉を加えて炒める(1〜2分)。ワインを少しずつ加えてアルコール分を飛ばす。スープを加え、とろみが付いたらしょうゆで調味する。濾して、別皿に取った肉の下に溜まった肉汁をグレービーに加える。しょうゆ、塩などで味をととのえる。グレービーは食べる前に温めて下さい

8. 肉をまな板の上に移し、好みの厚さにスライスする。グレービー、好みでマスタード、ホースラデイッシュ、ヨークシャープディングや野菜などを添えてどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

イギリスのクリスマス料理第2弾はメレンゲで作ったロールケーキ。
昨年2019年のクリスマスシーズン、料理教室の様子が5.21に少し入っています。

さて、イギリスにはメレンゲを使ったお菓子がいっぱいあります。「そんな甘いだけのもの、、」と笑っていた私も今ではすっかり虜。 サクサクの食感が大好きです。

実は相当な確率でケーキ屋さんのものとか市販のもの、、、そもそも巻くつもりなどないかの様に、潰れています。ブログなどで紹介されているものなんかぶっ潰れています。それでいいみたい。 クリスマスのものだけでなく、季節のフルーツで食べられているのですが、真っ白なのでソレっぽくなる。更にアイシングシュガーでごまかせば、素敵に仕上がって見える、と言うオトクなケーキ。しかも卵白のみ。残った卵白を凍らせておいたもので大丈夫です。

食感は見ての通りフワフワで軽い。そこにフルーツやクリームが混ざって、なんとも言えない美味しさ。イギリスのレシピはほぼダブルクリームのみ。が、重いので、水分が少ないタイプのグリークヨーグルトを混ぜてます。酸味がさっぱりと美味しい。合わせるフルーツはイチゴだけでももちろん!外側がバリバリ崩れていい感じに仕上がってくれますよ。

6〜8人分(30x40cm型)

  • 卵白: egg whites―140g(Mサイズで4個分)
  • グラニュー糖(キャスターシュガー) : granulated or caster sugar—200g
  • コーンフラワー(コーンスターチ) : corn flour—小さじ1
  • ホワイトビネガー : white vinegar—小さじ1
    ークリーム
  • ダブルクリーム: double cream—150g
  • グリークヨーグルト: greek yoghurt—200g
  • グラニュー糖(キャスターシュガー) : granulated or caster sugar—大さじ3 ・バニラペースト : vanilla paste—小さじ1/4
  • イチゴ、ラズベリー、ブラックベリーなどお好きなベリー : strawberries, raspberries, blackberries, pomegranate —合わせて400g
  • アイシングシュガー : icing sugar—適宜
    ***焼くまでにオーブンを190℃ / 170℃ ファン付き / ガスマーク5に温めておく
  1. パーチメントシート(クッキングシート)の用意をする。型に合わせて切って、角をステープラーで止めておくと良い
  2. 卵白にグラニュー糖をひとつまみ加えて泡立て始める。残りのグラニュー糖を3回程度に分けながら加えて、角が立つ程度まで電動泡立て器で固く泡立てる
  3. ホワイトビネガーを加えて混ぜ合わせ、続いてコーンフラワーも合わせて更に混ぜ合わせる
  4. 1.で用意した型にメレンゲを均一に広げる。170度(ファン付き)温めたオーブンで7分焼き、その後、温度を140度に下げて更に15分焼く。焼いたら火を止めて、10分程度、そのままオーブンの扉を開けずに置いておく
  5. トレーから外して、ラックの上で冷ます。冷ましている間にクリームを作る ークリーム
  6. ダブルクリーム、グラニュー糖、バニラペーストと合わせて、柔らかく流れる程度に泡立てる
  7. ヨーグルトを加えて混ぜ合わせる
  8. 冷ましたメレンゲの上にラップをかぶせて上下ひっくり返して、クリームを塗り(巻き始めと巻き終わりは塗らなくて良い)、手前にフルーツをのせる。この時、デコレーション用に少しクリームを置いておいて下さい。ベリーも上に飾る分として形の綺麗なものを残しておいて下さい
  9. 手前から海苔巻きの要領でラップごとくるくると巻く。巻いたら上にクリームを塗り、ベリーを飾る。最後に茶こしでアイシングシュガーを振って出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

11月からイギリスのクリスマス料理をご紹介致しますね。

途中で去年2019年のものですが、料理教室の時のクリスマステーブルを少しお見せしています。よろしければどうぞご覧下さい。 09:17 クリスマステーブル

イギリスのクリスマス料理、まず一つ目はサーモンのパイ。日本に比べて魚の種類がうんと少ないイギリスですが、サーモンは人気の魚。クリスマスにはサーモンを使った料理がいくつかあり、サーモンオンクルート(サーモンのパイ)はその代表的なものです。我が家ではこれに必ず付け合わせるのがトマトのマリネ。色合いもクリスマスっぽいし、甘酸っぱい味もサーモンのパイにぴったりだと思うのです。

こうなったら何がなんでもクリスマスをおおいに盛り上げ、楽しむのだーーー!!

4人分

  • ほうれん草: spinach—180g
  • ケイパー: capers—20g / 20g
  • 無塩バター: un salted butter—20g
  • ほうれん草用塩コショウ: salt & ground peppercorns
  • サーモン(骨なし皮なし): salmon fillet—500g
  • サーモン用塩: salt—小さじ1/2
  • サーモン用コショウ: ground peppercorns—少々
  • 冷蔵パイシート: puff pastry sheet—1枚(320g)
  • 卵黄: egg yolk—1個分
  • 水: water—小さじ1
    ープチトマトのマリネ
  • プチトマト: baby tomatoes—12個
  • お湯: hot water—大さじ2
  • アップルビネガー: apple vinegar—大さじ2
  • ハチミツ: honey—大さじ1
  • 塩: salt—小さじ1/2
  • ローリエ: bay leaves—7、8枚

***焼く前にオーブンを220℃ / 200℃ ファン付き / ガスマーク7に温めておく

  1. ほうれん草の袋にハサミなどで小さい穴を2、3箇所空けて、電子レンジ(800w)に1分程度かける。(袋に入っていない場合は下ゆでして下さい)
  2. 冷水に放った後、ざるなどに空けて水気を切る。これを数回繰り返し、最後にぎゅっと手で絞る。一口大に切っておく。ケイパーは水気を切る
  3. フライパンにバターを溶かし、ほうれん草を2、3分炒め、ケイパーも合わせて水分を飛ばしておく。塩コショウで味をととのえておく
  4. サーモンの裏表に塩コショウをし、パイシートの中央に置く。卵黄に水を加えて伸ばし、よく溶いておく
  5. 炒めたほうれん草をケイパーを上にのせ、サーモンをのせた上下に卵黄を溶いたものをハケなどで塗る。左右どちらかのパイ生地でサーモンを包むようにする。上に卵黄を溶いたものを塗り、もう片方で包み込む。パイ生地の合わせ目をしっかり抑えて、上下を返す。その時に90度回転させておく
  6. つなぎ目の少し口の開いた部分を抑えるようにして、くっつける。その後、フォークで更に抑えておく。表面に包丁の背で格子模様をつけておく(格子模様をつけることで破裂を防ぎます)
  7. 卵黄を溶いたものを表面に塗り、パーチメントシート(クッキングシート)を敷いたオーブントレーにのせる。温めたオーブンで35〜40分、サーモンに火が通り、表面がキツネ色になるまで焼く
    ーパイを焼いている間にプチトマトのマリネを作る
  8. トマトを湯むきする。鍋に熱湯を沸かし、プチトマトを入れて約10秒、火が通ったら、すぐ冷水に取り、冷ます。その後皮を手で剥いて、ボールに入れておく
  9. 小さい器にお湯を入れ、ハチミツを溶かす。塩も加え、ビネガーも合わせておく。トマトとローリエをボウルに入れ、その上からビネガーを合わせたものをかけて、パイが焼けるまでマリネしておく
  10. パイが焼けたら、5〜10分程度、落ち着くまで待ち、1/4に切り分ける。トマトの汁気を切って、添えたら出来上がり。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。