昨日の「和風アフタヌーンティー」取りにいらしてね、の様子。強風の為、以前の様にいらした方々とゆったりまったりと、、とならなかったのがとても残念でしたが、ボリューム一杯のセットはこんな感じでした

残り物、ちょっと仕上がりが悪かったものを自宅用に並べてみました。流石に1人で完食出来ず、あんみつと抹茶シュークリームでおしまい。あとは数回に分けていただきました。

  • 抹茶スコーン
    • あんことホイップクリーム付き
  • 黒糖ジンジャーケーキ
  • あんみつ
  • モンブラン風栗のカップケーキ
  • 抹茶シュークリーム
  • カステラ
  • きなこもち(わらび餅風です)

作っている最中はこんな感じです↓

取りにいらしてくださった方と強風をガマン(笑)しつつの久しぶりのおしゃべりが楽しく、リフレッシュできました。いろいろ飛ばされましたけどね。わざわざ取りにいらして下さった方々、本当にありがとうございました。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ロックダウン中に目覚めてしまったもののヒトツがパン作り。

パン作りには専門の方もいらっしゃるし、デリケートなものだから、大雑把な私には向かない。そもそもパンが好きだからこそ、食べるの専門でいこう、とかワケ分からんことを思って、この分野には手を出すまい、と思っていたのですが。。。

パン焼き器でしか焼いたことなかったし。が、ロックダウンと同時に我が家のパン焼き器もダウン。しばらく買っていたのですが、ウチには丈夫なミキサーがあることを思い出し、これで出来ないか、、、と。やってみたら、まぁデキル。
が、当初、世間は粉とイースト不足。25キロの巨大袋を購入出来たものの、今度はイーストがない。いつものデリバリーで代替え品として届いたのが、下記の生イースト。

79107011_0_280x280

パン初心者なのに、こんな粘土みたいもん使えないヨォー、と思いつつチャレンジ。
これがもぅ捏ねられている時点で香りが全然違う。焼く匂いもすごい良い、食べて尚良し!である。とても気に入って、それ以来、生イーストじゃないとパンを焼かないほどになってしまった。

で、あれこれ作るうちに、結構いい感じに仕上がる様になってきたわけです。パン生地を成形しているとあのフワフワ感に癒される感じ。

そんなことで第二回目の「皆をちょっと外に出そう、小さなイベント」はパンになりました。あんぱんはやっぱり外せない。そしてお惣菜パンとの組み合わせ。朝早くから約100個焼きました。余力があれば、我が家の分も焼いちゃえーー、と思ったのですが、余裕ないない。パンの発酵に追いかけられる様に、次々に焼いた感じ。味見分がようやく少し残った程度でした。

取りにいらして下さった方々との楽しいおしゃべりは大きなおまけ。ドタバタの後、庭で楽しく過ごさせていただきました。わざわざ取りにいらして下さった方々、どうもありがとうございました。

  • あんぱん
  • くるみあんぱん
  • 桜白あんぱん
  • ピーナツクリームぱん
  • ツナコーンマヨパン
  • ピザパン
  • ベーコンオニオン

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

日本大使館デビュー。ケータリングが楽しい楽しい、と宣っていたら本当に仕事来ちゃった。1週間というショートノーティスでしたが、普通だったら教室で平日空いていないことがほとんどなのに、たまたま月始めは翌月のレシピ研究のために空けておいたのでした。その日を狙ったかのような友人からのお誘い。もぅ本当に有難い。

“THE NEW LOOK OF TEA”なる展示会が大使館で開催されています。茶道にまつわる道具なのですが、村瀬治兵衛さんの漆作品の数々。これが本当に素晴らしく、私の漆の概念をかるーく超えたそれはそれは美しいものばかり。その展示を記念してのお点前もあり、パーティーもあり、ということで何かフィンガーフードを、ということでした。

食事を作るための免許とか一応持っている訳ですが、そんなもの提出したことはほぼなく、今回初めて役にたった感じ。持っててよかったぁ。それでいろいろスムースにいったこともあるのですが、それより何より今回私を推してくれた友人の力以外の何モノでもない。いろいろ重なってあっという間に実現。

日英を反映して代表的な料理をつまみやすく、でもちょっとモダンなプレゼンを意識して。前々日、前日とかけてこんな感じで、実際に少し作ってみたり、シュミレーションしたりしてます。

当日は5時おき。なぜかケータリングの時だけ起きれるのだ。
で、こんな感じで搬入準備。

現場で組み立てる。予め計画していたものの、サーブしてくれる人の人数や時間に変更があり、、冷や汗かくも臨機応変に。ある程度準備したら、展示会を楽しむ余裕もあったのですが、直前に私は食事の準備で大忙しになる訳で。これは仕方ないのだけれど、直前しかできないこと(タレかけるとか)あるので。後はタイミングを見計らってデザートまで結構大変!!食事がサーブされたところの写真は私はキッチンに居て撮れなかったのですが、会場に居た友人たちが本当にタイミングよく素晴らしい写真を撮ってくれていました。大感謝。

村瀬さんの素敵な器にも食事を盛らせていただけるという、、、こんなことはもう2度とないはず。

riceball_plate

同じ食べ物でも器でこうも違うか、、、ということを思い知らされた。

大変だった、でも楽しかった、本当に。そして友人に大感謝の長ーーい1日でした。

  • 焼き鳥
  • 田楽
    • なす
    • 豆腐
  • おにぎりとお寿司
    • ゆかりと桜の塩漬け
    • のり
    • サーモンお寿司
    • 黒米
    • 卵焼き
  • 抹茶ブラウニー
  • フィッシュ&チップス
  • コーニッシュペイストリー
  • ラズベリーメレンゲ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

恒例、英語学校のケータリング。毎年呼んでいただいて数年続いています。有難いことです。とにかく数、量がすごい。そして通常だったら食事を運んでおしまい、のところが子供達の演奏もあって、楽しみ反面、若干気が休まらない。

前日からの仕込み。煮込みハンバーグの量もなんだかねぇ。。。全てがキロ単位。前日に一人で準備に全力!と思っていたら、Kの学校がヒーターの故障で休校に。こんなこと、はじめてですが、なぜこの日に。まぁ、年齢上面倒ではなくなったし、学校から「これはお休みではありません」ということでたんまり宿題出るも隙あらばサボってゲームでもしようという魂胆見え見え。やっぱりご飯作ったり、、は必要ですしね。

fullsizeoutput_c6f

前日も朝から夜まで。当日ももちろん。早朝から夜まで。体力勝負ですね。

搬入後、一旦家に戻り、演奏するKを連れてくる。1曲だけサックスデビュー。あとはバイオリン。全然練習してないし、私ももっと見るべきだったのですが、余裕なく放置。

まぁ、いいや。勝手に反省するもヨシ。朝から晩まで皆よぅーーーー頑張った!おやすみーーーーーー

  • だし巻き—卵48個分、8本
  • 鶏からあげ—6kg
  • ハンバーグ—牛ひき肉4kg分、80個
  • マカロニグラタン
  • ガーリックとハーブ風味のローストポテト—4kg
  • おにぎり—160個
    • 紅鮭
    • 青菜&枝豆
    • コーン
    • ゆかり
  • 細巻き—米10合分、40本
    • きゅうり
    • サーモン
    • 中巻き

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

x 100 @ G.F Smith

21/11/2019

イギリスの高級製紙メーカーG.F Smithによるtomoちゃんの多面体インスタレーション展示、新色お披露目パーティー。それに伴ってケータリング出来ない?というお話しをいただいたのが3週間前。既にこの日は教室の日程が入れてあったのだけど、tomoちゃんからの話、断るはずがない、そしてこんなに面白そうなケータリング、そうそうない。

ここ数年のことながら11月にはクリスマスメニューになる料理教室のため、毎日のように日程が塞がっていて、更に他のケータリングも既に決まっているので土日は当然ないし、Kのコンサートの練習もあるわ、グレードも学校行事も、、と挙げ出すとキリがないくらいのスケジュール。

何もここまでやらなくても良かったのだろうけど、ついつい、、ホントついつい面白くて考えた考えた。tomoちゃんがどういう展示をするかも知っていたので、それにマイナスになるようなことなんて出来ない、絶対に。

何より、まぁーーー、楽しい。ついどんどんやってしまった。新色の4色を食べ物で表すことに(勝手に)してこんな感じ。試作を前もって作る時間はなかったから、当日ほぼ同時進行。自然の色でここまで出る。食べ物の色、綺麗だなぁ、とは常々思っていたけれど、ここまで意識したことはなかったかも。もちろん色素などで色はつけていない。

色を表現するのにいくつか出したいから一種類100個じゃなくって、少しずつ。新しい食材も発見したし、こういうテはまた使えるなぁ、とか自分なりにふむふむ。

料理教室を前日と翌日に控えての1日しかない、若干クレイジーなアイディアだよなぁ、と自分で自分を笑いつつもtomoちゃんの展示を見て、「あぁ、やっぱりここまでらなきゃね」と心底思った。

本当に迫力あるクレイジーな展示。tomoちゃんがココまでやるなら私もやらなアカンでしょ。

素晴らしい機会をいただけて本当に本当に有難い。めちゃくちゃ楽しかったーーーー!!!

出会った友人や知り合い、久しぶりの人達もサイコーに素敵。素敵な人には素敵な人が集まるのだ、やっぱり。いいお話も沢山聞かせてもらえた。感謝。

珍しくパーティーの帰りのuberのドライバーは静かで助かった。爆睡。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。