長い名前で、ごめんなさい。

渡英前から、なぜか市販のカレールーを使わずにずっと過ごしています。この作り方にすっかり慣れてしまったので、今更、カレールーを特に必要とも思わずに過ごしています。

ある日料理教室で作ったら、結構気に入ってくれた人がいらしてくれて、そして今までいわゆる日本のカレーを食べなかった人まで食べるようになったとか、、嬉しい話を聞いたのでした。バターを根気よく炒めるのが面倒かもしれせんね、あとスープを注ぐ時にブワッと水蒸気が出るのが怖いかも、、とは思いますが。

ローカルは豚肉を食べない人も多いので、チキンの、、しかも胸肉(イギリスは胸肉が主流)で作っていますが、お好きなお肉でどうぞ。

ほっとする懐かしい美味しさです。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Kale, Chicken & Avocado Salad

serve_logo

自分の為に作ったランチ。先日、残り物のつもりで作ったら美味しかったので、ちょっとドレスアップして再現。チキン胸肉は味付けしてジップロックに入れ、蒸しておけばいつでも使えるのでとても便利。袋ごと冷ますので、パサつきません。少し置いておいた方が味がしみて美味しいです。

本日のざくろが大当たり。真っ赤でジューシー、粒も大きくてとても美味しいざくろでした。ケールのモソモソした食感がキヌアとざくろで緩和されて食べやすくなります。

Serves 4

  • 2 fillets(400g) of chicken breast
    • 1/2 tsp salt
    • 1/2 tsp dried thyme
    • 1/2 tsp oregano
    • black pepper
  • 2 packs (400g) kale
  • 6 tbsp quinoa
  • 1 tomato, halved and sliced
  • 1 avocado, halved and sliced
  • 1.5 tbsp freshly squeezed lemon juice
  • 1/2 tsp salt
  • 2 tbsp extra virgin olive oil
  • 1 red chilli, deseeded and chopped finely
  • 8 tbsp pomegranate seeds
  1. Season chicken breast with salt, thyme, oregano and black pepper. Put the chicken into the reclosable bag. Steam for about 20 mins or until it is cooked. Leave it cool in the bag at a room temperature for more than 20 minutes. Slice the chicken and set a side covered with cling film.
  2. Remove hard stems from kale and boil for about 5 mins. Drain and rinse well under cold running water and squeeze it to remove extra moisture.
  3. Boil quinoa in hot water for about 12~13 mins or until it is cooked. Drain and rinse well under cold running water. Set aside in a sieve hung over a bowl to ensure it drains completely.
  4. Put the kale and quinoa in a bowl. Dress them with lemon juice, salt and olive oil.
  5. Spoon the kale into individual serving plate and place the tomato, avocado, and chicken. Sprinkle with the chilli and pomegranate seeds and serve.

4人分

  • 鶏胸肉: chicken breast fillets—2枚(約400g)
    • 塩: salt—小さじ1/2
    • タイム: dried thyme—小さじ1/2
    • オレガノ: oregano—小さじ1/2
    • コショウ: black pepper—少々
  • ケール: kale—2袋(400g)
  • キヌア: quinoa—大さじ6
  • トマト: tomato—1個
  • アボカド: avocado—1個
  • レモン汁: freshly squeezed lemon juice—大さじ1.5
  • 塩: salt—小さじ1/2
  • エキストラバージンオリーブオイル : extra virgin olive oil—大さじ2
  • レッドチリ: red chilli—1本
  • ざくろ: pomegranate seeds—大さじ8
  1. 鶏肉に塩、タイム、オレガノ、コショウをまぶし、口の閉まるタイプのビニール袋(ジップロックなど)に空気を抜いて入れる。湯気のたった蒸し器で約20分蒸す。ビニール袋に入れたまま冷ます
  2. ケールは固い芯を取り除き、たっぷりのお湯で5分程度茹でる。水に晒した後、水気をしっかり絞る
  3. キヌアは12~13分程度茹でて、水に晒した後ざるにあげておく
  4. ボウルにケールとキヌアを入れ、レモン汁、塩、オリーブオイルで味付けする
  5. 皿にケールを敷き、切ったトマト、アボカド、鶏肉を並べ、ざくろとお好みでみじん切りにしたチリを散らして出来上がり

pomegranate

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Za’atar & Smac Marinated Poussin

marinated_poussin

今月の料理教室が中近東料理なので、そこで使える調味料、スパイスを使ったチキン料理をご紹介しておきますね。

柔らかく、癖の少ない雛鳥に、中近東でおなじみのスパイスでマリネ、ストウブでソテーしました。ストウブは小さいオーブンのようなもの、鶏肉もふっくら美味しく焼き上がります。

ザター: za’atarはクミン、タイム、オレガノ、ごまなどを加えた混合スパイス。 スマック: sumacは赤い実を乾燥させて粉末状にしたもの。ご飯にふりかける「ゆかり」にも似た酸味があります。だからと言って白いご飯には何かが美味しくないのです(注)。サラダやドレッシングに混ぜたり、お肉をマリネする時に使われます。

<4人分 >

  •  ひな鶏 : poussin—2羽
  • オリーブオイル : olive oil—小さじ1(ソテー用)
    <マリネ用調味料>
  • ガーリック : garlic—2片
  • 塩 : salt—大さじ1
  • コショウ : ground black pepper—少々
  •  白ワイン : white wine—大さじ4
  • ザター: za’atar—小さじ2
  • スマック : sumac—小さじ1
  • クミンシード : cumin seeds—小さじ1
  • オールスパイス : all spice—小さじ1/2
  • レモン汁 : freshly squeezed lemon juice—1/2個
  • オリーブオイル : olive oil—大さじ1
  1. ひな鶏の紐を外し、縦に半分にする
  2. ガーリックをすりおろし、他の調味料と共にボールに入れ、1時間以上マリネする。一晩冷蔵庫に入れても構わない
  3. 厚手の鍋にオイルを入れ、中火で熱し、鶏肉の汁気を切って皮目を下にして入れる。蓋をし、中火で5分、その後弱火で15分蒸し焼きにする。裏返し、残った調味料を加え、火が通るまで10分蒸し煮したら出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Teriyaki Chicken

平凡レシピシリーズの最後は寿司、てんぷらに並んで日本食で最も人気の高い「照り焼き」。何が、、、って簡単なのが良い。とっても庶民的。でも美味しく作るちょっとしたコツはあるような気がします。軽く薄力粉をつけた後、余分を叩く。たれを加える前にフライパンをキッチンペーパーできれいにする、かな。手早くできる場合は、焼いている間にたれを混ぜたりするのですが、そのあたりはご自由に。

ご飯にのせて丼にしても美味しいですし、もちろんお弁当のおかずにも。何度食べても美味しいんですよね。。。

さて、来月はイギリスのデザート。甘すぎる重すぎる、、、でもヤメラレナイ美味しいデザートを私レシピでご紹介致します。どうぞお楽しみに。
(月初めに「ビーフシチュー」宣言したのに、照り焼きになってごめんなさーーーい。こっちの方がやっぱりメジャーかな、と思って。又の機会にビーフシチューやりますので。)

<4人分 / Serves 4>

  • 鶏もも肉(皮なし骨なし)—4枚 / 4 chicken thigh fillets boneless
  • 塩コショウ / salt & ground black peppercorn
  • 薄力粉—大さじ1 / 1 tbsp plain flour
  • サラダオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp vegetable oil
  • しょうゆ—大さじ4 / 4 tbsp soy sauce
  • 酒—大さじ2 / 2 tbsp sake
  • みりん—大さじ2 / 2 tbsp mirin
  • 砂糖(デメララシュガー)—大さじ2 / 2 tbsp demerara sugar

<付け合わせとして>

  • ラディッシュ—4個 / 4 radishes
  • すし酢—大さじ1 / 1 tbsp sushi vineger
  • かいわれ—適宜 / salad cress
  • 七味トウガラシ—お好みで / Japanese spice “Shichimi”, option
  1. 付け合わせのラディッシュに細かく切り目を入れて、すし酢でマリネしておく
  2. もも肉に軽く塩コショウをし、薄力粉をまぶす。余分な粉ははたいておく
  3. 小さなボールにしょうゆと酒、みりん、砂糖を入れ、混ぜ合わせる
  4. フライパンにオイルを中火で熱し、もも肉を焼く。数分して焦げ目が付いたらひっくり返してもう片面も焼く
  5. 火を弱めて、フライパンの汚れをキッチンペーパーなどで拭き取る。たれを加えて、煮詰める。もも肉を時々上下返してからめるようにする。たれが煮詰まってトロリとしてきたら、火を止める。
  6. 粗熱が取れたら食べやすい大きさに切り分ける。お好みで七味を振り、かいわれと汁気を切ったラディッシュを添えてどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

鶏のからあげ

09/01/2016

Karaage (Japanese Fried Chicken)

新しいレシピを紹介するも良いのですが、きっとどこかで役に立つに違いない、いろいろ作っても、結局このあたりが家族に喜んでもらえるんじゃないかな、、と思うレシピ(ながっ)を1月は紹介しますね。

たーぶーんーーー、ハンバーグ、コロッケとか出てくると思います(笑)。何気な〜くやっていることが、案外美味しく作るコツになっていたりするといいな。

まずは皆が大好きなからあげ。我が家も3人家族なのに、実は1kg用意します。界がこれだけでお腹いっぱいにしたいらしく、からあげの時はご飯も食べない。そして必ず翌朝「からあげある〜??」

唐揚げには皮付きの鶏肉が美味しいと思うのですが、イギリスには皮付きを選ぶと、骨まで付いて来ちゃうのです。なので、骨の外し方も見てね。あとは大きめに切ると、ジューシーになります。味付けはシンプルにしょうが汁と醤油のみ。ここにガーリック少々や豆板醤が入ることもあります。

粉は片栗粉を使っても良いですし、薄力粉とコーンスターチ(コーンフラワー)を混ぜたもの、どちらでもお好みで。薄力粉だけでも大丈夫。

実は、Youtubeの登録者、日本人以外がとっても多いのです。9割くらいはそうだと思います。毎日のように5名くらい増え続けて、あっという間に600名強。経緯は全く分かりませんが、ひょっとして基本的な日本食を知りたいのかな?とも想像したりしています。誰もコメントくれないからワカンナイけど。英語は追ってやりますーー。

<4人分 / Serves 4>

  • 鶏もも肉—小4枚(500g) /500g Chicnken thights
  • しょうが—20g /20g ginger
  • 酒—大さじ1.5 /1.5 tbsp sake (white wine)
  • しょうゆ—大さじ1.5 /1.5 tbsp soysauce
  • 薄力粉*—約40g /40g plain flour
  • コーンフラワー*—約20g /20g cornflour
  • (薄力粉、コーンフラワーの代わりに)片栗粉—約60g /60g potato starch can be used instead of plain flour and cornflour
  • 揚げ油—適宜 /vegetable oil for deep-frying
  • ロメインレタス—Romain Lettuce
  • トマト—tomato
  • レモン—lemon
  1. 鶏もも肉は骨と軟骨を取り除き、1枚を4〜5つに切り分け、一口大の大きさにする。ボールに入れておく。
  2. しょうがは皮をむき、すりおろす。絞り汁を肉の入ったボールに入れる。酒としょうゆを加えて、手で揉み込み、冷蔵庫で1時間くらい漬け込む(一晩入れても構いません)
  3. 薄力粉とコーンフラワーを混ぜ合わせて(もしくは片栗粉)、バットなどに入れておく。汁気を切った肉にまぶす。余分な粉をはたくこと。中温に熱したオイルで約5分間、もしくは火が通るまでカラリと揚げる。
  4. レタスの粗い千切りとトマト、レモンを添えて出来上がり。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。