Chinese Noodles with Chicken & Pak Choi
chinese_noodle_chicken_pakchoi

ピーナツバターの代わりにタヒニ(Tahini)を使っても構いません。また上にのせる具はハム、卵、きゅうりと、いわゆる中華冷麺にのせるものをアレンジしてもボリュームが出て美味しくなります
辛いのが好きな方は更にラー油を振って下さい

4人分

  • 鶏胸肉 : chicken breast—300g
  • チンゲンサイ: pakchoi—300g
  • エッグヌードル: egg noodles—4玉
  • 酒: sake—大さじ1
  • しょうがのスライス: sliced ginger—2切れ
  • ねぎ: spring onion—1本
  • ごま油: sesame oil—適宜
    <たれ>
  • ピーナツバター: peanut butter—大さじ4
  • しょうゆ: soy sauce—大さじ2
  • 豆板醤: chilli paste—小さじ1/2~1
  • 塩: salt—小さじ1/2
  • 黒酢: chinese rice wine—大さじ2
  • ごま油: sesame oil—小さじ1
  • 鶏肉のゆで汁: boiled water from chicken—大さじ4
  • しょうがのみじん切り: ginger—小さじ1
  • ねぎのみじん切り: spring onion—大さじ1
  1. 鍋にお湯を500mlほど沸かし、しょうがのスライス、ねぎのぶつ切りと酒を入れる。鶏胸肉を約20分ほどかけて茹で、そのままつけ汁に浸かる状態で冷ます(急いでいる場合は冷水に取って下さい)。
  2. チンゲンサイは、茹で上がりが均一になるように、根元に包丁で切り込みを入れる。鍋にお湯を沸かし、根元の方から茹で始める。約1分経ったら、葉先もお湯の中に入れ、約4分ほどかけて茹でる。ゆで上がったら冷水にとり、水気をよく絞っておく
  3. たれの材料を小さなボールなどに入れて混ぜ合わせる。その時ゆで汁以外の調味料を先に入れて混ぜ合わせてから、ゆで汁でのばすようにすると、混ざりやすい
  4. 冷めた鶏肉を手で細かく割き、チンゲンサイも食べやすいように3cmの長さに切る
  5. 麺をゆで始める鍋にたっぷりのお湯を沸かし、4~5分程度かけて麺を茹でる。ゆで上がったら流水にさらし、冷えたらごま油をからめてくっ付かないようにする。器に麺と具をのせ、たれをかけたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は357位。なぜかインターネットの調子が悪くアップできずにいたら、ズドーンと下がっちゃった。今日はアップできるといいな。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Chicken Salad with Tomato & Anchovy Dressing chicken_anchovy お友達から巨大なアンチョビの缶詰をいただきました。とっても美味しいものでしたが、やっぱりレシピに困りますよね。まずはこんな感じでどうぞ。鶏胸肉はさっぱりしているものの、そのままだと味気ないので、トマトと合わせてドレッシングにしてみました。 アンチョビをオイルに入れると、どうしても油がはねるのですが、やけどしないように注意してくださいね。

2人分 / serves 2

  • 鶏胸肉—300g / 300g chicken breast
  • 白ワイン—大さじ2 / 2 tbsp white wine
  • 塩コショウ—少々 / salt & ground black pepper
  • ドライオレガノ—小さじ1/2 / 1/2 tsp dried oregano
  • オリーブオイル—大さじ1.5 / 1.5 tbsp olive oil
  • ガーリック—2片 / 2 gloves of garlic
  • アンチョビ—3枚 / 3 anchovies
  • トマト—1個 / 1 tomato
  • レモン汁—大さじ1 / 1 tbsp freshly squeezed lemon juice
  • フレッシュグリーンチリ—1本 / 1 fresh green chilli
  • サラダバッグ、もしくはレタスなど好きな野菜—100g / 100g salad bag or your favourite leaves
  1. 鶏胸肉の内側にあるささみの部分を取り外し(一緒に使います)、胸肉の厚みを半分にそぐようにしてスライスする。
  2. ワイン、塩コショウ、オレガノでチキンをマリネする。30分から数時間程度、時間が長くなる場合は冷蔵庫に入れて下さい
  3. ガーリックはスライスし、オリーブオイルとともに小鍋に入れ、弱火にかける。一方でグリルパンにオイル(分量外)少々を塗り、中火にかけてよく熱しておく
  4. 鶏肉をグリルパンで焼く(約5分程度)。小鍋のガーリックが少し色づいてきたら、裏返してこんがりさせ、アンチョビを加えたら火を止めておく
  5. 鶏肉に焦げ目がついたら、裏返し、数分同じように焦げ目が付く程度に焼き、別皿にとっておく
  6. トマトの種を取り除き、1cm角程度切り、熱いうちに小鍋のオイルに加える。ドレッシングの器に移し、レモン汁を加えて混ぜ合わせる。必要であれば、塩コショウで味をととのえて下さい。
  7. 皿にサラダを盛り、スライスした鶏肉をのせ、上からドレッシングをかける。好みでみじん切りにしたチリも加えて下さい。
  1. Take small fillets of chicken breast and set aside. Halve the thickness of chicken.
  2. Marinate the wine, salt and pepper, oregano for about 30mins to a few hours.
  3. Heat the oil and sliced garlic together in the small pan over a low heat. Meanwhile, Heat the grill pan with a little oil over a medium heat. Grill the chicken for about 5 mins or until they are golden brown.
  4. Turn over the garlic in the small pan and add the anchovies. Turn off from the heat.
  5. Turn over the chicken and grill for another a few mins or until they are cooked and golden brown. Set a side.
  6. Deseed the tomato and chop into 1cm cubes. Stir into the small pan. Transfer the dressing into the bowl and add the lemon juice and season with the salt and pepper.
  7. Divide the salad and chicken into the each plate and drizzle with the dressing and scatter the finely chopped chilli. Serve immediately.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず ↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。 これです!!この四角い「レシピブログ→」ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。 本日は77位。さて、頑張るとするか〜。いつもボタンを押してくださる方々、本当にありがとうございますね。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Moroccan Harrisa & Lemon Chicken

moroccan_chicken
少し前に流行った塩レモン。これにはハリッサペーストが欠かせないと思います。今月の料理教室で使っているハリッサペースト、使い道に困ったらどうぞ。

モロッコ料理に欠かせない調味料のハリッサペーストとレモンの塩漬けを使った簡単チキン料理。ラムを漬け込んでも構いません。

4~6人分

  • チキン手羽 : chicken wings—8本
  • ハリッサペースト**: harissa paste—大さじ3
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ2
  • 塩: salt—小さじ1
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • レモンの塩漬け: preserved lemon—1個
  • フレッシュコリアンダー: coriander leaves—10g
    * 焼くまでにオーブンを200℃に温めておく
    ** ハリッサペーストを手作りする場合は、以下の材料をすり鉢やモルタル、グラインダーなどでペースト状にして下さい
    ドライドレッドチリ(しばらく水に戻してから絞って下さい)—8本、塩—小さじ1/2、クミンパウダー—小さじ1、コリアンダーパウダー—小さじ1、オリーブオイル—大さじ4
  1. 小さなボールにハリッサペースト、オリーブオイル、塩を入れて混ぜ合わせる。手羽は関節部分で切り分け、塩コショウを軽くしておく
  2. 1時間以上(一晩置いても可)、冷蔵庫でマリネし、温めたオーブンで表15分、裏返して10分程度、火が通り表面がキツネ色になる程度まで焼く
  3. レモンの塩漬けとコリアンダーを粗みじんにし、上からかけて、出来上がり
    *Preheat the oven to 200℃.
  1. Marinate the chicken with the paste for about 1 hour to over night.
  2. Roast the chicken in the preheated oven for about 15 minutes and turn over then another 10 minutes or until they are cooked.
  3. Roughly chopped preserved lemon and coriander. Sprinkle them over the chicken and serve.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

Ron’s Chicken Nibbles

ron_chicken

今更ハリーポッターの虜になっている我が一家。ダイニングホールでロンが次から次に美味しそうに頬張っているチキンに目が止まった界。「あのチキン作ってーーー!!」(そんなんわかるかいな?)と思いつつ、子供が好きそうな味にしてみました。

同時に、私の好みにもしてしまったので、しょうゆとか豆板醤少々加えてます。きっと違う味でしょうね。が、イギリスだから、らしい調味料ということで加えたゴールデンシロップ。これが相当使えます。甘みとコク、ツヤが出るのです。なかったらハチミツで代用してください。

ロンなじゃくても、次から次に手が出るチキンになりました。誰もが好きだよね、きっと。

4人分 / Serves 4

  • 鶏肉(手羽元、ドラムなど)—1kg / Chicken nibbles (Drum) (1kg)
  • にんにく—1片 / 1 clove of garlic
  • しょうが—30g / 30g ginger
  • 酒(辛口白ワイン)—大さじ3 / 3 tbsp sake (dry white wine)
  • しょうゆ—大さじ5 / 5 tbsp Japanese soysauce
  • 豆板醤—小さじ1 / 1 tsp tobanjan (Chinese chilli paste)
  • ゴールデンシロップ(ハチミツ)—大さじ2 / 2 tbsp golden syrup (honey)
  • 塩コショウ—salt and pepper

*焼くまでにオーブンを200度に温めてください / Preheat the oven to 200℃.

  1. 鶏肉をボールに入れ、塩コショウ(分量外)をし揉み込む
  2. しょうがとにんにくの皮をむき、すりおろす。鶏肉にしょうがとにんにくのすりおろしを加え、酒、しょうゆ、豆板醤、ゴールデンシロップを加えて、更に揉み込む
  3. 1時間から一晩冷蔵庫でマリネする
  4. 200度に温めたオーブンのトレーにパーチメントシートを敷き、マリネした鶏肉を並べる。火が通って、焦げ目がつくまで約20分焼いたら出来上がり
  1. Put the chicken and salt and pepper in a bowl and massage them.
  2. Grate the garlic and ginger over the chicken. Add the sake, soysauce, chilli paste and golden syrup. Massage them again.
  3. Marinate for about 1 hour to overnight.
  4. Roast them in a 200℃ preheat the oven for about 20 minutes or until they are cooked and golden.
  5. Serve immediately.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

Eddos with Minced Chicken Sauce

eddo_chicken

近所のスーパーで里芋を見つけました。しかもとてもきれいで美味しいのです。あまりに長い間里芋を食べていなかったので、時間があると、そのスーパーに行き里芋を買って帰るここ数日。まずはこういう懐かしい和食で。

鶏そぼろもそのスーパー(ASDAですが、どこのASDAでもあるとは思えない)で売られているのですが、やはりこの組み合わせは最高。里芋とひき肉の煮物なんて今更珍しくもないでしょうが、ひき肉を水から茹でるところがちょっと変わっているかもしれません。これは界の離乳食を作っていた頃に発見した方法。こうするとひき肉が柔らかくしっとり仕上がるのです。やさしい味の煮物をどうぞ。

4人分 / Serves 4

  • 里芋—800g / 800g eddos
  • 鶏ひき肉(もも)—150g / 150g minced chicken thigh
  • しょうが—20g / 20g ginger
  • 水—600 ml / 600 ml water
  • 酒—大さじ2 / 2 tbsp sake
  • みりん—大さじ2 / 2 tbsp mirin
  • 薄口醤油—大さじ2 / 2 tbsp light Japanese soysauce
  • 片栗粉—大さじ1を大さじ2の水で溶く / 1 tbsp potato starch, dissolve with 2 tbsp water
  • ねぎ—1本 / 1 spring onion
  1. 里芋の皮を厚めに剥き、厚みを1.5cm程度にスライスする
  2. しょうがの皮を剥き、すりおろして絞り汁を取る。
  3. たっぷりの水で下ゆでする。水と里芋を鍋に入れて強火にかける。沸騰したら、約3分間吹きこぼれないように注意し、茹でこぼす。ざるに上げ、水にさらしてぬめりを取る。
  4. 鍋に水600mlとひき肉を入れて中火にかける。しょうが汁も加える。木べらでほぐしながら沸騰させる
  5. おたまであくを取ったら、キッチンペーパーなどを上にのせ、更にきれいにあくを取り除く。酒、みりん、しょうゆ、里芋も加えたら、火を弱めて蓋をして約30分煮る
  6. 蓋を取り、片栗粉を水で溶いたものを加えてとろみをつける
  7. 器に盛り、ねぎを薄く小口切りにしたものをのせたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

クリスマスディナー、日本人はやっぱりチキンかしら?懐かしいレシピですが、ご参考までにね。
Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

kitchen 34

roasted chicken本来イギリスでは、クリスマスにはターキーやガチョウが食されることが多いようです。
チキン丸ごと焼くなんて、日本じゃあまり考えられないかもしれませんが、レシピは至って簡単です(本当に!!)。中に香辛料や香味野菜を詰めてオーブンで焼くだけなので、料理教室でやったときも「え、たったこれだけ!!??」と言う印象の方がほとんどでした。
唯一のコツと言えば焼き具合かな、調理時間はパッケージに表記されています。おおよその目安ですが、1kgにつき1時間、2kgだったら2時間 . . .なので、4人の場合は1kgちょっとの小さいチキンを2つ同時に焼いた方が、焼き時間は少なくて済みます。
グレービーはワインやトマトピューレを少量入れたりしたものが一般的ですが、今回はしょうゆバターにゆずこしょう、もしくはわさびなどのスパイスでどうぞ。

roasted chicken

材料(2人分)

  • チキン(内蔵なし): whole chicken without giblet—小1羽(約1.2kg)
  • 無農薬レモン: organic un-waxed lemon—1/2個
  • タマネギ: onion—1/2個
  • ガーリック: garlic—1~2片
  • フレッシュタイム: fresh thyme*—3束程度
  • フレッシュローズマリー: fresh rosemary*—2枝程度
  • オリーブオイル: olive oil—適量
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々

<グレービー>

  • 白ワイン: white wine—大さじ3
  • しょうゆ: soysauce—大さじ1〜1.5
  • コーンスターチ: cornflour—大さじ1
  • 無塩バター: un-salted butter—大さじ1
  • ゆずこしょう: yuzu pepper—小さじ1 もしくは、わさび: wasabi—小さじ1/好みのマスタード: mustard—小さじ1

*香りも良く、取り出しやすいので、チキンをこうやって丸ごとローストする場合はできればフレッシュなものを使って下さい

  1. レモンは皮をよく洗って半分にする。タマネギは皮をむき、半分を4分割しておくガーリックは皮をむく*オーブンは200℃に温めておく
  2. チキンの内蔵の部分にレモンとタマネギ、ガーリック、その他のハーブを詰める
  3. オリーブオイルを全体に振りかけ、塩コショウをしてまんべんなくよく擦り込む。胸の部分を上にして、トレーに置く
  4. よく温めたオーブンで約1時間ローストする
  5. 竹串を足元の付け根など、肉が分厚そうな部分に刺して、濁った肉汁が出なければ火が通っているチキンをトングなどで持ち上げ、中の肉汁をトレーに移し、チキンは冷めないようにして盛り皿に移しておく
    <グレービー>
  6. 残ったトレーの肉汁の上の余分な脂(透明な液体)をすくい取り、トレーごと弱火にかける
  7. ワインと水—大さじ2程度を足し、しょうゆも加える。コーンスターチを倍量の水で溶いて加え、とろみをつけたら、バターとゆずこしょう(わさび、マスタード)を加える。チキンを切り分け、グレービーを添えたら出来上がり

↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

元の投稿を表示

Deep-fried Chicken with Black Sauce

これ、動画でアップしたかった〜。イギリスの調味料なのに、味はなぜかアジア風、ご飯にぴったりのおかずなのです。過去レシピではありますが、イギリスに住んでいた友人がアメリカへ移動。「オニオンマーマレードがなくて困る〜。このおかずが作れないっ!!」と。そんなことがあって、思い出しました。
材料と作り方の詳細はこちらをどうぞ。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう