今年もあっという間にクリスマス。皆きっと大忙しのはず。

私は昨日くらいから一気にすることがなくなって(笑)、ハテ、、、何しなきゃならないんだっけ?状態。クリスマスメニューも未だ決めかねている方々のために。少し過去レシピアップしますね。

ザクロを散らせば、なんでもクリスマス風になると言う、、、味も美味しく、見た目も可愛いしね。

<3人分 / Serves 3>

  • ケール—200g / 200g Kale
  • だし—大さじ2 / 2 tbsp Japanese soup stock
  • 酒—大さじ1/2 / 1/2 tbsp sake
  • しょうゆ—大さじ1/2 / 1/2 tbsp soysauce
  • ざくろ—1/2個 / 1/2 pomegranate
  • 鴨胸肉—2枚(340g) / 2(340g) duck breasts
  • バルサミコビネガー—大さじ2 / 2 tbsp balsamic vineger
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ピンクペッパー—小さじ1/2 / 1/2 tsp pink pepper
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • パルミジャーノレッジャーノ—少々 / parmigiano reggiano
  1. ケールは固い芯を取り除く
  2. 鍋に熱湯を沸かし、ケールを約5分、柔らかくなるまで茹で、ざるにあげて水にさらしたら、水気を手でぎゅっと絞る。ボールにだし、酒、しょうゆを合わせて入れ、ケールを和えておく
  3. ざくろは手でほぐしながら実をばらすようにして出しておく。余計な皮のかけらなどを取り除く
  4. 鴨肉は皮を下にして、赤身の部分からはみ出た余分な皮を取り除く。表に返して、7~8mmの幅に切り込みを入れる
  5. フライパンを弱火で熱し、温まったところに鴨肉の皮を下にして入れる(オイルは不要)。数分して脂が出てきたら、スプーンでかけながら7~8分、皮がこんがりするまで焼く(焼き加減はお好みで調節して下さい)。
  6. 皮がキツネ色になったら、裏返して、1〜2分、表面をシールするような感じで焼き色をつける。バットの上などに取り出して、冷めないように蓋(もしくはアルミフォイル)をする
  7. ピンクペッパーはミルか包丁で叩き潰しておく
  8. 盛り皿にケールを敷き、上に薄くスライスした鴨肉を並べる。バルサミコ、塩、ピンクペッパーを振り、ざくろを散らす。パルミジャーノを削りながら振りかけて出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Pappardelle with Pancetta & Tomato

panchetta_tomato_pasta

近所のイタリアン食材の小さなお店。そこのハム、サラミがとても美味しいので、もっと頻繁に立ち寄りたいな、といつも思っています。先日美味しーーーーいパンチェッタを見つけて、それでカルボナーラ作ったら、超絶品。素材が良いと料理がより美味しくなった(笑)ってこと。なので、そのパンチェッタを使って、大急ぎで週末作った2人分のパスタ。これまたウマシ。界と二人で「美味し〜い!!」と絶賛したのでした。

Serves  2

  • 1 clove of garlic, finely chopped
  • 60g pancetta, cut into 1cm cubes
  • 2 tomatoes, cut into 1.5 cm cubes
  • 200g Pappardelle or your favourite pasta
  • 2 tbsp olive oil
  • salt & ground black pepper
  • Parmigiano
  • Green Jalapenos, optional
  1. In a large saucepan, bring 2~3L water to the boil. Add 2 tbsp salt and the past. Boil for 10~14 mins, according to the package or until al dente.
  2. Heat the oil and garlic in the frying pan over a low heat. After a few mins fry the pancetta until golden brown. Stir fry the tomato and season with salt and pepper.
  3. Dress the just boiled pasta with the sauce in the pan. Divide the pasta on the plate, sprinkle with the grated parmigiano and Jalapenos as a option.

2人分

  • ガーリック: garlic—1片
  • パンチェッタ: pancetta—60g
  • トマト: tomato—2個
  • パーパルデッレ、もしくはお好みのパスタ: Pappardelle or your favourite pasta—200g
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ2
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • パルミジャーノ: Parmigiano—適宜
  • ハラペーニョのピクルス: Green Jalapenos—お好みで
  1. ガーリックはみじん切り、パンチェッタは1cm程度の角切り、トマトは1.5cm程度の角切りにしておく。
  2. 鍋にたっぷりのお湯(2~3リットル程度)を沸かし、沸騰したら塩を大さじ2程度加えパスタを茹で始める
  3. フライパンにオリーブオイルとガーリックを入れて、弱火で炒め始める。いい香りがしてきて、少し色付き始めたら、パンチェッタをカリカリになるまでよく炒める。トマトを加えて、塩コショウで味をととのえる
  4. 茹で上がったパスタのお湯をよく切り、フライパンで和えたら出来上がり。皿に盛ってパルミジャーノをすりおろし、好みでハラペーニョのピクルスを添える

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Chorizo & Sweet Potato

serve.jpg

週末のメキシカン料理で、ウケが良かった簡単レシピ。料理教室で作ったのもはるか昔。ぼちぼち過去レシピのアップしてゆきたいと思っています。

チョリソの塩気とスイートポテトの甘みが美味しいタコス。チョリソは辛さにバリエーションがありますので、お好みの辛さのものをお使いください。そのまま食べるタイプは硬いので、調理用のものをおすすめします。

 

  • 300g Bushbok white sweet potatoes, peeled, cut into 1cm cubes, soak in cold water and drain them
  • 200g cooking chorizo, sliced into 7~8 mm thickness
  • 1 large onion, roughly chopped
  • 1 tbsp olive oil
  • 1/2 tsp salt
  • ground black pepper
  • 6 taco shells
  • roughly chopped parsley and grated cheese, optional
  1. Heat the oil in the heavy based pan over a moderate heat. Stir into the onion, sweet potatoes and chorizo for a few mins.
  2. Season with the salt and turn down the heat to low. Put the lid on and cook for about 15 mins.
  3. Serve with warm up the taco. Sprinkle with parsley and cheese if you like.

<6人分>

  • スイートポテト : Bushbok white sweet potato—300g
  • チョリソ : cooking chorizo—200g
  • タマネギ(大) : large onion—1個
  • オリーブオイル : olive oil—大さじ1
  • 塩 : salt—小さじ1/2
  • コショウ : ground black pepper—少々
  • タコシェル : taco shells—6枚
  • お好みでパセリ、チーズ: roughly chopped parsley and grated cheese as option
  1. タマネギは粗くみじん切り、スイートポテトは皮をむき、1.5cm角に切ったら水にさらしておく。チョリソは7〜8mm厚みにスライスする。
  2. 厚手の鍋にオイルを中火で熱し、タマネギとスイートポテト、チョリソを2、3分炒める。
  3. 塩を加え、火を弱めたら蓋をし、約15分、スイートポテトに火が通ったら出来上がり。温めたタコに挟んでパセリ、チーズと共にどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Roast Rack of Lamb with Mashed Potato

えらく遅うなりました。春はラム!?イースターの頃には美味しいラム肉が出回ります。ラムが苦手な方が多いのですが、ラムラックを試してみて下さい。柔らかくて、癖も少なく本当に美味しい肉だと思います。私もラムは苦手でまず食べなかったのですが、これを食べて以来、メニューにあると、ほぼかならずオーダーするくらい。
ローズマリーと甘酸っぱいの濃いソースが美味しいですよ。

<2人分 / Serves 2>

  • ラムラック—1塊(骨7本分) / 1 rack of lamb
  • オリーブオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp olive oil
  • ガーリック—2片 / 2 cloves of garlic
  • 塩—小さじ1/4 / 1/4 tsp salt
  • コショウ—少々 / ground black pepper
  • 白ワイン—大さじ3 / 3 tbsp white wine
  • フレッシュローズマリー—2~3枝 / 2~3 sprigs of rosemary
  • バルサミコ酢—大さじ1.5~2 / 1.5~2 tbsp valsamic vinegar
  • 塩—小さじ1/4 / 1/4 tsp salt
  • オリーブオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp olive oil

マッシュポテト / for Mashed potato

  • じゃがいも—500g / 500g Maris Piper or King Edward potatoes
  • 無塩バター—30g / 30g unsalted butter
  • 牛乳—大さじ2 / 2 tbsp milk
  • 塩—小さじ1/4 / 1/4 tsp salt
  • ナツメグ—少々 / ground nutmeg

*ラムを焼くまでにオーブンを180℃に温めておく

  1. ガーリックをスライスする
  2. ラム肉にオイルをかけ、塩コショウ、ガーリックのスライス、ローズマリーの葉を擦り込んだ後、ワインを足してマリネしておく(30分程度。1時間を超える場合は冷蔵庫に入れて下さい)
  3. <マリネしている間にマッシュポテトを作る>
    じゃがいもの皮をむき、一口大に切ったら、一旦水につけた後水気を切っておく
  4. 蒸気の上がった蒸し器に並べ、約15分、火が通るまで蒸す
  5. 漉し器で漉すか、マッシャーなどで潰す。弱火にかけ、バター、牛乳、塩、ナツメグを加えて5分程度混ぜ合わせて、滑らかな状態にする。ラムが焼けるまで冷めないようにしておく(もしくは、ラムを焼いている間にマッシュポテトを作っても構いません)
  6. フライパンにオイルを敷き、強目の中火でマリネの汁気をよく切って、ラムの表面を焼き付ける(約2〜3分)
  7. オーブントレーにパーチメントシートを敷き、180℃に温めたオーブンで約20分程度ローストする
  8. <ローストしている間にバルサミコソースを作る>
    小鍋にマリネ液を移し、塩、バルサミコ酢を足して2~3分煮詰め、冷めないようにしておく。もしくは盛り付ける直前にもう一度火を通して温める
  9. ロースト出来たら、アルミフォイルなどで覆って約10分程度、肉を休ませておく。骨1本分ずつ切り分ける
  10. 温めた皿にマッシュポテトを盛り、その上に切り分けたラム肉を置く。上からバルサミコソースをかけて、ローズマリーの枝を飾れば出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Scotch Eggs

3月はイースター料理。クリスチャンではありませんが、こうやって季節の料理作ると、春が来るのが楽しくなります。

まずはスコッチエッグ。卵料理はイースターには欠かせないのですが、イギリスのレシピを見てみると、ソーセージをほぐして使っていることが多いです。そんなことしなくても豚のひき肉は手に入るので、そちらの方がむしろ作りやすいし、アレンジもしやすいのじゃないか、、、と思うのですけどね。

卵の茹で時間。固ゆででなく、黄身がまだ完全に固まっていないくらい、を目指して失敗すること数回。我が家のコンロでは8分という数字にたどり着きました。下に敷いてある鳥の巣みたいなポテトも追って紹介しますね。

<4人分 / Serves 4>

  • 卵—4個 / 4 eggs(常温に出しておく)
  • 塩—適宜(ゆで卵用) / salt for boiled eggs
  • 豚ひき肉(牛ひき肉でも可)—500g / 500g minced pork or beef
  • 塩—小さじ1/2 / 1/2 tsp salt
  • コショウ—少々 / ground black pepper
  • ドライセージ—小さじ1 / 1 tsp dried sage
  • パン粉—大さじ4 / 4 tbsp breadcrumbs
  • 牛乳—大さじ2 / 2 tbsp milk
  • 卵—1個 / 1 egg
  • 薄力粉—大さじ1 / 1 tbsp plain flour
  • 卵—1個 / 1 egg
  • パン粉—100g / 100g breadcrumbs
  • 揚げ油—揚げ油として適宜 / salad oil for deep-frying
  • マヨネーズ—100g / 100g mayonnaise
  • コーニション(きゅうりのピクルス)—30g / 30g cornichons
  • フラットパセリ—(刻んで)大さじ3 / 3 tbsp chopped flat parsley
  • ホースラディッシュ—小さじ2 / 2 tsp grated horseradish
  • しょうゆ—小さじ1 / 1 tsp soysauce
  • 塩コショウ—少々 / salt & ground black pepper
  1. ミルクパンに卵と塩少々を入れ、熱湯をかける。弱火にかけ、はじめの1、2分ほど箸などで卵を転がすようにする(黄身が真ん中に来るようにするため)
  2. 8分間茹でた後、冷水に取り完全に冷ます(冷ました方が卵が固くなり、後の作業がしやすくなります)。殻を水のなかで剥く
  3. ボウルにひき肉と塩コショウ、セージ、パン粉、牛乳、卵を加え、よくこねる。4等分し、手のひらで平たく伸ばし、ゆで卵を包み込む。空気を抜きながら整型する
  4. <ソースを作る>
    ゆで卵にみじん切りにしたコーニション、パセリを加え、ホースラディッシュとしょうゆも混ぜ合わせる。必要であれば塩コショウで味をととのえる
  5. ひき肉の種に薄力粉を薄くまぶし、溶き卵、パン粉の順につける
  6. 低めの中温に熱した油で約7〜8分転がしながら、キツネ色になるまで揚げる。油をよく切って半分に包丁で切り、ソースを添える

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Teriyaki Chicken

平凡レシピシリーズの最後は寿司、てんぷらに並んで日本食で最も人気の高い「照り焼き」。何が、、、って簡単なのが良い。とっても庶民的。でも美味しく作るちょっとしたコツはあるような気がします。軽く薄力粉をつけた後、余分を叩く。たれを加える前にフライパンをキッチンペーパーできれいにする、かな。手早くできる場合は、焼いている間にたれを混ぜたりするのですが、そのあたりはご自由に。

ご飯にのせて丼にしても美味しいですし、もちろんお弁当のおかずにも。何度食べても美味しいんですよね。。。

さて、来月はイギリスのデザート。甘すぎる重すぎる、、、でもヤメラレナイ美味しいデザートを私レシピでご紹介致します。どうぞお楽しみに。
(月初めに「ビーフシチュー」宣言したのに、照り焼きになってごめんなさーーーい。こっちの方がやっぱりメジャーかな、と思って。又の機会にビーフシチューやりますので。)

<4人分 / Serves 4>

  • 鶏もも肉(皮なし骨なし)—4枚 / 4 chicken thigh fillets boneless
  • 塩コショウ / salt & ground black peppercorn
  • 薄力粉—大さじ1 / 1 tbsp plain flour
  • サラダオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp vegetable oil
  • しょうゆ—大さじ4 / 4 tbsp soy sauce
  • 酒—大さじ2 / 2 tbsp sake
  • みりん—大さじ2 / 2 tbsp mirin
  • 砂糖(デメララシュガー)—大さじ2 / 2 tbsp demerara sugar

<付け合わせとして>

  • ラディッシュ—4個 / 4 radishes
  • すし酢—大さじ1 / 1 tbsp sushi vineger
  • かいわれ—適宜 / salad cress
  • 七味トウガラシ—お好みで / Japanese spice “Shichimi”, option
  1. 付け合わせのラディッシュに細かく切り目を入れて、すし酢でマリネしておく
  2. もも肉に軽く塩コショウをし、薄力粉をまぶす。余分な粉ははたいておく
  3. 小さなボールにしょうゆと酒、みりん、砂糖を入れ、混ぜ合わせる
  4. フライパンにオイルを中火で熱し、もも肉を焼く。数分して焦げ目が付いたらひっくり返してもう片面も焼く
  5. 火を弱めて、フライパンの汚れをキッチンペーパーなどで拭き取る。たれを加えて、煮詰める。もも肉を時々上下返してからめるようにする。たれが煮詰まってトロリとしてきたら、火を止める。
  6. 粗熱が取れたら食べやすい大きさに切り分ける。お好みで七味を振り、かいわれと汁気を切ったラディッシュを添えてどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

コロッケ

22/01/2016

Croquette

自分のコロッケが好き。デパ地下も肉やのコロッケもそれぞれ美味しいですけど、やっぱりこの味〜、って自分で思ってしまいます。甘辛のややしっかりした味付けですが、ソースなくても美味しいし、カラリと揚げたては本当にいくつでも食べられちゃう。

じゃがいもの種類、日本だと男爵、イギリスだとMaris Piper かKing Edwardを選んで下さい。そして、出来れば蒸して下さい。水っぽくならずに済みます。茹でる場合は必ず粉ふきにして、余分な水分を飛ばす。少し面倒かもしれませんが、ホクホクの美味しいコロッケになります。

成型したコロッケの粉を先に全て付けて、余分は少ししつこいくらいにはたき落として下さい。粉を付けたコロッケに左手で溶き卵、右手でパン粉、という様に決めると、手が「グローブ」みたいにならなくて済みます。揚げたての熱々をどうぞ〜

<4人分(8個)分 / Serves 4(8 croquettes)>

  • じゃがいも(Maris Piper or King Edward)—800g / 800g Maris Piper or King Edward Potato
  • 牛ひき肉—200g / 200g minced beef
  • 玉ねぎ—大1個 / 1 large onion
  • サラダオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp vegetable oil
  • ライトブラウンシュガー(三温糖)—大さじ1 / 1 tbsp light brown sugar
  • みりん—大さじ1 / 1 tbsp mirin
  • しょうゆ—大さじ1.5 / 1.5 tbsp soysauce
  • 塩コショウ—適宜 / salt & pepper
  • 薄力粉—大さじ4 / 4 tbsp plain flour
  • 卵—1個 / 1 egg
  • パン粉—100g / 100g breadcrumbs
  • 揚げ油—揚げ油として適宜 / salad oil for deep-frying
  • ポイントキャベツ—1/2個 / 1/2 pointed cabbage
  1. じゃがいもの皮をむき、大きめの一口大に切って、水にさらす。水気を切り火が通るまで約20分蒸す(茹でても構いませんが、水分を飛ばすため、ざるにあげた後、粉ふきいもにして下さい)
  2. 玉ねぎをみじん切りにする
  3. フライパンにオイルを敷き、中火で牛ひき肉を色が変わるまで炒める。みじん切りにした玉ねぎを加えてしんなりするまで炒めたら、砂糖、みりん、しょうゆ、塩コショウで味付けをする。水分がなくなる程度まで炒めたら、火を止める
  4. 蒸したじゃがいもをボールに移し、マッシャー、もしくは麺棒、すりこ木などで潰す。炒めたひき肉と玉ねぎを加える
  5. 12等分し、小判形に成型する。成型した後、室温で冷ましておく
  6. 薄力粉、溶き卵、パン粉の順につける。薄力粉を全て先にまぶし、余分な粉をはたいておく。溶き卵は左手で、パン粉は右手で、と決めると手が汚れなくて作業がしやすい。
  7. 中温に熱したサラダオイルでカラリと揚げる。油をよく切って、千切りにしたキャベツとともに盛り合わせて出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。