veg_pot

昆布でだしを取り、パンチェッタと大きく切ったお野菜をコトコト煮ます。よく炒めると野菜の甘みが出て、美味しくなります。 前日に昆布を水に漬けておいたものを、だしとして使うだけ。和風なのか洋風なのか。。。?野菜それぞれの味とモチモチとした麦の食感も楽しいスープです。トマトやみそを加えても違った雰囲気になりますよ。

パンにもご飯にもあうスープです。どうやって使うかよく分からないイギリスの野菜もこうやって使って、仲良くして下さいね。

4~6人分

  • 昆布: kombu kelp—4cmx8cm程度が2枚
  • 水 : water—1500ml
  • セルリアック : celeriac—小1/2個(300g)
  • ホワイトビネガー : white vinegar—少々
  • パンチェッタ角切り : panchetta—1パック(100g)
  • リーク : leek—2本
  • にんじん : carrot—2本
  • かぶ : turnip—3個
  • スペルト麦 : spelt—60g
  • チンゲンサイ : pak choi—1株
  • しょうゆ : soy sauce—小さじ1
  • 塩: salt—少々
  1. セルリアックは2.5cm程度の角切りにし、ビネガー少々を入れたボールに一度浸け、あく抜き、色止めをする。ざるなどにあけて水気を切る
  2. 厚手の鍋にパンチェッタを入れて弱めの中火で2、3分炒め、ぶつ切りにしたリークを加える。軽く焦げ目がつく程度に5分くらい炒める
  3. 大きめの一口大に切ったにんじん、かぶ、セルリアックも加えて、2、3分炒める
    昆布だしを昆布ごと加え、中火にする。沸騰する前に昆布を引き出し、アクをすくって捨てる
  4. ひと煮立ちしたら、キッチンペーパーで蓋をするようにして、更に灰汁を取り除く。しょうゆを加える。チンゲンサイはざく切りにし、スペルト麦は洗っておく
  5. スペルト麦を加えて、蓋をし、弱火で20分程度煮込む
    野菜と麦が柔らかく煮えたら、仕上げに青梗菜を加え、足りなければ塩を足して出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Onion Gratin Soup

onion_gratin_soup.jpg

ロンドン冷えてます。朝の霜が凍ったまま溶けずにまた夕方に、、、こんな日が続くとあったかスープが何よりのご馳走ですね。そういうワケで、スープのレシピ、いつまで続くかな。

まずはオニオングラタンスープ。タマネギしかなくても時間さえ(それがないってかー)あれば、立派なスープが出来ます。黒砂糖少々加えると旨味が引き立ちます。冷凍室に入れたまま忘れてしまった(笑)古いバゲットを使っても大丈夫です。

4~6人分

  • タマネギ(大) : large onions—3個(500g)
  • ガーリック : garlic—1片
  • (無塩)バター : un-salted butter—30g
  • 白ワイン : white wine—大さじ2
  • 黒砂糖 : brown sugar—小さじ1
  • 塩 : salt—小さじ1.5
  • スープの素: vegetable soup stock—1個
  • コショウ: black pepper—少々
  • お湯: hot water—1200ml
  • バゲット: baguette—2.5cm厚みにスライスしたもの4~6枚
  • チーズ: cheese—100g(チェダー、パルミジャーノ、グリュエルチーズなどお好みのもの)をすりおろす。あらかじめ削ったものを使っても構わない

* オーブンを220℃に温めておく

  1. 厚手の鍋にバターを溶かし、みじん切りにしたガーリックとスライスしたタマネギを中火で炒める。10分くらい経つと、しんなりとしてくる
  2. さらに飴色になるまでよく炒める。約20分かかる。
  3. 白ワイン、スープの素とお湯を注ぎ、一煮立ちさせる。アクを取って、砂糖と塩、コショウを加えて調味する
  4. オーブン可能な器に注ぎ、上にスライスしトーストしたバゲットをのせる。バゲットの上にチーズものせ、温めたオーブンで約15分、焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。更にチーズ少々をすりおろしても良い

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

クリスマスのお魚メニュー。見た目の割に手間いらずです。

<4人分 / Serves 4>

  • ほうれん草—1パック(250g) / 1pack(250g) spinach
  • ケイパー—20g / 20g capers
  • 無塩バター—20g / 20g un-salted butter
  • 塩コショウ—少々(ほうれん草用) / salt & ground pepepr corns for spinach
  • サーモン(骨なし皮なし)—500g / 500g salmon fillet
  • 塩—小さじ1/2(サーモン用) / 1/2 tsp salt for salmon
  • コショウ—少々(サーモン用) / ground pepepr corns for salmon
  • 冷蔵パイシート—1枚(320g) / 1 puff pastry sheet (320g)
  • 卵—1個 / 1 egg
  • プチトマト—300g / 300g mini tomatoes
  • アップルビネガー—大さじ2 / 2 tbsp apple vinegar
  • グラニュー糖—大さじ1 / 1 tbsp granulated sugar
  • 塩—小さじ1/2 / 1/2 tsp salt
  • ローリエ—7、8枚 / 7,8 bay leaves
  1. ほうれん草の袋にハサミなどで小さい穴を2、3箇所空けて、電子レンジ(800w)に2分程度かける。(袋に入っていない場合は下ゆでして下さい)
  2. 冷水に放った後、ざるなどに空けて水気を切る。これを数回繰り返し、最後にぎゅっと手で絞る。一口大に切っておく
  3. ケイパーは水気を切って、粗くみじん切りにする
  4. フライパンにバターを溶かし、ほうれん草を2、3分炒め、ケイパーも合わせて水分を飛ばしておく。塩コショウで味をととのえておく
  5. サーモンの裏表に塩コショウをし、パイシートの中央に皮目の方を上向けて置く(焼いて盛り付ける時には皮目が下になります)
  6. 炒めたほうれん草をケイパーを上にのせ、溶き卵をサーモンをのせた上下にハケなどで塗る。左右どちらかのパイ生地でサーモンを包むようにする。上に溶き卵を塗り、もう片方で包み込む。パイ生地の合わせ目をしっかり抑えて、上下を返す。その時に90度回転させておく。
  7. つなぎ目の少し口の開いた部分を抑えるようにして、くっつける。その後、フォークで更に抑えておく。表面に空気穴をフォークで開ける。更に表面に包丁の背で格子模様をつけておく(フォークの空気穴、格子模様をつけることで破裂を防ぎます)
  8. 溶き卵を表面に塗り、パーチメントシート(クッキングシート)を敷いたオーブントレーにのせる。200度に温めたオーブンで25〜30分、サーモンに火が通り、表面がキツネ色になるまで焼く
  9. <パイを焼いている間に>
    トマトを湯むきする。鍋に熱湯を沸かし、プチトマトを入れて約30秒、火が通ったら、すぐ冷水に取り、冷ます。その後皮を手で剥いて、ボールに入れておく
  10. ミルクパンなどにビネガー、砂糖、塩を入れて溶かす。トマトの上にローリエをのせ、その上からビネガーを合わせたものを温かいうちにかけて、パイが焼けるまでマリネしておく。
  11. パイが焼けたら、5分程度、落ち着くまで待ち、1/4に切り分ける。トマトの汁気を切って、添えたら出来上がり。

今年もあっという間にクリスマス。皆きっと大忙しのはず。

私は昨日くらいから一気にすることがなくなって(笑)、ハテ、、、何しなきゃならないんだっけ?状態。クリスマスメニューも未だ決めかねている方々のために。少し過去レシピアップしますね。

ザクロを散らせば、なんでもクリスマス風になると言う、、、味も美味しく、見た目も可愛いしね。

<3人分 / Serves 3>

  • ケール—200g / 200g Kale
  • だし—大さじ2 / 2 tbsp Japanese soup stock
  • 酒—大さじ1/2 / 1/2 tbsp sake
  • しょうゆ—大さじ1/2 / 1/2 tbsp soysauce
  • ざくろ—1/2個 / 1/2 pomegranate
  • 鴨胸肉—2枚(340g) / 2(340g) duck breasts
  • バルサミコビネガー—大さじ2 / 2 tbsp balsamic vineger
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ピンクペッパー—小さじ1/2 / 1/2 tsp pink pepper
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • パルミジャーノレッジャーノ—少々 / parmigiano reggiano
  1. ケールは固い芯を取り除く
  2. 鍋に熱湯を沸かし、ケールを約5分、柔らかくなるまで茹で、ざるにあげて水にさらしたら、水気を手でぎゅっと絞る。ボールにだし、酒、しょうゆを合わせて入れ、ケールを和えておく
  3. ざくろは手でほぐしながら実をばらすようにして出しておく。余計な皮のかけらなどを取り除く
  4. 鴨肉は皮を下にして、赤身の部分からはみ出た余分な皮を取り除く。表に返して、7~8mmの幅に切り込みを入れる
  5. フライパンを弱火で熱し、温まったところに鴨肉の皮を下にして入れる(オイルは不要)。数分して脂が出てきたら、スプーンでかけながら7~8分、皮がこんがりするまで焼く(焼き加減はお好みで調節して下さい)。
  6. 皮がキツネ色になったら、裏返して、1〜2分、表面をシールするような感じで焼き色をつける。バットの上などに取り出して、冷めないように蓋(もしくはアルミフォイル)をする
  7. ピンクペッパーはミルか包丁で叩き潰しておく
  8. 盛り皿にケールを敷き、上に薄くスライスした鴨肉を並べる。バルサミコ、塩、ピンクペッパーを振り、ざくろを散らす。パルミジャーノを削りながら振りかけて出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Pappardelle with Pancetta & Tomato

panchetta_tomato_pasta

近所のイタリアン食材の小さなお店。そこのハム、サラミがとても美味しいので、もっと頻繁に立ち寄りたいな、といつも思っています。先日美味しーーーーいパンチェッタを見つけて、それでカルボナーラ作ったら、超絶品。素材が良いと料理がより美味しくなった(笑)ってこと。なので、そのパンチェッタを使って、大急ぎで週末作った2人分のパスタ。これまたウマシ。界と二人で「美味し〜い!!」と絶賛したのでした。

Serves  2

  • 1 clove of garlic, finely chopped
  • 60g pancetta, cut into 1cm cubes
  • 2 tomatoes, cut into 1.5 cm cubes
  • 200g Pappardelle or your favourite pasta
  • 2 tbsp olive oil
  • salt & ground black pepper
  • Parmigiano
  • Green Jalapenos, optional
  1. In a large saucepan, bring 2~3L water to the boil. Add 2 tbsp salt and the past. Boil for 10~14 mins, according to the package or until al dente.
  2. Heat the oil and garlic in the frying pan over a low heat. After a few mins fry the pancetta until golden brown. Stir fry the tomato and season with salt and pepper.
  3. Dress the just boiled pasta with the sauce in the pan. Divide the pasta on the plate, sprinkle with the grated parmigiano and Jalapenos as a option.

2人分

  • ガーリック: garlic—1片
  • パンチェッタ: pancetta—60g
  • トマト: tomato—2個
  • パーパルデッレ、もしくはお好みのパスタ: Pappardelle or your favourite pasta—200g
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ2
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • パルミジャーノ: Parmigiano—適宜
  • ハラペーニョのピクルス: Green Jalapenos—お好みで
  1. ガーリックはみじん切り、パンチェッタは1cm程度の角切り、トマトは1.5cm程度の角切りにしておく。
  2. 鍋にたっぷりのお湯(2~3リットル程度)を沸かし、沸騰したら塩を大さじ2程度加えパスタを茹で始める
  3. フライパンにオリーブオイルとガーリックを入れて、弱火で炒め始める。いい香りがしてきて、少し色付き始めたら、パンチェッタをカリカリになるまでよく炒める。トマトを加えて、塩コショウで味をととのえる
  4. 茹で上がったパスタのお湯をよく切り、フライパンで和えたら出来上がり。皿に盛ってパルミジャーノをすりおろし、好みでハラペーニョのピクルスを添える

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Plaice & Fennel in Olive Oil

serve_logo

寒くなってきた、ということもあって、最近こういうご飯をよく作ります。野菜、その上に魚の切り身だったり、フィレだったり。塩をして、オリーブオイル多め。オーブンにドン!!魚はひっくり返さなくていいから、きれいなまま。手抜きだけど、ちょっと豪華に見えるし、お魚とお野菜の両方採れるのも嬉しい。オーブンのおかげで、部屋も温まる!?一石二鳥料理。

Serves 1

  • 1/2 fennel, cut into 1cm thickness
  • 1 fillet of plaice
  • 1 clove of garlic, sliced
  • 2tbsp olive oil
  • salt & ground black pepper
  • fresh thyme

*Preheat oven to 200℃

  1. Place the fennel in the baking dish. Season with salt and pepper.
  2. Put the plaice, salt and pepper, garlic and thyme. Cook in the preheated the oven for about 15~20 mins. Serve immediately.

1人分

  • フェネル: fennel—1/2個
  • カレイ: plaice—フィレ1枚
  • ガーリック: garlic—1片
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ2
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • タイム: fresh thyme—適宜

*オーブンを200度に温めておく

  1. フェネルを1cm幅に切り、ガーリックは薄くスライスしておく
  2. 耐熱皿にフェネルを並べ、塩コショウする。上にカレイをのせガーリックとタイムも置いたらオリーブオイルをかける。塩コショウを再度して、200度に温めたオーブンで15~20分焼いたら出来上がり。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Chorizo & Sweet Potato

serve.jpg

週末のメキシカン料理で、ウケが良かった簡単レシピ。料理教室で作ったのもはるか昔。ぼちぼち過去レシピのアップしてゆきたいと思っています。

チョリソの塩気とスイートポテトの甘みが美味しいタコス。チョリソは辛さにバリエーションがありますので、お好みの辛さのものをお使いください。そのまま食べるタイプは硬いので、調理用のものをおすすめします。

 

  • 300g Bushbok white sweet potatoes, peeled, cut into 1cm cubes, soak in cold water and drain them
  • 200g cooking chorizo, sliced into 7~8 mm thickness
  • 1 large onion, roughly chopped
  • 1 tbsp olive oil
  • 1/2 tsp salt
  • ground black pepper
  • 6 taco shells
  • roughly chopped parsley and grated cheese, optional
  1. Heat the oil in the heavy based pan over a moderate heat. Stir into the onion, sweet potatoes and chorizo for a few mins.
  2. Season with the salt and turn down the heat to low. Put the lid on and cook for about 15 mins.
  3. Serve with warm up the taco. Sprinkle with parsley and cheese if you like.

<6人分>

  • スイートポテト : Bushbok white sweet potato—300g
  • チョリソ : cooking chorizo—200g
  • タマネギ(大) : large onion—1個
  • オリーブオイル : olive oil—大さじ1
  • 塩 : salt—小さじ1/2
  • コショウ : ground black pepper—少々
  • タコシェル : taco shells—6枚
  • お好みでパセリ、チーズ: roughly chopped parsley and grated cheese as option
  1. タマネギは粗くみじん切り、スイートポテトは皮をむき、1.5cm角に切ったら水にさらしておく。チョリソは7〜8mm厚みにスライスする。
  2. 厚手の鍋にオイルを中火で熱し、タマネギとスイートポテト、チョリソを2、3分炒める。
  3. 塩を加え、火を弱めたら蓋をし、約15分、スイートポテトに火が通ったら出来上がり。温めたタコに挟んでパセリ、チーズと共にどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。