Beetroot & Edamame Salad

色鮮やかなビートルートに蛍光緑みたいな枝豆。ぎょっとする感じですが、これがめちゃくちゃ美味しくって。この写真のお皿から取って食べ続けていたのですが、気が付いたら半分食べてました。

スティルトンチーズも得意とは言えないのですが、なぜか赤い野菜と合うようで、この時も「これは欠かせないなぁ」と思ってしまいました。日本だと見つけるのが難しいですよね。蕪に枝豆とパルミジャーノチーズを削ってのせるといいかな。

ビートルートは丸ごと茹でると時間はかかりますが、色がきれいに残ります。切ってから茹でると、色褪せて、ちょっと勿体無い感じがするので、余分を切り落としたら、ザブン!と丸ごと茹でてくださいね。美味しさ倍増です。

<4人分/serves 4>

  • ビートルート—4個(正味500g) / net weight 4 (500g) beetroots
  • レモン—1/2個 / 1/2 lemon
  • エキストラバージンオリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp extra virgin olive oil
  • 塩—小さじ1/2 / 1/2 tsp salt
  • 枝豆のむき身(冷凍されたものを解凍)—80g / 80g defrosted shelled edamame (soybean)
  • スティルトンチーズ—20g / 20g stilton cheese
  • くるみ—20g / 20g walnuts
  • 黒こしょう—少々 / ground black pepper
  1. ビートルートは葉とひげ根の部分を切り落とし、水から茹で始める。沸騰したら弱火で約30分茹でる。もしくは蒸しても構いません(所要時間約20分)。枝豆は自然解凍しておくか、熱湯をさっとかける
  2. 茹でている間にマリネ液を作る
    ボールにレモンと塩、コショウ、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせておく
  3. ビートルートが茹で上がったら、水を捨て、流水で少し冷ます。皮をぐるりと剥き、7〜8mmの厚みの輪切りにする。切ったものから順番にマリネ液に漬ける(15分〜2、3時間程度)。
  4. くるみを粗くみじん切りにし、乾煎りする。
  5. 盛り皿に、ビートルートの汁気を切って並べ、上から枝豆、スティルトンチーズをナイフで削りながらのせる。くるみも散らせて、最後にブラックペッパーを振りかけたら出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は137位。パースニップ、セルリアック、ビートルートとイギリスで見かける、、でも日本人には馴染みが少なそうな根菜を2本ずつ動画にてアップしてきました(頑張ったと思うぞ私)。次回が根菜シリーズの最後、何が出てくるかお楽しみに。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ボルシチ

21/11/2015

Borscht

骨つきのローストビーフ焼いたら、その後はボルシチに。残った骨、食べきれなかった部分や端っこなどをそのまま厚手の鍋に入れ、お水と塩を加えて火にかけます。沸騰したら、弱火にして約1時間煮込んで放置。後のことは翌日に。

そんなことで、せっかく買ったお肉をまさに骨の髄まで使いましょうね。美味しいスープが自然に摂れます。後はお野菜たっぷりのさっぱりスープ、ボルシチの出来上がり。翌日も楽しちゃいましょう。お好みで仕上げにサワークリームを加えても。

ローストビーフを焼かない場合は、なるべく骨つきの肉で、シチュー用の肉でも構いません。

<4人分 / Serves 4>

  • 牛肉(できればリブの骨つき、ローストビーフの残りがベスト)—500~600g / 500~600g rib steak with bone (ideally leftover roast beef)
  • 水—1200ml / 1200ml water
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ガーリック—1片 / 1 clove of garlic
  • ベイリーフ(ローリエ)—2枚 / 2 bay leaves
  • タイム—小さじ1/2 / 1/2 tsp thyme
  • たまねぎ(中)—1個 / 1 medium onion
  • にんじん(中)—1本 / 1 medium carrot
  • じゃがいも(シャーロット、メークイン)—200g / 200g charlotte potatoes
  • キャベツ(ポインテッド)—200g / 200g pointed cabbage
  • オリーブオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp olive oil
  • ビートルート—400g / 400g beetroot
  • トマト缶—約2/3缶(250g) / 250g canned tomato
  • 塩—小さじ1/2程度 / 1/2 tsp salt
  • フレッシュディル—お好みで少々 / fresh dill
  • サワークリーム—お好みで少々 / sourcream
  1. 厚手の鍋に牛肉に水、塩を入れ強火にかける。沸騰してきたら弱火にする
  2. ガーリックを包丁で叩き潰し、ベイリーフ、タイムを肉を茹でている鍋に加え、約1時間煮込む。煮込んだ後、一晩置いても可。
  3. 玉ねぎ、にんじん、ビートルートは1.5cm角に切る。セロリは斜めに、キャベツはざく切りにしておく。ジャガイモは縦半分に切った後、1cm程度の幅の半月切りにし、水にさらす。その後水気を切っておく
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ、中火にかける。玉ねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいも、キャベツを順に炒める
  5. 肉の入った鍋はアクや余分な脂をすくって取り除き、塩を加える。炒めた野菜を加え、トマト缶、ビートルートも合わせ、更に野菜が柔らかくなるまで約30分煮込む
  6. 塩加減をみて、皿に盛り、好みでディルやサワークリームを添える

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は154位。この順位って全くどうなっているんだろうね???いつも謎。レシピアップしても上がるわけじゃなし。上位が美味しそうってわけじゃなし。。。今日の晩御飯はボルシチにビートルートサラダ、ビートルート祭りでした。けど、美味しかった!!ごっこまんま

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Beetroot and Onion in Staub

季節柄、ビートルートは逃したくないので急いでアップします。季節のものはスーパーやマーケットで”Buy 1 Get 1 Free”(1つ買ったらもう1つタダ)などで売られていますから、まとめて買って蒸し煮しておくのはオススメ。これだけしておけば使いやすくなりますしね。

staubを使わない日はない我が家。ご飯もこれで炊いていますが、野菜を大きめに切って、オイルとお水少しを加えてオーブンにドン。しばらく加熱した後、火を消してそのまま。蓋をしたままなので、乾燥することも形を崩すこともなく、美味し〜い蒸し煮の出来上がり。そのまま食べてもとっても美味しいし、シンプルな味付けだけで、季節のご馳走出来上がり。信じられない甘さです。

<作りやすい分量>

  • ビートルート—5~7個(800g) / 5~7 Beetroots (800g)
  • タマネギ(中)—2個 / 2 Medium onions
  • オリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp olive oil
  • 水—大さじ3 / 3 tbsp water

<4人分 / serves 4 >

  • 上記ビートルートの蒸し煮—半量(400g) / Half (400g) of “Beetroots & Onion in Staub”
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • コショウ—少々 / Ground black pepper
  • レモン—1個 / 1 lemon
  • エクストラバージンオリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp extra virgin olive oil
  1. タマネギは8つに切る。ビートルートも皮を剥き、8つに切る
  2. タマネギとビートルートをストウブなどの鍋、もしくは蓋ごとオーブンに入れられる厚手の鍋に入れ、上からオリーブオイルと水を加える
  3. 鍋の蓋をして、温めたオーブンに30分ほど入れて蒸し焼きにする。火を消して、蓋をしたまま鍋を約30分入れておく
  4. そのままサラダやボルシチ、スープなどに使えます。
    ————————————————–
  5. 半量をボールに入れ、塩、コショウ、レモン、オリーブオイルを加えて、和えたら出来上がり
  1. Peel the onions and beetroots and cut them into 8.
  2. Put them into the staub or ovenproof heavy based pan. Drizzle the oil and add water.
  3. Put the lid on then into the preheated the oven. Cook for about 30 minutes and leave for another 30 minutes with the lid in the oven.
  4. You can use them for the salad, Borcht or soup.
    ————————————————–
  5. Put the half into the bowl. Add the salt, pepper, squeezes lemon juice and olive oil. Dress them and serve hot or cold.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

ボルシチ

11/05/2013

 Borsch

borsch

まさか5月にボルシチを作るとは . . .それくらい寒いです。ちょっと見越して前日に作っておいたのですが、本当に寒くなってしまいました。見かけは真っ赤で一瞬ドキッとするのですが、味は食べやすい牛肉トマトシチューです。ビートルートも手に入りやすいですから、寒い日には是非作ってみて下さい。と言いつつ、もう作る機会がないことを願うばかり。早く気温20度くらいになって欲しいものです。

本来はサワークリームを加えて仕上げます。(私は入れないことが多いですけど)

Serves 4

  • 500g beef for braising steak, cut into chunks and season with salt and black pepper
  • 1 tbsp vegetable, sunflower or corn oil
  • medium 1 onion, cut into 2cm square
  • 2 stalks of celery, cut into 2cm square
  • 1/4 pointed cabbage, cut into 2cm square
  • medium 1 carrot, cut into chunks
  • 200g (3~4) new potatoes, sliced 1cm thickness, soaked in cold water and drained
  • 200g (2~3) beetroot, peeled, quartered and cut into 1cm thickness
  • 1 (400g) canned chopped tomatoes
  • 2 cloves of garlic, finely chopped
  • 1 beef soup stock cube
  • 2 bay leaves
  • 1 tsp dried oregano
  • 1 tsp salt
  • soured cream, optional
  1. Heat the oil into the heavy based pan over a medium heat. Saute the garlic until slightly golden for about 2~3 minutes.
  2. Stir fry the beef until coloured. Add the onion, celery, carrot and potatoes cook about for 5 minutes.
  3. Add the canned tomato, bay leaves, oregano, soup cube, salt and water. Simmer and mix the beetroot for about 1.5 hour with the lid or until the meat is soften.
  4. Adjust with salt and pepper. Divide into individual bowl. Serve with soured cream.

beetroot_ing

4人分

  • 煮込み用牛肉: beef for braising steak—500g
  • サラダオイル: vegetable, sunflower or corn oil—大さじ1
  • タマネギ: onion—中1個
  • セロリ: celery—2本
  • ポイントキャベツ: pointed cabbage—1/4個
  • ニンジン: carrot—中1本
  • 新じゃが: new potatoes—200g(3~4個)
  • ビートルート: beetroot—200g(2~3個)
  • トマト缶: canned chopped tomatoes—1缶(400g)
  • ガーリック: garlic—2片
  • 固形スープの素: beef soup stock cube—1個
  • ローリエ: bey leaves—2枚
  • ドライオレガノ: dried oregano—小さじ1
  • 塩: salt—小さじ1
  • サワークリーム: soured cream—お好みで
  1. 牛肉は一口大の大きさに切り塩コショウをする。タマネギとセロリ、キャベツは2cm角程度の角切りに、ニンジンは乱切り、ジャガイモは皮付きのまま1cm厚みに切って水にさらしておく。ビートルートは皮を剥き、1cm厚みのいちょう切りにする
  2. 厚手の鍋にオイルを入れ中火で熱し、みじん切りにしたガーリックを入れて数分炒める
  3. 良い香りがしてきたら、牛肉を加え色が変わる程度に炒める。タマネギ、セロリ、ニンジンと水気を切ったジャガイモを加え、更に約5分程度炒める
  4. トマト缶とハーブ類、塩、固形スープの素、水500mlを加える。一煮立ちしたら、ビートルートも加える。弱火にし、蓋をして約1時間半、肉が柔らかくなるまで煮込む
  5. 塩加減をみて器に盛り、好みでサワークリームを加えたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

「スパイスでおいしく♪具だくさんスープ」コーナーにレシピを掲載中!