ボルシチ

21/11/2015

Borscht

骨つきのローストビーフ焼いたら、その後はボルシチに。残った骨、食べきれなかった部分や端っこなどをそのまま厚手の鍋に入れ、お水と塩を加えて火にかけます。沸騰したら、弱火にして約1時間煮込んで放置。後のことは翌日に。

そんなことで、せっかく買ったお肉をまさに骨の髄まで使いましょうね。美味しいスープが自然に摂れます。後はお野菜たっぷりのさっぱりスープ、ボルシチの出来上がり。翌日も楽しちゃいましょう。お好みで仕上げにサワークリームを加えても。

ローストビーフを焼かない場合は、なるべく骨つきの肉で、シチュー用の肉でも構いません。

<4人分 / Serves 4>

  • 牛肉(できればリブの骨つき、ローストビーフの残りがベスト)—500~600g / 500~600g rib steak with bone (ideally leftover roast beef)
  • 水—1200ml / 1200ml water
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ガーリック—1片 / 1 clove of garlic
  • ベイリーフ(ローリエ)—2枚 / 2 bay leaves
  • タイム—小さじ1/2 / 1/2 tsp thyme
  • たまねぎ(中)—1個 / 1 medium onion
  • にんじん(中)—1本 / 1 medium carrot
  • じゃがいも(シャーロット、メークイン)—200g / 200g charlotte potatoes
  • キャベツ(ポインテッド)—200g / 200g pointed cabbage
  • オリーブオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp olive oil
  • ビートルート—400g / 400g beetroot
  • トマト缶—約2/3缶(250g) / 250g canned tomato
  • 塩—小さじ1/2程度 / 1/2 tsp salt
  • フレッシュディル—お好みで少々 / fresh dill
  • サワークリーム—お好みで少々 / sourcream
  1. 厚手の鍋に牛肉に水、塩を入れ強火にかける。沸騰してきたら弱火にする
  2. ガーリックを包丁で叩き潰し、ベイリーフ、タイムを肉を茹でている鍋に加え、約1時間煮込む。煮込んだ後、一晩置いても可。
  3. 玉ねぎ、にんじん、ビートルートは1.5cm角に切る。セロリは斜めに、キャベツはざく切りにしておく。ジャガイモは縦半分に切った後、1cm程度の幅の半月切りにし、水にさらす。その後水気を切っておく
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ、中火にかける。玉ねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいも、キャベツを順に炒める
  5. 肉の入った鍋はアクや余分な脂をすくって取り除き、塩を加える。炒めた野菜を加え、トマト缶、ビートルートも合わせ、更に野菜が柔らかくなるまで約30分煮込む
  6. 塩加減をみて、皿に盛り、好みでディルやサワークリームを添える

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は154位。この順位って全くどうなっているんだろうね???いつも謎。レシピアップしても上がるわけじゃなし。上位が美味しそうってわけじゃなし。。。今日の晩御飯はボルシチにビートルートサラダ、ビートルート祭りでした。けど、美味しかった!!ごっこまんま

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Red Cabbage & Walnut Salad

red_cabbage_salad.jpg
赤い(紫色の)野菜はレモンを加えると、鮮やかなピンク色になります。軽く加熱した後、手でぎゅっとよく絞るのが美味しいサラダのコツ。柔らかく、ドレッシングがよく馴染みます。

お好みでスティルトンチーズを加えると、個性的なサラダに仕上がりますが、お好みのチーズでどうぞ。カリカリのベーコンでもいいですよ。

4人分

  • レッドキャベツ: red cabbage—1/2個
  • 塩 : salt—小さじ1
  • レモン : lemon—1/2~1個
  • エキストラバージンオリーブオイル : extra virgin olive oil—大さじ2
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • くるみ: walnuts—40g
  • スティルトンチーズ: stilton cheese—50g
  1. キャベツは千切りにして、塩を混ぜ合わせた後、電子レンジで2分ほど加熱する。手で水気を絞っておく
  2. 小鍋に粗みじん切りにしたくるみを入れ、乾煎りする
  3. ボールにキャベツ、レモン汁、オリーブオイル、くるみを入れて和える。塩コショウで味をととのえた後、お好みでスティルトンチーズを加えて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は123位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

かっちゃ

11/05/2015

Deep-fried Pork with Breadcrumbs and Boiled Rice in Japanese Broth

kaccha

臨機応変な夕食。回鍋肉の予定でしたが、ハラペコな界にはきっと物足りないような予感。ならば、これでどーだ!!??と予定変更。相当気に入ったらしく、カツの追加してました。そして明日の朝ごはんもコレがいいとか。。。

おかかで炒めたキャベツがとっても美味しいです。

4人分

  • 豚ロース: Pork tender loin—4枚
  • 薄力粉: plain flour—大さじ2
  • 卵: egg—1個
  • パン粉: breadcrumbs—100ml程度
  • サラダ油: vegetable oil—揚油として適宜
  • キャベツ: cabbage—1/2個
  • ごま油:roasted sesame oil—小さじ1
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • うすくちしょうゆ: Japanese light soy sauce—小さじ1
  • おかか: dried bonito flakes—2パック
  • 炊きたてのご飯: boiled rice—4膳分
  • だし: Japanese broth—1200ml
  • うすくちしょうゆ: Japanese light soy sauce—大さじ1
  • ねぎ: spring onion—1本
  • わさび: wasabi—お好みで
  1. 豚肉は塩コショウを振り、薄力粉、溶き卵、パン粉の順に付ける。中温に熱したオイルでカラリと揚げる
  2. フライパンにごま油を中火で熱し、千切りにしたキャベツを炒める。塩コショウち薄口醤油で味付けをし、おかかを加えて火を止める
  3. 鍋にだしと薄口醤油で味を付け、沸かしておく
  4. 器にご飯をよそい、キャベツをのせる。上に食べやすく切ったトンカツと小口切りにしたネギをのせたら、熱いだしをかける。お好みでわさびを添えてどうぞ。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は90位。日本語だと「かっちゃ」で通じると思うんだけど、英訳って。。。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

White Clams & Cabbage Linguine
clam_cabbage_pastaあさりが手に入りにくいイギリスですが、真空パックになって冷凍された便利なあさりに似たものがあります。常備して、、、と言いたいのですが、あると分かると実はすぐに使ってしまっています。

今日もランチにパスタが食べたいと宣う界。私はおうどんでも〜、と言う気分だったので、和風パスタにしてみました。冷蔵庫にあったキャベツを使って合わせたら、だしのおかげでとっても美味しい組み合わせになりました。

2人分

  • ホワイトクラム(あさり): White clams—500g
  • ポイントキャベツ(日本のキャベツ): Cabbage—200g
  • だし: Japanese soup stock—400ml(だしパックや、だしの素をお湯で溶いたものでも構わない)
  • 酒: 大さじ2
  • 薄口しょうゆ: light soy sauce—大さじ2
  • 塩: salt—少々
  • リングイネ(お好きなパスタで): linguine—200g
  • ねぎ: spring onion—1本
  1. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩を一掴み入れ、パスタを茹で始める。
  2. 別の(後でパスタが入ることを考えて)大きめの鍋にだしを沸かし、酒としょうゆを加える。一口大に切ったキャベツを加える。
  3. パスタを茹ではじめて6、7分経った頃にホワイトクラムを一気に加え、ひと煮立ちさせる。茹で上がったパスタのお湯をよく切り、スープに加える。塩加減をみて器に分け、好みで上に小口切りにしたねぎを添えてください

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は115位。出かけるつもりが、界が家に居たいと言う。。。天気も悪いし、珍しく予定もなかったので、ま、え〜わ〜。来月の料理教室のメニューを詰めたり、グラノーラを作ったり、一緒にDVD観たりして過ごしました。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Stir-fried Cabbage & Egg

イギリスでも見かけることが多くなりました平たくて柔らかいキャベツ。スーパーでも手に入るようですが、実は近くのギリシャの八百屋さんに置いてありました。見かけると、メニューも決まっていないのに、つい買ってしまっています。日本のものよりうんと大きいのですけどね。キャベツ両手に気取ってみましたので、ご覧ください。

少し前に「キャベツ丼」と紹介したこともあるのですが、ポーチドエッグの代わりにフライパンにそのまま卵を割りいれてみました。なーーんだ、これでいいやん。濃い味付けのキャベツが美味しい。それにとろ〜り卵を絡めて食べるのがなんとも言えません。このままご飯にのせても。コロッケやトンカツに付け合せた残りでももちろん構いません。安くつくし、バカバカしいような料理でゴメンナサイ。たまにはいっか。

<1人分 / Serves 1>

  • キャベツ—150g / 150g cabbage
  • たまねぎ(中)—1/2個 / 1/2 medium onion
  • サラダオイル—小さじ1 / 1 tsp vegetable or sunflower oil
  • しょうが—10g / 10g ginger
  • マヨネーズ—大さじ1 / 1 tbsp mayonnaise
  • しょうゆ—大さじ1 / 1 tbsp soysauce
  • みりん—小さじ1 / 1 tsp mirin
  • 卵—1個 / 1 egg
  1. キャベツは千切り、玉ねぎもスライスしておく。しょうがはすりおろし、汁を絞っておく
  2. フライパンにオイルを中火で熱し、たまねぎを炒め始める。続いてキャベツを炒め、しょうがの絞り汁、マヨネーズ、しょうゆ、みりんを加えて2、3分炒める
  3. しんなりしてきたら、中央を少し凹ませ、そこに静かに卵を割りいれる。蓋をして2、3分蒸したら出来上がり。黄身を壊さないようにお皿に盛ってください
  1. Julienne the cabbage and slice the onion. Grate the ginger and squeeze the juice.
  2. Heat the oil in the frying pan over a medium heat and saute the onion. Stir into the cabbage and add the ginger juice, mayonnaise, soysauce and mirin. Cook for a few minutes.
  3. Make the well in the cente of cabbage and crack the egg gently. Put the lid on and cook for about a few minute. Serve immediately.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

Cavolo Nero, Cannellini beans & Pancetta Soup

カーボロネロが出回る季節になりました。真っ黒で縮れた葉はイタリア黒キャベツとも呼ばれ、スープにすると優しい味わいでとっても美味しいのです。イタリアらしく同じ国の素材を合わせてみました。スープの素もハーブすら入れませんが、パンチェッタから良い出汁が出て、野菜の甘さといい味になります。お砂糖少しが隠し味かな。

好みでしょうが、こういうスープは翌日が美味しくなったりします。多めに作って翌日パスタや冷やご飯を入れても良いものです。

<4人分 / serves 4 >

  • カーボロネロ(イタリア黒キャベツ)—200g / 200g Cavolo Nero
  • タマネギ(中)—1個 / 1 Medium onion
  • カネリニビーンズ—1缶(400g) / 1 canned Cannellini beans
  • パンチェッタ(角切りされたもの)—100g / 100g Cubed Pancetta
  • オリーブオイル—大さじ1 / 1 tbsp olive oil
  • ガーリック—1片 / 1 clove garlic
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • 砂糖—小さじ1/2 / 1/2 tsp sugar
  • 黒こしょう—少々 / ground black pepper
  • お湯—1500ml / 1500ml hot water
  1. カーボロネロはよく洗って、固い茎の部分を取り除いた後、ざく切りにする
  2. タマネギは粗みじんにガーリックは包丁で叩き潰しておく
  3. 深鍋にオイルを中火で熱し、ガーリックを入れて炒める。良い香りがしてきたらパンチェッタ、タマネギも加えて2、3分炒める
  4. カーボロネロも加えた後、お湯1500mlを注ぎ、水気を切ったカネリニビーンズも加える。沸騰してアクが出て来たらすくい取り、塩、砂糖、黒こしょうで味付けをする
  5. 蓋をして弱火にし、約30分煮込んで塩味を再度調節したら出来上がり。すぐでも美味しいが、翌日温め直しても . . .
  1. Wash the Cavolo Nero with cold water and remove the stalks. Chop them.
  2. Roughly chop the onion and crush the garlic with the knife.
  3. Heat the oil in the heavy based pan over a medium heat saute the garlic for about 1 min. Add the pancetta and onion and fry them for about 2,3 minutes.
  4. Stir in the Cavolo Nero and add the 1500ml hot water then drained the beans. Skim the scum and season with the salt, sugar and ground black pepper.
  5. Put the lid on and turn down to a low heat, simmer for about 30 mins. Adjust with the salt. Serve immediately or leave for over night then heat up again, serve while they are hot.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

Ham Hock and Cabbage Sandwich

serve

ハムや塩気のある肉と相性の良いザワークラウト風のキャベツ。前日に作っておく事が出来、数日は冷蔵庫で保存出来ます。ソーセージの付け合わせにもなる便利な常備菜。

ハムホック: Ham hockは、ももとスネの間、かかと?部分のハムなので、ゼラチン質や旨味がたっぷり。味が濃く、スープなどにも適しています。ほぐれているので、切る必要がありません。塩気のあるこのハムと甘酸っぱいキャベツが絶妙のコンビ。

cook

バンズ6個分

  • ハムフック : ham hock—180g
  • ポイントキャベツ: ponted cabbage—1/2個
  • バンズ: sandwich rolls(buns)—6個
  • 塩: salt—小さじ1+少々
  • ブラックペッパー: black pepper corns—適宜
  • ディジョンマスタード: dijon mustard—少々
  • マヨネーズ: mayonnaise—大さじ2
  • ホワイトビネガー: white vinegar—大さじ2
  • キャスターシュガー: caster sugar—大さじ1
  • エクストラバージンオリーブオイル: extra virgin olive oil—小さじ1
  • バター: butter—適宜
  • コーニション: cornichons—お好みで
  1. キャベツを千切りにし、塩少々を振りかけ、手で混ぜ、水気が出るまでしばらくおいておく
  2. 水気を手でぎゅっと絞り、砂糖、塩、コショウ、ビネガー、オリーブオイルで和えておく
  3. ハムはマヨネーズとマスタードを加えて混ぜ合わせておく
  4. トーストしたロールにバターを塗り、ハム、キャベツの順にのせてはさむ。上に好みできゅうりとタマネギのピクルスを添えて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ