Rice with Chicken & Carrot in Sweet Soysauce

具は大きく切ったままでもいーのです。何か足りていない、出来損ないの炒り鶏の汁多めに、御飯を入れて炊いたら、炊き込み御飯になっちゃいました。煮物を御飯にのせる気はしないけど、一緒に炊いたらなんだか許せる。ちょっと甘めが食べたかったので、砂糖多めですが、ご自由に甘さや塩加減は調節して下さい。あればごぼうやこんにゃく、油揚げを加えても、もちろん美味しいですよね。

材料は適当に大きめに切れば良いので、なんだか炊き込み御飯より気楽。コツはこまめにアクや脂分をすくい取ること。おこげ多めがよかったら、米を入れてからもう数分長めに炊いてみて。staubなので、水分がほとんど逃げないのですが、それ以外の鍋だったら、ダシはもう少し多めの方が良いでしょう。

そうそう、鶏肉はイギリスだともも肉は骨つきが多いので、こういう手間が必要なんです。骨なし、皮なしのもも肉でも構いません。

rice_chicken_carrot

<5人分 / Serves 5>

  • 鶏もも肉(骨皮付き)—4枚(500g) / 4(500g) chicken thigh
  • にんじん—小2本 / 2 small carrots
  • さやいんげん—120g / 120g green (french) beans
  • サラダオイル—小さじ1 / 1 tsp vegetable or sunflower oil
  • 砂糖—大さじ2 / 2 tbsp sugar
  • 酒—大さじ2 / 2 tbsp sake
  • しょうゆ—大さじ2 / 2 tbsp soysauce
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • だし、もしくは水—650ml / 650ml Japanese soup stock or water
  • 米—3合 / 450g Japanese rice
  1. 米は洗って、ざるにあげておく。鶏もも肉は骨と余分な脂分を取り除き、一口大に切る(切り分けた骨はダシとして使うのでとっておく)。にんじんは皮をむき、一口大の乱切りに、さやいんげんは両端を切り落とし、3cmの長さに切っておく
  2. 厚手の鍋にオイルを中火で熱し、一口大に切った鶏肉と骨を入れて2、3分炒める。続いてにんじんも加え、炒める。砂糖、酒、しょうゆ、塩、だしを加え、一旦強火にして煮立たせる。
  3. 煮立ったらアクをこまめに取り除き、蓋をし、弱火で約15分煮込む
  4. アクが出ていたら、すくい取って、米とさやいんげんを加える。表面を軽くならし、火を強める。沸騰したら、蓋をし、約15分弱火で炊く。火を止めて、蓋をしたまま約15分蒸らす。ほぐしてどうぞ。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は209位。すっかり冬支度のイギリス。秋がなく一気に冬。こんな御飯を鍋ごとドドーンとテーブルにおきたくなりますね。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Vegetable Pot-au-feu with Spelt

veg_pot_au_feu
和風だしと洋風のものを組み合わせるのが好きです。昆布でだしを取り(とは言っても、前日に昆布を水に漬けておくだけ)、パンチェッタと大きく切ったお野菜をコトコト煮ます。よく炒めると野菜の甘みが出て、美味しくなります。セルリアックが手に入らなければ、セロリを5cmくらいの長さに切って使ってくださいね。
アクが少なくて直接スープに入れられる葉っぱを探していたら、たどり着いたのですが、仕上げに青梗菜を加えて、、、って、一体何風なんだろう??でも、野菜それぞれの味とモチモチとした麦の食感も楽しいスープです。

6人分

  • 昆布: kombu kelp—4cmx8cm程度が2枚
  • 水 : water—1500ml
  • セルリアック : celeriac—小1/2個(300g)
  • ホワイトビネガー : white vinegar—少々
  • パンチェッタ角切り : panchetta—1パック(100g)
  • リーク : leek—2本
  • にんじん : carrot—2本
  • かぶ : turnip—3個
  • スペルト麦 : spelt—60g
  • チンゲンサイ : pak choi—1株
  • しょうゆ : soy sauce—小さじ1
  • 塩: salt—少々
  1. セルリアックは2.5cm程度の角切りにし、ビネガー少々を入れたボールに一度浸け、あく抜き、色止めをする。ざるなどにあけて水気を切る
  2. 厚手の鍋にパンチェッタを入れて弱めの中火で2、3分炒め、ぶつ切りにしたリークを加える。軽く焦げ目がつく程度に5分くらい炒める。大きめの一口大に切ったにんじん、かぶ、セルリアックも加えて、2、3分炒める。
  3. 昆布だしを昆布ごと加え、中火にする。沸騰する前に昆布を引き出し、アクをすくって捨てる。ひと煮立ちしたら、キッチンペーパーで蓋をするようにして、更に灰汁を取り除き、しょうゆを加える
  4. チンゲンサイはざく切りにし、スペルト麦は洗っておく。スペルト麦を加えて、蓋をし、弱火で20分程度煮込む
  5. 野菜と麦が柔らかく煮えたら、仕上げに青梗菜を加え、足りなければ塩を足して出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は74位。イギリスは明日が最後の夏!?天気予報では30度近くになるらしいので、我が家は急遽BBQ。単純と笑いたまえ〜

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Vegetable Jelly with Yuzu

veg_jelly鮮やかな野菜をゼリーに閉じ込めた前菜。サラダ代わりにどうぞ。野菜は茹でたり、生のまま使ったりお好みに応じて使って下さい。いつもよりちょっとオシャレな野菜を奮発してみてくださいね。お好みでゆずこしょうやわさびを添えてもよいでしょう。
ゼリー液は残ったら、ドレッシングとして使えます。

6人分

  • こんぶ : kombu kelp—10cm
  • 水 : water—500ml
  • 粉ゼラチン: gelatine powder—1袋、もしくは板ゼラチン
  • ニンジン: carrot—1本
  • カリフラワー(小): small culiflower—1/2個
  • アスパラガス: asparaguses—6本
  • グリーンピース: garden peas—100g
  • プチトマト(黄、赤): petit tomato(yellow, red)—各6個ずつ
  • ロマーノペッパー(黄、赤): romano peppers(yellow, red)—各1/3本
  • 酒: sake—小さじ1
  • みりん: mirin—小さじ1
  • 塩: salt—小さじ1
  • しょうゆ: soy sauce—小さじ1/2
  • ゆずの絞り汁: yuzu juice—小さじ2
  1. さっと洗った昆布を水に浸けておく。ゼラチンと調味料を溶かす為に、電子レンジ(800W)に1分かける。昆布は取り出す
  2. ゼラチンは大さじ2(分量外)の水に振り入れて、ふやかしておき、昆布を浸けた水に入れて溶かす塩、酒、みりん、しょうゆ、ゆずの絞り汁も加えて調味する
  3. ニンジンは皮を剥き、半分にしたら、約5mmの厚みに切るカリフラワーは小房に分け、アスパラガスは3cm程度の長さに切る。鍋にお湯を沸かし、野菜を塩ゆでする。ニンジンは10分、カリフラワー、アスパラガス、グリーンピースは5分程度。ロマーノペッパーは1cm角に、プチトマトは1個を8つに切る。
  4. グラスに野菜を彩り良く盛り、上からゼリー液を静かに流し込む。冷蔵庫で2~3時間冷やし固めて下さい。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は41位。花粉のせいでこの季節喉がイタ〜い。鼻水やくしゃみより商売上助かりますが。花粉症の方、お大事に。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Pearl Barley, Pancetta & Vegetable Soup

pearl_barley_soup

別名「界のスープ」。バリエーションがいくつかあるので、実はこの通りの材料ではなかったりするのです。麦や豆、小さいパスタを入れたりとか、パンチェッタがベーコンになったりすることもあるのですが、お野菜たっぷり、最後にサラダを器に入れて、その上から熱々のスープを注ぐ、というスタイルです。

パックサラダが手に入らなければ、クレソンやレタス、さっと別茹でしたほうれん草や青梗菜などでも良いでしょう。麦の代わりに小さいパスタでも楽しめます。

一皿で栄養摂れた気にもなりますから、こういうスープを飲んでくれるのはとても嬉しいです。洋風スープでもご飯が付いたりして、そのご飯をチャポン!!と入れることもあるのですが、それはおうちならでは、、、の特権ということで。

4人分 / Serves 4

  • リーク(中)—1本 / 1 medium leek
  • セロリ(中)—1本 / 1 medium celery
  • にんじん(中)—1本 / 1 medium carrot
  • スープ用大麦(ハトムギ、大麦、丸麦など)—100g / 100g pearl barley
  • オリーブオイル—小さじ2 / 2 tsp olive oil
  • 角切りパンチェッタ—100g / 100g diced pancetta
  • 水—1200ml / 1200ml water
  • ベイリーフ—2枚 / 2 bay leaves
  • 塩コショウ—少々 / salt & ground black pepper
  • クレソン、ロケット、ほうれん草のサラダ—100g / 100g watercress, rocket and spinach salad
  1. リークは縦半分に切った後、流水で葉の間をよく洗う。根元はそのままに縦に3、4本切れ目を入れた後、小口切りにして1cm角の表紙切りにする
  2. セロリは筋を取り、1cm角。にんじんも皮をむいた後、1cmの角切りにしておく。麦は洗ってざるにあげておく。
  3. 厚手の鍋にオイルを中火で熱し、パンチェッタ、切った野菜を5分程度炒める
  4. 水、またはお湯を注ぎ、ベイリーフを加える。沸騰してアクが出てきたらすくって捨てる。塩とコショウで調味する。弱火にして、約30分間、野菜と麦が柔らかくなるまで煮込む
  5. スープ皿に好みのサラダを一掴み入れ、その上に熱々のスープを注いで出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は272位。ま、気にせず、がんばろ(クサイモノに蓋するタイプ)。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Osso Bucco&Saffron Risotto

osso_bucco

ふと思い出してみました。こんなレシピ。寒い日にちょっとこってりした味の温かい料理、嬉しいかな、と思って。

オーソブッコとは、子牛のすね肉。大手スーパーや肉カウンターで入手可能です。旨味も出て柔らかく、とっても美味しいお肉です。まったり濃ゆ〜い味の骨の髄も一緒にどうぞ。

6人分

  • オーソブッコ : osso bucco—6枚
  • 薄力粉 : flour—大さじ2
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ1+1
  • ガーリック : galic—1片
  • タマネギ : onions—2個
  • にんじん : carrot—小2本
  • セロリ : celery—1本
  • ローリエ : bay leaves—2枚
  • トマト缶 : canned tomatoes—1缶(440g)
  • 白ワイン(ドライ) : white dry wine—200ml
  • ビーフスープの素 : beef soup stock cube—1個
  • オイスターソース : osyter sauce—小さじ1(あれば)
  • 水、またはお湯: water, or hot water—200ml
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
    <サフランリゾット>
  • 米: Japanese rice—300g
  • タマネギ: onions—1/2個
  • バター: un-salted butter—大さじ2
  • サフラン: saffron—二つまみ
  • チキン,もしくは野菜スープの素 : chicken or vegetable soup stock cube—2個
  • お湯: hot water—1600ml
  • 塩: salt—小さじ1/2
  • パルミジャーノレッジャーノ: Parmigiano Reggiano: salt—適宜
  1. オーソブッコの表面の水分を拭き取り、軽く塩コショウする。薄く薄力粉をはたいておく
  2. 鍋にオイルを中火で熱し、オーソブッコの表面に軽く焦げ目を付け、別皿に取っておく
  3. オイルを足し、火を弱め、みじん切りにしたガーリックとタマネギを入れて2~3分炒める。にんじんとセロリも入れて更に2~3分炒める
  4. ワインとローリエ、スープの素を加えて一煮立ちさせる。トマト缶とオーソブッコ、お湯、塩、オイスターソースを加え、火を強めて一煮立ちさせる。煮立ったら弱火で約1時間煮込む

<サフランリゾット>

  1. 厚手の鍋を弱火にかけバターを溶かし、みじん切りにしたタマネギを入れて3〜4分炒める
  2. 別鍋にお湯を沸かし、サフランを加えて色を出す。スープの素、塩も加えておく。スープは常に火にかけて熱くしておくこと
  3. 米を加えて更に2〜3分炒め、スープをお玉1杯ずつ加える。水分を吸ったら、更にお玉1杯加える。スープがなくなる程度まで繰り返す(約20分)。塩加減をととのえる
  4. スープを全て加えたら、蓋をして約10分蒸らす。皿に盛り、すり下ろしたパルミジャーノをかける
  5. 器にサフランライス、オーソブッコを一緒に盛って出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

Roast Carrot with Soysauce, Balsamic and Horseradish Dressing

carrot_salad2

「美味しいですっっ!! 」
一人でにんじん3本は食べられます。
(ストウブ)鍋でローストしたにんじんがとても美味しい、までは良かったのですが、ドレッシングがイマイチ決まらなくて、あーでもないこーでもない、、と数日、数週間。

で、 しょうゆにバルサミコ(できるだけ美味しいもの)を加え、そこにローストビーフで残った(と思われる)ホースラディッシュ!!とてもシンプルなのに、おい しードレッシング。残ったら、チキンとか他のものにも使えます。濃い味なので、薄くしたいときはだしを加えるとか、オイルを加えるなどアレンジもできますし。
「美味しい、美味しい」と、相方と2人でこの量をペロリと平らげました。にんじんをは大きめに切った方が甘みを感じられて、美味しいかと思います。

4人分

  • にんじん: carrots—5~6本(400g)
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ1
  • しょうゆ: soysauce—大さじ2
  • バルサミコ酢: balsamic vinegar—大さじ1〜2(好みで調節してください。ブランドによってもかなり違いますので)
  • ホースラディッシュ: horseradish—小さじ1
  • サラダ: salad bag—適宜お好みのもの
  • チャイブ: chives—10g
  • いりごま: roast sesame seeds—小さじ1
  1. にんじんは皮をむき、 長さを半分、その後縦に半分し、1/4に切る
  2. 厚手の鍋にオイルを中火にかけ、にんじんを入れて軽く炒める。蓋をし、火を弱めて、6~7分程度蒸し煮する。
  3. 蓋を開けて、上下ひっくり返すように混ぜ、更に6~7分程度蒸し煮する。
  4. 火を止めて、蓋をしたまま置いておく
    <ドレッシングを作る>
  5. 小鍋にしょうゆとバルサミコ酢、ホースラディッシュを入れて弱火にかける。5分くらい煮詰めて、火からおろす
  6. 更にサラダを敷き、その上ににんじんを並べる。上からドレッシングをかけ、刻んだチャイブ、いりごまを散らしたら出来上がり
  1. Peel and quarter the carrots.
  2. Heat the oil in the heavy based pan over a medium heat, stir into the carrots for about 6~7 mins with the lid on.
  3. Remove the lid and stir then put the lid on again. Cook for another 6~7 mins.
  4. Turn off from the heat with the lid.
    <How to make the dressing>
  5. Heat the soy sauce, balsamic and horseradish in a small pan over a low heat. Simmer for about 5 mins.
  6. Lay the salad and carrots. Drizzle with the dressing and scatter with the chopped chives and sesame seeds.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

朝から晩までおせちの準備。

  • 黒豆—
    弱火にかけ、お砂糖追加。乾燥豆300gだったら、125gのグラニュー糖が目安。我が家は1.2キロなので、本日、500gのグラニュー糖を入れました。
    静かに煮立つ程度の火加減で、1時間程度煮たら、火を止めそのまま冷ます。(明日最後の砂糖を加えます)

kuromame_6

  • たらの幽庵焼き—
    たら500gに対して、白みそ—100g、はちみつ—大さじ1、みりん—大さじ2、しょうゆ—大さじ1、酒—70mlをよく混ぜ合わせて、一口大に切ったたらを漬け込む。
    我が家はたら3.2kg(全てが業務用っぽい量である)

cod_1

  • 栗きんとん—TescoのSweet Potato, No.8871(うそ、ただのバーコードナンバー)
    さつまいも正味4kg。

kinton_1

皮をむき、一口大、、ではない、適当に切る。水によくさらして、黒く変色している部分はなるべく取り除くこと。巨大ボール2つ分也。

kinton_2

家の中で最も大きな鍋2つに分けて茹でる。家中曇ってきます。クチナシなどないので、サフランをひとつまみ入れて煮る。入れすぎるとパエーリャの香りになるので、あくまでもほんの少しだけね。

kinton_3

フードプロセッサーでペースト状にし、甘露煮の大きなサイズ(1.1kg)2瓶分のシロップとお砂糖1kgくらい加えて練る。これが一苦労。黄色が薄いので、アイシング用の黄色をほんの少しだけ加えました。疲れたので、また明日練り続けることにします。

kinton_4

  • 昆布巻き—早煮昆布とサーモン
    昨年、昆布を柔らかくするのに長時間かかったので、今年は早煮を使用。これがサイズが揃っていて、とても扱いやすかった。わざわざセントラルで購入した甲斐がありました。
    我が家は45gを5パックに対してサーモン半身使用ですが、そんなに作る人は居ないと思うので、1パック分の調味料を、下記に記しておきます。

kobumaki_1

昆布を戻し、1枚を半分に切って、くるくると巻く。1パックで10巻き出来ます。かんぴょうの方が良いのだけど、よく切れてしまうのでヨウジで止めています。
昆布を戻した戻し汁、1パックにつき、しょうゆ、酒、みりん、砂糖—各大さじ2、ゴールデンシロップ(なければ水飴かハチミツ、米飴)—各大さじ1/2を加え、柔らかくなるまで煮る。昆布が煮えないのに、水気がなくなってきた場合は戻し汁を加えて、煮続けて下さい。
これも疲れたのと、もう一度火を入れたいので、明日に続く

 kobumaki_2

  • 紅白なます
    作り方はこちらをご覧ください
    大きな大根3本分、大きな人参を4本分全て千切りに。やれやれ、、、われながら見事な量。これは手で千切りにする方が美味しいと思うので、せっせと包丁で切りました。1時間くらい切り続けたと思われる。

namasu_1

namasu_2

  • 彩に便利なラディッシュの甘酢漬け

raddish

本当はたたきごぼうもやっておいたほうがよかったのかもしれないけど、明日にしようっと。明日は焼き物。伊達巻に松風焼き、ごまめ、煮物の下ごしらえです。
しいたけを戻すのを忘れずにね。。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう