「これレシピちゃうやん」と相方に言われた。
「調味料もいらんのん??」
「そーー」
全てはチョリソにかかっています。乾燥していて、常温保存、そのまま食べられるタイプではなく、要冷蔵のものの方が柔らかく風味がよく出て美味しいと思います。丸ごとマッシュルームがいい感じ。美味しいオイルとマッシュルームからのスープは、パンなどに浸して食べて下さいね。

日本だったら、マッシュルームもチョリソもきっと高いですよね。そうなると椎茸とかえのきにベーコンかソーセージかな。

mushroom_chorizo

<1人分 / Serves1>

  • ホワイトマッシュルーム—150g / 150g mushrooms
  • 生チョリソ—1本(150g) / 1(50g) Chorizo
  • フラットパセリ—お好みで適宜 / flat parsley
    *オーブンを180度に温めておく
  1. マッシュルームの汚れをブラシかキッチンペーパーなどで拭き取る。石づきを取り除き、器に並べる。
  2. チョリソを5mm幅程度にスライスし、マッシュルームの上にのせる。蓋がある耐熱容器、なければアルミフォイルをして、180度に温めたオーブンで30分程度焼いたらできあがり。
  3. お好みでフラットパセリを散らして下さい。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は61位。最短の動画ができました。2分ちょい、、ってか動画もいらんのちゃうか、とは思ってますけど。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Porcini Cream Canape

porcini_cream_canapeまったりと濃いカナッペ。ポルチーニ独特の濃厚な香りが食欲をそそります。こういうクリーム系にはブラックペッパーたっぷりが絶対に!!美味しい。朝から食べると元気出そうですね。

パスタにからめても美味しいですが、その場合にはクリームを煮詰め過ぎないようにしてください。

4~6人分

  • 乾燥ポルチーニ : dried porcini—10g
  • お湯 : hot water—100ml
  • マッシュルーム: mushrooms—100g
  • 白ワイン : white wine—大さじ1
  • ダブルクリーム: double cream—100ml
  • 無塩バター: un-salted butter—大さじ1
  • 塩: salt—小さじ1/2
  • ブラックペッパー: black pepper—少々
  • パルミジャーノレッジャーノ: Parmigiano Reggiano: —すりおろして大さじ2
  • バゲット、もしくは好みのパン: baguette or bread—12切れ
  1. ボールにポルチーニを入れ、お湯100mlを回しかけ、15分程度戻す。粗く刻み、戻し汁は取っておく。マッシュルームはスライスする
  2. 小鍋にバターを入れ中火で熱し、マッシュルームを炒める。しんなりしたらワインを入れ、アルコール分を飛ばす。ポルチーニと戻し汁を加え、約10分弱火で煮込む。ダブルクリームと塩を加え、更に約10分煮詰め、最後にすりおろしたパルミジャーノを加える
  3. トーストしたパンの上にのせ、ブラックペッパーをたっぷり振ったら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は129位。ロンドンは「天国だーーー!!」みたいな天気でした。近所の人たちも庭に出るわ出るわ。皆、冬眠していたんじゃないかと思うくらい。我が家もフロントガーデンがキレイになったぞ。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Shaomai (Chinese Meat Dumpling) shaomai意外に手軽なシューマイ。具を丸めて、細長く切った皮をまぶすだけなので、皮を包む必要がありませんし、皮と具の量も調節ができます。豚肉は包丁で叩いても良いですし、それも手間であればミンチ肉を使っても構いません お好みでクワイやレンコンを入れても美味しいですよ。

30個(5人分)

  • 豚ロース肉 : pork loin—300g
  • むきえび: prawns—50g
  • タマネギ: onions—1個(100g)
  • たけのこ: canned bamboo shoot—50g
  • 干し椎茸: dried shiitake mushrooms—3枚 <調味料>
  • 塩: salt—小さじ1.5
  • コショウ: black peppercorn—少々
  • 砂糖: sugar—小さじ1
  • ごま油: roasted sesame oil—小さじ1
  • 酒: sake—大さじ2
  • ショウガの絞り汁: freshly squeezed ginger juice—小さじ1
  • 干し椎茸のだし: soaked water from dried shiitake mushrooms—大さじ2
  • シューマイ(ワンタン)の皮: wonton pastry—200g(約50枚分)
  1. タマネギをみじん切りにし、電子レンジ(800W)に1分かけて、冷ましておく。豚肉は1cm角程度に切って、フードプロセッサーにかけ、ミンチにする
  2. 椎茸とたけのこをみじん切りにし、えびも刻む調味料と共に材料全て(皮以外)をボールに入れ、よく手でこねる。ゴルフボール程度の大きさ、約30個に丸める
  3. シューマイ、もしくはワンタンの皮を7、8mm幅に細長く切り、バットなどに敷き詰める。丸めた具の表面にまぶす。
  4. 蒸気の上がった蒸し器に並べ、強めの火で約7〜8分蒸したら、出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず ↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。 これです!!この四角い「レシピブログ→」ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。 本日は357位。今更ながらハリーポッターのスタジオに出かけてきました。「本を読んでからDVD」のつもりが追いつかず、ともかくDVDを最後まで見て挑んだ我が家。いやぁ〜、世界にどっぷりです。本当によくできたストーリー、そして映画。どちらも素晴らしいです。映画を創るって本当に大変、あの大勢を包み込むパワー、五感に訴えるって、やはり芸術。 皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Boiled Rice with Quinoa and Sweet Corn

quinoa_rice_corn

キヌアを思い出したところで、ついでにアップ。ご飯にキヌアを混ぜるのは地味で、珍しくもないのですが。こういう優しい味のご飯、時々恋しくなりませんか?

Serves 4

  • 300g Japanese rice
  • 70g quinoa
  • 400ml water
  • 1 pack(150g) oyster mushrooms, divide the f
  • 100g fresh sweet corn, frozen corn can be used
  • 15g ginger
  • 1 tbsp sake
  • 1 tsp Japanese soup stock
  • 1.5 tsp salt
  • 1 tsp honey
  1. Wash the rice and quinoa. Soak in cold water for about 1 hour.
  2. Scrape the corn. If you use frozen corn, defrost them. Peel and julienne the ginger.
  3. Drain the rice and quinoa. Place the 400ml water, rice , quinoa and seasoning in the pan. Top with ginger, corn and oyster mushrooms.
  4. Heat the pan over a high heat. When it gets simmer turn down the heat to low and cook for about 12 minuets or until they are cooked. Leave for about 15 minutes. Break up the rice and serve.

4人分

  • 米: Japanese rice―2合(300g)
  • キヌア: quinoa―0.5合(約70g)
  • 水: water―400ml
  • オイスターマッシュルーム: oyster mushrooms―1パック(150g)
  • とうもろこし: sweet corn―100g(できれば生)
  • しょうが: ginger―15g
  • 酒: sake―大さじ1
  • だし: Japanese soup stock―小さじ1
  • 塩: salt―小さじ1.5
  • はちみつ: honey―小さじ1
  1. キヌアはさっと水洗いし、米と共に水に浸しておく(約1時間)
  2. とうもろこしは身を削り取り(冷凍もの使用であれば、解凍)、しょうがは千切りにする
  3. 米とキヌアをいったんざるに揚げ水気を切る。鍋に水を入れ、米とキヌア、調味料も加えたら、上にしょうがととうもろこし、オイスターマッシュルームをのせて強火にかける
  4. 7分くらいして沸騰してきたら、火を弱め約12分炊く。蓋をしたまま火を止めて、そのまま約15分蒸らす。全体をほぐしたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は132位。がーーーーん(汗)、ま、休憩ということで。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

界とオトーサンは映画へ。その隙2時間の合間にビデオ撮影。バームクーヘンを焼きたかったので、夕食はエビとネギとガーリックで炒め、残りはサボって、冷凍飲茶を蒸しただけ。たまにはいっか〜。おやつ重視の我が家でした。

今から夜な夜な編集作業。うひひ、楽しみな時間。

Osso Bucco & Mushroom Curry

serve
教室で先月紹介してしまった?オーソブッコ。教室中にとある方が「これでカレー出来ますか?」と。「そーだわ!!カレーよ、カレー!!!うん、絶対出来ます。」で、やってみたら案の定。骨の髄からも味が出て、1時間程度で適度に柔らかくなってくれ、美味し〜いカレーが出来ました。子牛のすね肉ってものすごく使えます。

オーソブッコは大手スーパーの肉カウンターで売っています。2cmくらいの使いやすい厚みにスライスされていることが多いので、是非是非使ってみて下さい。癖も少なく、すじも柔らかいので、いわゆるトマトとワインで煮込んだイタリア料理以外にもこうやって使えます。こうなるとビーフシチューもできる、ということですね。

cook

4人分

  • 子牛のオーソブッコ: Veal Osso Bucco—2cm厚みのもの4枚
  • サラダオイル: vegetable, sunflower or corn oil—大さじ1
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • 薄力粉: plain flour—大さじ1+大さじ2
  • カレー粉: madras curry powder—小さじ1+大さじ2
  • 赤ワイン: red wine—大さじ4
  • ビーフスープの素: beef soup stock—1個
  • お湯:hot water—1000ml
  • 塩: salt—小さじ2
  • ローリエ: bay leaves—2枚
  • タマネギ(中):medium onions—3個
  • しょうが: ginger—20g
  • ガーリック: garlic—2片
  • 無塩バター: unsalted butter—60g
  • コショウ: ground black pepper—少々
  • リンゴ: apple—1個(種類は何でも構いません)
  • しょうゆ: soy sauce—大さじ1.5
  • ウスターソース: worcester sauce—大さじ1
  • ケチャップ: ketchup—大さじ1
  • ブラウンマッシュルーム: chestnut mushrooms—1パック(200g)
  1. オーソブッコに塩コショウをし、薄力粉—大さじ1とカレー粉—小さじ1をまぶす
  2. 厚手の鍋をオイルと共に中火にかけ、オーソブッコを2、3分焼く。色が変わったら、裏返して更に2、3分焼く
  3. ワインを加え、ビーフスープの素、お湯、ローリエと塩も加え、一旦強火にする。その後弱火で30~40分以上煮込む
  4. 煮込んでいる間にフライパンにバターを中火で熱し、みじん切り、もしくはフードプロセッサーで細かくしたタマネギ、しょうが、ガーリックを炒める
  5. 約20分程して飴色になってきたら(ここで飴色になるまで炒めないと黄色いカレーになります。茶色いコクのあるカレーを作るには辛抱強くしっかり炒めて下さい)、火を弱めカレー粉—大さじ2、薄力粉—大さじ2を加えて2、3分炒める
  6. オーソブッコを煮込んでいるスープをフライパンに加えて(やけどしないように注意して下さい)、ルーを作る
  7. 滑らかにしたければ、更にもう一度フードプロセッサーにかけて、鍋に戻す。リンゴのすりおろしと共に、残りの調味料、マッシュルームも加えて更に30分程度煮込んだら出来上がり。塩加減をととのえ、お好きなライスに添えてどうぞ。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

Cannellini Bean & Vegetable Soup

soup
翌日も美味しいスープ。お好みでパルミジャーノをかけたり、パスタをいれてもいいでしょう。入れる野菜も、この他サヤインゲン、ニンジン、カリフラワー、などいろいろ試してみて下さい。日本だと手に入りにくい食材も、イギリスだとスーパーで簡単に揃います。

コクのあるパンチェッタやポルチーニから、美味しいスープが出来ます。それを豆に吸わせるつもりで煮込んで下さい

Serves 5

  • 70g pancetta, cut into cubes
  • 1 tsp olive oil
  • 1 clove of garlic, finely chopped
  • large 1/2 leek(150g), halved, washed through and cut into 1cm cubes
  • 1 stalk of celery, cut into 1cm cubes
  • 10g dried porcini mushrooms, soak in 800ml hot water
  • 1 canned (235g) Cannellini beans, drained
  • 1 chicken soup cube
  • 3 tomatoes(300g), roughly chopped
  • salt & ground black peppercorns
  • flat parsley
  • extra virgin olive oil
  1. Heat the oil in a heavy based pan over a medium heat and saute the panchetta then add the garlic, leek and celery. Stir fry them for about 2,3 minutes.
  2. Add the soaked water with porcini and soup cube to simmer. Reduce the heat to low and add the bean. Cook for about 30 minutes.
  3. Add the tomatoes and cook for another 10 minutes and adjust with salt and pepper. Divide into each bowl and sprinkle with parsley and drizzle some olive as option.

cook

5人分

  • パンチェッタ: pancetta—70g
  • オリーブオイル: olive oil—小さじ1
  • ガーリック: garlic—1片
  • リーク: leek—大1/2本(150g)
  • セロリ: celery—1本
  • ドライポルチーニマッシュルーム: dried porcini mushrooms—10g
  • カネリニビーンズ: Cannellini beans—1缶(正味235g)
  • チキンスープの素: chicken soup cube—1個
  • トマト: tomatoes—3個(約300g)
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • フラットパセリ: flat parsley—少々(あれば)
  • エクストラバージンオリーブオイル: extra virgin olive oil—少々
  1. リークは縦半分に切り、葉の間の泥などをよく洗った後、1cm程度の角切りにする。セロリも1cmの角切りにしておく。ポルチーニはお湯800mlで戻す
  2. 鍋にオイル小さじ1程度を中火で熱し、角切りにしたパンチェッタを入れて炒める
  3. みじん切りにしたガーリックとリーク 、セロリを入れて2、3分炒める
  4. チキンスープの素、ポルチーニを戻したものを入れて強火にし、カネリニビーンズも加え、いったん沸騰させる。弱火にして約30分煮込む
  5. ざく切りにしたトマトを加え、更に10分ほど煮込み、塩コショウで味を整える。器に盛り、お好みでパセリやオリーブオイルを加えて下さい

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

ハヤシライス

03/12/2012

Hayashi Rice

hayashi

缶詰のドミグラスソースなど使わずに出来る、ハヤシライス。鍋に合わせてすぐはワインの紫色で少し怪しい色をしていますが、調味料を加えてゆくとどんどん美味しそうな色に〜。煮込み時間も少なく、パンにもご飯にもあうおかずです

Serves 5~6

  •  500g beef boneless forerib, sliced
  • 2 medium onions, halved and sliced into 1 cm
  • 500g mushrooms, sliced
  • 2 tbsp plain flour
  • 50g un-salted butter
  • 200ml red wine
  • salt & ground black peppercorns
  • frozen peas
    <seasoning>
  • 300ml water
  • 200g tomato passata
  • 2 beef stock cubes
  • 1 tbsp Worcestershire Sauce
  • 1 sack of Bouquet Garni or 2~3 bay leaves
  • 1 tbsp honey
  • 1 tbsp Chinese dark soy sauce
  • 1 tbsp oyster sauce
  1. Season the meat with salt and pepper and dust with the flour.
  2. Heat the butter in the heavy based pan over a medium heat and saute the meat for about 5 minutes or until they are coloured.
  3. Stir into the onions and mushroom and cook for about a few minutes. Add the wine, stock cubes and all ingredients for seasoning.
  4. Bring to simmer and cook for about 30 minutes.
  5. Add the peas before turning off from the heat and adjust with salt. Serve with boiled Japanese rice.

cook

5~6人分

  •  牛肉: beef boneless forerib—500g
  • タマネギ: onions—2個(もしくは大1個)
  • マッシュルーム: mushrooms—500g
  • 薄力粉: plain flour—大さじ2
  • バター: un-salted butter—50g
  • 赤ワイン: red wine—200ml
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • 冷凍グリーンピース: frozen peas—適宜
    <調味料>
  • 水: water—300 ml
  • トマトパッサータ: tomato passata—200g
  • ビーフストックの素: beef stock cubes—2個
  • ウスターソース: Worcestershire Sauce—大さじ1
  • ブーケガルニ: Bouquet Garni—1袋(ローリエでも構わない)
  • ハチミツ: honey—大さじ1
  • 濃口しょうゆ: dark soy sauce—大さじ1(あれば中国の濃口しょうゆ)
  • オイスターソース: oyster sauce—大さじ1
  1. 肉とマッシュルームは薄くスライスする。タマネギは半分にし、繊維を切る方向で1cm厚みに切る。肉をボールに入れ、塩こしょうをし、薄力粉をまんべんなく振っておく。厚手の鍋にバターを溶かし、弱めの中火で肉を約5分炒める
  2. タマネギ、マッシュルームも加えて更に2~3分炒める。ワインとスープの素を入れて溶かし、水と調味料を加える
  3. 一煮立ちさせた後、弱火で約30分煮込む。火を止める前にグリーンピースを入れ、塩加減を調節して出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ