Rice Casserole with Spinach & Tomato

残りご飯が豪華な(?)一品に変身するレシピ。

こういうカロリー多めかな. . .と思う料理は、どうせなら、カロリーと一緒に栄養も摂りたいですね。ほうれん草をたっぷり加えたら、色もきれいだし、トマトの酸味で味のバランスも良くなりました

材料(2人分)

  • ほうれん草: spinach—1/2パック(125g)
  • ベーコン(薄切りタイプ): rindless streaky rashers bacon—3枚*
  • タマネギ: onion—小1個
  • トマト: tomatoes—小3個
  • オリーブオイル: olive oil—小さじ1
  • 牛乳: semi skimmed milk—250ml
  • バター: butter—大さじ1
  • 薄力粉: plain flour—大さじ2
  • 冷やご飯: boiled rice—ご飯茶碗2杯分
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々
  • パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano—すりおろして大さじ4
  • パン粉: dried breadcrumbs—適量

*オーブンを220度に温めておく

作り方

  1. ほうれん草は、袋の上から竹串などで表裏3カ所程度ずつ穴を空けて、レンジで1分30秒かける。水にさらした後、水気を絞る(大きければ切って下さい)
  2. ベーコンは1cm幅に切り、タマネギはみじん切りにする。トマトは種を除き、1cm角に切っておく
  3. フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、ベーコンを炒める。タマネギを加え、透明になるまで炒めたら、火を止めてトマトを加える
  4. 冷やご飯を少し電子レンジで温める(し温めた方が、材料が混ぜやすくなる)
  5. ご飯に3.を加え、ほうれん草も合わせたら、ざっと混ぜ、塩、コショウで味を整える。耐熱容器(グラタン皿)にオリーブオイルを少し敷いておき、混ぜたご飯を分ける
    <ホワイトソースを作る>
  6. バターと小麦粉を炒め、牛乳で少しずつ伸ばし、滑らかなホワイトソースを作る
  7. 5.のごはんの上にホワイトソースをかけ、上からパルミジャーノ・レッジャーノとパン粉、オリーブオイル少々をかける。220度に温めたオーブンに入れ、15分程度、焦げ目が付くまで焼く

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Pasta with Spinach, Bacon & Cream

ほうれん草が入っている . . .と言うだけで、ちゃんと栄養が摂れた気になります。

いつもやっている方法なのですが、ほうれん草は電子レンジで袋ごと加熱しています。後でかさばらず、またアクも抜けます。手に入りやすい材料でパッと出来るのも嬉しいパスタ

材料(2人分)

  • ほうれん草: spinach—1パック(250g)
  • ベーコン(薄切りタイプ): rindless streaky rashers bacon—3枚
  • シングルクリーム: single cream—100ml
  • パルミジャーノ・レッジャーノ: parmigiano reggiano—すりおろして大さじ4
  • ロングパスタ: long pasta(spaghetti): 220~250g
  • オリーブオイル: olive oil—小さじ2
  • 塩コショウ: salt & ground black peppercorns—少々

作り方

  1. ほうれん草は、袋の上から竹串などで表裏3カ所程度ずつ穴を空けて、レンジで1分30秒(袋に入っていないほうれん草の場合は、軽くゆでて水気を絞ってから、一口大に切って下さい)
    <パスタをゆでている間に>
  2. ほうれん草を水にさらした後、水気を絞る(大きければ切って下さい)。ベーコンは1cm幅に切る
  3. フライパンにオリーブオイルを弱めの中火で熱し、ベーコンを炒める
  4. ベーコンがきつね色になったら、シングルクリーム、パルミジャーノ・レッジャーノを加えて、沸騰しない程度に温める(沸騰させ過ぎるとクリームが分離することがあります)
  5. ほうれん草を加えて、軽く混ぜたら、塩で調味し(ベーコンの塩がきつい場合は不要)、パスタがゆで上がるまでごく弱火で温めておく
    <パスタがゆで上がったら>
  6. 皿にパスタを盛り、上から6.のソースをかけ、好みで上からコショウをたっぷり振る

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Pan-fried Seabass with Olive & Caper

たまたま冷蔵庫にあったものの組み合わせだったのですが、美味しくなりました。見栄えもするので、ちょっとしたご馳走気分です。スズキの皮をカリカリにソテーして、ソースにだけ塩味をつけるのがポイント。タラやサーモンでも美味しくできます

2人分

  • スズキ(小): seabass (small)—1尾(大きい場合は半身を半分ずつにして下さい)
  • ほうれん草: spinach—200g
  • ドライトマト: sun-dried tomatoes—3枚(約20g)(約20分ぬるま湯で戻す。もどし汁は不要)
  • 薄力粉: plain flour—大さじ1
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ1+小さじ2
  • ガーリック: garlic—1片
  • ドライタイム: dried thyme—小さじ1/2
    <オリーブ&ケッパーソース>
  • グリーンオリーブ(種なし): green pitted olive—8粒
  • ケイパー: caper—大さじ1
  • パセリ: persely—(粗みじんにして)大さじ2
  • 無塩バター: unsalted butter—大さじ1
  • アンチョビ: anchovy—2尾(あれば)なければ塩—小さじ2/3程度で代用して下さい
  • 塩コショウ: salt & freshly ground black peppercorns—少々
  1. 戻したドライトマトを幅5mm程度に切り、ソースの材料をみじん切りにしておく
  2. ほうれん草は軽く下湯でするか、袋に入っている場合は電子レンジにかけると便利。(穴を空ければ、袋ごとで大丈夫です: 表1分、裏返して1分)。いったん水にさらしてから、固く絞って水気を切っておく
  3. スズキは3枚におろし、ドライタイムをふる
  4. フライパンにオリーブオイルとつぶしたガーリックを入れ、弱火にかける。香りがしてきたら、ほうれん草とドライトマトを入れて炒める。全体に火が通ったら、盛り付け皿の中央に山高にして盛っておく
  5. フライパンをいったん洗うか、別のフライパンにオリーブオイル小さじ2を入れて強めの火でよく熱する
  6. スズキに軽く薄力粉をはたき、皮目から焼く。はじめの1分ほど、皮が反り返らないように、フライ返しなどで軽く押さえる。きれいな焦げ目がついたら(表約2〜3分)、ひっくり返し、裏目を約2分焼く。皿のソテーの上に、皮目を表にしてそっとのせる
  7. 同じフライパンにソースの材料をすべて入れ、塩加減をみて一煮立ちしたら、スズキの上からかけて出来上がり

    Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
    ↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
    にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ