Butternut Squash Soup

butternut_sq_soup

バターナットスクオッシュ、最近は日本でも見かけるようになったそうですね。かぼちゃのように甘いのが特徴ですが、水分を多く含み、崩れやすいので、煮物にはむいていません。ローストやスープが良いでしょう
普通のかぼちゃよりもカロチンを多く含み、紫外線でダメージを受けた肌の回復に良いそうです。また、かぼちゃの種はビタミンA.B.E.豊富で、若返りの素とされるらしいのですよ〜ん。

4人分

  • バター: un-salted butter—20g
  • バターナットスクオッシュ : butternut squash—1/2個(400g)
  • ニンジン : small carrot—小1本
  • タマネギ: onion—1/2個
  • お湯: hot water—500ml
  • ライトブラウンシュガー: right brown sugar—小さじ1
  • 塩 : salt—小さじ1/2〜
  • 牛乳: milk—100ml
  • パンプキンシード: pumpkin seeds—20g
  1. バターナットスクオッシュは半分に切り、種を取り除く。皮を剥き、2cm角に切る。タマネギとニンジンはスライスしておく
  2. 厚手の鍋にバターを溶かし、中火で、タマネギ、ニンジン、バターナットスクオッシュを5分程度炒める
  3. お湯と塩、砂糖を加えて一煮立ち、その後20分程度、野菜が柔らかくなるまで煮込む
  4. ブレンダーにかけて滑らかにする。鍋に戻し、牛乳を加え、塩加減をととのえ、沸騰直前まで温める。器に注ぎ、乾煎りしたパンプキンシードを散らして出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は66位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Grilled Celeriac & Butternut Squash Salad

Pray for Paris

とんでもない事件が起こりました。こんなことできる平和な日常生活にただただ感謝。
さ、元気出して食べましょ。
———————————-
セルリアックはこうやってオーブンで焼くのが一番美味しいと思います。厚く切ったら、少しオイルをまぶし、オーブンに入れるだけ。ついでに甘みのあるバターナットスクオッシュも厚く切って、お皿にのせたら、オリーブオイルと塩コショウ、バルサミコをかけるだけ。

セルリアックやバターナットスクオッシュが手に入らなければ、蕪とかぼちゃで代用してくださいね。バルサミコ酢の代わりにミキプルーンとか(笑)。いつも味が似てるな、と思っています。

ちょっと歯触りと味に変化を出すためにパンチェッタをカリカリに焼いて加えてみましたが、くるみをローストしたものでも美味しいです。

バルサミコ、これだけは舐めても美味しいものを使ってくださいね。後はテキトーで良いから。

<2人分 / Serves 2>

  • セルリアック—1/2個(正味300g) / 1/2 (net weight 300g) celeriac
  • レモン—1/2個 / 1/2 lemon
  • バターナットスクオッシュ—1/4個(正味200g) / 1/4(net weight 200g) butternut squash
  • オリーブオイル—大さじ1 / 1 tbsp olive oil
  • パンチェッタ(角切り)—40g / 40g diced pancetta
  • エキストラバージンオリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp extra virgin olive oil
  • バルサミコビネガー—小さじ2 / 2 tsp valsamic vinegar
  • 塩コショウ—適宜 / salt & ground black pepper

*焼くまでにオーブンを200度に熱しておく

  1. セルリアックは皮を厚めに包丁で削ぎ落とすようにして剥く。1cm程度の厚みに切り、レモン汁と水を合わせたボールにしばらく漬ける(アク抜きと変色防止のため)
  2. バターナットスクオッシュは種を取り除き、1cm程度の厚みに切る。
  3. オーブントレーにパーチメントシートを敷き、セルリアックとバターナットスクオッシュを並べる。上からオリーブオイルをかけ、手で表面にまんべんなくオイルを塗りこむようにする
  4. 200度に温めたオーブンで約10分グリルする。裏返して、更に10分グリルする
  5. <グリルしている間に>
    小鍋にパンチェッタを入れ、弱火にかける。カリカリになるまで炒めたら、火を止めて、キッチンペーパーの上にとり、余分なオイルを除く
  6. 盛り皿にお好みでサラダを敷き、グリルしたセルリアックとバターナットスクオッシュを交互に並べる。上からエキストラバージンオリーブオイル、塩、パンチェッタ、バルサミコビネガー、こしょうをふりかけたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は108位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Kabocha Squash Cupcake

ハロウィンに滑り込み間に合うか!!??かぼちゃ、たっぷり入っています。この暖かい黄色、大好き。いい色ですね。
私も含めて、皆さん一度目の失敗は漉しの粗さ。ちゃんと目の細かい漉し器やざるで濾さないと、つぶつぶが残ってしまう、下手するとうまくデコレーションが絞れないようなので、ココは少し丁寧にね。

昨晩遅〜くにアップデートした動画レシピ。我が家はこういうどっしり甘いものの消費率が悪いので、近所の方におすそ分け。取りに来てくださーい!!と(笑)。我が家で嫌々食べるより、なんだか気持ちが良い。これからもこのテ使おうっと。

[12個分 / Serves 12]

  • かぼちゃ—1/2個(正味350g) / net weight 350g Kabocha squash
    • ケーキ用150g、クリーム用150g、飾り用50g / 150g for cake, 150g for cream, 50g for topping
  • 水—100ml / 100ml water
  • 薄力粉—150g/ 150g plain flour
  • コーンフラワー—20g/ 20g corn flour
  • ベーキングパウダー—小さじ1/ 1 tsp baking powder
  • 重曹—小さじ1/4/ 1/4 tsp bicarbonate soda
  • シナモンパウダー—小さじ1/4/ 1/4 tsp ground cinnamon
  • 無塩バター—180g / 180g un-salted butter
  • ライトブラウンシュガー—120g+少々 / 120g + extra light brown sugar
  • 卵(M)—2個 / 2 medium eggs
  • 牛乳—大さじ3 / 3 tbsp milk
  • ラム酒—大さじ1 / 1 tbsp rum
  • 生クリーム—300ml/ 300ml whipping cream
  • カスターシュガー—大さじ3 / 3 tbsp caster sugar
  • バニラペースト—小さじ1/4 / 1/4 vanilla paste
  • かぼちゃの種—大さじ2 / 2 tbsp pumpkin seeds

*焼く前にオーブンを180度に温めておく

  1. 薄力粉、コーンフラワー、ベーキングパウダー、重曹、シナモンを合わせてふるう。
  2. <かぼちゃのピューレを作る>
    かぼちゃの種を取り除く。50g分は飾りとして、12個分薄切りにしておく。残りのかぼちゃは皮を削ぎ落として一口大に切る。
  3. 厚手の鍋にかぼちゃを入れ、水100mlほどを加えて、一旦中火にかけ沸騰させる。沸騰したら、弱火にして蓋をし、13、14分ほど蒸し煮する。芯まで柔らかくなったら、残っている水分をよく切り、熱いうちに裏ごしする。(途中で焦げそうな状態になっていれば、水を足してください)
  4. <ケーキを作る>
    ボールにバターを入れ、電動泡立て器などで泡立て始める。ライトブラウンシュガーを2回に分けて加え、白っぽくふわっとするまで泡立てる
  5. 卵を一つずつ加え、電動泡立て器などで都度よく混ぜる。混ぜたりないと分離するので、よく混ぜ合わせて下さい。
  6. ふるった粉類の1/3を加え、へらなどでさっくり混ぜる。牛乳の半分、そしてかぼちゃのピューレを加え、都度へらで混ぜ合わせる。粉類、牛乳、かぼちゃ、と繰り返し、最後は粉、そしてラム酒を混ぜる
  7. マフィン型に型を敷き、生地を12等分する。180度に温めたオーブンで約20分程度、火が通るまで焼く。焼き加減は竹串を刺してみて、生地が付いてこなければ出来上がり。クーラーの上で冷ます。
  8. 途中5分程度かけて、飾り用のかぼちゃに砂糖少々を振り、グリルして下さい。
  9. <クリーム>
    生クリームにカスターシュガー、バニラペーストを加えて混ぜ合わせる。かぼちゃのピューレ(150g)を加え、角が立つ程度まで泡立てる。
  10. 絞り袋に口金をつけて、冷めたカップケーキの上に絞り出す。かぼちゃの種とグリルしたかぼちゃでデコレーションして出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は194位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Kabocha in Sweet soysauce & Celery Salad

かぼちゃの甘辛煮が大好きな相方。P.Y.O.(pick your own:野菜とか果物狩り)で日本のかぼちゃを採ったはいいけど、甘辛煮ばかりだと飽きてしまう。なんとなーく、冷蔵庫にあったセロリ、そしてマヨネーズと和えてみたら、美味しいサラダができました。甘辛煮とマヨネーズ!!??とは思ったのですが、しっかり味、ご飯のおかずにもなるサラダです。

かぼちゃのホクホクとセロリのサクサクがいいコンビです。

<4人分 / Serves 4>

  • かぼちゃ—1/2個(正味400g) / 1/2(400g) Kabocha squash
  • セロリ—2本 / 2 stalks of celery
  • デメララシュガー(ざらめ、なければお好みの砂糖)—大さじ1.5 / 1.5 tbsp demerara sugar or other favourite sugar
  • 酒—大さじ1.5 / 1.5 tbsp sake
  • しょうゆ—1.5 / 1.5 tbsp soysauce
  • 水—100ml / 100ml water
  • レモン汁—小さじ1 / 1tsp freshly squeezed lemon juice
  • 塩—少々 / salt
  • マヨネーズ—大さじ2 / 2 tbsp mayonnaise
  1. かぼちゃは半分に切り、中の種をスプーンなどで取り除く。皮をところどころ切り落としながら、3cm角程度の一口大に切る。
  2. 鍋にかぼちゃとデメララシュガー、酒、しょうゆ、水を加えて中火にかける。沸騰してきたら、かぼちゃの上下を返して、弱火にし、蓋をして約15分、火が通るまで煮る。もし、水分が足りなくなるようであれば、途中で水を足してください。多すぎるようでしたら、蓋を外してください。
  3. (かぼちゃを煮ている間に)セロリの筋をピーラーなどで取る。2cm程度の長さに切り、ボールに入れる。レモン汁と塩少々をふりかけ、軽く混ぜ合わせた後、5分〜10分程度そのまま置いておく
  4. 煮えたかぼちゃが熱いうちにセロリと合わせる。しばらくして冷めた後、マヨネーズを合わせて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は100位。昨日アップし忘れてました。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Baked Butternut Squash & Pancetta

serve

今日もポーランドの器にお世話になります。使いこなすと本当に便利で、こうやってお野菜を切ってオーブンに入れれば良いだけ。最後にチーズをのせたら、ちょっとご馳走風。あれこれ準備しておいて、同時に出せるのも、良いでしょ。

バターナットスクオッシュがなければ、かぼちゃでもサツマイモでも構いません。パンチェッタの代わりにベーコンでも。甘い野菜と塩気のあるものとの組み合わせが美味しいです。オーブンの時間を短縮したければ、野菜をもっと小さく切ってくださいね。

チーズは余熱でなくても、焼きたてであればのせるだけで溶けます。少しのせると風味とボリュームが増して、メインの料理っぽいかな。

4人分

  • バターナットスクオッシュ: butternut squash—1/2個(400g)
  • パンチェッタ: diced pancetta—50g
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ1
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • チェダーチーズ: grated cheddar—50g

*焼くまでにオーブンを180度に温めておく

  1. バターナットスクオッシュは縦半分に切り、種をスプーンなどで取り除く。皮を剥き、1.5cm角に切り、耐熱皿に入れる
  2. オリーブオイルをかけ、全体を混ぜ合わせる。上に塩コショウとパンチェッタをのせ、180度に温めたオーブンで30分程度焼く。オーブンの火は切って構わない。
  3. チーズをのせ、2、3分して溶けたら出来上がり。オーブンの余熱でチーズは溶けます

Serves 4

  • 1/2(400g) butternut squash, halved, peel and cut into 1.5cm cubes
  • 50g diced pancetta
  • 1 tbsp olive oil
  • salt & ground black pepper
  • 50g grated cheddar

*Preheat the oven to 180℃

  1. Place the butternut squash in the oven heat resistant dish.
  2. Coat the butternut squash with the oil and sprinkle with salt and pepper. Scatter the pancetta and bake it in the preheated oven for about 30 minutes or until they are cooked.
  3. Turn off the heat and sprinkle the cheese and put back to the oven for about 2,3 mins until the cheese is melt. Serve immediately.

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は50位。来週から雨で気温もぐっと下がるらしい。あーー、夏は本当に終わったのかしら?寂しいね。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。