Pickled Tomato

pickled_tomato_logo

色もきれいなトマトのピクルス。はちみつで甘みをつけたピクルス液に漬けます。湯むきが少し面倒ですが、熱湯に少しつければ簡単にツルリと剥けるはずです。

for 1 litre jar

  • 700g cherry tomatoes
  • 1/2 tbsp maldon sea salt
  • 100ml cider vinegar
  • 50g granulated sugar
  • 50g honey
  • 250ml water
  • 6 bay leaves
  1. Place hot boiling water in the pan over a medium heat, boil the tomatoes for 10~20 sec. Drain them in the colander and rinse with cold water. Peel the tomatoes.
  2. Bring to boil the salt, sugar, vinegar, honey and water in the small pan. Take a rough heat at a room temperature.
  3. Place the tomatoes and bay leaves in the sterilised jar. Pour the vinegar over the tomatoes. Leave it cool and keep in the fridge.

1ℓ瓶1瓶分

  • プチトマト: cherry tomatoes—700g
  • 塩(maldon sea salt): sea salt—大さじ1/2
  • アップルビネガー: cider vinegar—100ml
  • グラニュー糖: granulated sugar—50g
  • はちみつ: honey—50g
  • 水: water—250ml
  • ベイリーフ(ローリエ): bay leaves—6枚
  1. (トマトを湯むきする)鍋に熱湯を沸かし、プチトマトを入れる。10~20秒ほどしたらざるにあげて流水にさらし、湯むきする(トマトの熟度によって熱湯に入れる時間は変わります)
  2. 塩、グラニュー糖、ビネガー、はちみつ、水を小鍋に入れて一旦沸騰させた後、火を止めて、粗熱をとる
  3. 湯むきしたトマトを熱湯消毒した瓶にベイリーフと一緒に詰める。粗熱の取れたピクルス液をかける。トマトの表面まで浸かっていなければ湯冷ましを足す。冷めてから冷蔵庫で保存して下さい。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Deep-fried Seabass with Fresh Tomato Sauce

seabass_tomato

「お魚のメニューに困る」という話をよく聞きます。なんとなく分かります。魚食べた方がいいし、食べたいけど、いつも照り焼きとか塩焼きじゃね。。。しかもイギリスだと肉に比べると少々高い。4枚のフィレでも切って揚げればボリューム出ます。白い唐揚げに赤いトマトソースもさっぱり美味しいです。

スズキがなければ、タイやカレイ、タラ、鶏の唐揚げにもよくあうソースです。さっぱりとサラダ感覚で食べられます。お好みでチリやガーリック、ハーブを加えて下さいね。

4~6人分

  • スズキ : seabass or plaice—フィレ4枚
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • 片栗粉 : potato starch—大さじ2
  • トマト : tomato—1個
  • コーニション(小きゅうりのピクルス) : cornichons—1本(刻んで大さじ2程度)
  • 紫玉ねぎ : red onion—1/4個(刻んで大さじ2程度)
  • グリーンオリーブ : green olives—4~5個(刻んで大さじ2程度)
  • エキストラバージンオリーブオイル : extra virgin olive oil—大さじ2
  • レモン汁 : lemon juice—1/2個分
  • 塩 : salt—小さじ1/3
  • サラダオイル : vegetable or sunflower oil—揚げ油として適宜
  • パックサラダ : salad bag—お好みのもの50g程度
  1. 種を取ったトマト、コーニション、タマネギ、オリーブをみじん切りにし、オイル、レモン汁、塩とあわせる
  2. 魚に塩コショウをし、片栗粉をまぶす
  3. 中温の油で揚げる。器にサラダを敷き、魚をのせ、トマトソースをかけたらできあがり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Pappardelle with Pancetta & Tomato

panchetta_tomato_pasta

近所のイタリアン食材の小さなお店。そこのハム、サラミがとても美味しいので、もっと頻繁に立ち寄りたいな、といつも思っています。先日美味しーーーーいパンチェッタを見つけて、それでカルボナーラ作ったら、超絶品。素材が良いと料理がより美味しくなった(笑)ってこと。なので、そのパンチェッタを使って、大急ぎで週末作った2人分のパスタ。これまたウマシ。界と二人で「美味し〜い!!」と絶賛したのでした。

Serves  2

  • 1 clove of garlic, finely chopped
  • 60g pancetta, cut into 1cm cubes
  • 2 tomatoes, cut into 1.5 cm cubes
  • 200g Pappardelle or your favourite pasta
  • 2 tbsp olive oil
  • salt & ground black pepper
  • Parmigiano
  • Green Jalapenos, optional
  1. In a large saucepan, bring 2~3L water to the boil. Add 2 tbsp salt and the past. Boil for 10~14 mins, according to the package or until al dente.
  2. Heat the oil and garlic in the frying pan over a low heat. After a few mins fry the pancetta until golden brown. Stir fry the tomato and season with salt and pepper.
  3. Dress the just boiled pasta with the sauce in the pan. Divide the pasta on the plate, sprinkle with the grated parmigiano and Jalapenos as a option.

2人分

  • ガーリック: garlic—1片
  • パンチェッタ: pancetta—60g
  • トマト: tomato—2個
  • パーパルデッレ、もしくはお好みのパスタ: Pappardelle or your favourite pasta—200g
  • オリーブオイル: olive oil—大さじ2
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • パルミジャーノ: Parmigiano—適宜
  • ハラペーニョのピクルス: Green Jalapenos—お好みで
  1. ガーリックはみじん切り、パンチェッタは1cm程度の角切り、トマトは1.5cm程度の角切りにしておく。
  2. 鍋にたっぷりのお湯(2~3リットル程度)を沸かし、沸騰したら塩を大さじ2程度加えパスタを茹で始める
  3. フライパンにオリーブオイルとガーリックを入れて、弱火で炒め始める。いい香りがしてきて、少し色付き始めたら、パンチェッタをカリカリになるまでよく炒める。トマトを加えて、塩コショウで味をととのえる
  4. 茹で上がったパスタのお湯をよく切り、フライパンで和えたら出来上がり。皿に盛ってパルミジャーノをすりおろし、好みでハラペーニョのピクルスを添える

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

トマトドリア

10/10/2016

Tomato & Rice Casserole

serve_logo

久々過ぎて、どうやってアップしていたんだか忘れてしまいました。

グラタンを課題に幾つか作って、それを夕食にしていたのだけど、なんだかしっくり来ない。で、半ばヤケクソ気味に冷蔵庫の残り物を消費するつもりで作ったら、美味しかった。何より手軽。更に界にも大ウケ、美味しい美味しいと食べてくれました。

トマトのさっぱりとチーズが美味しいです。冷やご飯の使い道に困ったから、、、とかトマトを買い過ぎたとか、料理教室のスライスチーズが残ったから、、、とか内緒にしておこう。

<4人分 / Serves 4>

  • 冷やご飯—800g / 800g left over rice
  • 固形チキンスープの素—1個 / 1 chicken soup stock cube
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • バター—大さじ1 / 1 tbsp butter
  • 黒コショウ—少々 / black pepper
  • トマト—4個 / 4 tomatos
  • スライスチェダーチーズ—4枚 / 4 sliced cheddar cheese
  • パルミジャーノレッジャーノ—大さじ4 / 4 tbsp grated Parmigiano reggiano
  • パン粉—大さじ4 / 4 tbsp breadcrumbs
  • オリーブオイル—大さじ1 / 1 tbsp olive oil

*焼くまでにオーブンを200℃に温めておく

  1. 冷やご飯を耐熱ボウルに入れ、電子レンジで3分程度温める
  2. チキンスープの素、塩、バターと黒こしょうを加えて味をつける。トマトを2cm角程度にザクザク切り、ご飯に混ぜ合わせる
  3. グラタン皿に分け(大きくまとめても、銘々でも)、上からスライスチーズ(削ったチーズでも可)、パルミジャーノ、パン粉、オリーブオイル少々もかける
  4. 200度に温めたオーブンで25〜30分焦げ目が付く程度まで焼いたら出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Linguine with Sun-dried Tomato and Rocket

<2人分 / Serves 2>

  • ドライトマト—30g / 30g sun-dried tomato
  • ガーリック—2片 / 2 cloves of garlic
  • ルッコラ—40g / 40g rocket
  • リングイネ—200g / 200g linguine pasta
  • オリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp olive oil
  • 塩—小さじ1/2~ / 1/2 tsp salt~
  • コショウ—少々 / ground black pepper
  • パルミジャーノレッジャーノ—(すりおろして)大さじ2 /2 tbsp grated parmigiano reggiano
  • 塩—大さじ2 / 2 tbsp salt(パスタを茹でる為)
  1. ドライトマトを小さめのボウルに入れ、熱湯のお湯をかけて戻す(約15分程度)。ガーリックはスライスしておく
  2. パスタパンか大きい鍋にお湯をたっぷり沸かし、塩を大さじ2程度加える。パスタを茹で始める
  3. フライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、スライスしたガーリックを入れて、香りが出るまで炒める。炒めている間に戻したドライトマトを1cm程度の幅に切る
  4. 茹で上がったパスタのお湯をよく切り、フライパンに加える。塩コショウで調味して和える。ドライトマトを加えて混ぜたら、火を止める
  5. ルッコラを加えて和え皿に盛る。パルミジャーノをすりおろしてかけたら出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Deep-fried Swede with Tomato Salsa

イギリスで見つけた根菜シリーズの最後。困ったら、こうやってちょっと香りをつけた衣を使って揚げ物にどうぞ。大体は美味しく食べられると思います。

少し頑張ってトマトサルサも添えると、色もきれいになるし、食べやすくなります。ベジタリアンディッシュですが、ボリュームも出ますね。

<2人分 / Serves 2>

  • スウェード(中)—1/2個 / 1/2 medium swede
  • パン粉—50g / 50g breadcrumbs
  • パルミジャーノレッジャーノ—(すりおろして)大さじ2 / 2 tbsp grated parmigiano reggiano
  • ガーリック—1片 / 1 clove of garlic
  • タイム—小さじ1/2 / 1/2 tsp thyme
  • 薄力粉—大さじ2 / 2 tbsp plain flour
  • 卵—1個 / 1 egg
  • 揚げ油—揚げ油として適宜 / salad oil for deep-frying
  • トマト(中)—2個 / 2 medium tomatoes
  • きゅうりのピクルス(コーニション)—20g / 20g cornichons
  • グリーンチリ—1本 / 1 green chilli
  • エキストラバージンオリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp extra virgin olive oil
  • 塩—小さじ1/2 / 1/2 tsp salt
  • レモン—1/2個 / 1/2 lemon
  • かいわれ—適宜 / salad cress as garnish
  1. スウェードは皮を分厚くむき、縦半分に切る。1cm程度の厚み6つに切る。
  2. パン粉にパルミジャーノをすりおろして加える。ガーリックをみじん切りにし、タイムと共にパン粉に加える
  3. バットなどに薄力粉、溶き卵、パン粉をあわせたものを入れ、順番に衣をつける
  4. 小さめのボールに種を取ったトマトを粗くみじん切りにして加える。こーにションもみじん切りにして合わせ、種を取ったチリのみじん切り、レモン汁、塩、オリーブオイルも加えて、混ぜ合わせる。
  5. 鍋に揚げ油を中温で熱し、衣をつけたスウェードを油で揚げる。途中で上下をひっくり返し、きつね色になったらキッチンペーパーなどで油をよく切る。
  6. 皿に揚げたスウェード3枚を重ね、上からトマトサルサをかける。仕上げにかいわれをのせて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は243位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ボルシチ

21/11/2015

Borscht

骨つきのローストビーフ焼いたら、その後はボルシチに。残った骨、食べきれなかった部分や端っこなどをそのまま厚手の鍋に入れ、お水と塩を加えて火にかけます。沸騰したら、弱火にして約1時間煮込んで放置。後のことは翌日に。

そんなことで、せっかく買ったお肉をまさに骨の髄まで使いましょうね。美味しいスープが自然に摂れます。後はお野菜たっぷりのさっぱりスープ、ボルシチの出来上がり。翌日も楽しちゃいましょう。お好みで仕上げにサワークリームを加えても。

ローストビーフを焼かない場合は、なるべく骨つきの肉で、シチュー用の肉でも構いません。

<4人分 / Serves 4>

  • 牛肉(できればリブの骨つき、ローストビーフの残りがベスト)—500~600g / 500~600g rib steak with bone (ideally leftover roast beef)
  • 水—1200ml / 1200ml water
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ガーリック—1片 / 1 clove of garlic
  • ベイリーフ(ローリエ)—2枚 / 2 bay leaves
  • タイム—小さじ1/2 / 1/2 tsp thyme
  • たまねぎ(中)—1個 / 1 medium onion
  • にんじん(中)—1本 / 1 medium carrot
  • じゃがいも(シャーロット、メークイン)—200g / 200g charlotte potatoes
  • キャベツ(ポインテッド)—200g / 200g pointed cabbage
  • オリーブオイル—大さじ1/2 / 1/2 tbsp olive oil
  • ビートルート—400g / 400g beetroot
  • トマト缶—約2/3缶(250g) / 250g canned tomato
  • 塩—小さじ1/2程度 / 1/2 tsp salt
  • フレッシュディル—お好みで少々 / fresh dill
  • サワークリーム—お好みで少々 / sourcream
  1. 厚手の鍋に牛肉に水、塩を入れ強火にかける。沸騰してきたら弱火にする
  2. ガーリックを包丁で叩き潰し、ベイリーフ、タイムを肉を茹でている鍋に加え、約1時間煮込む。煮込んだ後、一晩置いても可。
  3. 玉ねぎ、にんじん、ビートルートは1.5cm角に切る。セロリは斜めに、キャベツはざく切りにしておく。ジャガイモは縦半分に切った後、1cm程度の幅の半月切りにし、水にさらす。その後水気を切っておく
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ、中火にかける。玉ねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいも、キャベツを順に炒める
  5. 肉の入った鍋はアクや余分な脂をすくって取り除き、塩を加える。炒めた野菜を加え、トマト缶、ビートルートも合わせ、更に野菜が柔らかくなるまで約30分煮込む
  6. 塩加減をみて、皿に盛り、好みでディルやサワークリームを添える

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は154位。この順位って全くどうなっているんだろうね???いつも謎。レシピアップしても上がるわけじゃなし。上位が美味しそうってわけじゃなし。。。今日の晩御飯はボルシチにビートルートサラダ、ビートルート祭りでした。けど、美味しかった!!ごっこまんま

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。