ケジャリー

12/01/2021

はじめて、この名前聞く方は「なんじゃ??」ですよね。

イギリスの「白身魚のカレーチャーハン」です。むかぁしの貴族はこれを朝食にしていたらしい。。。今はランチメニューとかであるみたいですけど。こんな表現すると貴族も何もあったもんじゃありませんが、イマドキはこんな感じのプレゼンでランチにも食べられることが多いようです。

私がこの料理をはじめて知ったのはお皿の上の文字。10年以上も前、洋風のお皿にKedgereeと大きく書いてあって何だろう?と思ったのでした。

ダウントンアビーの貴族の朝食として有名になったようですね。長い間食べたことがなかったのですが、朝食のビュッフェ、ブランチメニューなどで見かけることがあります。

具は大体こんな感じ、割とシンプルにハドック(白身のお魚)の薫製、グリーンピース、パセリ、必ず茹で卵! ハドックはタラの一種ですが、イギリスのどこででも見かける薫製、白と黄色があって、黄色はターメリックで染められているものです。チャウダーやグラタンによく使われます。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ユールログ

26/12/2020

遅くなってごめんなさい。サンタさんにもらった新しいカメラに四苦八苦していたら、撮影に失敗したりしてクリスマスに間に合わなくなってしまいました。

お詫びに?我が家のクリスマスランチの様子。ここ数年、イタリアンでクリスマスランチなのですが、食べ盛りの男子はご飯山盛りで食べる始末。 イギリスのブッシュドノエル的存在のユールログ、とても美味しいと好評でした、あー良かった。

皆様、どうぞ良い年末年始をお過ごしくださいね。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

クリスマスの時期になるとやっぱりこう言うケーキを焼いてしまいます。スパイスが効き過ぎているのとアイシングが苦手なので、この程度に止めています。シナモンやジンジャーパウダーを少し入れて作っていましたが、ふとアールグレーを使ってみたら、これで十分。アールグレイの香りがふんわり香って、好みのフルーツケーキが出来ました。

と言っても、することはティーバッグのアールグレイを加えるだけ。上のデコレーションとアプリコットジャムは必須かな。なんだかヨーロッパっぽいケーキでしょ。

ドライフルーツやナッツはあるもので構いません。翌日以降になるとドライフルーツの甘みやお酒が程よく回って、だんだん美味しくなりますよ。

最後の方にハロッズのクリスマスイルミネーションの様子を入れてみました。

レシピについて

ブログ画面をクリックすると右下に「Youtubeで視聴する」というメッセージが表記されますので、そこでご覧になっていただければ画面の下にレシピが出てきます。

携帯でご覧の場合はタイトルの右の三角をクリックすると、コメント欄(材料とレシピ)が表記されます。

もし、よろしければYoutubeでチャネル登録してみてください。新しいレシピを投稿するとすぐにお知らせが届きますので。レシピについてのご質問やご感想など、Youtubeにコメントいただけるととても助かります。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

先日アップしたローストビーフに添えられていたヨークシャープディング。ローストビーフには欠かせないもの。グレービーをかけて一緒に食べます。

ローストビーフのレシピはこちら

ヨークシャープディングの材料は粉と卵とミルクだけ。ちょっとだけ作り方に手順が必要ですが、どうってことない。オーブンに入れるとみるみる膨らむのを見るのはとても楽しいし、中が空洞で、ふわふわしたシュー皮みたい、そのまま食べても美味しいのです。

空洞になった中にサンドイッチみたいな具を入れてもいいし、アイスクリームやフルーツ、ジャムなど甘いものも合うのです。なんだか面白いイギリスの料理ですね。

12個分

  • 薄力粉 : plain flour—-125g
  • 塩 : salt—小さじ1/2
  • 卵 : eggs—3個
  • 牛乳 : semi-skimmed milk—250ml
  • サラダオイル : vegetable / sun flower oil—大さじ4
    * オーブンを220℃ / 200℃ ファン付き / ガスマーク7に温めておく
  1. 薄力粉をふるってボウルに入れ、塩を加える。中央を少し凹ませておく
  2. 卵を凹ませた部分に割り入れる。最初に混ぜやすいように、牛乳も少々(大さじ2程度)加える
  3. 泡立器で中央の部分を混ぜ合わせ、残りの牛乳を2回程度にわけて加え、滑らかな生地を作る。型に入れやすいようにジャグに入れ変える
  4. ヨークシャープディング型、もしくはマフィン型にサラダオイルを1つの型につき、小さじ1程度ずつ入れる
  5. 温めたオーブンにオイルの入った型を入れ、約10分程度、オイルが熱々になるまで温める
  6. 型が熱くなったところに3.の生地を12等分して加え、素早く元のオーブンに戻す
  7. きつね色になり、大きく膨らむまで約20分焼いたら出来上がり。なるべく焼き立てをどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ミンスパイ

20/11/2020

実は嫌いだったミンスパイ。こんなに甘くてスパイスも濃くて重たいお菓子が美味しいなんて、どうかしている。何度か外で食べる機会があったものの、美味しいと思えたことは一度もなく、もちろん自分で買うことは一切ないもののヒトツでした。

が、そんなに嫌いなら一度作ってみよう!と。あれこれ沢山のレシピを見たり、作ったりして、「これは美味しい!」と思うレシピが出来ました。

私以上に毛嫌いしていたオットまでもが「これだったら幾つでも食べられる」「絶対世界一美味しいミンスパイ」と。今ではクリスマスが近づくと催促するまでになり、近所のカフェに卸してみたら物凄い売れ行きになりました。日本人にもローカルにも「今まで食べたミンスパイの中で一番美味しい」と言っていただけるようになった思い入れの深いクリスマス菓子です。

手作りのミンスパイは、市販のものとは全く味が異なって本当に美味しいのです。焼きたてが一番ですが、冷めたら少し温めて下さいね。中身のミンスミートはまとめて作っておくと便利ですよ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。