イギリスのカフェでもパブでもずーっと人気、しっとりした食感のキャロットケーキ。バターを使わずにオイルを使うだなんて、大丈夫かなぁ?と思っていましたが、スパイスとくるみ、レーズンのおかげで美味しいのです。私は更にオレンジの皮をプラスし、風味良く仕上げました。にんじんたっぷりで黒糖も使い、ヘルシーなケーキですね。

ただ市販のものなどは上のアイシングがぽってりと1cm以上も分厚く、クリームチーズに砂糖もどっさり入っていたりするので、ヘルシーさが台無しな気もしています。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

卵の半熟さ加減はお好みで調節して下さい。茹で卵を作るときの時間で加減できます。これ、フォートナム&メイソンが冷菜として売り出したのがきっかけで流行ったそう。どおりで、、、パブだかレストランだかで、冷たいまま出てきて、温めるの忘れた??と思ったことがありました。

オリジナルがどうであれ、これは揚げたて熱々に卵がとろ〜り、というのが美味しいと思うんですけど。

ほとんどのオリジナルのレシピはソーセージ用のひき肉かソーセージの皮を取り除いて使う、とありますが豚ひき肉にハーブなど混ぜて使う方がやっぱり美味しいです。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ちょっとマニアックかな、このケーキ。卵もバターも泡立てず、煮て作る。はじめてこの作り方を知った時は、そんなん美味しいワケないし、と思いレシピを闇に葬ってました。ふと、カフェでこのケーキに出会し、食べてみたら意外に美味しく、、、ごめん!

作ってみて、その簡単さにびっくり。以来、ウチでは「びっくりしたケーキ」と呼んでいます(笑)今まで一生懸命、泡立てたりしていたのは何だったんだろう?と思いました。ごめんごめん!!

本来は水だったかな、アールグレイにアレンジしてますけど、コーヒーでも出来ます。冷めたらスライスしてトースト、バター塗ったら、これまた病みつきの美味しさです。面倒なの嫌な人でもデキルよ、きっと。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

これはレシピじゃ無い様な気もするんですけど。同じフライパンで単に次々に焼けばいい、みたいな。。。でもイギリスのレシピを紹介するのに無視できずーー。因みにウチの13歳は好きです。朝ご飯がコレだと嬉しいらしい。

動画中にバレてますが、この中にどうしても苦手なモノがあります。。。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

続いてはシュークリーム。これがありそーでない。似たようなのはあるけれど、尽く中身は生クリーム。小さくしてチョコレートやキャラメルでデコされてたり、するけど、、、「違うねん!!」求めているのはカスタードクリーム!!と言いたくなるのは私だけではないはず。もっと言うと、私はカスタードと生クリームの合わさったディプロマットクリームが好みなのであります。

仕方ないから作ることになるのですが、これが結構な重労働。オンライン料理教室では最長の録画の46分となりました。卵、ミルク、粉、砂糖、と、どこにでもある材料でここまで美味しい食べ物にしたヒトはエライ。他と明らかに異なる作り方、よくぞこんなもの考えたものだとひたすら感心し、私もその美味しさを裏切らないように、、、なるべく数字で出せそうなところは出しぃの、歴史との戦い?的な。参加下さった方もお分かりの通り、面倒なレシピよね。

でもねーー、いやぁーー、本当に美味しい。デコボコになってもサクッとした風味の良い皮ととろ〜り甘いクリームは最高、最強の組み合わせだったのでした。まるまる2回分出来てしまったシュークリーム、今日焼いた皮にクリームを詰めたものはオットがオフィスに持っていきます。さぁて、ローカルの反応が楽しみだわ。

オンライン料理教室、再開の週。すっかり忘れてたらどうしよう、お客さん集まらなかったら、、、と心配していましたが、ご参加下さった方々、本当に本当にありがとうございます。引き続きどうぞよろしくお願い致しますね。