Christmas Fruits Cake

serve_text
今からすぐに準備出来るクリスマスケーキ。ドライフルーツやナッツがたっぷり入っています。日持ちしますので、手土産にも最適です。
砂糖をダークブラウンシュガーに変えて、薄力粉にシナモン小さじ1/2、ジンジャーパウダー小さじ1を加えるとダークなフルーツケーキになり、また違った味と表情になります。
小さなカップケーキ型やパウンド型で焼いても可愛いですよ。

8人分(16cm型)

<ドライフルーツ類>

  • ソルタナレーズン : sultanas raisins—80g
  •  スライスアーモンド : almond flakes—30g
  • オレンジ、レモンピール: mixed candied peel—30g
  • ドライアプリコット : dried apricot—30g
  • ドライチェリー: glace cherries—30g
  • パイナップルの缶詰: canned pinapple—2枚
  •  無塩バター: un-salted butter—125g
  • キャスターシュガー: caster sugar—125g
  • 卵(中サイズ): medium eggs—3個
  • ウイスキー: whisky—大さじ2
  • 薄力粉: plain flour—125g
  • ベーキングパウダー: baking powder—小さじ1
  • アーモンド粉: ground almonds—50g

<飾り用>

  • アーモンド : almonds—8個
  • くるみ: walnuts—8個
  • ドライいちじく: dried figs—2個
  • ドライチェリー: glace cherries—4粒
  • アプリコットジャム: apricot jam—大さじ2
  • ウイスキー: whisky—大さじ1

焼くまでにオーブンを160℃に温めておく

  1. ドライフルーツ類を揃える。大きなものは粗くみじん切りにしておく
  2. ボールにバターと砂糖を入れ、泡立器でふわっと白っぽくなるまで泡立てる
  3. よく溶いた卵を少しずつ加え、ウイスキーも合わせる薄力粉とアーモンド粉をあわせてふるっておく
  4. 合わせた粉類とドライフルーツ類を混ぜ合わせる
  5. 型に入れ、中央を少し凹ませる。お好みのナッツ類やドライフルーツで、デコレーションする
  6. 160度に温めておいたオーブンで、約50〜60分中に火が通るまで焼く。熱いうちに型から取り出して(紙は付けたまま)、粗熱を取る

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Corn & Lemon Cake with Condensed Milk

アイシングたっぷりのケーキ、ダブルチョコレートケーキ、バタークリームどっしりのカップケーキ、トリークルタルトやレモンタルトなどを「欲求の赴くままのケーキだぁ!!」などと笑っていますが、これだってそんなに変わらない。ケーキ焼いちゃって、さらにコンデンスミルクかけてるし。

春らしくふわふわの黄色いケーキを作ろうと思ったのでした。卵とレモンまでは良かった、が、粉。黄色い粉、サフランを混ぜるか、、ターメリック??いやそれじゃぁカレーっぽい。でとうもろこしの粉が思い浮かんだ。ちゃんと細かい粒子のものもあるんです。以前ポレンタケーキとか作ってましたけど、できれば細かい方がふわっと仕上がります。でも、とうもろこしの歯ごたえは少し残るんですね。色のせいか何か、カステラっぽい気もします。色も美味しさのうちですね。

直径20cmのケーキ丸型1つ分/ for 20cm round cake mould

  • 卵(中)—3個 / 3 medium eggs
  • キャスターシュガー—100g / 100g caster sugar
  • 牛乳(セミスキム)—大さじ3 / 3 tbsp semi-skimmed milk
  • 無塩バター—30g / 30g un-salted butter
  • レモンの外皮—1個分 / 1 lemon zest
  • 薄力粉—50g / 50g plain flour
  • コーンミール(細)—50g / 50g fine corn meal
  • 粉砂糖—適宜 / icing sugar for topping
  • コンデンスミルク—100ml / 100ml condensed milk to serve

焼くまでにオーブンを160度に温めておく。型にパーチメントシートを敷いておく。

  1. 卵をボール(電動泡立て器用のボール)に入れ、キャスターシュガーを加えて混ぜ合わせる
  2. 60度程度のお湯をボールに入れ、湯煎にして、卵とキャスターシュガーを溶かす
  3. 電動泡立て器にかける。徐々にスピードを上げて高速で7〜8分、しっかり泡立てる。薄力粉とコーンミールを合わせてふるう
  4. (泡立てている間に)牛乳を電子レンジに20秒ほどかけて温め、そこにバターを入れて溶かす
  5. 高速で泡立てた後、低速にし、1〜2分かけてキメを整える
  6. 泡立てた卵にレモンの外側の黄色い部分をすりおろして入れる(白い部分は苦味があるので使わない)。粉類をもう一度ふるいながら合わせ、コムベラなどでさっくりと底から混ぜ合わせる(目安30回)
  7. 合わせたものからひとすくい取って、バターと牛乳の器に入れて、混ぜ合わせる。それをゴムベラで受けながら、全体を合わせて、さっくりと混ぜ合わせる(目安10回)
  8. 型に入れて、表面をならし、トントンとテーブル面に叩きつけるようにして中の空気を抜き、よく温めたオーブンに入れて、約25分かけて焼き上げる
  9. 焼きあがったら粗熱を取り、型から外して、完全に冷ます。パーチメントシートも外したら、粉砂糖を振り、好みでコンデンスミルクをかけてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Whisky Brownie Bite

案外簡単ですぐに出来るブラウニー。砂糖を減らすとか、チョコレートの代わりにココアを使ったり、はたまた豆腐を入れたり、、、とありますが、これは正統派。ガッツリどっしり。たーだーしーーー、小さく切る!!。チョコレートのつもりで食べる感じ。それだけでお上品に繊細に見えます。食べる量もたーぶーんーー減ります。

ナッツやドライフルーツを入れて、アレンジも楽しめます。今回はウィスキーの香りだけでシンプルに。

バレンタインに間に合うかな。ギリギリでごめんなさい。ハッピーバレンタイン!

<20cm角型1枚分>

  • チョコレート(カカオ70%)—200g / 200g cocoa solid 70% plain chocolate
  • 無塩バター—100g / 100g un-salted butter
  • 卵(中)—3個 / 3 medium eggs
  • カスターシュガー—180g / 180g caster sugar
  • スコッチウィスキー—大さじ1 / 1 tbsp scotch whisky
  • 薄力粉—100g / 100g plain flour

焼くまでにオーブンを180℃に温めておく

  1. チョコレートを粗く刻んで、ボウルに入れる。
  2. 別のボウルに熱湯を入れ、刻んだチョコレートの入ったボウルを湯煎にかける。少し溶けたところでバターを加えて一緒に溶かす(バターを少し切って入れた方が早く溶けます)
  3. (溶かしている間に)薄力粉をふるう。別のボウルに卵とカスターシュガーを入れ、混ぜ合わせる。ウィスキーも加える
  4. 溶かしたチョコレートとバターを少しずつ、卵のボウルに加えて泡立器でよく混ぜ合わせる。薄力粉を加える
  5. 型に流し、180℃に温めたオーブンで、17~18分焼く。冷めてから小さく切って出来上がり。
  6. お好みで粉砂糖かココアを振ってください

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Rhubarb Crumble

ルバーブの代わりに、なし、りんご、バナナ、プラム、さくらんぼ、レーズンなどでも美味しくできます。クランブルもナッツやシナモン、オートミールなどを加えると変わった風味になります。いろいろとアレンジできますし、残ったクランブルは冷凍もできます。

美味しいアイスクリームをお忘れなく。

4人分 / Serves 4

  • ルバーブ—300g / 300g Rhubarb
  • グラニュー糖—大さじ2 / 2 tbsp granulated sugar
  • レモン汁—大さじ1 / 1 tbsp freshly squeezed lemon juice
  • 薄力粉—70g / 70g plain flour
  • アーモンド粉—20g / 20g ground almond
  • きび砂糖(ライトブラウンシュガー)—50g / 50g light brown sugar
  • 無塩バター—50g / 50g unsalted butter(冷たいバターを1cm角に切る)
  • バニラアイスクリーム—適宜 / vanilla icecream

*オーブンを180度に温めておく

  1. ルバーブは3〜4cm長さに切る
  2. 耐熱皿に切ったルバーブを入れ、グラニュー糖を振りかける。180度に温めたオーブンで約15分加熱する
  3. <加熱している間にクランブルを作る>
    ボウルに薄力粉とアーモンド粉、ライトブラウンシュガー、1cm角に切った冷たいバターを加えて、手でバターの塊を潰すようにしてクランブルを作る
  4. オーブンからルバーブを出してレモン汁を加え、上下を混ぜ合わせる
  5. ルバーブの上にクランブルをまんべんなくかけ、再びオーブンに入れる。30分ほどして、表面がキツネ色に焼けたら出来上がり
  6. 熱いうちにアイスクリームを添えてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Valentine’s Victoria Sponge

欲求の赴くままなケーキ。本来はスポンジがバターケーキです。クリームとジャムが入るなら、ココは卵を泡立てたスポンジケーキでしょおお。

バレンタインを相当意識してハート型(滅多に使わない)に抜いてみました。ジャムはできれば種無しのものを。しぼり袋の目が詰まってエライ目に合います。

イギリスで薄力粉、00タイプ(目の細かいもの)が手に入らない場合は、スポンジフラワー(大手スーパーで入手可)を使ってみてください。コーンフラワーとベーキングパウダー少々が入っていますが、軽くふわっと仕上がります。

6個分 / Serves 6

  • 無塩バター—30g / 30g un-salted butter
  • (ゴールデン)マジパン—70g / 70g golden mazipan
  • 卵—4個 / 4 eggs
  • カスターシュガー—70g / 70g caster sugar
  • スポンジフラワー(薄力粉)—120g / 120g sponge flour or plain flour

<バタークリーム / for butter cream>

  • 無塩バター—60g / 60g un-salted butter
  • 粉砂糖—30g / 30g icing sugar

<シロップ/ syrup>

  • グラニュー糖、もしくはカスターシュガー—大さじ2 / 2 tbsp granulated or caster sugar
  • 熱湯—大さじ3 / 3 tbsp hot boiling water
  • グランマニエ—小さじ1 / 1 tsp grand marnier
  • 種なしラズベリージャム—80g / 80g seedless raspberry jam
  1. <スポンジを作る>
    バターを湯煎にかけて溶かしておく(50度くらいの温度を保っておいて下さい)
  2. スポンジフラワー(薄力粉)をふるう
  3. 卵とマジパンを混ぜ合わせる。カスターシュガーも合わせて60度くらいの湯煎に少しかける。卵の温度を少し上げたいので、固まらないように混ぜ続けてください
  4. 電動泡立て器(ハンドミキサー)にかける。最初は低速で、徐々に高速にし、7〜8分泡立て続ける。低速にして、2分程度、キメを整える
  5. 薄力粉を加え、ゴムべらなどでさっくりと混ぜ合わせる。バターの入ったボールにひとすくい入れ、小さな泡立て器などで混ぜ合わせる。それを、卵を泡立てた中にゴムべらで受けるようにしながら加え、その後なるべく卵の泡をつぶさないようにしながら合わせる
  6. 用意した型(20cm x 30cm)にパーチメントシート(クッキングシート)を敷き、そこに生地を流し入れる。表面を平らにし、180度に温めたオーブンで15分程度、もしくは火が通るまで焼く。
  7. 粗熱が取れたら、型から出し、パーチメントシートを剥がす。剥がし終わったら、サランラップなどで乾燥しないように包んでおく(できればここで1日スポンジを休ませて下さい)
  8. <バタークリーム>
    バターをボウルに入れ柔らかくする。粉砂糖を加え、更に白っぽく軽くなるまで約5分程度泡立てる
  9. <シロップ>
    小さな器にカスターシュガーと熱湯、グランマニエを入れて溶かす。溶けないようであれば、一度電子レンジにかけて煮溶かして下さい
  10. スポンジを切る。ハート型に合わせて、その型より少し大きめに先に切り分ける。ハート型で丁寧に抜き、厚みを半分に切る
  11. 切り口にシロップをハケで塗る。しぼり袋にジャム、バタークリームをそれぞれ入れ、底になる方に交互に縞になるように絞り出す
  12. 上からもう一枚を重ねて、少し押さえる。仕上げにお好みで粉砂糖を茶こしに入れてかけたらできあがり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Kabocha Squash Cupcake

ハロウィンに滑り込み間に合うか!!??かぼちゃ、たっぷり入っています。この暖かい黄色、大好き。いい色ですね。
私も含めて、皆さん一度目の失敗は漉しの粗さ。ちゃんと目の細かい漉し器やざるで濾さないと、つぶつぶが残ってしまう、下手するとうまくデコレーションが絞れないようなので、ココは少し丁寧にね。

昨晩遅〜くにアップデートした動画レシピ。我が家はこういうどっしり甘いものの消費率が悪いので、近所の方におすそ分け。取りに来てくださーい!!と(笑)。我が家で嫌々食べるより、なんだか気持ちが良い。これからもこのテ使おうっと。

[12個分 / Serves 12]

  • かぼちゃ—1/2個(正味350g) / net weight 350g Kabocha squash
    • ケーキ用150g、クリーム用150g、飾り用50g / 150g for cake, 150g for cream, 50g for topping
  • 水—100ml / 100ml water
  • 薄力粉—150g/ 150g plain flour
  • コーンフラワー—20g/ 20g corn flour
  • ベーキングパウダー—小さじ1/ 1 tsp baking powder
  • 重曹—小さじ1/4/ 1/4 tsp bicarbonate soda
  • シナモンパウダー—小さじ1/4/ 1/4 tsp ground cinnamon
  • 無塩バター—180g / 180g un-salted butter
  • ライトブラウンシュガー—120g+少々 / 120g + extra light brown sugar
  • 卵(M)—2個 / 2 medium eggs
  • 牛乳—大さじ3 / 3 tbsp milk
  • ラム酒—大さじ1 / 1 tbsp rum
  • 生クリーム—300ml/ 300ml whipping cream
  • カスターシュガー—大さじ3 / 3 tbsp caster sugar
  • バニラペースト—小さじ1/4 / 1/4 vanilla paste
  • かぼちゃの種—大さじ2 / 2 tbsp pumpkin seeds

*焼く前にオーブンを180度に温めておく

  1. 薄力粉、コーンフラワー、ベーキングパウダー、重曹、シナモンを合わせてふるう。
  2. <かぼちゃのピューレを作る>
    かぼちゃの種を取り除く。50g分は飾りとして、12個分薄切りにしておく。残りのかぼちゃは皮を削ぎ落として一口大に切る。
  3. 厚手の鍋にかぼちゃを入れ、水100mlほどを加えて、一旦中火にかけ沸騰させる。沸騰したら、弱火にして蓋をし、13、14分ほど蒸し煮する。芯まで柔らかくなったら、残っている水分をよく切り、熱いうちに裏ごしする。(途中で焦げそうな状態になっていれば、水を足してください)
  4. <ケーキを作る>
    ボールにバターを入れ、電動泡立て器などで泡立て始める。ライトブラウンシュガーを2回に分けて加え、白っぽくふわっとするまで泡立てる
  5. 卵を一つずつ加え、電動泡立て器などで都度よく混ぜる。混ぜたりないと分離するので、よく混ぜ合わせて下さい。
  6. ふるった粉類の1/3を加え、へらなどでさっくり混ぜる。牛乳の半分、そしてかぼちゃのピューレを加え、都度へらで混ぜ合わせる。粉類、牛乳、かぼちゃ、と繰り返し、最後は粉、そしてラム酒を混ぜる
  7. マフィン型に型を敷き、生地を12等分する。180度に温めたオーブンで約20分程度、火が通るまで焼く。焼き加減は竹串を刺してみて、生地が付いてこなければ出来上がり。クーラーの上で冷ます。
  8. 途中5分程度かけて、飾り用のかぼちゃに砂糖少々を振り、グリルして下さい。
  9. <クリーム>
    生クリームにカスターシュガー、バニラペーストを加えて混ぜ合わせる。かぼちゃのピューレ(150g)を加え、角が立つ程度まで泡立てる。
  10. 絞り袋に口金をつけて、冷めたカップケーキの上に絞り出す。かぼちゃの種とグリルしたかぼちゃでデコレーションして出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は194位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Brown Butter Cake with Apple

serve

めちゃくちゃ美味しいです!!
本日、イギリスは30度の晴天。夜はBBQと決まっていた我が家。デザートにきっと甘い物が食べたくなるよなぁ、と、自分のメモとして写真も撮りつつやってみたら、これがマズイくらいに大成功。

もともとはこの生地、フルーツタルトに使っていたのですが、タルトケースが面倒で省いたのも逆に良かったような気がします。友人から譲り受けた卓上ミキサー(アキちゃん)もパワフルだったのが幸いして、ふんわり、焦がしバターの風味も抜群、最高のデザートと相成りました。

ポーランドの食器はアレグレの森さんより。ぽってりと頑丈、レンジからオーブン、食洗機まで使えてこの可愛さ。温かみのある素敵な食器です。底に焦げ付かないのと、熱の伝わり方が柔らかく、りんごはジューシーだし、この生地との相性もバッチリでした。もちろん普通のグラタン皿とか耐熱容器でも作れますが、より、しっとりした仕上がりになると思います。<<食器: アレグレさん、そしてこちらが新しいウェブサイト、もうすぐ完成ですアレグレの森さん>>

22cmx15cmグラタン皿2つ分

  • リンゴ: Braeburn apples—4個
  • 卵: eggs—2個
  • カスターシュガー: caster sugar—80g
  • 薄力粉: plain flour—大さじ2
  • 無塩バター: un-salted butter—100g
  • ブランデー: brandy—大さじ1
    *焼くまでにオーブンを180度に温めておく
  1. りんごの皮をむき、半分に切る。芯をスプーンなどでくりぬき、薄く切って器に並べる。(写真はりんご2つ分を一つの皿に盛っていますが、まとめても、銘々に分けても構いません)
  2. 卵と砂糖をボールに入れ、泡立てる。もったりするまで泡立てたら、薄力粉とブランデーも加える
  3. 小鍋にバターを入れ、弱火にかける。バターが完全に溶けてから、5分程度するときつね色になって、焦げが少し出てくる。火を止めて、卵を泡立てたボールにすぐに加えて、泡立て器でぐるぐる混ぜ合わせる
  4. りんごを並べた器に注ぎ、180度に温めたオーブンで約30分、表面に焦げ目が付く程度に焼いたらできあがり。お好みで仕上げに粉砂糖を振りかけて下さい。焼いてすぐでも、粗熱が取れてからでも美味しいです。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は130位。夕方、BBQの準備の前にデザートを作ってお茶したせいおかげで、結局そこで食べ切ってしまった。この量を3人で平らげた家族はマズイと思います。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。