イギリスにおける食べ物の名前ってユニークなものが多いな、と思いますが、その一つがこれ。ウサギも使っていなければ、ウサギの形もしていない、過去にウサギが入っていた経歴もナシ。「なんでやねん??」と謎は残るばかり。

味自体はチーズトーストみたいなもんです。見た目そのまんまなんで、それほど驚きもない。でも美味しいのは美味しい。学校から帰ってきて腹ぺこなKには最高のスナック。どーでもいーことですが、学校から帰ってきたら、そのままお風呂に直行です。その方がスッキリするし、疲れや汚れも落ちる気がして、ロックダウンから開放されて以来、続いています。

そしてお楽しみのおやつーー、もうちょっと待ってくれれば夕食になるのですが、それが待てないお年頃。今日もコレ2枚食べて、普通に夕食も食べてました。彼にとっては名前のことはどーでもいーらしい。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

続いてはシュークリーム。これがありそーでない。似たようなのはあるけれど、尽く中身は生クリーム。小さくしてチョコレートやキャラメルでデコされてたり、するけど、、、「違うねん!!」求めているのはカスタードクリーム!!と言いたくなるのは私だけではないはず。もっと言うと、私はカスタードと生クリームの合わさったディプロマットクリームが好みなのであります。

仕方ないから作ることになるのですが、これが結構な重労働。オンライン料理教室では最長の録画の46分となりました。卵、ミルク、粉、砂糖、と、どこにでもある材料でここまで美味しい食べ物にしたヒトはエライ。他と明らかに異なる作り方、よくぞこんなもの考えたものだとひたすら感心し、私もその美味しさを裏切らないように、、、なるべく数字で出せそうなところは出しぃの、歴史との戦い?的な。参加下さった方もお分かりの通り、面倒なレシピよね。

でもねーー、いやぁーー、本当に美味しい。デコボコになってもサクッとした風味の良い皮ととろ〜り甘いクリームは最高、最強の組み合わせだったのでした。まるまる2回分出来てしまったシュークリーム、今日焼いた皮にクリームを詰めたものはオットがオフィスに持っていきます。さぁて、ローカルの反応が楽しみだわ。

オンライン料理教室、再開の週。すっかり忘れてたらどうしよう、お客さん集まらなかったら、、、と心配していましたが、ご参加下さった方々、本当に本当にありがとうございます。引き続きどうぞよろしくお願い致しますね。

セルリアック、第二弾。ブサイク野菜を少しでもお洒落に見せるシリーズ。

クリームスープもりんごの酸味でさっぱり。りんごを料理に加えるのはイギリスっぽいかな、時々あるレシピです。味はセロリで芋の食感だからできるこのトローリ感。地味な色味もトッピングでなんとか、普通のスープにのし上がって見えるかな。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

衝撃的な色と作り方。
渡英したばかりの頃、パブでオーダーしてびっくりしたのを覚えています。酸味と甘さ加減が日本の味に慣れた私には強く、しかもアイスクリームだと思っていたら、甘さのないダブルクリームが添えられていて、紅茶で流し込んだ記憶が。。。しかもパンで作ると言うのもなんだかショッキングな作り方でした。

レシピは手軽に作れる様に冷凍のベリーを使って、クリームを入れたりして改良したものですが、本来はフレッシュなベリーを何種類か使って、大きく作り、中にもゴロゴロとベリーを入れます。それは又の機会にトライしますね。ベリー類は夏のフルーツとされているし、火も使わずに出来るので「サマープディング」と呼ばれる訳です。面白いお菓子がイギリスには存在するなぁ、と思うもののヒトツです。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ウチで飲み会やっても、持ち寄りパーティーでも、そして料理教室でも好評だったパテ。その昔、某マーケットで「マッシュルームパテ」を食べたのがきっかけ。とっても美味しかったのだけど(これ、作れるやん!?)と思ったのでした。食べ比べしたわけではないけれど、どうせなら、、、とトリュフオイルをかけたら、より美味しくなりました。きっと買ってしまったけど、勿体なくて使われていないことが多いオイル。ここぞ、とばかりに使って くださいね。

クリームの煮詰め度合いが固さを左右。しっかり煮詰めるほど固くなりますが、お好みの固さに仕上げてくださいね。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。