先日アップしたローストビーフに添えられていたヨークシャープディング。ローストビーフには欠かせないもの。グレービーをかけて一緒に食べます。

ローストビーフのレシピはこちら

ヨークシャープディングの材料は粉と卵とミルクだけ。ちょっとだけ作り方に手順が必要ですが、どうってことない。オーブンに入れるとみるみる膨らむのを見るのはとても楽しいし、中が空洞で、ふわふわしたシュー皮みたい、そのまま食べても美味しいのです。

空洞になった中にサンドイッチみたいな具を入れてもいいし、アイスクリームやフルーツ、ジャムなど甘いものも合うのです。なんだか面白いイギリスの料理ですね。

12個分

  • 薄力粉 : plain flour—-125g
  • 塩 : salt—小さじ1/2
  • 卵 : eggs—3個
  • 牛乳 : semi-skimmed milk—250ml
  • サラダオイル : vegetable / sun flower oil—大さじ4
    * オーブンを220℃ / 200℃ ファン付き / ガスマーク7に温めておく
  1. 薄力粉をふるってボウルに入れ、塩を加える。中央を少し凹ませておく
  2. 卵を凹ませた部分に割り入れる。最初に混ぜやすいように、牛乳も少々(大さじ2程度)加える
  3. 泡立器で中央の部分を混ぜ合わせ、残りの牛乳を2回程度にわけて加え、滑らかな生地を作る。型に入れやすいようにジャグに入れ変える
  4. ヨークシャープディング型、もしくはマフィン型にサラダオイルを1つの型につき、小さじ1程度ずつ入れる
  5. 温めたオーブンにオイルの入った型を入れ、約10分程度、オイルが熱々になるまで温める
  6. 型が熱くなったところに3.の生地を12等分して加え、素早く元のオーブンに戻す
  7. きつね色になり、大きく膨らむまで約20分焼いたら出来上がり。なるべく焼き立てをどうぞ

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

イギリスのクリスマス料理第2弾はメレンゲで作ったロールケーキ。
昨年2019年のクリスマスシーズン、料理教室の様子が5.21に少し入っています。

さて、イギリスにはメレンゲを使ったお菓子がいっぱいあります。「そんな甘いだけのもの、、」と笑っていた私も今ではすっかり虜。 サクサクの食感が大好きです。

実は相当な確率でケーキ屋さんのものとか市販のもの、、、そもそも巻くつもりなどないかの様に、潰れています。ブログなどで紹介されているものなんかぶっ潰れています。それでいいみたい。 クリスマスのものだけでなく、季節のフルーツで食べられているのですが、真っ白なのでソレっぽくなる。更にアイシングシュガーでごまかせば、素敵に仕上がって見える、と言うオトクなケーキ。しかも卵白のみ。残った卵白を凍らせておいたもので大丈夫です。

食感は見ての通りフワフワで軽い。そこにフルーツやクリームが混ざって、なんとも言えない美味しさ。イギリスのレシピはほぼダブルクリームのみ。が、重いので、水分が少ないタイプのグリークヨーグルトを混ぜてます。酸味がさっぱりと美味しい。合わせるフルーツはイチゴだけでももちろん!外側がバリバリ崩れていい感じに仕上がってくれますよ。

6〜8人分(30x40cm型)

  • 卵白: egg whites―140g(Mサイズで4個分)
  • グラニュー糖(キャスターシュガー) : granulated or caster sugar—200g
  • コーンフラワー(コーンスターチ) : corn flour—小さじ1
  • ホワイトビネガー : white vinegar—小さじ1
    ークリーム
  • ダブルクリーム: double cream—150g
  • グリークヨーグルト: greek yoghurt—200g
  • グラニュー糖(キャスターシュガー) : granulated or caster sugar—大さじ3 ・バニラペースト : vanilla paste—小さじ1/4
  • イチゴ、ラズベリー、ブラックベリーなどお好きなベリー : strawberries, raspberries, blackberries, pomegranate —合わせて400g
  • アイシングシュガー : icing sugar—適宜
    ***焼くまでにオーブンを190℃ / 170℃ ファン付き / ガスマーク5に温めておく
  1. パーチメントシート(クッキングシート)の用意をする。型に合わせて切って、角をステープラーで止めておくと良い
  2. 卵白にグラニュー糖をひとつまみ加えて泡立て始める。残りのグラニュー糖を3回程度に分けながら加えて、角が立つ程度まで電動泡立て器で固く泡立てる
  3. ホワイトビネガーを加えて混ぜ合わせ、続いてコーンフラワーも合わせて更に混ぜ合わせる
  4. 1.で用意した型にメレンゲを均一に広げる。170度(ファン付き)温めたオーブンで7分焼き、その後、温度を140度に下げて更に15分焼く。焼いたら火を止めて、10分程度、そのままオーブンの扉を開けずに置いておく
  5. トレーから外して、ラックの上で冷ます。冷ましている間にクリームを作る ークリーム
  6. ダブルクリーム、グラニュー糖、バニラペーストと合わせて、柔らかく流れる程度に泡立てる
  7. ヨーグルトを加えて混ぜ合わせる
  8. 冷ましたメレンゲの上にラップをかぶせて上下ひっくり返して、クリームを塗り(巻き始めと巻き終わりは塗らなくて良い)、手前にフルーツをのせる。この時、デコレーション用に少しクリームを置いておいて下さい。ベリーも上に飾る分として形の綺麗なものを残しておいて下さい
  9. 手前から海苔巻きの要領でラップごとくるくると巻く。巻いたら上にクリームを塗り、ベリーを飾る。最後に茶こしでアイシングシュガーを振って出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

スコーン第二弾め。

前回のは生地に卵を使いふわっと軽い食感を出したものですが

今度のものは生地に卵は不要、代わりにサワークリームを使っていますが、最初にフワフワな状態にさせるのがなんとも面白い作業。サワークリームがなければヨーグルトで代用して下さいね。

外がざくっとしていて中はふんわり。これにはブラックカラントのジャムがぴったり。生地の美味しさが十分に味わえるので、クロテッドクリーム要らないかな、と思っています。

どちらも捨てがたいですが、スコーン一つとってもいろんな食感、材料があり、面白いな、と思っています。また違うタイプのスコーンも紹介したいと思っています。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

そろそろこういうあったかーいスープが恋しくなりませんか。と思っていたら、本当に今日寒かったです。スティルトンチーズをたっぷり使ったスープですが、簡単に出来ますよ。

スティルトンチーズはイギリスのブルーチーズ。ゴルゴンゾーラ、ロックフォールと並んで三大ブルーチーズの一つです。はじめて食べた時は、「これ、絶対ムリーーー」と思いましたが、今じゃぁ、ワインも飲めないのに普通に摘んでるし。塩気が強いですが美味しいチーズです。

そう、イギリスはチーズも美味しいのです。日本じゃまだまだ高価なチーズですが、スーパーに行くだけで個性のあるいろんなチーズがいっぱい。チーズの美味しさに目覚めたのはもちろんイギリスに来てから。あれこれウンチク言いながら、お友達と沢山のチーズの味比べも楽しいものです。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

スポンジケーキにクリームとジャムを挟んだ、お馴染みのイギリスのケーキ。ラズベリージャムが定番ですが、数ある中からラズベリーを選んだビクトリア女王はスゴい。しっとり美味しいケーキ、紅茶にものすごーーーーーく合います。
これってイギリスのストロベリーショートケーキ存在じゃないかしらね。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。