Yogurt Hot Cake

serve_logo

料理教室の最中に話題になったホットケーキ。意外にホットケーキミックスを使っている方が多くて驚き(もちろん高い)。粉はそこらじゅうに売っているから、買わなくてもいいよーー、と言った手前「レシピ教えてくださいっ!!!」

そりゃそーだ。

実はもともとヨーグルトは使わずに作っていたのだけど、入れてみたら更にふわふわでしっとり。久しぶりに食べたらとても美味しくて、うっかり4枚立て続けに食べそうになりました。塩気の効いたバターとメープルシロップたっぷりかけたら、どんなおやつにも敵いません。

4枚分

  • 卵: egg—1個
  • プレーンヨーグルト: plain yogurt—70g(*室温に出しておく)
  • 牛乳: milk—50ml(*室温に出しておく)
  • 薄力粉: plain flour—100g
  • カスターシュガー: caster sugar—30g
  • ベーキングパウダー: baking powder—大さじ1/2
  • 塩: salt—ひとつまみ
  • サラダオイル: vegetable oil—少々
  • バター: butter—適宜
  • メープルシロップ: maple syrup—適宜

*ヨーグルトを使わない場合は牛乳100mlにして下さい

  1. ボウルに卵を入れて泡立て器でよくほぐしておく。ヨーグルトと牛乳を加えて、混ぜ合わせる
  2. 薄力粉、カスターシュガー、ベーキングパウダー、塩を合わせて、ふるいながら1.のボウルに加える。へらでさっくりと混ぜ合わせる
  3. フライパンにオイルをキッチンペーパーで敷き、一度濡れ布巾の上などで冷ます。生地の1/4を丸く流して、蓋をし、弱火で約3分焼く。表面にプツプツと穴が空いて、乾いた感じになってきたら、ひっくり返して更に2分程度、もう一度蓋をして焼いたら出来上がり
  4. お好みでバターやメープルシロップを添えてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Brown Sugar & Ginger Pudding

brown_ginger_pudding

こうやってフツーに一番手っ取り早くレシピをアップするのは久しぶりです。動画や途中の写真がないというのは本当にラックチンであります。

カスタードプリンのお砂糖を黒糖に変え、バニラの代わりに生姜汁を加えたプリン。カラメルシロップも簡単に黒蜜です。想像していましたが、何だか和風味。コクのある甘さで、まったりとろ〜り美味しいです。

少し小さめのマグカップなどで作れば、ひっくり返す必要もなし、型にバターを塗る手間も省けます。

<4〜6個分>

  • 卵(中): medium eggs—2個
  • 卵黄: egg yolks—2個分
  • 黒糖: dark brown sugar—100g
  • 牛乳: semi-skimmed milk—300ml
  • ダブルクリーム: double cream—170ml(小1パック)
  • しょうが汁: freshley squeezed ginger juice—小さじ2(約20g)
    <黒蜜>
  • 黒糖: dark brown sugar—100g
  • 水: water—大さじ5

*オーブンを160度、ガスマーク3に温めておく

  1. ボウルに卵と卵黄、黒糖を入れ、泡立器でなるべく泡が立たないようにしてよく混ぜ合わせておく
  2. ミルクパンに牛乳とダブルクリーム、しょうが汁を加え、中火にかける。沸騰直前まで温める
  3. 温めたミルクを卵のボウルに少しずつ加えて、混ぜ合わせる。一旦濾してから、型につぎ分ける
  4. ローストパンなど深みのあるトレーに、80度程度のお湯を容器の半分くらいの高さまで入れ、温めたオーブンに入れて約20分間蒸し焼きにする。
    <黒蜜を作る>
  5. 耐熱ボウルに黒糖と水を入れて、電子レンジに1分かける。一旦取り出して混ぜ合わせる。もう一度1分かけて、取り出して混ぜる。これをあと一回繰り返す。ボウルが小さいと吹きこぼれることがありますので、注意して下さい。粗熱を取って、冷蔵庫で冷やす
  6. プリンが焼きあがったら、お湯から外し、室温で粗熱を取った後、冷蔵庫で冷やす。黒蜜をたっぷりかけてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Asparagus & Poached Egg Soup

スープにポーチドエッグを加えるだけでご馳走スープ。トロッとした卵、元気出ますね。野菜の味が濃いのも自宅ならではのスープ。これにバゲットだけで素敵なランチにもなるでしょう。春らしい色もいいかな。

<4人分 / Serves 4>

  • アスパラガス—250g / 250g asparaguses
  • 玉ねぎ—小1個 / 1 small onion
  • 無塩バター—15g / 15g un-salted butter
  • 野菜固形スープの素—1個 / 1 vegetable soup stock cube
  • 水、またはお湯—400ml / 400ml water or hot water
  • 日本米—大さじ2 / 2 tbsp Japanese Sushi rice
  • 牛乳—100ml / 100ml milk
  • 有機卵—4個 / 4 organic eggs
  • ホワイトビネガー(お酢)—大さじ1 / 1 tbsp white vinegar
  • 塩コショウ—少々 / salt & ground peppercorn
  1. たまねぎは薄くスライス、アスパラガスは長さを4〜5つくらいに切っておく
  2. 厚手の鍋にバターを熱し、玉ねぎを炒める。少ししんなりしてきたら、アスパラガスも加え、蓋をして2〜3分蒸し煮する。途中、焦げ付くのを防ぐため、蓋をとって上下を混ぜ合わせて下さい
  3. スープの素、水またはお湯、米も加えて一煮立ちさせる。約20分煮込んだ後、ミキサーにかけて滑らかな状態にする
  4. <煮込んでいる間にポーチドエッグを作る>
    ミルクパンなどの小鍋にお湯を沸かし、ビネガーを加える(フツフツと小さな泡が絶えず出る程度の弱火に保っておく)。小さな器に卵を割り入れる。ミルクパンを箸などでかき混ぜ、対流を作る。そこに卵を静かに流し入れる。2〜3分かけてポーチドエッグを作ったら、たまじゃくしなどですくって、水を張ったボウルに移す。これを4回(人数分)繰り返す
  5. ミキサーにかけたスープを鍋に戻して牛乳を加え、必要であれば塩コショウで味を整える。水気を切ったポーチドエッグを静かにのせ、お好みに応じてコショウをかけて出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Butternut Squash Soup

butternut_sq_soup

バターナットスクオッシュ、最近は日本でも見かけるようになったそうですね。かぼちゃのように甘いのが特徴ですが、水分を多く含み、崩れやすいので、煮物にはむいていません。ローストやスープが良いでしょう
普通のかぼちゃよりもカロチンを多く含み、紫外線でダメージを受けた肌の回復に良いそうです。また、かぼちゃの種はビタミンA.B.E.豊富で、若返りの素とされるらしいのですよ〜ん。

4人分

  • バター: un-salted butter—20g
  • バターナットスクオッシュ : butternut squash—1/2個(400g)
  • ニンジン : small carrot—小1本
  • タマネギ: onion—1/2個
  • お湯: hot water—500ml
  • ライトブラウンシュガー: right brown sugar—小さじ1
  • 塩 : salt—小さじ1/2〜
  • 牛乳: milk—100ml
  • パンプキンシード: pumpkin seeds—20g
  1. バターナットスクオッシュは半分に切り、種を取り除く。皮を剥き、2cm角に切る。タマネギとニンジンはスライスしておく
  2. 厚手の鍋にバターを溶かし、中火で、タマネギ、ニンジン、バターナットスクオッシュを5分程度炒める
  3. お湯と塩、砂糖を加えて一煮立ち、その後20分程度、野菜が柔らかくなるまで煮込む
  4. ブレンダーにかけて滑らかにする。鍋に戻し、牛乳を加え、塩加減をととのえ、沸騰直前まで温める。器に注ぎ、乾煎りしたパンプキンシードを散らして出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は66位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Crema Catalana
crema_catalana

クレームブリュレと似たスペインのカスタード菓子。クレームブリュレはクリームで作られることが多く、オーブンで焼いて生地を固めます。一方、クレマカタラーナは、牛乳で作り、冷蔵庫で固めます。 カラメル状に焦げた表面が美味しく、柑橘類の皮で香りを出しています。

6個分

  • オレンジ : orange—1個
  • レモン : lemon—1個
  • フルファットミルク: full fat milk—500ml
  •  シナモンパウダー : ground cinnamon—小さじ1/8
  • バニラペースト : vanilla paste—小さじ1/4
  • 卵黄 : egg yolk—3個
  • カスターシュガー : caster sugar—100g
  • コーンフラワー : corn flour—20g

<仕上げ用>

  • ライトブラウンシュガー: light brown sugar—小さじ6
  1. レモンとオレンジの皮はレモンゼスターか包丁で皮の表面を削り取る。
  2. ミルクパンに牛乳とレモンの皮、オレンジの皮、シナモン、バニラペーストを入れて中火にかける。沸騰直前まで温め、そのまま粗熱を取る
  3. ボールに卵黄とカスタシュガーを入れてすり混ぜる。コーンフラワーも加える
  4. なめらかな状態になったら、香りのついた牛乳を少しずつ加える。一度漉して、鍋に入れる
  5. 弱火にかけて、絶えず泡立て器で混ぜ続ける。沸騰する頃に、底の方から固まってきます。沸騰して泡が出てきたら火から下ろす
  6. 熱いうちにラメキンや耐熱の器につぎ分ける
  7. 粗熱が取れた後、冷蔵庫で固める。上にライトブラウンシュガーをまんべんなく振りかける
  8. グリルで3〜4分、表面がカラメル状になるまで焼いたら出来上がり。なるべく早いうちに食べてください

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は111位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Parsnip & Curry Potage

動画レシピ、テーマを決めてやってみようか、と思うのですが、11月は「イギリスで見つけたヘンな根菜」?第一弾はパースニップ。さつまいもと人参とごぼうを足して、割らずにそのまんま凝縮した感じの味ですね。土臭いのが気になるので、カレー味にしてみました。炒めてカレー粉をふりかけても美味しいですよ。

イギリスではスープ、マッシュのほか、ローストが定番のようです。パースニップでもう一品、これも近々アップしますので、お楽しみにね。

<4人分 / Serves 4>

  • パースニップ—3本(正味400g) / net weight 400g parsnip
  • パースニップ(チップス用)—小1本 / small parsnip for chips
  • たまねぎ—小1/2個 / 1/2 small onion
  • 無塩バター—大さじ2 / 2 tbsp un-salted butter
  • 水—600ml / 600ml water
  • カレーパウダー—小さじ1 / 1 tsp curry powder
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ライトブラウンシュガー—小さじ1 / 1 tsp light brown sugar
  • 牛乳—200ml / 200ml milk
  • (揚げ油用)サラダオイル—100ml程度 / 100ml vegetable oil for deep frying
  • ガラムマサラ—仕上げに少々 / garam masala
  1. パースニップは皮を剥き、小口に切る。太い部分は縦半分にすると切りやすい。切ったそばから水につけて、変色を防ぐ。ざるにあげて、数回水道水でゆすぎ、水気を切っておく。
  2. 玉ねぎは薄くスライスする。
  3. チップス用のパースニップはピーラーで削るようにし、水に浸けておく。揚げる前にキッチンペーパーで水気を拭き取ってください。
  4. 鍋にバターを中火で熱し、たまねぎとパースニップを4、5分炒める。水、カレー粉、塩、砂糖で調味し、蓋をして約20分、パースニップが柔らかくなるまで弱火で煮込む。
  5. <煮込んでいる間に>
    小鍋にオイルを弱めの火で熱し、水分をよく拭き取って、削ったパースニップを素揚げする(最初は撥ねますが、すぐにおさまります)。カラリと揚がったら、キッチンペーパーの上にあげ、油をよく切っておく。
  6. <煮込んだスープ>
    ブレンダーで滑らかにする。牛乳を加えて、塩で味をととのえる。器に盛り、上にパースニップチップ、お好みでガラムマサラを振って出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は87位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Kabocha Squash Cupcake

ハロウィンに滑り込み間に合うか!!??かぼちゃ、たっぷり入っています。この暖かい黄色、大好き。いい色ですね。
私も含めて、皆さん一度目の失敗は漉しの粗さ。ちゃんと目の細かい漉し器やざるで濾さないと、つぶつぶが残ってしまう、下手するとうまくデコレーションが絞れないようなので、ココは少し丁寧にね。

昨晩遅〜くにアップデートした動画レシピ。我が家はこういうどっしり甘いものの消費率が悪いので、近所の方におすそ分け。取りに来てくださーい!!と(笑)。我が家で嫌々食べるより、なんだか気持ちが良い。これからもこのテ使おうっと。

[12個分 / Serves 12]

  • かぼちゃ—1/2個(正味350g) / net weight 350g Kabocha squash
    • ケーキ用150g、クリーム用150g、飾り用50g / 150g for cake, 150g for cream, 50g for topping
  • 水—100ml / 100ml water
  • 薄力粉—150g/ 150g plain flour
  • コーンフラワー—20g/ 20g corn flour
  • ベーキングパウダー—小さじ1/ 1 tsp baking powder
  • 重曹—小さじ1/4/ 1/4 tsp bicarbonate soda
  • シナモンパウダー—小さじ1/4/ 1/4 tsp ground cinnamon
  • 無塩バター—180g / 180g un-salted butter
  • ライトブラウンシュガー—120g+少々 / 120g + extra light brown sugar
  • 卵(M)—2個 / 2 medium eggs
  • 牛乳—大さじ3 / 3 tbsp milk
  • ラム酒—大さじ1 / 1 tbsp rum
  • 生クリーム—300ml/ 300ml whipping cream
  • カスターシュガー—大さじ3 / 3 tbsp caster sugar
  • バニラペースト—小さじ1/4 / 1/4 vanilla paste
  • かぼちゃの種—大さじ2 / 2 tbsp pumpkin seeds

*焼く前にオーブンを180度に温めておく

  1. 薄力粉、コーンフラワー、ベーキングパウダー、重曹、シナモンを合わせてふるう。
  2. <かぼちゃのピューレを作る>
    かぼちゃの種を取り除く。50g分は飾りとして、12個分薄切りにしておく。残りのかぼちゃは皮を削ぎ落として一口大に切る。
  3. 厚手の鍋にかぼちゃを入れ、水100mlほどを加えて、一旦中火にかけ沸騰させる。沸騰したら、弱火にして蓋をし、13、14分ほど蒸し煮する。芯まで柔らかくなったら、残っている水分をよく切り、熱いうちに裏ごしする。(途中で焦げそうな状態になっていれば、水を足してください)
  4. <ケーキを作る>
    ボールにバターを入れ、電動泡立て器などで泡立て始める。ライトブラウンシュガーを2回に分けて加え、白っぽくふわっとするまで泡立てる
  5. 卵を一つずつ加え、電動泡立て器などで都度よく混ぜる。混ぜたりないと分離するので、よく混ぜ合わせて下さい。
  6. ふるった粉類の1/3を加え、へらなどでさっくり混ぜる。牛乳の半分、そしてかぼちゃのピューレを加え、都度へらで混ぜ合わせる。粉類、牛乳、かぼちゃ、と繰り返し、最後は粉、そしてラム酒を混ぜる
  7. マフィン型に型を敷き、生地を12等分する。180度に温めたオーブンで約20分程度、火が通るまで焼く。焼き加減は竹串を刺してみて、生地が付いてこなければ出来上がり。クーラーの上で冷ます。
  8. 途中5分程度かけて、飾り用のかぼちゃに砂糖少々を振り、グリルして下さい。
  9. <クリーム>
    生クリームにカスターシュガー、バニラペーストを加えて混ぜ合わせる。かぼちゃのピューレ(150g)を加え、角が立つ程度まで泡立てる。
  10. 絞り袋に口金をつけて、冷めたカップケーキの上に絞り出す。かぼちゃの種とグリルしたかぼちゃでデコレーションして出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は194位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。