イギリスにおける食べ物の名前ってユニークなものが多いな、と思いますが、その一つがこれ。ウサギも使っていなければ、ウサギの形もしていない、過去にウサギが入っていた経歴もナシ。「なんでやねん??」と謎は残るばかり。

味自体はチーズトーストみたいなもんです。見た目そのまんまなんで、それほど驚きもない。でも美味しいのは美味しい。学校から帰ってきて腹ぺこなKには最高のスナック。どーでもいーことですが、学校から帰ってきたら、そのままお風呂に直行です。その方がスッキリするし、疲れや汚れも落ちる気がして、ロックダウンから開放されて以来、続いています。

そしてお楽しみのおやつーー、もうちょっと待ってくれれば夕食になるのですが、それが待てないお年頃。今日もコレ2枚食べて、普通に夕食も食べてました。彼にとっては名前のことはどーでもいーらしい。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

クランペット

25/08/2020

イギリスのホットケーキ、クランペット。イーストを少し使うものの、卵も牛乳も不使用。ぐるぐる混ぜてしばらく置いておけば生地は出来ます。これが外はカリッとしていて中がモッチモチ。本当に美味しい、病みつきな食感です。甘いもの苦手のKもこれは大好き。いっくらでも食べてくれます。

実は昔、市販のものを買って食べてみたら、一応トーストはしたのですが全然美味しくなくってそれ以来、手をつけたことがありませんでした。が、やっぱりイギリスにはこれが欠かせないしなぁ、、、と若干気が進まないままレシピ研究に突入してみたら、「全然味違う!! 」。で、あれこれ作りやすい方法、覚えやすい分量に向けてのレシピ開発となりました。

バターとゴールデンシロップがイギリスっぽく、とても美味しいのですが、お好きなシロップやジャムでもどうぞ。チーズやハムなど合わせても美味しいですよ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

衝撃的な色と作り方。
渡英したばかりの頃、パブでオーダーしてびっくりしたのを覚えています。酸味と甘さ加減が日本の味に慣れた私には強く、しかもアイスクリームだと思っていたら、甘さのないダブルクリームが添えられていて、紅茶で流し込んだ記憶が。。。しかもパンで作ると言うのもなんだかショッキングな作り方でした。

レシピは手軽に作れる様に冷凍のベリーを使って、クリームを入れたりして改良したものですが、本来はフレッシュなベリーを何種類か使って、大きく作り、中にもゴロゴロとベリーを入れます。それは又の機会にトライしますね。ベリー類は夏のフルーツとされているし、火も使わずに出来るので「サマープディング」と呼ばれる訳です。面白いお菓子がイギリスには存在するなぁ、と思うもののヒトツです。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

ランチに登場頻度が多い。実は郊外のちょっとお洒落なカフェで出てきたのが、こんな感じでした。今となっては本当にこんなのだったかどうか不明だけど。。スイートコーンどっさりで、チリジャム探すのにいくつか試し、今のところいちばんしっくりきたのが、TracklementsのChilli Jamです。たっぷりつけて食べるとホント美味しいのです。チョリソの代わりにべーこんでもいいし、ポーチドエッグの代わりに目玉焼きのせてもいいんですけどね。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Onion Gratin Soup

onion_gratin_soup.jpg

ロンドン冷えてます。朝の霜が凍ったまま溶けずにまた夕方に、、、こんな日が続くとあったかスープが何よりのご馳走ですね。そういうワケで、スープのレシピ、いつまで続くかな。

まずはオニオングラタンスープ。タマネギしかなくても時間さえ(それがないってかー)あれば、立派なスープが出来ます。黒砂糖少々加えると旨味が引き立ちます。冷凍室に入れたまま忘れてしまった(笑)古いバゲットを使っても大丈夫です。

4~6人分

  • タマネギ(大) : large onions—3個(500g)
  • ガーリック : garlic—1片
  • (無塩)バター : un-salted butter—30g
  • 白ワイン : white wine—大さじ2
  • 黒砂糖 : brown sugar—小さじ1
  • 塩 : salt—小さじ1.5
  • スープの素: vegetable soup stock—1個
  • コショウ: black pepper—少々
  • お湯: hot water—1200ml
  • バゲット: baguette—2.5cm厚みにスライスしたもの4~6枚
  • チーズ: cheese—100g(チェダー、パルミジャーノ、グリュエルチーズなどお好みのもの)をすりおろす。あらかじめ削ったものを使っても構わない

* オーブンを220℃に温めておく

  1. 厚手の鍋にバターを溶かし、みじん切りにしたガーリックとスライスしたタマネギを中火で炒める。10分くらい経つと、しんなりとしてくる
  2. さらに飴色になるまでよく炒める。約20分かかる。
  3. 白ワイン、スープの素とお湯を注ぎ、一煮立ちさせる。アクを取って、砂糖と塩、コショウを加えて調味する
  4. オーブン可能な器に注ぎ、上にスライスしトーストしたバゲットをのせる。バゲットの上にチーズものせ、温めたオーブンで約15分、焦げ目がつくまで焼いたら出来上がり。更にチーズ少々をすりおろしても良い

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。