Rhubarb Crumble

ルバーブの代わりに、なし、りんご、バナナ、プラム、さくらんぼ、レーズンなどでも美味しくできます。クランブルもナッツやシナモン、オートミールなどを加えると変わった風味になります。いろいろとアレンジできますし、残ったクランブルは冷凍もできます。

美味しいアイスクリームをお忘れなく。

4人分 / Serves 4

  • ルバーブ—300g / 300g Rhubarb
  • グラニュー糖—大さじ2 / 2 tbsp granulated sugar
  • レモン汁—大さじ1 / 1 tbsp freshly squeezed lemon juice
  • 薄力粉—70g / 70g plain flour
  • アーモンド粉—20g / 20g ground almond
  • きび砂糖(ライトブラウンシュガー)—50g / 50g light brown sugar
  • 無塩バター—50g / 50g unsalted butter(冷たいバターを1cm角に切る)
  • バニラアイスクリーム—適宜 / vanilla icecream

*オーブンを180度に温めておく

  1. ルバーブは3〜4cm長さに切る
  2. 耐熱皿に切ったルバーブを入れ、グラニュー糖を振りかける。180度に温めたオーブンで約15分加熱する
  3. <加熱している間にクランブルを作る>
    ボウルに薄力粉とアーモンド粉、ライトブラウンシュガー、1cm角に切った冷たいバターを加えて、手でバターの塊を潰すようにしてクランブルを作る
  4. オーブンからルバーブを出してレモン汁を加え、上下を混ぜ合わせる
  5. ルバーブの上にクランブルをまんべんなくかけ、再びオーブンに入れる。30分ほどして、表面がキツネ色に焼けたら出来上がり
  6. 熱いうちにアイスクリームを添えてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Beetroot & Edamame Salad

色鮮やかなビートルートに蛍光緑みたいな枝豆。ぎょっとする感じですが、これがめちゃくちゃ美味しくって。この写真のお皿から取って食べ続けていたのですが、気が付いたら半分食べてました。

スティルトンチーズも得意とは言えないのですが、なぜか赤い野菜と合うようで、この時も「これは欠かせないなぁ」と思ってしまいました。日本だと見つけるのが難しいですよね。蕪に枝豆とパルミジャーノチーズを削ってのせるといいかな。

ビートルートは丸ごと茹でると時間はかかりますが、色がきれいに残ります。切ってから茹でると、色褪せて、ちょっと勿体無い感じがするので、余分を切り落としたら、ザブン!と丸ごと茹でてくださいね。美味しさ倍増です。

<4人分/serves 4>

  • ビートルート—4個(正味500g) / net weight 4 (500g) beetroots
  • レモン—1/2個 / 1/2 lemon
  • エキストラバージンオリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp extra virgin olive oil
  • 塩—小さじ1/2 / 1/2 tsp salt
  • 枝豆のむき身(冷凍されたものを解凍)—80g / 80g defrosted shelled edamame (soybean)
  • スティルトンチーズ—20g / 20g stilton cheese
  • くるみ—20g / 20g walnuts
  • 黒こしょう—少々 / ground black pepper
  1. ビートルートは葉とひげ根の部分を切り落とし、水から茹で始める。沸騰したら弱火で約30分茹でる。もしくは蒸しても構いません(所要時間約20分)。枝豆は自然解凍しておくか、熱湯をさっとかける
  2. 茹でている間にマリネ液を作る
    ボールにレモンと塩、コショウ、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせておく
  3. ビートルートが茹で上がったら、水を捨て、流水で少し冷ます。皮をぐるりと剥き、7〜8mmの厚みの輪切りにする。切ったものから順番にマリネ液に漬ける(15分〜2、3時間程度)。
  4. くるみを粗くみじん切りにし、乾煎りする。
  5. 盛り皿に、ビートルートの汁気を切って並べ、上から枝豆、スティルトンチーズをナイフで削りながらのせる。くるみも散らせて、最後にブラックペッパーを振りかけたら出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は137位。パースニップ、セルリアック、ビートルートとイギリスで見かける、、でも日本人には馴染みが少なそうな根菜を2本ずつ動画にてアップしてきました(頑張ったと思うぞ私)。次回が根菜シリーズの最後、何が出てくるかお楽しみに。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Red Cabbage & Walnut Salad

red_cabbage_salad.jpg
赤い(紫色の)野菜はレモンを加えると、鮮やかなピンク色になります。軽く加熱した後、手でぎゅっとよく絞るのが美味しいサラダのコツ。柔らかく、ドレッシングがよく馴染みます。

お好みでスティルトンチーズを加えると、個性的なサラダに仕上がりますが、お好みのチーズでどうぞ。カリカリのベーコンでもいいですよ。

4人分

  • レッドキャベツ: red cabbage—1/2個
  • 塩 : salt—小さじ1
  • レモン : lemon—1/2~1個
  • エキストラバージンオリーブオイル : extra virgin olive oil—大さじ2
  • 塩コショウ: salt & ground black pepper—少々
  • くるみ: walnuts—40g
  • スティルトンチーズ: stilton cheese—50g
  1. キャベツは千切りにして、塩を混ぜ合わせた後、電子レンジで2分ほど加熱する。手で水気を絞っておく
  2. 小鍋に粗みじん切りにしたくるみを入れ、乾煎りする
  3. ボールにキャベツ、レモン汁、オリーブオイル、くるみを入れて和える。塩コショウで味をととのえた後、お好みでスティルトンチーズを加えて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は123位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Butternut Squash Soup

butternut_sq_soup

バターナットスクオッシュ、最近は日本でも見かけるようになったそうですね。かぼちゃのように甘いのが特徴ですが、水分を多く含み、崩れやすいので、煮物にはむいていません。ローストやスープが良いでしょう
普通のかぼちゃよりもカロチンを多く含み、紫外線でダメージを受けた肌の回復に良いそうです。また、かぼちゃの種はビタミンA.B.E.豊富で、若返りの素とされるらしいのですよ〜ん。

4人分

  • バター: un-salted butter—20g
  • バターナットスクオッシュ : butternut squash—1/2個(400g)
  • ニンジン : small carrot—小1本
  • タマネギ: onion—1/2個
  • お湯: hot water—500ml
  • ライトブラウンシュガー: right brown sugar—小さじ1
  • 塩 : salt—小さじ1/2〜
  • 牛乳: milk—100ml
  • パンプキンシード: pumpkin seeds—20g
  1. バターナットスクオッシュは半分に切り、種を取り除く。皮を剥き、2cm角に切る。タマネギとニンジンはスライスしておく
  2. 厚手の鍋にバターを溶かし、中火で、タマネギ、ニンジン、バターナットスクオッシュを5分程度炒める
  3. お湯と塩、砂糖を加えて一煮立ち、その後20分程度、野菜が柔らかくなるまで煮込む
  4. ブレンダーにかけて滑らかにする。鍋に戻し、牛乳を加え、塩加減をととのえ、沸騰直前まで温める。器に注ぎ、乾煎りしたパンプキンシードを散らして出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は66位。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Almond Milk Panna Cotta with Strawberries

2週間に1度だけ作っているお弁当。その時のデザートに作ったら、「作り方知りたい〜」と数名からのリクエストをいただきました。それまではミルクとダブルクリームで作っていたのですが、ふとアーモンドミルクを使ってみたら、軽くて風味のあるパンナコッタができました。

平凡だけど、これにはいちごが色も味も抜群のコンビですね。

panna_cotta

6人分 / Serves 6

  • 粉ゼラチン—1袋 / 1 sack of gelatine powder
  • 水—大さじ2 / 2 tbsp water
  • お湯—100ml / 100ml hot water
  • グラニュー糖—100g / 100g granulated sugar
  • バニラペースト—小さじ1/4 / 1/4 tsp vailla paste
  • ラム酒—大さじ1 / 1 tbsp rum
  • アーモンドミルク(無糖)—350ml / 350ml un-sweetened almond milk
  • ダブルクリーム—150ml / 150ml double cream
    <いちごソース>
  • いちご—300g / 300g strawberries
  • カスターシュガー—大さじ1 / 1 tbsp caster sugar
  • グランマニエ—小さじ1 / 1 tsp Grand Marnier
  1.  ボールに水—大さじ2を入れ、その上からゼラチンパウダーを振り入れて、そのまま5分程度置いておく
  2. 熱湯—100mlを加え、よく混ぜ合わせて、ゼラチンを溶かす。グラニュー糖も加えて溶かす
  3. バニラペーストとラム酒、アーモンドミルク、ダブルクリームの順に加えて、混ぜ合わせる
  4. グラスに注ぎ分け、冷蔵庫で2〜3時間冷やし固める
  5. いちごを洗って、1cm程度の角切りにし、カスターシュガーとグランマニエを合わせて、ソースを作る。固まったパンナコッタの上からソースをかけて、あればミントを飾る

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は86位。週末も夏日和。嬉しいですね。皆さんにとって、楽しい週末が過ごせますように。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。