Whisky Brownie Bite

案外簡単ですぐに出来るブラウニー。砂糖を減らすとか、チョコレートの代わりにココアを使ったり、はたまた豆腐を入れたり、、、とありますが、これは正統派。ガッツリどっしり。たーだーしーーー、小さく切る!!。チョコレートのつもりで食べる感じ。それだけでお上品に繊細に見えます。食べる量もたーぶーんーー減ります。

ナッツやドライフルーツを入れて、アレンジも楽しめます。今回はウィスキーの香りだけでシンプルに。

バレンタインに間に合うかな。ギリギリでごめんなさい。ハッピーバレンタイン!

<20cm角型1枚分>

  • チョコレート(カカオ70%)—200g / 200g cocoa solid 70% plain chocolate
  • 無塩バター—100g / 100g un-salted butter
  • 卵(中)—3個 / 3 medium eggs
  • カスターシュガー—180g / 180g caster sugar
  • スコッチウィスキー—大さじ1 / 1 tbsp scotch whisky
  • 薄力粉—100g / 100g plain flour

焼くまでにオーブンを180℃に温めておく

  1. チョコレートを粗く刻んで、ボウルに入れる。
  2. 別のボウルに熱湯を入れ、刻んだチョコレートの入ったボウルを湯煎にかける。少し溶けたところでバターを加えて一緒に溶かす(バターを少し切って入れた方が早く溶けます)
  3. (溶かしている間に)薄力粉をふるう。別のボウルに卵とカスターシュガーを入れ、混ぜ合わせる。ウィスキーも加える
  4. 溶かしたチョコレートとバターを少しずつ、卵のボウルに加えて泡立器でよく混ぜ合わせる。薄力粉を加える
  5. 型に流し、180℃に温めたオーブンで、17~18分焼く。冷めてから小さく切って出来上がり。
  6. お好みで粉砂糖かココアを振ってください

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Pear with Chocolate for Picnic

poire

チョコレートソースがかかった洋梨はフランスの定番デザート”Poire Belle Helene”と呼ばれ、本来はバニラアイスを添えます。一口サイズに切って、チョコレートソースを絡め、デコレーション。ピクニック向けに楽しくアレンジしました。

外出するときにチョコレートを持って出かけたのは良いけれど、いざ食べるときにはどろり〜ん、と溶けていた、という経験はありませんか?だったら最初っから溶かしてしまおう、という訳です。ジャムの空き瓶などに入れてゆけば、溢れる心配もありません。梨以外にバナナや他のフルーツ、スポンジケーキ、フィンガービスケットなどを切ったものなども一緒に添えても楽しくなります。

洋梨は程よく熟したものを使って下さい。多少甘味が少なくても、シロップで煮ると美味しくなります。バニラの他にシナモンスティックなどを加えても香りが豊かになります

Serves 6

  • 2 Comice, William or Conference
  • 450ml water
  • 1/2 Vanilla pod, open the pod and scrape the seeds
  • 3 tbsp granulated sugar
    <for chocolate sauce>
  • 100g chocolate (70% cacao)
  • 1 tbsp unsalted butter
  • 4 tbsp semi-skimmed milk
  • 1 tsp granulated sugar
    <for decoration>
  • sliced almond, sugar sprinkles
  • banana, sponge finger
  1. peel the pear and core them with a tea spoon.
  2. Heat the water, sugar and vanilla pod and seeds from over a medium heat. Poach the pears in the syrup for about 15 minutes over a low heat. Remove from the hob and leave until cool at a room temperature.
  3. Put the broken chocolate, butter, and sugar in a small bowl. Heat the milk in a microwave for about 20 sec and mix well into the chocolate to dissolve the chocolate and butter.
  4. Drain the pear and cut into 2 cm cubes. Serve with chocolate sauce and sprinkle with the sliced  almond and sugar sprinkles.

cook

6人分

  • 洋梨: Comice, William or Conference—2個
  • 水: water—450ml
  • バニラビーン: Vanilla pod—1/2本
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ3
    <チョコレートソース>
  • チョコレート(カカオ70%のもの): chocolate (70% cacao)—100g
  • 無塩バター: unsalted butter—大さじ1
  • 牛乳: semi-skimmed milk—大さじ4
  • グラニュー糖: granulated sugar—小さじ1
    <トッピング>
  • スライスアーモンド: sliced almond—適宜
  • カラーシュガー: sugar sprinkles—適宜
  • お好みでバナナ、その他のフルーツ、スポンジケーキなど
  1. 梨は皮を剥き、芯をスプーンなどでくり抜く
  2. 鍋に水とグラニュー糖、切り込みを入れたバニラ(鞘ごとでも構わない)を入れて火にかける。沸騰しかけて良い香りがしてきたら、梨をそっと入れ、弱火で約15分静かに煮る。そのままシロップに漬けて冷ましておく
  3. 小さなボールにチョコレートとバター、砂糖を入れる。牛乳を電子レンジに約20秒かけて温め、ボールに加える
  4. 静かにかき混ぜ、チョコレートとバターを溶かす
  5. 梨の汁気を良く切り、2cm角程度に切り、チョコレートソースを添えて下さい。食べるときにソースをからめ、お好みでスライスアーモンドやカラーシュガーでデコレーションして下さい

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Chocolate Mess

chocolate
本来はダブルクリームとイチゴで作るイギリスの春のデザート「イートンメス」ですが、チョコレートバージョンを作ってみました。(見た目は良くないけど)スプーンでぐちゃぐちゃにして食べると美味しいんです . . .

フルーツはラズベリーのほか、バナナ、ストロベリー、イチジク、オレンジなどで応用できます。メレンゲの甘味で食べるので、クリーム自体はあまり甘くしない方が美味しいですね。

Serves 6

  • 80g dark chocolate (cacao 85%), roughly chopped
  • 1 tsp Cointreau, Crème de Cassis, Brandy
  • 60ml hot water
  • 2 tbsp granulated sugar or caster sugar
  • 170 ml double cream
  • 4 nests meringue
  • 150g raspberries
  1. Put the chocolate in a bowl and heat in the microwave for about 1 minute and 30sec to dissolve.
  2. Mix well the sugar, liqueur and hot water adding little by little with a whisk.
  3. Add the cream and whip until peak. Divide into individual glass. If you like hard texture you can cool it in a fridge for about 1 hour.
  4. Add the meringue breaking with your hands and decorate the raspberries. Serve immediately.

cook

6人分

  • チョコレート(カカオ85%): dark chocolate (cacao 85%)—80g
  • 好みのリキュール(コアントロー、クレームドカシス、ブランデーなど): Cointreau, Crème de Cassis, Brandy—小さじ1
  • 熱湯: hot water—60ml
  • グラニュー糖、もしくはキャスターシュガー: granulated sugar or caster sugar—大さじ2
  • ダブルクリーム: double cream—170ml
  • メレンゲ: meringue—4個
  • ラズベリー: raspberries—150g
  1. ボールにチョコレートを刻んで入れ、電子レンジに1分30秒かけるか、もしくは湯煎にして溶かす
  2. 砂糖、リキュール、お湯を少しずつ加え、泡立て器でよく混ぜ合わせる
  3. クリームを加え、少しふわっとする程度まで泡立てたら、グラスに盛る。固めのムースにしたい場合は、冷蔵庫で約1時間冷やし固めて下さい。食べる直前にメレンゲを手で崩しながら加え、フルーツをのせたら出来上がり。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Ricotta Cheese Cake in Filo

料理教室で好評、8人分のはずがいつもなくなっていました(笑)。パリパリのフィロは言うまでもなく、たっぷりのピールと苦いチョコレートがアクセント、粉が入っていないので軽い食感です。フィロを重ねてタルト型に敷き生地を流し、残った部分をクシャクシャっと乗っけるようにします。それだけなのに、いい感じに焦げてホント可愛い。この応用でいーーっくらでもケーキが食べられて作れてしまいます。

Serves 8 (for a 21cm tart)

  • 4 sheets of filo
  • 40g unsalted butter
  • 1 pack (250g) ricotta cheese
  • 3 tbsp + 3 tbsp granulated sugar
  • 3 medium eggs, divided egg yolks and whites
  • 1/4 tsp vanilla extract
  • 5 tbsp mixed peel
  • 40g bitter chocolate

*Preheat the oven to 180°C, gas mark 4.

  1. Melt the butter in the microwave for about 30 sec. Grease a 21cm loose-bottomed tart tin
    with the butter.
  2. Spread a sheet of filo pastry, brush with the butter then lay the next filo. Repeat the remaining sheets at different angles. Imagine the excess filo for the edge divide evenly. Line them in the tin.
  3. To make filling, mix together the cheese and 3 tbsp sugar with a whisk. Stir into the egg yolks and vanilla extract then add the mixed peel and chocolate.
  4. Place the egg whites in a large clean bowl and whisk slowly at first. Adding the sugar little by little whisk them until they form stiff peaks.
  5. Take the 1/3 of egg whites and stir into the cheese bowl with a whisk. Add the remaining white, fold evenly.
  6. Spoon in the tin. Cover roughly with excess filo and bake for about 30 minutes until golden. Allow to cook at room temperature and serve.


8 人分(21cmタルト型1個分)

  • フィロ: filo—4枚
  • 無塩バター: unsalted butter—40g
  • リコッタチーズ: ricotta cheese—250g
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ3+大さじ3
  • 卵(中): medium eggs—3個(卵黄と卵白を分けておく)
  • バニラエクストラクト: vanilla extract—小さじ1/4
  • ミックスピール: mixed peel—大さじ5
  • ビターチョコレート: bitter chocolate—40g

* 冷蔵のもの。冷凍を使う場合は予め解凍しておいて下さい
** 焼くまでにオーブンを180度、ガスマーク4に温めておく

  1. バターを電子レンジ(約30秒)か湯煎にかけ、溶かしておく。底が外せるタイプのタルト型に刷毛でバターを薄く塗っておく
  2. フィロを1枚そっと剥がし、表面にバターを刷毛で塗って、その上にもう1枚重ねる。これを4枚分繰り返す。余分が均等になるように、きちんと重ねないように。
  3. タルト型に4枚重ねたまま、そっと置く
  4. ボールにチーズをグラニュー糖—大さじ3を入れ、混ぜ合わせる。卵黄3個分とバニラエクストラクトも加え、泡立器で混ぜる
  5. みじん切りにしたピールとチョコレートを加える
  6. 別のボールに卵白を入れ、電動泡立器で泡立て始める。はじめはスピードをゆっくりにして、砂糖を少しずつ加え、徐々にスピードを上げ、角が立つまで泡立てる
  7. チーズのボールに卵白の量の1/3を加え、泡立器で馴染ませる。その後残りの卵白を一気に加え、へらで切る様に混ぜ合わせる
  8. フィロを敷いた型に入れ、余分なフィロを生地の上にふわりとのせる様にする。温めたオーブンで約30分、フィロに焦げ目がついて、中に火が通るまで焼いたら出来上がり。冷めてから切り分けて下さい

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Bûche de Nöel

クリスマス前にどうしてもアップしたかったので、英語は後(ゴメン!!)です。

中に入れるフルーツはチェリー缶詰のほか、お好みのものを使って下さい。フレッシュないちごやラズベリー、マロングラッセなどもよくあいます。チョコレートが苦手な場合は、ココアの分を薄力粉にして下さい。また、代わりに抹茶を加えても美味しいです。

知る人ぞ知る?スポンジケーキの作り方。牛乳とバターを火にかけて作るのはシュー皮を作る時と似ています。一手間ありますが、このおかげでしっとりしたスポンジ(伊達巻きに近い食感)になります

チョコクリームがこれまた面倒なのですが、溶かしたチョコレートを冷たいクリームに合わせようとすると分離します。ですので、クリームを温めた方が混ぜやすいのですが、クリームは冷えていないと泡立たない。面倒ですが、いったん冷蔵庫で冷やすとうまくゆきます。レシピ、ながっ。

6人分(20cm×30cmスイスロール型1本分)

  • 薄力粉: plain flour—30g
  • ココア: cocoa—10g
  • 牛乳: milk—100ml
  • 無塩バター: un-salted butter—30g
  • 卵: eggs—4個
  • グラニュー糖: granulated sugar—80g
  • ホイッピングクリーム: whipping cream—200~300ml
  • ブラックチェリーの缶詰: black cherries in light syrup—(正味100g)1/2缶
  • キルシュ: kirsh—小さじ1
  • チョコレート(カカオ70%): chocolate—50g
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ3
  • アイシングシュガー: icing sugar

*焼くまでに型にパーチメントシートを敷いておく。四隅に切り込みを入れ、ホッチキスで止めると便利
*オーブンは180度に温めておく

  1. 卵は3個分を卵白と卵黄に分け、卵黄と全卵1個分をよく溶いておく。卵白は大きめのボールに入れる。薄力粉とココアはふるう
  2. 鍋に牛乳とバターを入れ、沸騰させる
  3. 沸騰したら、火からおろし、粉類を一度に加えて、木べらでダマにならないように一気に混ぜる
  4. 良く溶いた卵黄と卵を合わせたものを少しずつ加え、木べらで混ぜ合わせ続ける。徐々に滑らかな状態になる。チョコレートカスタードの様な状態になれば良い
  5. 卵白を泡立てる。泡立って来たら、少しずつグラニュー糖を加える
  6. 泡立器を持ち上げて、ピンと角が立って、艶のある状態になるまでしっかり泡立てる
  7. チョコレート生地の鍋の中に、泡立てた卵白の1/4程度を入れ、泡立器でぐるぐると馴染ませる
  8. 卵白のボールに、合わせた生地を戻し入れ、ゴムベラなどでさっくりと均一に混ぜ合わせる
  9. 均一になったら、型に流し入れる平均にならし、型ごと台の上から落とすようにして、中の空気を抜く
  10. 180度に温めたオーブンで13〜15分程度、表面にうっすら焦げ色が付き、中に火が通るまで焼く。あら熱が取れたら、型から外し、網の上などで冷ます。冷めたら上からラップをかけ、そのままできれば一晩置く(一晩置いた方が巻いたり切ったりしやすくなります)
  11. 裏返して、パーチメントシートをそっと剥がす。もう一度裏返して、短い辺の一方を垂直に切り、反対側は巻き終わりやすい様に斜めに切り落とす
  12. ホイッピングクリーム100mlにグラニュー糖—大さじ1.5とキルシュを加え、やや固めに泡立てる。垂直に切った方を手前に置き、クリームを塗る向こう側(斜めに切った側)2cmくらいはクリームをぬらないこと。手前に一列、汁気をよく切ったチェリーを並べる
  13. チェリーを巻き込むようにして芯を作り、そのままぐるぐると最後まで巻く。巻き終わったらきっちりラップで包み、冷蔵庫に入れておく
  14. チョコレートは細かく刻み、飾り用に少し残して、電子レンジに約1分かけて、溶かす。クリームもレンジで約1分かけ、少し温める。両方を混ぜ合わせてから、いったん冷めるまで冷蔵庫で冷やす
  15. 残りのクリームにグラニュー糖—大さじ1.5を合わせトロリと泡立てる。なかなか泡立たなければ、残っているクリームを少し混ぜて下さい(チョコレートの分量が多い程、泡立ちにくくなります)。巻いたケーキの表面にゴムベラなどで塗り、フォークで筋を付ける。一切れ切って上にのせ、取り分けたチョコレート、チェリーの残り、ヒイラギの葉で飾り付けをする。最後にアイシングシュガーを振ってできあがり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

「これぞクリスマスな王道レシピ!」コーナーにレシピを掲載中!

ブラウニー

16/09/2010

Brownie

ここのところ随分凝って作り続けたブラウニー。なかなか思うレシピにならなくてあれこれ作っては人に配っておりました。実験された方々ごめんなさい。

カカオ70%のそのまま食べて美味しいチョコレートとピーカンナッツ、これが理想です。カカオ分の少ないミルクチョコレートで作ると、ちょっとお子様向け、ナッツもピーカンナッツの固さと強すぎない香りがちょうど良かったです。ナッツはオーブンを温める時に一緒に、乾煎りすると香ばしさがグンと違ってきます。

チョコレートケーキをどどぉーーんと食べたい程でもないけど、ちょっとチョコ味が食べたいときに良いお茶うけです。チョコレートとバターを煮立てたり、高温になり過ぎると分離したり風味を損なったりしますので、ギリギリチョコレートが溶ける寸前くらいで温めるのを止めて、後は混ぜて溶かすのがコツ。

20cm square cake tin

  • 100g chocolate (cacao 70%)
  • 100g unsalted butter
  • 200g granulated sugar or caster sugar
  • 2 eggs
  • 150g plain flour, sieved
  • 100g pecan nuts
  • 1 tbsp brandy

Grease or line the sides and base of a 20cm square cake tin with baking parchment.

  1. Preheat the oven to 180°C, gas mark 4. Meanwhile, roast the nuts until they are slightly browned on the oven tray. Roughly chop them.
  2. Melt together the chocolate and butter in the large bowl for about 1 minute in the microwave (800w).
  3. Combine the half of sugar and brandy with the wooden spoon or spatula.
  4. In the another clean bowl whisk the egg and the remaining sugar until pale and fluffy.
  5. Add the egg in the chocolate mixture and flour. Gently fold the mixture together and add the nuts evenly.
  6. Spoon the mixture into the tin. Bake in the preheated oven for about 30 minutes, until just cooked. Leave to cool completely in the tin. Remove from the tin and cut into pieces.

20cm角ケーキ型1つ分

  • チョコレート(カカオ70%): chocolate (cacao 70%)—100g
  • 無塩バター: unsalted butter—100g
  • グラニュー糖、もしくはカスターシュガー(granulated sugar or caster sugar)—200g
  • 卵: eggs—2個
  • 薄力粉: plain flour—150g
  • ピーカンナッツ: pecan nuts—100g
  • ブランデー: brandy—大さじ1

型にベーキングシートを敷いておく、もしくはバターを塗っておく

  1. オーブンを180度(ガスマーク4)に温める。そのときにナッツを香ばしい香りがする程度に乾煎りしておくと良い
  2. 薄力粉はふるっておく
  3. チョコレートはパッケージごと荒く割って砕くと便利。ボールにチョコレートとバターを入れ、電子レンジ(800w)で約1分温める
  4. 少しチョコレートの塊が残る程度で、ゴムベラなどで混ぜ合わせ完全に溶かす
  5. 砂糖の半分、ブランデーも加えて、混ぜ合わせる
  6. 別のきれいなボールに卵を割入れ、ハンドミキサーで泡立て始める。砂糖の残りを加えて、白っぽくもったりする程度まで泡立てる
  7. チョコレートの入ったボールに泡立てた卵を混ぜて合わせ、粉も振り入れ、ナッツも加えて均一になるまで混ぜ合わせる
  8. 型に流し入れ、温めたオーブンで30分程度焼いたら出来上がり。型に入れたまま冷まし、冷めてから好きな形に切り分けて下さい

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Chocolate Mousse

チョコレートが大好き!!と言う程ではありませんが、たま〜に無性に食べたくなります。お菓子に使うチョコレートは、70%以上カカオで良質なもの(艶があって「パリン!!」と割れる、香りの良いもの)を使って下さい。濃厚な味なので、少量で満足と思います。オプションがなくても充分美味しい。ビスケットはダイジェスティブビスケット、ココナッツが入ったナイスビスケットのようなものがオススメですが、個人的にはラズベリーと一緒に食べるのが好きです

材料(6人分)

  • チョコレート: chocolate—100g(70%カカオのもの、製菓用でなくても構いません)
  • ホイップクリーム: whipping cream—150~200ml
  • 卵黄: egg yolks—2個分
  • アーモンド粉: almond powder—50g
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ2
    <オプション>
  • ビスケット: biscuits / フレッシュラズベリー: fresh raspberries / バナナ: bananas—適宜

作り方

  1. チョコレートは2cm角程度にざっと刻み、小さいボールに入れる。レンジに約1分かけるか、湯煎にして溶かす。溶かす目処は、写真のように少しダマが残る程度。混ぜると余熱で溶けます(焦げたり、風味が落ちない様になるべく低温で溶かすこと)
  2. 完全に溶けたら、アーモンド粉とお湯—大さじ1を加え、均一になるまで混ぜ合わせる
  3. 別のボールに卵黄を入れ、泡立器でざっとほぐす。グラニュー糖と水—大さじ2を沸騰させ、シロップを作る(レンジを利用して構わない)。熱いシロップを3.の卵黄に少しずつ加え、よく混ぜる
  4. ボールを湯煎にかけ、泡立てる。白っぽくなるまで(ゆるいマヨネーズ状態)、混ぜるお湯は熱湯を使って下さい
  5. 泡立てた卵黄に2.のチョコレート+アーモンド粉を加え、混ぜ合わせる
  6. 別のボールにクリームを入れ、角が立つ程度まで泡立てる。クリームの量はビターが好きな場合は少なめ、苦手な場合は多めと、加減して下さい
  7. あら熱のとれた5.を加えて、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる
  8. 均一になるまで合わさったら、カップに注ぎわける。この時、好みでビスケットやフルーツを入れても良い。冷蔵庫で2時間程度冷やし固める。仕上げに粉砂糖を振っても

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。