「りんごでピンクのジャムを作ろう!」と思い立ち、失敗すること数回、家じゅう出来損ないのりんごジャムだらけ。皮の色を生かしたいけど、ジャムに皮は歯触りが悪くなる、、、でしたが、ようやく出来ました。ジャムのピンクは自然の色です。

これがふわっとした軽いスコーンに合う合う!!この場合はクロテッドクリームよりもふんわりしたクリームの方が良いと思います。これくらいぼーーーっとした感じの出来損ないハート型と言うのも可愛いかな。ハッピーバレンタイン!

レシピは画面をクリックすると「Youtubeで視聴する」と言うメッセージが表記されます。そこからYoutubeの方でご覧になってください。Youtube画面下に↓↓レシピはこちら↓↓があります。「もっと見る」でレシピが表記されます

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

本当に簡単でフライパンで片面3分ずつ焼けば出来るお手軽おやつ。生地をねかせたりする時間も不要です。 これがめーーちゃくちゃお茶に合う!!ぜひ騙されてみて下さい!

我が家ではスコーンよりお気に入りのお茶菓子です。イギリス人のものを調べてみても、大体このレシピは同じなのですが、レモンの皮をすりおろして加えたのは私の仕業。普通はもっとスパイスが多めですが、どうぞご自由に。お好みのウェルシュケーキをアレンジして下さいね。

その名の通り、ウェールズが発祥の地。旅行先として大好きなところですが、あちこちのお店に置いてあります。でも、これは是非作り立て、そうでなければ温めて食べるのをオススメです。 カランツがなければレーズンで代用して下さいね。又、私のひょんな勘違いから(チェダー)チーズを添えてみたら、これまたもの凄く美味しくなりました。危険度増します(止まらなくなる)ので、要注意ですけど。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

スコーン第二弾め。

前回のは生地に卵を使いふわっと軽い食感を出したものですが

今度のものは生地に卵は不要、代わりにサワークリームを使っていますが、最初にフワフワな状態にさせるのがなんとも面白い作業。サワークリームがなければヨーグルトで代用して下さいね。

外がざくっとしていて中はふんわり。これにはブラックカラントのジャムがぴったり。生地の美味しさが十分に味わえるので、クロテッドクリーム要らないかな、と思っています。

どちらも捨てがたいですが、スコーン一つとってもいろんな食感、材料があり、面白いな、と思っています。また違うタイプのスコーンも紹介したいと思っています。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

イギリス、ヨークのティールームBettysの看板焼き菓子。ファットラスカル:ぽっちゃりしたいたずらっ子、と言う意味合いのお菓子。残ったペイストリー生地にドライフルーツを混ぜたりして作っていたのが始まりだそう。それまでもこのテの焼き菓子は存在していた様ですが、Fat Rascalと言う名前にしてから爆発的な人気になったそう。商標も取り押さえてあるらしいです。

とってもイギリス的なお菓子。バターとお砂糖多めのスコーン、ドライフルーツが沢山入っています。が、兎にも角にもこの大きさにびっくり!メロンパンくらいある。こんなに大きくしなくてもよかったんじゃないか、、、とは正直思いますが。このレシピはちょっとアレンジさせていただきました。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Oatmeal choc chip biscuit

serve_logo.jpg

よく作るこのタイプのビスケット。思い立ったらすぐに作れるのと、チョコチップの代わりにドライフルーツやナッツを入れたり、コーヒーの粉を加えたりしてアレンジも出来ます。またオートミールの代わりに食べ飽きてしまったコーンフレークを入れても美味しいです。私は一度に沢山作りますが、半分の量でももちろんオッケーです。小さく焼いても違った表情になります。

for 24 biscuits

  • 250g un-salted butter, leave at room temperature and softened
  • 250g brown sugar
  • 2 eggs, left at room temperature
  • 1/4 tsp vanilla paste
  • 250g self rising flour, sifted
  • 250g oats
  • 200g chocolate chip

*Preheat the oven to 170℃.

  1. Beat together butter and brown sugar in a large bowl with an electric mixer until light and fluffy.
  2. Add the eggs one by one and vanilla until combined well.
  3. Add the oats and chocolate chips until just combined.
  4. Drop dough by heaping tablespoons 3cm apart onto baking sheets and flatten mounds slightly with the spoon.
  5. Bake cookies in preheated oven until golden for about 15 minutes. Transfer to racks to cool.

 

約24個分

  • 無塩バター: un-salted butter—250g
  • ブラウンシュガー: brown sugar—250g
  • 卵: egg—2個
  • バニラペースト: vanilla paste—小さじ1/4
  • セルフレイジングフラワー: self rising flour—250g
  • オートミール: oat meal—250g
  • チョコチップ: chocolate chip—200g

*材料全てを常温に出しておき、オーブンを170度に温めておく

  1. セルフレイジングフラワーはふるっておく
  2. 無塩バターをボウルに入れ、泡立て器で柔らかくする。ブラウンシュガーを加えて、泡立て器でふわっと軽くなるまで泡立てる
  3. 卵を一個ずつ加えて、都度泡立て器でよく混ぜ合わせる。続いてバニラペーストも加えて混ぜ合わせる(ここまでは泡立て器)
  4. セルフレイジングフラワーを加えて、ゴムベラで切るようにして混ぜ合わせる。オートミールとチョコチップも加える
  5. スプーン2本で、大さじ山盛り1程度ずつを直径5cm程度に広げて、3cm程度の間隔を空けて並べる。トレー1枚に約8個分程度出来ます
  6. 温めたオーブンで約15分程度焼き、焼きあがったらラックの上で冷ます

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。