Almond Milk Jelly with Maple Syrup

serve_logo

見た目、つまらなーい感じですが、アーモンドとメープルの香りがとっても美味しいゼリー。最初はアーモンドミルクのテトラパック欲しさに買っていたのですが、気に入ってしまって、ここしばらくずーっと食べ続けています。

アーモンドミルクにメープルシロップを混ぜただけでも美味しいんですけどね。。。

ゼリーの固さはお好みで。私はゆるい茶碗蒸しくらいの固さが好みですが、もう少ししっかりした食感が好きな方はあと2~3枚、ゼラチンの枚数を増やしてください。メーカーによって、1枚の厚みなどは異なってきますから、ご確認下さいませ。写真のものは1枚につき約80mlの液体に溶かす表記になています。

ing

<6人分 / Serves 6>

  • アーモンドミルク—1リットル / 1litre almond milk
  • 板ゼラチン—9枚(800ml分) / 9 sheets of leaf gelatine
  • ライトブラウンシュガー(三温糖)—大さじ4 / 4 tbsp light brown sugar
  • メイプルシロップ—大さじ4 / 4 tbsp maple syrup
  1. 板ゼラチンは冷水適宜に5分程度漬けて、ふやかしておく
  2. アーモンドミルク200ml程度を電子レンジに約1分かけ、温めたところにふやかした板ゼラチンを溶かす。ライトブラウンシュガーも加えて、よく溶かしておく
  3. 残りのアーモンドミルクを加えて、器(大きい器にまとめても、銘々でも)に入れ、冷蔵庫で数時間から一晩かけて冷やし固める
  4. 固まったら、(大きな器の場合はスプーンで取り分けて)、メープルシロップをかけてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Almond Milk Panna Cotta with Strawberries

2週間に1度だけ作っているお弁当。その時のデザートに作ったら、「作り方知りたい〜」と数名からのリクエストをいただきました。それまではミルクとダブルクリームで作っていたのですが、ふとアーモンドミルクを使ってみたら、軽くて風味のあるパンナコッタができました。

平凡だけど、これにはいちごが色も味も抜群のコンビですね。

panna_cotta

6人分 / Serves 6

  • 粉ゼラチン—1袋 / 1 sack of gelatine powder
  • 水—大さじ2 / 2 tbsp water
  • お湯—100ml / 100ml hot water
  • グラニュー糖—100g / 100g granulated sugar
  • バニラペースト—小さじ1/4 / 1/4 tsp vailla paste
  • ラム酒—大さじ1 / 1 tbsp rum
  • アーモンドミルク(無糖)—350ml / 350ml un-sweetened almond milk
  • ダブルクリーム—150ml / 150ml double cream
    <いちごソース>
  • いちご—300g / 300g strawberries
  • カスターシュガー—大さじ1 / 1 tbsp caster sugar
  • グランマニエ—小さじ1 / 1 tsp Grand Marnier
  1.  ボールに水—大さじ2を入れ、その上からゼラチンパウダーを振り入れて、そのまま5分程度置いておく
  2. 熱湯—100mlを加え、よく混ぜ合わせて、ゼラチンを溶かす。グラニュー糖も加えて溶かす
  3. バニラペーストとラム酒、アーモンドミルク、ダブルクリームの順に加えて、混ぜ合わせる
  4. グラスに注ぎ分け、冷蔵庫で2〜3時間冷やし固める
  5. いちごを洗って、1cm程度の角切りにし、カスターシュガーとグランマニエを合わせて、ソースを作る。固まったパンナコッタの上からソースをかけて、あればミントを飾る

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は86位。週末も夏日和。嬉しいですね。皆さんにとって、楽しい週末が過ごせますように。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Orange Panna Cotta

pannacotta

こってりクリーミーなパンナコッタに、爽やかなオレンジ風味のカラメルソースを添えました。口直しのデザートにぴったりです。
グランマニエはオレンジのリキュール、ブランデー(コニャック)にオレンジピールを加えて熟成させています。なければコアントローでも構いません。

Serves 6

  • 1 sack (11.4g) of gelatin powder
  • 3 tbsp water
  • 300ml semi-skimmed milk
  • 300ml single cream
  • 4 tbsp granulated sugar
  • 1/4 tsp vanilla extract
  • 1 tbsp Grand Marnier
    <syrup>
  • 50g granulated sugar
  • 1 tbsp water
  • freshly orange peel of half orange
  • 4 tbsp freshly squeezed juice
  1. In a small bowl place 3 tbsp water and sprinkle with gelatine powder. Leave gelatine for about 5 minutes to absorb the moisture.
  2. In a milk pan heat the milk and granulated sugar over a low heat. When warm up the milk about 70℃, remove from the heat and dissolve with the gelatine with a a whisk. Then add the vanilla, Grand Marnier and cream.
  3. Divide the pudding or jelly molds remove the bubble with a spoon. Cool in the fridge for about 2~3 hours until they set.
    <syrup>
  4. Peel the orange with a lemon zester.
  5. Squeeze the orange to make orange juice, if you cannot have enough juice from the orange add some water.
  6. Heat the granulated sugar and water in a small pan over a medium heat. Shake the pan occasionally to dissolve the sugar. Cook for about 10 minutes until it becomes golden brown. Turn off the heat and quickly add the orange zest and juice. Leave it cool.
  7. Take the panna cotta from the each mold and pour the sauce. Serve immediately.

cook

6人分

  • 粉ゼラチン: gelatin powder—1袋(11.4g)
  • 水: water—大さじ3
  • 牛乳: semi-skimmed milk—300ml
  • シングルクリーム: single cream—300ml
  • グラニュー糖: granulated sugar—大さじ4
  • バニラエクストラクト: vanilla extract—小さじ1/4
  • グランマニエ: Grand Marnier—大さじ1
    <シロップ>
  • グラニュー糖: granulated sugar—50g
  • 水: water—大さじ1
  • オレンジの皮:freshly orange peel—半分
  • オレンジの絞り汁:freshly squeezed juice—大さじ4
  1. 小さなボールに水—大さじ3を入れ、その上から粉ゼラチンを振り入れるようにし、5分程度ふやかしておく
  2. ミルクパンに牛乳とグラニュー糖を入れ、弱火にかける。70度程度に温まったら、火からおろし、ふやかしたゼラチンを加える。バニラエクストラクトとグランマニエも加え、完全に溶けたらクリームも加える
  3. あら熱が取れたら、プリン型などに注ぎ分け、上に出来た泡を救い取り、冷蔵庫で冷やし固める
  4. <シロップを作る>
    オレンジの皮をピーラーで削る。無ければオレンジの部分(白い部分は苦くなるので使わない)を、包丁で剥き、細く切って下さい。中身は絞って大さじ4分の汁をとっておく。足りなければ水を足して下さい
  5. グラニュー糖と水を小鍋に入れて中火にかける。鍋を時々揺り動かして、砂糖を溶かしながら、沸々と煮立たせる。そのまま少し焦げ色が付くまで約10分程度火にかける
  6. 薄いカラメル色になって来たら、オレンジの皮とジュースを加え、煮とかす。そのまま冷ましておく
  7. 固まったパンナコッタを器にひっくり返し、オレンジカラメルソースをかけたら、出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

Aduki Jelly with Dark Brown Muscavado Sugar Syrup

Aduki Jelly

ゆで小豆の缶詰を使うと、簡単に和菓子が出来ます
さすがに大納言小豆の様に、豆自体の味が良い、とは言えないので、甘さを控えた寒天で寄せて、黒みつの甘さで食べるデザートにしました。夏のデザートかな?

Aduki Jelly

6人分

  • 小豆缶: tin of aduki beans—1缶(400g)
  • 粉寒天: agar flakes—1袋(4g)(日本食材店のほか、大手スーパーで入手可)
  • グラニュー糖: granulated sugar—100g
  • ダークブラウンマスカバドシュガー: dark brown muscovado sugar—100g
  1. 小豆缶はざるにあけ、水気を切って、熱湯を回しかける水気をしっかり切ること(缶詰特有の匂いと濁りが抜けます)
  2. 鍋に水—300mlと粉寒天を入れ、中火にかける煮立ったら、火を少し弱くして、更に2〜3分煮詰めて、火から下ろすグラニュー糖を加えて溶かす
  3. 1.の小豆を入れ、水—300mlを足す
  4. 鍋よりひと回り大きなボールに冷水を入れる。その中に鍋を浸け、かき混ぜながら、トロリとするまで冷やす(小豆が沈まないようにするため)周囲から固まってきますので、泡立たないように、絶えずかき混ぜて下さい器に入れて、冷蔵庫で固める
    <黒みつを作る>
  5. 少し大きめの耐熱ボールに、砂糖と同量の水を入れる電子レンジに1分かけ、取り出してよく混ぜる更に1分を2回かけたら(吹きこぼれやすいので、大きめの器を使って、レンジには分けてかけて下さい)黒みつの出来上がり。冷やしておく
  6. 寒天が冷やし固まったら(1時間程度で固まります)、黒みつをたっぷりかけてどうぞ

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず

↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

すっかりアップロードしたものだと思い込んでいたら、まだだったのですね、失礼。もぅ何度作ったか分からないくらい、散々作っている杏仁豆腐。すぐ作れるし、食後にさっぱりと嬉しいおなじみのデザートです。
寒天は最近では、大手スーパーでも手に入るようになりました。ゼラチンで作るゼリーと違って、室温で固まります。固まり始める時間も早いので、あら熱が取れたら早めに型に入れて下さい

材料(6人分)

  • 牛乳: semi-skimmed milk—300ml
  • ミックスフルーツ缶: canned fruit cocktail—1缶
  • グラニュー糖: granulated sugar—100 / 大さじ3
  • レモン汁: lemon juice—1/2個分
  • 粉寒天: agar powder—1袋(4g)
  • アーモンドエッセンス: almond essence—少々

作り方

  1. 鍋に水—300mlと粉寒天を入れ、中火にかける。絶えずかき混ぜながら、、煮立たせる。沸騰したら、火を弱めて、少しトロッとしてくるまで2、3分ほど煮詰める
  2. 火からおろして、グラニュー糖—大さじ3を加え、溶かす。続けて牛乳、アーモンドエッセンスも加えて混ぜる
  3. バットや高さの薄い大きめの容器に、なるべく泡が立たないように注ぎ入れて、冷蔵庫で固める(3時間程度)
    <冷やし固めている間に>
  4. ボールにグラニュー糖100gとお湯—300mlを入れて混ぜ、レモン汁を加えてシロップを作る。あら熱を取って出来れば冷ましておく
  5. ミックスフルーツ缶の汁気を切り、4.のボールにミックスフルーツ缶を加える
  6. 固まった牛乳寒を一口大の大きさ(ひし型)に切り、5.のボールと合わせる。すぐ食べても良いが、シロップに漬けたまま更に冷やすとより美味しい

Copyright © 2009~2010 mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

ごまプリン

25/08/2009

Sesame Pudding

タヒニでごまプリン。できるもんです。

何度も試作を作ったので、しばらくは見たくもありませんでしたが、気に入った方がいらして、朝からご主人とぱくぱく食べ続けとか(嬉涙)。やや濃厚な味ですが、大きな器で冷やし固めて、食べる時に取り分けてもOKです

材料(4〜5人分)

  • タヒニ: tahini—大さじ3
  • ホイップクリーム: whipping cream—100ml
  • 牛乳: semi-skimmed milk—250ml
  • デメララシュガー: demerara sugar—大さじ2(ライトブラウンシュガー: right brown sugarでもOK)
  • ハチミツ: honey—大さじ2
  • 粉ゼラチン: gelatine powder—1/2袋(約6g)

作り方

  1. 粉ゼラチンをワインと水—大さじ2でふやかす((水がゼラチンを全て吸ってスポンジの様な状態になります))。小さな器に水を入れ、上からゼラチンを振り入れると良い
  2. ボールにタヒニとハチミツを入れ、ホイップクリームを少しずつ注いで、泡立器でぐるぐると混ぜ合わせる。はじめは分離したような感じになるが、クリームがすべて入る頃には滑らかなペースト状になる
  3. ミルクパン、もしくは小鍋に牛乳とシュガーを入れ、70〜80℃くらい(舐めて熱いと感じる程度)まで温める。沸騰させないこと
  4. 火からおろし、温まった牛乳に1.のふやかしたゼラチンを加え、完全に溶かす(余熱で溶けます)
  5. 2.のタヒニのボールにゼラチンの入った牛乳を少しずつ注ぎ入れ、なるべく泡立たないようにして混ぜ合わせる。好みの器に注ぎ入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固めたら出来上がり。お好みで黒ごまを振ってどうぞ

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

Summer Berry Jelly

夏のベリーを使った爽やかな赤いゼリー。ベリーの美味しさと色に改めてウットリできる(?)デザートです。夏ならではなので、ベリー類が出回る時期には是非お試し下さい

材料(6人分)

  • ストロベリー: strawberries—450g(1パック)
  • ラズベリー: raspberries—250g(1パック)
  • ブルーベリー: blueberries—150g(1パック)
  • グラニュー糖: granulated sugar—120~150g(フルーツの甘さやお好みにより調節して下さい)
  • 粉ゼラチン: gelatine powder—1袋(約11.4g)
  • ホワイトワイン: white wine—大さじ2
  • レモン汁: fresh squeezed lemon juice—小さじ1

作り方

  1. 粉ゼラチンをワインと水—大さじ2でふやかす((水がゼラチンを全て吸ってスポンジの様な状態になります))
  2. ベリー類は使う直前にさっと洗うか、ゴミを取り除き、水分をキッチンペーパーなどで取っておく。ストロベリーはヘタをとり、縦半分か4分の1に切る
  3. ストロベリーとラズベリーを4分の1ずつ程度取り分けて、水—600mlと共に鍋に入れ、火にかける。沸騰したら、更に10分程度色が出るまで煮る。ざるにキッチンペーパーなどを敷いて漉す
  4. グラニュー糖と1.のゼラチンも加えて、よく混ぜて溶かしたら、ひと回り大きな器に氷水を入れて全体を冷ます。少しとろみが出る程度に冷めたら、残りのベリー類全てを加える。この時、ゼリー液を少し残しておいて、グラスに入れたゼリーがある程度固まってから、上に注ぎ足すと、ベリーが乾燥せず、浮き過ぎないので、仕上がりがきれいになります
  5. グラスなどに小分けにして(大きな器にまとめていれても良い)、冷蔵庫で冷やし固める(約7~8時間)

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓1日1クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ