今年もあっという間にクリスマス。皆きっと大忙しのはず。

私は昨日くらいから一気にすることがなくなって(笑)、ハテ、、、何しなきゃならないんだっけ?状態。クリスマスメニューも未だ決めかねている方々のために。少し過去レシピアップしますね。

ザクロを散らせば、なんでもクリスマス風になると言う、、、味も美味しく、見た目も可愛いしね。

<3人分 / Serves 3>

  • ケール—200g / 200g Kale
  • だし—大さじ2 / 2 tbsp Japanese soup stock
  • 酒—大さじ1/2 / 1/2 tbsp sake
  • しょうゆ—大さじ1/2 / 1/2 tbsp soysauce
  • ざくろ—1/2個 / 1/2 pomegranate
  • 鴨胸肉—2枚(340g) / 2(340g) duck breasts
  • バルサミコビネガー—大さじ2 / 2 tbsp balsamic vineger
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ピンクペッパー—小さじ1/2 / 1/2 tsp pink pepper
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • パルミジャーノレッジャーノ—少々 / parmigiano reggiano
  1. ケールは固い芯を取り除く
  2. 鍋に熱湯を沸かし、ケールを約5分、柔らかくなるまで茹で、ざるにあげて水にさらしたら、水気を手でぎゅっと絞る。ボールにだし、酒、しょうゆを合わせて入れ、ケールを和えておく
  3. ざくろは手でほぐしながら実をばらすようにして出しておく。余計な皮のかけらなどを取り除く
  4. 鴨肉は皮を下にして、赤身の部分からはみ出た余分な皮を取り除く。表に返して、7~8mmの幅に切り込みを入れる
  5. フライパンを弱火で熱し、温まったところに鴨肉の皮を下にして入れる(オイルは不要)。数分して脂が出てきたら、スプーンでかけながら7~8分、皮がこんがりするまで焼く(焼き加減はお好みで調節して下さい)。
  6. 皮がキツネ色になったら、裏返して、1〜2分、表面をシールするような感じで焼き色をつける。バットの上などに取り出して、冷めないように蓋(もしくはアルミフォイル)をする
  7. ピンクペッパーはミルか包丁で叩き潰しておく
  8. 盛り皿にケールを敷き、上に薄くスライスした鴨肉を並べる。バルサミコ、塩、ピンクペッパーを振り、ざくろを散らす。パルミジャーノを削りながら振りかけて出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Banana Tarte Tatin

serve_title

タルトタタンってバナナの為にあるんじゃなかったっけーー!?というくらいカラメルと相性が良いバナナ。最近の我が家のヒットデザート。教室で残ったパイシート、手っ取り早いデザートないかなぁ、、と、同じく使い道に困っていたバナナを組み合わせたら、えらく美味しいことになってしまいました。

私は鉄のフライパンを使うことが多く、カラメルを作るときにはすぐ砂糖が焦げてくれるので、重宝しています。本当はこのフライパンにそのままパイシートをかぶせても良いのですが、ひっくり返すときに、ケーキ型の方が楽なのです。型にバターを塗る手間も不要、至って手間いらずです。

<8人分:22cm丸型 / Serves 8: 22cm round cake mold>

  • バナナ—4~5本 / 4~5 bananas
  • 無塩バター—30g / 30g un-salted butter
  • グラニュー糖—大さじ5 / 5 tbsp granulated sugar
  • パイシート—1枚(230g) / 1 sheet(230g) puff pastry
  • ラム酒—大さじ1 / 1 tbsp dark rum

*焼くまでにオーブンを180度、ガスマーク4に温めておく
*Preheat the oven to180℃/ gas mark 4.

  1. Cut the bananas into 1.5cm thickness.
  2. Melt the butter in the frying pan over a moderate heat, add the sugar. Shaking the frying pan occasionally, cook until it gets caramel colour.
  3. Add the banana and stir then turn off from the heat. Pour the rum and shake to dissolve it.
  4. Transfer it to the round cake mold. Cover with the puff pastry. Tuck in the edge.
  5. Bake 30~35 minutes in the 180℃ preheated oven until golden brown. Take out from the oven and cover with a larger than the mold plate. Turn upside down. Cut and serve.
  1. バナナを1.5cm厚みに切る
  2. フライパンにバターを中火で熱し、溶けてきたら、グラニュー糖を入れる。時々揺すりながら、カラメル色になってきたら、バナナを入れる。さっと炒めてすぐに火を止める。ラム酒を入れ、すぐにフライパンを揺らしてカラメルを溶かすようにする(*撥ねるので、やけどしないように)
  3. ケーキ型にバナナをカラメルごと移し、上からパイシートをかぶせる。端を少し織り込むようにし、残った部分は折り返す。
  4. 180度に温めたオーブンで30~35分焦げ目が付く程度まで焼く。オーブンから出し、熱いうちに上に一回り大きな皿をのせて、ひっくり返して出来上がり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Corn & Lemon Cake with Condensed Milk

アイシングたっぷりのケーキ、ダブルチョコレートケーキ、バタークリームどっしりのカップケーキ、トリークルタルトやレモンタルトなどを「欲求の赴くままのケーキだぁ!!」などと笑っていますが、これだってそんなに変わらない。ケーキ焼いちゃって、さらにコンデンスミルクかけてるし。

春らしくふわふわの黄色いケーキを作ろうと思ったのでした。卵とレモンまでは良かった、が、粉。黄色い粉、サフランを混ぜるか、、ターメリック??いやそれじゃぁカレーっぽい。でとうもろこしの粉が思い浮かんだ。ちゃんと細かい粒子のものもあるんです。以前ポレンタケーキとか作ってましたけど、できれば細かい方がふわっと仕上がります。でも、とうもろこしの歯ごたえは少し残るんですね。色のせいか何か、カステラっぽい気もします。色も美味しさのうちですね。

直径20cmのケーキ丸型1つ分/ for 20cm round cake mould

  • 卵(中)—3個 / 3 medium eggs
  • キャスターシュガー—100g / 100g caster sugar
  • 牛乳(セミスキム)—大さじ3 / 3 tbsp semi-skimmed milk
  • 無塩バター—30g / 30g un-salted butter
  • レモンの外皮—1個分 / 1 lemon zest
  • 薄力粉—50g / 50g plain flour
  • コーンミール(細)—50g / 50g fine corn meal
  • 粉砂糖—適宜 / icing sugar for topping
  • コンデンスミルク—100ml / 100ml condensed milk to serve

焼くまでにオーブンを160度に温めておく。型にパーチメントシートを敷いておく。

  1. 卵をボール(電動泡立て器用のボール)に入れ、キャスターシュガーを加えて混ぜ合わせる
  2. 60度程度のお湯をボールに入れ、湯煎にして、卵とキャスターシュガーを溶かす
  3. 電動泡立て器にかける。徐々にスピードを上げて高速で7〜8分、しっかり泡立てる。薄力粉とコーンミールを合わせてふるう
  4. (泡立てている間に)牛乳を電子レンジに20秒ほどかけて温め、そこにバターを入れて溶かす
  5. 高速で泡立てた後、低速にし、1〜2分かけてキメを整える
  6. 泡立てた卵にレモンの外側の黄色い部分をすりおろして入れる(白い部分は苦味があるので使わない)。粉類をもう一度ふるいながら合わせ、コムベラなどでさっくりと底から混ぜ合わせる(目安30回)
  7. 合わせたものからひとすくい取って、バターと牛乳の器に入れて、混ぜ合わせる。それをゴムベラで受けながら、全体を合わせて、さっくりと混ぜ合わせる(目安10回)
  8. 型に入れて、表面をならし、トントンとテーブル面に叩きつけるようにして中の空気を抜き、よく温めたオーブンに入れて、約25分かけて焼き上げる
  9. 焼きあがったら粗熱を取り、型から外して、完全に冷ます。パーチメントシートも外したら、粉砂糖を振り、好みでコンデンスミルクをかけてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Rhubarb Crumble

ルバーブの代わりに、なし、りんご、バナナ、プラム、さくらんぼ、レーズンなどでも美味しくできます。クランブルもナッツやシナモン、オートミールなどを加えると変わった風味になります。いろいろとアレンジできますし、残ったクランブルは冷凍もできます。

美味しいアイスクリームをお忘れなく。

4人分 / Serves 4

  • ルバーブ—300g / 300g Rhubarb
  • グラニュー糖—大さじ2 / 2 tbsp granulated sugar
  • レモン汁—大さじ1 / 1 tbsp freshly squeezed lemon juice
  • 薄力粉—70g / 70g plain flour
  • アーモンド粉—20g / 20g ground almond
  • きび砂糖(ライトブラウンシュガー)—50g / 50g light brown sugar
  • 無塩バター—50g / 50g unsalted butter(冷たいバターを1cm角に切る)
  • バニラアイスクリーム—適宜 / vanilla icecream

*オーブンを180度に温めておく

  1. ルバーブは3〜4cm長さに切る
  2. 耐熱皿に切ったルバーブを入れ、グラニュー糖を振りかける。180度に温めたオーブンで約15分加熱する
  3. <加熱している間にクランブルを作る>
    ボウルに薄力粉とアーモンド粉、ライトブラウンシュガー、1cm角に切った冷たいバターを加えて、手でバターの塊を潰すようにしてクランブルを作る
  4. オーブンからルバーブを出してレモン汁を加え、上下を混ぜ合わせる
  5. ルバーブの上にクランブルをまんべんなくかけ、再びオーブンに入れる。30分ほどして、表面がキツネ色に焼けたら出来上がり
  6. 熱いうちにアイスクリームを添えてどうぞ。

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Valentine’s Victoria Sponge

欲求の赴くままなケーキ。本来はスポンジがバターケーキです。クリームとジャムが入るなら、ココは卵を泡立てたスポンジケーキでしょおお。

バレンタインを相当意識してハート型(滅多に使わない)に抜いてみました。ジャムはできれば種無しのものを。しぼり袋の目が詰まってエライ目に合います。

イギリスで薄力粉、00タイプ(目の細かいもの)が手に入らない場合は、スポンジフラワー(大手スーパーで入手可)を使ってみてください。コーンフラワーとベーキングパウダー少々が入っていますが、軽くふわっと仕上がります。

6個分 / Serves 6

  • 無塩バター—30g / 30g un-salted butter
  • (ゴールデン)マジパン—70g / 70g golden mazipan
  • 卵—4個 / 4 eggs
  • カスターシュガー—70g / 70g caster sugar
  • スポンジフラワー(薄力粉)—120g / 120g sponge flour or plain flour

<バタークリーム / for butter cream>

  • 無塩バター—60g / 60g un-salted butter
  • 粉砂糖—30g / 30g icing sugar

<シロップ/ syrup>

  • グラニュー糖、もしくはカスターシュガー—大さじ2 / 2 tbsp granulated or caster sugar
  • 熱湯—大さじ3 / 3 tbsp hot boiling water
  • グランマニエ—小さじ1 / 1 tsp grand marnier
  • 種なしラズベリージャム—80g / 80g seedless raspberry jam
  1. <スポンジを作る>
    バターを湯煎にかけて溶かしておく(50度くらいの温度を保っておいて下さい)
  2. スポンジフラワー(薄力粉)をふるう
  3. 卵とマジパンを混ぜ合わせる。カスターシュガーも合わせて60度くらいの湯煎に少しかける。卵の温度を少し上げたいので、固まらないように混ぜ続けてください
  4. 電動泡立て器(ハンドミキサー)にかける。最初は低速で、徐々に高速にし、7〜8分泡立て続ける。低速にして、2分程度、キメを整える
  5. 薄力粉を加え、ゴムべらなどでさっくりと混ぜ合わせる。バターの入ったボールにひとすくい入れ、小さな泡立て器などで混ぜ合わせる。それを、卵を泡立てた中にゴムべらで受けるようにしながら加え、その後なるべく卵の泡をつぶさないようにしながら合わせる
  6. 用意した型(20cm x 30cm)にパーチメントシート(クッキングシート)を敷き、そこに生地を流し入れる。表面を平らにし、180度に温めたオーブンで15分程度、もしくは火が通るまで焼く。
  7. 粗熱が取れたら、型から出し、パーチメントシートを剥がす。剥がし終わったら、サランラップなどで乾燥しないように包んでおく(できればここで1日スポンジを休ませて下さい)
  8. <バタークリーム>
    バターをボウルに入れ柔らかくする。粉砂糖を加え、更に白っぽく軽くなるまで約5分程度泡立てる
  9. <シロップ>
    小さな器にカスターシュガーと熱湯、グランマニエを入れて溶かす。溶けないようであれば、一度電子レンジにかけて煮溶かして下さい
  10. スポンジを切る。ハート型に合わせて、その型より少し大きめに先に切り分ける。ハート型で丁寧に抜き、厚みを半分に切る
  11. 切り口にシロップをハケで塗る。しぼり袋にジャム、バタークリームをそれぞれ入れ、底になる方に交互に縞になるように絞り出す
  12. 上からもう一枚を重ねて、少し押さえる。仕上げにお好みで粉砂糖を茶こしに入れてかけたらできあがり

Copyright © 2009~ kitchen34. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks.
「レシピブログ→」ってヤツをクリックしていただけると嬉しいです。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Duck with Kale & Pomegranate

ケールとざくろがクリスマスっぽいでしょ。味も鴨には甘酸っぱい味は似合うので、嬉しい組み合わせ。ケールの代わりに茹でたほうれん草でも構いません。

8歳の界が実は鴨好き。こういうものは大人になってから好きになるものだと思うのですけど、ちょっと早くデビューさせすぎたか、、、

<3人分 / Serves 3>

  • ケール—200g / 200g Kale
  • だし—大さじ2 / 2 tbsp Japanese soup stock
  • 酒—大さじ1/2 / 1/2 tbsp sake
  • しょうゆ—大さじ1/2 / 1/2 tbsp soysauce
  • ざくろ—1/2個 / 1/2 pomegranate
  • 鴨胸肉—2枚(340g) / 2(340g) duck breasts
  • バルサミコビネガー—大さじ2 / 2 tbsp balsamic vineger
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • ピンクペッパー—小さじ1/2 / 1/2 tsp pink pepper
  • 塩—小さじ1 / 1 tsp salt
  • パルミジャーノレッジャーノ—少々 / parmigiano reggiano
  1. ケールは固い芯を取り除く
  2. 鍋に熱湯を沸かし、ケールを約5分、柔らかくなるまで茹で、ざるにあげて水にさらしたら、水気を手でぎゅっと絞る。ボールにだし、酒、しょうゆを合わせて入れ、ケールを和えておく
  3. ざくろは手でほぐしながら実をばらすようにして出しておく。余計な皮のかけらなどを取り除く
  4. 鴨肉は皮を下にして、赤身の部分からはみ出た余分な皮を取り除く。表に返して、7~8mmの幅に切り込みを入れる
  5. フライパンを弱火で熱し、温まったところに鴨肉の皮を下にして入れる(オイルは不要)。数分して脂が出てきたら、スプーンでかけながら7~8分、皮がこんがりするまで焼く(焼き加減はお好みで調節して下さい)。
  6. 皮がキツネ色になったら、裏返して、1〜2分、表面をシールするような感じで焼き色をつける。バットの上などに取り出して、冷めないように蓋(もしくはアルミフォイル)をする
  7. ピンクペッパーはミルか包丁で叩き潰しておく
  8. 盛り皿にケールを敷き、上に薄くスライスした鴨肉を並べる。バルサミコ、塩、ピンクペッパーを振り、ざくろを散らす。パルミジャーノを削りながら振りかけて出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は148位。色、味ともに自分で気に入ってしまったクリスマスレシピ。ざくろ、手に入ると良いのですが。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。

Roast Chicken with Soysauce and Golden Syrup

毎週金曜日にアップする予定が、すっかり遅くなりました。ワンプレートのクリスマスディッシュ。時間のある時にもも肉を漬け込み、片面焼いている間に野菜の用意。もも肉を裏返す時にお野菜もオーブンに入れ、同時に焼き上げます。レモンも焼いてしまって、ドレッシング要らず。ローストしたブロッコリー、美味しいです。

漬け込むタレは醤油とゴールデンシロップ。イギリスだとスーパーで簡単に手に入るのですが、ハチミツやメイプルシロップでも構いません。これだけで甘辛の美味しい味になるのです。チリはあまり辛くないものを使用していますが、苦手な場合は赤いピーマンで彩りを添えてください。

「く」の字型したもも肉、日本だとクリスマス〜!!の印象が。子供の時、クリスマスになるとこんなチキンを食べていました。ご馳走感があったのですが、ここではむしろ安い部位(胸肉のほうが高いので)。しかもクリスマスにチキンなんて食べないですしね。思い出のクリスマス料理から、、、ということで、お手軽にどうぞ。子供は骨付チキン、大喜びですね、今も昔も。

<4人分 / Serves 4>

  • 鶏もも肉—4枚 / 4 chicken legs
  • 塩コショウ—少々 / salt & ground black pepper
  • ゴールデンシロップ—大さじ1.5 / 1.5 tbsp golden syrup
  • 酒—大さじ1.5 / 1.5 tbsp sake
  • しょうゆ—大さじ3 / 3 tbsp soysauce
  • グリーンペッパー(ピーマン)—1個 / 1 green pepper
  • ブロッコリー—1個 / 1 broccoli
  • レモン(ワックスのかかっていないもの)—1個 / 1 un-waxed lemon
  • ガーリック—1片 / 1 clove of garlic
  • レッドチリ—1本 / 1 red chilli
  • エキストラバージンオリーブオイル—大さじ2 / 2 tbsp extra virgin olive oil
  • 塩—小さじ1/2 / 1/2 tsp salt
  1. もも肉は裏側から骨の横を包丁で切り、開くようにする。表に返して、フォークで刺し、皮に切り込みを入れる。(味の染み込みと火の通りが早くなります)
  2. 軽く塩コショウした後、ゴールデンシロップ、酒、しょうゆを加え、もみ込んでおく(ゴールデンシロップが冷えて固まっているようであれば、軽く電子レンジにかけてください)。2、3時間から一晩、冷蔵庫に入れマリネしておく
  3. もも肉の汁気を切って(後でタレとして使う)、200度に温めたオーブンで皮を下にして、約15分ローストする。
    <ローストしている間に野菜の用意をする>
  4. グリーンペッパーは縦半分にした後、種を取り除き、1cm程度の厚みに切る。ブロッコリーは小房に分ける。野菜はチキンとは別のオーブントレーに入れる
  5. レモンは縦半分にした後、スライス、ガーリックもスライスして、野菜の上にのせる。上からオリーブオイル、塩をかけておく
  6. もも肉の片面が焼けたら、肉の下の段に野菜のトレーを入れ、ローストする。もも肉はマリネしたタレをハケなどで塗り、皮目を上にする。同様にタレを塗り、オーブンに戻す。
  7. チリの種を取り除き、小口にスライスする
  8. 野菜ともも肉を約10分ほどローストする。盛り皿に一緒に盛って、好みでチリも散らしたら出来上がり

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。
これです!!この四角い「レシピブログ→」
ってヤツをポチッと押していただけると、ランキングが上がる仕組みになっています。毎日カウント数を集計される、というストレスの根源ではあります。「誰じゃ、こんな仕組みを作ったのは、、、」と言いたいけど、参画するには頑張らねばならぬ~(かな?)。

本日は74位。単純だけど優しい味のチキンに、酸味のキリリと効いた野菜。このコントラストがいいかな、お野菜も美味しいワンプレートです。大人向けに辛いの好きな人は、ガツンと辛いチリをたっぷりとどうぞ。

皆様の「ポチッ」が私の励みにつながります。ありがとうね。