軽くおせちに手を入れる日。明日からは本格的な準備に入ります。

  • 鴨—2枚につきグラニュー糖—大さじ1、塩—小さじ1をまぶして袋に入れ、冷蔵庫へ。これを前日に蒸して、鴨の塩蒸しを作ります。わさび醤油で食べると美味しいよ。

duck_1

  • 黒豆—
    十分柔らかくなったのを確認して、黒い茹で汁をそっと捨てる。その後、蛇口の水を静かに垂らして、水が透明になるまでゆすぐ。新しい水を加えて火にかけ、煮立つ頃になったら、火を止め、茹でこぼす(これで重曹の匂いが取れるはず)。
    再度、蛇口の水を静かに垂らし、水にさらして豆を綺麗にする

kuromame_4

豆が浸る程度の新しい水とグラニュー糖を加えて、火にかける。乾燥豆300gだったら、おおよそ水の量は1リットル、200gのグラニュー糖が目安。我が家は1.2キロなので、水4リットル、800gのグラニュー糖を入れました。

kuromame_5

静かに煮立つ程度の火加減で、30分程度煮たら、火を止めそのまま冷ます。(3日に分けて砂糖を加えます)

—————————————

こんな準備をしつつ、今日は子供達も含めて家族でプレイデート!?中華をつつきながら、子供達を遊ばせました。春巻き、しゅうまい、中華サラダ、そしてなぜかベトナムチキンフォー、最後にマロンロールケーキでお腹いっぱい〜。

赤ちゃんの時からの付き合いのある子供達ですが、ミニバイオリンコンサートに加え、劇まで披露してくれました。ゲームもテレビもipadも必要なく、性別も年齢差もあると言うのに、勝手に工夫して遊んでくれる。最後のパフォーマンス劇には驚きました。界の部屋で皆で練習していたらしい。なんという健康的な子供達。素晴らしい1日でした。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

本日はショッピングにあちこち走り回りました。相方協力のもと、事前調査のおかげで去年みたいな悲惨な目(さつまいも探してあちこち大慌て)せずに済みました。

  • ショッピングリスト
    • さつまいも: 5kg—Tescoのwhite freshがロンドンで身近に入手出来るなかではベスト。売り場が普通のsweet potatoとは違い、タロイモなどのところにあるのでご注意。
    • 里芋: 22個—“eddo”と言うなんて、知らんかったーー!!これもTescoにて購入。見かけがよく似たセレベス: celebesじゃないか、店員さんに何度も確認してしてしまった。3日くらい前に入荷されたらしく、見た目とてもきれいな大物。イギリスのスーパーで手に入るなんて、とっても嬉しい。
    • ごぼう:6本—営業行(Wing Yip)にて。なぜか、1昨年”ぐばう”と表記されていたのが、今年”ごばう”へ改名。来年はちゃんと”ごぼう”と表記されることでしょう(笑)
    • れんこん:3パック—営業行(Wing Yip)にて。
    • 大根: 大3本—あたりや。本日比べた中では一番きれいで大きかったので。

その他調味料やら、まるでB&Bでも経営しているかのような買い物の量であることは言うまでもなく。。。

買い物の合間に時間を見つけては昨日の数の子、そして黒豆に手を加えました。何名か一緒に付いてきて下さっているようで(FBにて詳しくコメントしてたりしますが)、こちらのアップデートも気が抜けなーい。

  • 数の子—筋を取って、塩抜きした数の子を一口大(3cm程度の長さ)に切る。切り込みの入っている方から切ると、きれいに切れます。
    調味料(かつおだし—200ml、酒—大さじ2、みりん—大さじ2、うすくちしょうゆ—大さじ1、塩—小さじ1/2)を小鍋に入れて煮立て、冷ましておく。調味料が冷めたら、切った数の子を入れ、上にお茶パックにかつおを入れたものをのせ、冷蔵庫で漬け込む。面倒であれば、仕上げにおかかをのせるだけでもヨシ。多分(笑)、、、出来上がり。途中で味をみて、塩気などが足りなければ、塩少々を足す。

kazunoko_3

  • 黒豆—浸けた汁ごと中火にかける。グラグラと沸騰させないこと。
    しばらくすると泡やアクが出てくるので、こまめに丁寧に取り除く。はじめは本当に泡だらけになるかと思いますが↓、驚かずに。
    煮立つ前に火をなるべく弱火に落とす(ここから長丁場!!)

kuromame_2

アクが少し落ち着いたら、お湯から豆が出ないようにして、キッチンペーパーなどで落し蓋代わりにしつつ、茹でる。アクが出たら取り除くことを忘れずに、気長に3〜4時間、柔らかくなるまで煮てください。豆によって、時間が変わるはずですが、ここで柔らかくしておかないと、お砂糖を加えてからでは柔らかくなりません。
ずーっと火をかけっぱなしにしなくても、家にいる時に火にかければ大丈夫です。圧力鍋を使うと時間が短縮できるはずですが、私は持っていないので、地味にガンバリマス。

kuromame_3

柔らかく煮えたら(って、我が家も実はあと30分くらいかかる感じ)、蓋をしてそのまま(朝までだね)冷ましてください。くれぐれも豆が水分から顔を出さないように。シワシワになっちゃうよ。

質問などあれば、なるべく共有したいので、こちら、ブログにコメント下さいませ。ではでは、グッドラック!!

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

皆様、クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

美味しそうなディナーを沢山見せていただき、ひたすら感心、感動しておりました。我が家はさすがにローストビーフにも飽きており、カレー三昧。あれこれと5種類のカレー(日本のポークカレー、エビのタイカレー、インドのスピリットピーカレー、チキンカレー、オクラとナスのカレー)を作って楽しみました。
クリスマスディナーやお茶に呼んでいただいたりして、しばしゆっくり。日中は今更ですが、ハリーポッター。家族全員夢中になっていて、本を読んだらDVDを観る。これが大正解で、暇あれば本の奪い合いしています。

さて、余韻間も無く、我が家は例年にようにおせちの準備に入ります。今年もオーダーをとったのですが、早かったこと!!1日で20セット(1セットが3~4人前)完売でした。益々気が抜けませんね。

31日の夕刻までに作らないといけないので、半日ほど早めです。ですので、これを見て翌日準備に入っていただいて大丈夫かと思います。もし準備される方がいらしたら、どうぞご参考に。

  • 数の子—1パックでひと家族分は十分あります。ちなみに私は6パック用意、巨大な白いボールに2つに分けて塩出ししています。イギリスでは冷凍ものが手に入るのですが、本気で塩漬け(マジで塩辛い)されています。ともかく冷凍庫から出して、数回水を取り替えた後、水に浸けて塩出しして下さい。3、4時間程度経つと薄皮が剥けやすくなります。

kazunoko1

丁寧に薄皮を取って、きれいな水に取り替えて、1晩かけて塩抜きして下さい。かけらを少し取って、食べてみると分かるかな、うっすら塩味が残る程度まで、なかなか塩が抜けないようだったら、都度水を取り替えて下さい。

kazunoko2

  • 黒豆: 黒豆は素材にこだわります!!丹波の大粒黒豆1.2kg。9月に帰国した時に入手してきました。洗った後、たっぷりの水とともに、重曹大さじ1と錆びた釘をお茶パック2重にしてくるんで一晩浸けておきます

kuromameさて、明日は買い物です。必要なものがちゃんと手に入りますように。

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう