サムゲタン(参鶏湯)

10/07/2014

samgyetang

serve

ずっと以前に教室で作ったサムゲタン。その時は冬だったのですが、こんなに遅くになってゴメンナサイ。ですが、本日のロンドン、気温15度で寒かったです。こういうスープが食べたくなりました。

日本人には既に知られているチキンにいろんな香辛料や薬味を詰め込み、丸ごと煮込んだ韓国のチキンスープ参鶏湯。体がポカポカ温まります。残ったら、ご飯を加えて雑炊にしたり、野菜を加えて鍋に、またヌードルを加えたりと応用が効きます。味付けもシンプルに塩のみの他、ブラックペッパーやラー油、しょうゆ、みそ、コチュジャン、キムチを加えたり、とお好みに応じてアレンジして下さい

イギリスだと小さいひな鶏がスーパーでごく普通に売られています。これを使えば、すぐに身は柔らかくなり、煮込む時間は少ないし、美味しく出来ます。

どうしても手に入らない場合は、もちろんひな鶏のかわりに普通の鶏を使っても構いません。中身はこのほかにくるみ、栗、朝鮮人参など、手に入るもので揃えて下さい。

Serves 4~6

  • 2 poussins
  • 120g glutinoue rice, soak in cold water for more than 30 minutes and drain
  • 2 cloves of garlic, crushed
  • 6 dates
  • 2 tbsp pine kernels
  • 1 tbsp Goji berries
  • 2 sprigs of spring onion, crushed
  • 2~3 slices of ginger
  • 1 tbsp salt
    <Topping>
  • 1~2 sprigs of spring onion
  • ginger, julienned
  1. Remove the strings carefully from the poussins.
  2. Take a pousin upside down and stuff the neck hole with the date. Put the 1/4 rice, 1 clove of garlic, half of pine kernels and Goji berries. Add the 1/4 rice then stuff the hole with 2 dates.
  3. Cross the legs with the strings and catch the neck to seal the stuff. Repeat the other one.
  4. Boil the 3~4l of water and add the spring onion and ginger over a high heat. Add the poussing and simmer for about 1 hour and half taking out the scum.
  5. Season with salt.
  6. Take the chicken and remove the strings. Serve immediately with the topping.

cook

4~6人分

  • ひな鶏(1羽あたり500g程度のもの) : poussin—2羽
  • 餅米: glutinoue rice—120g
  • ガーリック: garlic—2片
  • ナツメ: dates—6個
  • 松の実: pine kernels—大さじ2
  • クコの実: Goji berries—大さじ1
  • ねぎ: spring onions—2本
  • しょうがのスライス: ginger—2~3枚
  • 塩: salt—大さじ1~
    <仕上げ>
  • ねぎ: spring onions—1~2本
  • しょうがの千切り: ginger—適宜
  1. 餅米は洗って、たっぷりの水に30分以上浸けておく
  2. チキンは縛っている紐を丁寧に取り外す(後で使う為)。餅米の水はよく切っておく。ガーリックとネギを包丁で叩き潰す
  3. チキンの首の部分を下にし、穴を塞ぐ様にしてナツメを1つ入れる。餅米の1/4量を入れ、ガーリック、松の実、クコの実を入れる。米1/4量を入れ、最後にナツメ2個でフタをする
  4. 脚を組ませるようにして、取り外した紐を使ってクロスさせる。そのまま首の方に回して引っ掛け、なるべく中身が出ないように縛る同じ様にしてもう1羽も作る
  5. 深鍋にチキンと水3~4ℓ(浸る程度)入れ、潰したネギとしょうがとともに強火にかける。アクと余分な脂をすくいながら、弱火で1時間半以上煮込む最後に塩を入れ、薄めに仕上げる
  6. チキンを取り出し、紐を外す。適宜切り分け、スープと共に器に盛る。好みで、ねぎの薄切りやしょうがの千切りをのせて下さい。更に塩やコショウ、コチュジャンやキムチなどを添えて、各自味を整えて下さい

Copyright © 2009~ mizue20. All rights reserved. 無断複写・転用を固く禁ず
↓Pleased click the button. I’m participated in the ranking about cooking recipes. Many thanks. クリックしていただけると嬉しいです。どうもありがとう

「スパイスでおいしく♪具だくさんスープ」コーナーにレシピを掲載中!

4 Responses to “サムゲタン(参鶏湯)”

  1. 千昭 Says:

    さすが、みずえさんのサムゲダンのレシピは最高‼︎ 一度作ってみたくて買ってあったコリアンのスパイスパックを使って今日作ってみます。ありがとう‼︎
    良い週末を‼︎ 大阪のおばちゃん千昭

    • mizue Says:

      ありがとうございますっ!!こんな季節ですが、アップして良かったです。今日も寒いですけど、風邪ひかんようにして下さいね。

      • 千昭 Says:

        おおきに‼︎ みずえさんこそ超忙しいお人やから気つけて‼︎

  2. mizue Says:

    kitchen 34 でリブログしてコメントを追加:

    寒い日が続きますので、ポカポカ温まるサムゲタンはどうかしら。小さい雛鳥で作れば、早く出来ますよ。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。